FC2ブログ

読書電撃戦

増え続ける積みゲーと積ん読タワーを相手に戦っています。マジキチ対策で閉じている間にブログ村から村八分にされたので、ブログ村ボタンは押さないでください。

ブログ内検索

プロフィール

Riesling

Author:Riesling
あまり、電撃戦的な速度で攻略出来てないような気が……。図書館に無いから、電撃文庫は少なめです。

当分の間、リンク、コメント、トラックバックには対応しません。アダルト、アフィリエイトへの誘導はご遠慮下さい。

カテゴリ

シンプルアーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

■■■GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり vol.12 動乱編III

B01A9VS3K8「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 vol.12 動乱編III<初回生産限定版>【DVD】
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2016-08-24

by G-Tools

「門(ゲート)」の向こうの異世界で戦う自衛隊の活躍を描いたファンタジーアニメ第12巻。帝都では薔薇騎士団と帝国兵の戦闘が続いていた。自衛隊は、日本人と講和派貴族を救出するべく空挺降下作戦を行う。第23話と最終第24話を収録。


ようやく政府が重い腰を上げて、帝都にいる邦人と帝国の要人を救出する作戦が始まった。戦闘機で敵翼竜部隊を落とし、制空権を確保する。帝都西門ではアサシン部隊が不意打ちで帝国兵を殺して門を確保する。

空挺部隊が降下作戦を開始した時点で、ようやく馬鹿皇子も気づくが、馬鹿なフリをしている天才だと思っている馬鹿だから、自分の肉便器用奴隷だったテューレに上手いこと言いくるめられている。

翡翠宮は確保したものの、皇女は地下牢だから救出する事が出来なかった。皇女奪還に失敗した薔薇騎士を乗せてチヌークが飛び立つ。自衛隊は監獄に捕らえられている講和派議員を開放し、任務を終えると撤退して行く。

しかし、伊丹ハーレムだけは帝都に近づいていた。奴隷服姿を強要されているピニャ皇女をヤリチン馬鹿兄貴から救い出す。ヤリチンが用意していた凶暴なジャイアントオーガは、ロゥリィ無双でアッという間に片付けられた。

皇帝と皇女は自衛隊に確保され、空気状態の第二皇子は何処へ行ったのか分からないし、ヤリチンまで帝都を捨てて逃げて行ったら、帝都が無政府状態になりそうだ。伊丹ハーレムは、ロゥリィが伊丹に唾付けて眷属にしてしまっているので、もうロゥリィENDが確定しているような気がする。
スポンサーサイト

■■■GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり vol.11 動乱編II

B01A9VS28G「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 vol.11 動乱編II<初回生産限定版>【DVD】
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2016-07-27

by G-Tools

「門(ゲート)」の向こうの異世界で戦う自衛隊の活躍を描いたファンタジーアニメ第11巻。翡翠宮を守る薔薇騎士団と、シェリーたちを捕らえようとする掃除夫の死闘が始まる。シェリーは自らの覚悟を語り…。第21話と第22話を収録。


テュエリ家に馬鹿皇子の兵が差し向けられ、屋敷に居たカーゼル侯爵を捕らえようとする。シェリーの両親は、娘と侯爵を逃がすため犠牲となる。シェリーと侯爵はピニャ皇女の離宮内にある日本に逃げ込もうとするが、拒否される。

侯爵は捕らえられ、ジェリーも連れ去られかけた時、菅原様による未来の俺の嫁発言で、シェリーだけは助かる。ロリコンじゃないのに、12歳の許嫁確定か。翡翠宮を守る薔薇騎士団と帝権擁護委員の掃除夫の間で戦闘が始まる。

帝都では邦人が危機に瀕していたが、首相は特地に入れたマスゴミに配慮して弱腰である。中立を全く保っていないくせに「ジャーナリスト」を自称するマスゴミには反吐が出る。もうこの国にはマスコミは居ないのかな。最初から偏向報道目当てのクズがジャーナリストを騙るなと言いたい。こんなゴミだらけだから、新聞もテレビも信用されなくなるんだよな。

伊丹のほうは相変わらず狙われていた。泊まった宿の従業員が夜中に襲ってくるが、見ず知らずの男に吹き込まれた戯言を真に受けて暗殺者になるなんて、愚者としか思えない。どうも笛吹き男に洗脳されたみたいだが、相手の正体は不明である。

レレイの導師号試験が始まる。審査会会場で並んでいたら、胡散臭い爺が騙されてレレイを襲おうとする。その爺は伊丹が阻止したが、審査が始まると宿の従業員を焚きつけた女が襲ってくる。

これで終わりな訳が無いのに、暗殺を阻止出来たと油断したところで、さらにシャンディーが襲ってくる。やはり、敵を追いかけていなくなった4日の間に洗脳されていたか。最後まで気を抜かずに見守れよ。こんなにたくさんいて全員馬鹿なの? 幸い、騙されて刺客になったシャンディーがもっと馬鹿だったので、レレイは無傷だった。

帝都では、ピニャ皇女が軟禁され、翡翠宮には帝国兵が迫っていた。皇女なのに奴隷服を着せられて牢屋に入れられるとか、なんかエロゲーみたいな事になっているな。マスゴミに対して弱腰の総理だったが、防衛大臣が責任を取るという事で、ようやく自衛隊に出動命令が出た。

■■■GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり vol.10 動乱編I

B01A9VS268「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 vol.10 動乱編I<初回生産限定版>【DVD】
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2016-06-22

by G-Tools

「門(ゲート)」の向こうの異世界で戦う自衛隊の活躍を描いたファンタジーアニメ第10巻。帝都で行われていた式典会場で、モルト皇帝が突然倒れてしまう。これを機に皇太子・ゾルザルによるクーデターが勃発し…。第19話と第20話を収録。


皇帝が毒殺されかけて倒れたため、馬鹿皇子ゾルザルが実権を握ろうとする。圧倒的な戦力差で何度も負けているというのに、愚民を扇動して主戦派を勢いづける。

これで銀河英雄伝説のオーベルシュタインくらい有能ならともかく、ただの脳筋ヤリチンなサディストでしかないからなぁ。こういう馬鹿に容易く騙されるような愚民は一緒に死ねばいいと思う。

こうなると、本当に帝国の敵が地球で一番優しい、砂糖並みに甘い日本で良かったよね。ロシアや中国だったらフルボッコにされて、滅亡どころか帝国民もほとんど虐殺されて生き残れないと思う。

馬鹿が帝国を掌握したため、かなりきな臭くなってきた。レレイがドラゴンスレイヤーとして祭り上げられたため、刺客に狙われるようになるし、色々と面倒事が増えそうだ。ロシアならプーチン無双で敵を皆殺しにすれば良いのかもしれないが。

■■■GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり vol.9 炎龍編IV

B01A9VS2CM「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 vol.9 炎龍編IV<初回生産限定版>【DVD】
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2016-05-25

by G-Tools

「門(ゲート)」の向こうの異世界で戦う自衛隊の活躍を描いたファンタジーアニメ第9巻。炎龍が出没するロルドム渓谷に来た伊丹たちは、炎龍退治を依頼してきたヤオとダークエルフの戦士と共にテュバ山に向かう。第17話と第18話を収録。


大人の事情で自衛隊は出撃できないため、伊丹ハーレムだけで炎龍退治に赴く。亜神であるロゥリィの姿を見てダークエルフは感謝の意を捧げるが、ダークエルフ救済のために来たのではなかった。

火山の噴火口の中が炎龍の巣になっているらしい。鱗がタングステン並みの強度を誇り、他の亜神が造ったロゥリィの斧槍でも倒せないというのが厄介だ。それにしても、炎龍の奴め! 美味しいからなのかもしれないが、貴重なエルフやダークエルフを食うなよ。すぐに増える下等生物の人間を食えと言いたい。

伊丹が炎龍の巣に爆薬を仕掛け終わった頃、炎龍が戻ってきた。この世界の炎龍は、ロードス島戦記のシューティングスターより強そうだよね。ダークエルフの戦士たちも次々と殺されて行くが、レレイが周囲に散らばっていた魔法剣を大量に浮かべて刺し、テューレが雷系の魔法で炎龍を地面に落としたところで仕掛けた爆薬が爆発する。タングステン並みの強度を誇っても、爆発には耐えられなかったか。

伊丹が炎龍の巣から地上に戻ると、何故かロゥリィが血を流してボロボロだった。どうやら、伊丹の血を吸って自分の眷属に変えたので、本来は伊丹が炎龍から喰らうはずのダメージを、全てロゥリィが肩代わりしていたらしい。

やっとの思いで炎龍を倒したと思ったのに、冥府の王ハーディに仕える亜神ジゼルが炎龍の子2頭を率いて襲ってくる。もう無理ゲーなんじゃないかなと思ったら、自衛隊のファントム2やコブラや74式戦車がやってきて、フルボッコにされる。亜神すら驚く戦力であるが、自衛隊の中では旧式兵器ばかりなんだよなぁ。

勝手に龍退治に出かけたので、伊丹は謹慎処分と隊長を解任されてしまう。が、拉致被害者救出による感謝状、ダダークエルフの名誉族長及びダークエルフの秘宝所有権及びヤオの所有権? までゲットし、エルベ藩王国からは貴族に叙せられる。

謹慎期間が明けると、陸将からの命令で伊丹ハーレムを率いて資源調査に赴く事になる。伊丹達は魔法都市ロンデルへ向かう。伊丹は最重要人物のはずなのに、ロゥリィに付き従う下男だと思われていて酷い事になっている。レレイは魔法都市で試験に挑むが、未だ鳴かず飛ばずな感じの姉の嫉妬が怖い。

伊丹が魔法都市にいる頃、外交官として帝都にいる菅原はロリ令嬢にロックオンされていた。ソーオアアートのロリキャラに似ているという意見が多いが、残念ながら私はソードアート・オンラインを観た事が無いので分からない。個人的には、苺ましまろ系のロリだと思った。

■■■GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり vol.8 炎龍編III

B01A9VS3F8「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 vol.8 炎龍編III<初回生産限定版>【DVD】
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2016-04-27

by G-Tools

「門(ゲート)」の向こうの異世界で戦う自衛隊の活躍を描いたファンタジーアニメ第8巻。ゾルザルに捕らわれていた民間人を助け出した伊丹たち。アルヌスへ戻って来た伊丹は、柳田から炎龍退治を勧められるが…。第15話と第16話を収録。


伊丹は馬鹿皇子に捕らえられていた日本人を確保してアルヌスへ帰還するが、テュカがおかしくなっていた。ダークエルフがテュカの父親が炎龍に殺されたという事実を無理やり認めさせようとしたため、精神的にダメになってしまったらしい。

伊丹はヤオ・ハー・デュッシに対して怒るが、相手もダークエルフ族を助けるために必死なので、なりふり構っていられなかったのである。資源調査という名目で現地に行ったらドラゴンに襲われたので、戦闘中についうっかり国境を越えてしまったという事にすれば問題ないと、メガネに余計な入れ知恵をされる。

テュカは伊丹の事を父親だと思い込んでしまっている。これはかなり重症だ。嫁なら最高だけど、自分よりも年上のエルフ娘というのは微妙である。お父さんになりきってあげる伊丹が優しすぎる。腕に絡んできて無自覚に胸当ててんのよ攻撃などがあるから、それなりに楽しいか。

炎龍なんかと戦いたくない伊丹だったが、結局はテュカの心を助けるため、炎龍退治の旅に出る事になってしまった。やる気無し系の主人公なのに、ゴスロリ亜神、エルフ、ダークエルフ、女魔術師と、勇者のハーレムパーティーみたいな事になっているではないか。

■■■GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり vol.7 炎龍編II

B01A9VS27W「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 vol.7 炎龍編II<初回生産限定版>【DVD】
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2016-03-23

by G-Tools

「門(ゲート)」の向こうの異世界で戦う自衛隊の活躍を描いたファンタジーアニメ第7巻。講和への道を模索する日本政府とピニャ。その一環として皇室庭園で園遊会が開催され、元老院議員とその家族が招待される。第13話と第14話を収録。


ここから2期になるが、そのまま繋がっている。外務官僚を帝都に送り込んで、元老院主戦派の切り崩し工作が進む。ピニャ皇女の園遊会の裏で、数名の元老院議員が自衛隊の実弾演習に肝を冷やす。

戦争を継続したい者の入れ知恵でヤリチン皇子が駆けつけてくるが、自衛隊員と元老院議員は素早く逃げたので、ヤリチンにバレる事は無かった。

帝都の外側に広がるスラム街にも、自衛隊の隠れ家が出来ていた。スラム街を仕切っていた裏組織のうち、自衛隊と敵対したベッサーラ一味は反撃されて一晩で壊滅し、残った組織も自衛隊には手を出さなくなる。

黒川茉莉は看護資格を持っているため、帝都のスラム街に派遣されるが、患者として来たハーピー? な感じのお姉さんが夜に獣人達を連れて来て、地震が起こる前兆を告げられる。

仕事をしない一般公務員を通さなくても良いから迅速に行動出来る。自衛隊が素早く情報を流した結果、スラム街の人的被害は軽微で収まりそうである。何処かの島国なんて情報を自分のところで止める馬鹿が多いから共有されないし、お役所仕事も遅くて、手遅れになる5分前に避難指示を出したりするからな。

帝都は地震に襲われるが、天罰としか思えない。一度治まっても揺り戻しが来ると自衛隊に教えられたピニャ皇女は皇帝の宮殿へ向かう。お願いされてしまい、伊丹一行も着いて行く事になった。

謁見の間にいると、一足遅れてヤリチンが揺り戻しの情報を持って現れたが、それはノリコから聞いた話だった。ノリコは襲撃事件の時に攫われて奴隷にされた日本人だった。伊丹達は同胞が捕まっているのを見て激怒する。皇子相手に問答無用でパンチを入れるのがGJである。

伊丹が発砲許可を出したので、調子に乗る皇子の護衛は次々に撃ち殺される。皇子も栗原に顔が変形するほどフルボッコにされた。捕らえられていた女性を確保した後、次の宴は拉致日本人問題を解決してからという事になった。

邦人拉致の報復として戦闘機が帝都に飛んできて、帝国の元老院は一撃で破壊され、瓦礫になった。これ、門の向こうが日本で良かったよね。ロシアや中国だったら帝国全土が焦土になって、帝都には核弾頭が飛んできてもおかしくない。

■■■GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり Vol.6 炎龍編I

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり Vol.6 炎龍編I

「門(ゲート)」の向こうの異世界で戦う自衛隊の活躍を描いたファンタジーアニメ第6巻。日本と帝国が開戦して5ヵ月。講和への強い決意を持った帝国皇女・ピニャは、発言力を持つ人物と水面下の交渉を進める。第11話と第12話を収録。


アルヌスの丘の周囲は町が出来始めていた。伊丹達が町の居酒屋で飲んでいると、ダークエルフが入って来て、ロゥリィの事を子供だと思い、伊丹は子供にお酒を飲ませる悪い奴にされてしまった。剣を突き付けられた伊丹は隙を見て逃げ出すが、喧嘩を吹っ掛けた相手こそ、自分が探している緑の人だとは知らなかった。

ヤオ・ハー・デュッシは炎龍に襲われて滅びそうなダークエルフの一族を助けて貰うため、アルヌスまでやって来たが、緑の人とは話が通じなかった。緑の人と会わせてやるというゴロツキどもに引っかかるたび反撃していたら、いつの間にかカツアゲ犯人にされていた。

話が通じないまま、取調室でカツドン状態なのが笑える。一族存亡の危機だから、本人にとっては笑えない話だが。レレイの通訳で、ゴロツキのほうが逮捕されてイタリカへ護送される事になったが、救援の件は断られてしまう。ダークエルフの居住地が帝国ではなく、国境を越えたエルベ藩王国にあったためである。

失意のヤオに、伊丹ならなんとかしてくれるかもと、メガネの人が助言する。しかし、伊丹は帝都方面にヘリで飛んでいて不在だった。伊丹が新たな外交官を連れて行くと、ピニャ殿下が荷物を受け取りに来るのだが、お目当ては薄いBL本か。異世界の貴族令嬢が腐り始めて大変な事になっている。

■■■GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり vol.5 接触編V

B01BYFZHWK「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 vol.5 接触編V<通常版>DVD
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2016-02-29

by G-Tools

「門(ゲート)」の向こうの異世界で戦う自衛隊の活躍を描いたファンタジーアニメ第5巻。姿を見せない“敵”からテュカとレレイ、ロゥリィたちを守るため、伊丹は元嫁である梨紗のアパートを訪れる。第9話と第10話を収録。


国会の後は箱根に向かうようだが、各国の諜報部隊が暗躍しすぎである。追手が多いので、公安のおっさんがロゥリィの斧槍を拾おうとしてギックリ腰でリタイアしたところで、予定外の行動に出る。伊丹の元嫁の家に押しかけて一泊した後、繁華街で買い物をする。

みんなが買い物をしている間に、伊丹は密かに防衛大臣と会い、指示を受ける。昼行灯みたいなやる気無しキャラなのに、人脈が凄い。一行は箱根の温泉に向かうが、各国の諜報部隊が侵入して来ていた。

合衆国まで、日本政府の汚職データをもとに圧力をかけて来るのだが、最初から汚職をしていなければ何でもないのにね。超大国は向こう側を蜜の流れる土地だと思っているけど、神が実在するような世界なのだから、危険なのではないか?

ゲートの向こう側の人間は中世レベルの軍隊しか持っていなかったとしても、地球を滅ぼせるレベルの神がいるかもしれないじゃないか。見ただけで魂を破壊する眼を持っている神とか、致死率100%の呪いを巻き散らすような神がいたら、ロシアや中国やアメリカでも試合終了だぞ。

まだ神に成りきっていない亜神ロゥリィでもあんなに強いのだから、実体を持たなくなった本物の神なんて、物理的に攻撃する兵器しか持たない列強が倒せるとは思えない。

温泉旅館の周囲でエージェント同士の殺し合いが行われている頃、みんな酔っぱらっていた。伊丹が目覚めると、ロゥリィがエロくなっていた。外の戦いの影響で眠れないらしい。伊丹が押し倒されて襲われそうになり慌てているのだが、ロゥリィは合法ロリBBAだから大丈夫である。

上との話し合いがついたので、もう大丈夫だと思って温泉旅館に侵入したアメリカのエージェントだが、敵対勢力と鉢合わせしてしまう。アメリカ、ロシア、中国のエージェントが三つ巴の戦いで、さらにロゥリィが乱入するとか迸るよね。

伊丹達は邪悪な3つの超大国の陰謀を掻い潜り、ゲートの向こう側に戻る。弱みを握られた首相は辞任するし、ゲートの向こう側から来た特使が何処かの大国に狙われた事を、栗林がついうっかりバラしてしまうし、大統領が失敗しすぎである。潜在的な敵がブッシュ程度の能力しかなさそうで安心だ。

■■■GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり Vol.4 接触編IV

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり Vol.4 接触編IV

「門(ゲート)」の向こうの異世界で戦う自衛隊の活躍を描いたファンタジーアニメ第4巻。アルヌスの丘へと戻る途中、伊丹は帝国の薔薇騎士団に捕まってしまう。ピニャは戦争を仕掛けられるのではと心配するが…。第7話と第8話を収録。


伊丹の部隊はアルヌスの丘に戻る途中、ピニャ皇女が呼び寄せた薔薇騎士団と遭遇する。イタリカの町では共闘したが、そんな事は帝国側には伝わる訳もないので、敵対勢力として排除されそうになる。戦闘になれば、美女騎士達が一瞬でミンチに変わるので、伊丹は部下を逃がし、自分だけ捕虜になってしまう。

イタリカの町へ到着した縦ロールな人は、伊丹をフルボッコにして捕虜にしたので、ピニャ皇女に無茶苦茶怒られていた。情報が伝わっていないのだから、仕方がないよね。夜伽まで命じられそうになるし、少し可哀想である。

部下がこっそりとイタリカに潜入して伊丹の部屋まで来るが、察知した獣耳メイドさん部隊に歓迎される。今回の協定違反を無かった事にするため、皇女から夜伽を命じられた縦ロール公爵令嬢が涙目になって部屋まで来ると、みんなで写真を撮ったりして楽しんでいた。

伊丹は国会から参考人として呼ばれているのあが、レレイが日本の元老院に呼び出されたと通訳したため、驚いた皇女は、自分も一緒に行くと言い出す。

ロゥリィ、テュカ、レレイ、ピニャ皇女、ボーゼス(縦ロール)が日本に来るが、何故かチェーン店の牛丼を食べさせられている。本人たちは満足しているようだが、敵国とはいえピニャは皇族なのだから、もっとどうにかならなかったのか。

国会で参考人として質問が始まるが、生中継でエルフが映って全国のオタク達のテンションが上がりまくりである。馬鹿野党の馬鹿議員が自分達に都合の良い発言を引き出そうとして馬鹿な質問ばかり続けるから、ロゥリィに「あなたお馬鹿ぁ?」と馬鹿にされてしまう。

■■■GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり Vol.3 接触編III

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり Vol.3 接触編III

「門(ゲート)」の向こうの異世界で戦う自衛隊の活躍を描いたファンタジーアニメ第3巻。イタリカの街を目指すテュカ、レレイ、ロゥリィと伊丹たち第3偵察隊。街を目前にした彼らは、空に立ち上る黒煙を目撃する。第5話と第6話を収録。


伊丹の部隊は、レレイ達が集めた翼竜の鱗を売るためイタリカの町へ向かう。しかし、目的地から黒煙が上がっていた。警戒しつつ接近するが、イタリカは大規模な盗賊団に襲われていた。諸王国軍から脱走した敗残兵が盗賊と化したようである。

イタリカが襲われていると聞き、敵は異世界の軍隊だと思って駆けつけた皇女ピニャ・コ・ラーダも、戦闘に巻き込まれていた。イタリカに到着した伊丹の部隊も戦闘に巻き込まれる事になってしまう。皇女は先日敵が攻めて来た門に、捨て駒として自衛隊を配置するが、敵側もただの盗賊ではなくて、元正規軍なので、裏をついて守りを固めている側から攻め込んでくる。

伊丹が増援を要請していたので、あの曲をかけながらAH-1コブラがやって来る。盗賊に攻め落とされそうになっていたイタリカだったが、門の外にいる敵はコブラに掃討される。

門の中ではエロくなったロゥリィが我慢できなくなって戦いに行く。海外サイトで、ロゥリィがエロくなっている部分を、ウォーガズムに達したと書いてあって笑った。

ロゥリィが盗賊相手に無双していると、栗林まで乱入して一緒に戦い始める。コミカライズだと伊丹が一緒に戦ってなかった? 原作は読んでいないので、どっちが原作改変なのか分からないけど。

それにしても、こんなに可愛いのに、すでに961歳の亜神だなんて。お姫様抱っこをしていた伊丹がちっぱいを触って殴られるシーンは、触ったから殴られたのではなくて、触っている事を気づかなかったから殴られた説があって面白い。