FC2ブログ

読書電撃戦

増え続ける積みゲーと積ん読タワーを相手に戦っています。マジキチ対策で閉じている間にブログ村から村八分にされたので、ブログ村ボタンは押さないでください。

ブログ内検索

プロフィール

Riesling

Author:Riesling
あまり、電撃戦的な速度で攻略出来てないような気が……。図書館に無いから、電撃文庫は少なめです。

当分の間、リンク、コメント、トラックバックには対応しません。アダルト、アフィリエイトへの誘導はご遠慮下さい。

カテゴリ

シンプルアーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

■■■web小説 ヒストリア

いつものようにVRオンラインゲーム『ヒストリア』をプレイするしがないサラリーマンの大塚奏多。カナタは現実では擦れた社会人だが、ゲーム内では最強レベルの廃人である。そして3連休を目前とした金曜の夜。カナタはゲーム内で寝落ちをしてしまう。廃人プレイをしているカナタからすると寝落ち自体は珍しくない出来事である。だが次に目覚めると、そこはいつもの風景のはずが、何もかもが変わってしまった世界だった。VRオンラインゲーム『ヒストリア』とは似て非なる、剣と魔法で溢れた世界。現実には存在しない亜人と呼ばれる人種や、絶えぬ戦火と弾圧される人々。様々な思惑と陰謀が渦巻く世界だった。


小説家になろう
ヒストリア

サラリーマンの大塚奏多がVRオンラインで寝落ちしたら、自分が鍛えていたNPCと共に異世界に転移してしまう。ゲームの中の世界ではなくて、全く関係の無い異世界だったのだが、そこは覇権主義国家などが自らの勢力を拡大しようとして大戦争をする危険な場所だった。

カナタが出現したのは大森林地帯で、北方には遊牧民を統一した派遣国家、東には魔法文明が進んだ国、西は魔族領、そして南方は亜人を差別しない共和国を滅ぼした、王国、帝国、聖教国から成る悪の枢軸が存在した。

カナタの勢力は人外だらけなので、各地の人間至上主義国家とは友好的な関係を築く事など出来ない。幸い、この世界の人間は弱かったので、大森林地帯に侵攻してくる敵と事を構えても問題は無かった。

自勢力ごと転移したら周囲が敵だらけで、自軍はだいたい人間じゃないというのは、オーバーロードに似ているが、今のところは敵が弱いので、イージーモードでプレイするオーバーロードな感じになっている。
スポンサーサイト

■■■web小説 ちょっと、異世界人さん。これ以上トラウマを刺激するのは止めてくれませんか?

目が覚めると小さな女の子になっていた。しかも、おまけに異世界にも来ていた男、茅野誠司。彼が最初に出会ったのが第一村人ならぬ、第一現地人ことサイス。異世界人カヤノの振る舞いに、何故かやたらとトラウマスイッチを刺激されまくりのサイス少年。何とか体裁を取り繕っているが、既に胃壁はボロボロ……。宿命も因縁もない。とりわけ世界が滅びの危機に瀕しているわけでもなければ、勇者が――、魔王が――、という手垢のついた話題が出るわけでもない。本当に何もない、平凡な異世界のお話。


小説家になろう
ちょっと、異世界人さん。これ以上トラウマを刺激するのは止めてくれませんか?


多分、日本のおっさんだと思われる男が、気づけば異世界でロリになっていた。倒れていたところを助けた駆け出し商人のサイスにくっつき、一緒に旅を続ける事になる。

主人公のカヤノがかなり図々しい性格で、助けた側のサイスをまるで下僕のように扱っているのだが、美少女化しているだけで許されるなんて……。おっさんのままだったら、この言動は完全にアウトだと思う。

今のところ、村を巡って取引をしているだけなので、カヤノがどのくらいチート性能なのかどうかは不明だが、魔法の威力がかなりある。あとは他人を魅了してしまう特殊能力もあるが、勝手に発動しているので、周囲のおっさんが悪いロリコンと化して襲ってくるのが恐ろしい。

今のところ、魔王退治などの目的も無いので、この話が何処へ向かうのか全く分からない。

■■■研究するって面白い!(岩波ジュニア新書841)

4005008410研究するって面白い!――科学者になった11人の物語 (岩波ジュニア新書)
伊藤 由佳理
岩波書店 2016-10-21

by G-Tools

数学、医学、化学、薬学、生物学など理系の専門分野で活躍する女性科学者11人による研究案内。それぞれの研究内容やその魅力を余すところなく伝えるとともに、どのようにして進路を決め、今があるのかについても語ります。時に悩み、回り道をしながらもまい進していく姿に、元気や生きるヒントももらえます。


表紙の制服女子に釣られてしまったのだが、リケジョを増やすための女子中高生向け就職案内みたいな内容だった。植物分類学、医学、現代暗号理論、環境衛生科学、触媒化学、ケミカルバイオロジー、数値解析、分子生物学、データサイエンス、地球化学、代数幾何学など、理系職種についた研究者について紹介されている。

残念ながら各自に割り当てられたページ数が少ないからか、それぞれの自己紹介文程度にしかなっていない。個人エピソードについても、本書を読んだ女子中高生が理系に興味を持つか怪しい。もっと読み手の人生を変えるくらいの、強烈なエピソードが必要なのではないか。

偶に転職組などの変わり種もいるけれども、取り上げられている11人の多くが高偏差値大学出身なので、凡人が読んでも同じ道を歩めるとは思えない。あまりにも東大や京大出身者が多すぎである。他もだいたい旧帝大レベルだし。これでは、一般人が普通に入れるような大学では、専門分野で活躍出来ないと言っているのと同じではないか。

あとは、バブル世代が結構いるのだが、バブルの波に乗れた世代と、少子化が進行しすぎて研究者なんてあまり必要とされない平成末期では、難易度が全く違うと思う。好きな事を仕事にするという薔薇色の人生を夢見るだけでなく、失敗した場合は超高学歴ワーキングプアになる危険性を十分認識すべきである。

海外なら研究者として成功しなくても人生サイコロを振り直す事が可能だが、一発勝負型社会の日本では、東大や京大を出ても非正規雇用で不安定なままの負け組人生になったりするのだから。東大や京大を出たのに、盗んだバイクで走り出すようなDQN以下の人生で終わったりしたら悲惨すぎるではないか。

■■■web小説 異世界転移は分解で作成チート

黒金 陽太は高校の帰り道の途中で通り魔に刺され死んでしまう。だが、神様に手違いで死んだことを伝えられ、元の世界に帰れない代わりに異世界に転生することになった。そこで、スキルを使って分解したりなんやかんやする物語。


小説家になろう
異世界転移は分解で作成チート


男子高校生の黒金陽太は学校から帰る途中で通り魔に殺されるが、どうやら神の手違いらしい。元の世界に帰れない代わりに何か能力を貰って異世界に転生する事になった。

与えられる能力はある程度、自分で選ぶ事が出来たので、女神を上手い事誤魔化して、鑑定・神、言語理解・神、ヘルプ・神、の他に、道具作成と分解&再構築・神というスキルを紛れ込ますことに成功する。

スキルを作るスキルは禁止されていたのだが、転生直後にヘルプ・神と道具作成を分解して再構築した結果、万物創造というチートスキルが発生してしまう。万物創造を使ってチートスキルを増やしまくった黒金陽太は人外になっていく。

中二病の妄想レベルで、どんどんチート化して行くので、サクサク強くなって逆に楽しい。なかなか強くならずにチマチマ鍛える系の話は、よほど書き手に才能が無い限り、ゲームを買ってもらえない貧乏な子が金持ち息子の家に遊びに行って、後ろでドラクエのレベル上げをひたすら見ている状況と同じような気分にしかなれないんだよな。

途中で神龍を呼び出してテイミングしたら女の子だったり、生まれたてのスライムを強化しまくったら女の子になったりと、若干のハーレム要素もあり。

■■■web小説 異世界T(転)S(生)しました。

大学生になって少し経ったある日のこと。いつものように電車で通学してたら何故かいきなり突然死!?その後の流れで異世界に転生することになったのはいいけど……、ここでもまさかの性転換!!?なんで俺がこんな目に遭わなきゃいけないんだ!  仕方がないので偉い神様から手に入れたチート級の力で絶対成り上がって幸せになってやる!目指せ、百合ハーレム!そしていつか絶対に地球に帰ってみせる!


小説家になろう
異世界T(転)S(生)しました。


天界のミスで死んでしまって神権行使代行者に土下座されるという、よくある転生物である。地球では突然死してしまったので、別の世界で再生されるのだが、生きるのに困らないよう創造神レベルの力を授けられる。

異世界に行くと、用意された体は女の子だった! しかも、ティラノサウルスみたいな大型の危険生物がいる森の中からスタートとなる。これはチートが無かったらすぐにゲームオーバーになるレベルである。

タイラントリザードを倒した後、森の中に家を建ててくつろいでいると、いきなり誰かがやって来る。森に住んでいるエルフか何かかと思ったが、現れたのは母の病気を治すため、森の中にあるという女神の泉を探している女性冒険者だった。

女神の泉を探すのを手伝った後、街にやってくるが、今度は伯爵家を簒奪する悪党から逃げているお嬢様を助ける事になってしまう。

■■■農園からの手紙

4122032636農園からの手紙―イラストとエッセイでつづる (中公文庫)
玉村 豊男
中央公論社 1998-10

by G-Tools

切られても掘られてもまた若芽を出してくる植物の生命力―土をいじる仕事がいつでも新鮮に感じられる―。玉村豊男が描く、農園の暮らし。『NHKきょうの料理』に好評連載されたエッセイ&イラストに書き下ろしを加えた38篇。


長野県に住み、農業を営む玉村豊男のイラスト付きエッセイ。都会人が憧れるスローライフな生活をしているが、近所の人がいきなり遊びに来るという田舎ならではの人間関係も垣間見えるので、リア充じゃなかったら田舎暮らしは辛すぎると思う。

とりあえず、私のようにぼっちでコミュ障で人間が嫌いでもうずっと放っておいてほしい最底辺非リア充クラスタには無理ゲーすぎる。自分の農園や、近所の農家が作ったものを食べていて、健康には良さそうな生活だが、ちっとも羨ましいとは思わない件。

知り合いや近所の人がいきなり遊びに来るというのはともかく、有名人だからか、全く知らない人まで来るのは酷すぎると思う。せめて、アポを取って玉村豊男の許可を得てから訪れろと言いたい。何で日本人は自分の都合しか考えないクズが多いのだろう。

ワイン造りもしているのだが、やはり日本で造ると高くなるよね。どんな味なのか気になるが、この値段なら諦めて、ブルゴーニュ産のワインを買ってしまいそうだ。値段を考えると、最強なのはチリワインだけど

■■■10ねこ

483408277610ねこ (福音館の科学シリーズ)
岩合 光昭
福音館書店 2016-09-10

by G-Tools

「かごに はいって いいきもち 1ねこ」「そろって おでかけ 2 ねこ」「おかあさん みててね 3ねこ」……1頭、2頭、3頭とページをめくるたびに猫の数が増えていく、数え猫の本。野原や海岸、街角や農場などで見つけた猫をありのままに撮影した写真からは、猫たちの生き生きとした暮らしが伝わってきます。数を数える楽しみと一緒に、いろいろな国のさまざまな猫たちをお楽しみください。


最も有名な猫写真家、岩合光昭の絵本である。いや、図書館のお子様用絵本コーナーに置いてあったが、厳密には絵本ではなくて猫写真本である。

小さなお友達用の本なので、数を覚えてもらうという意図があるのだと思うが、猫の数が1匹から始まって、だんだん増えていくだけの本になっている。猫が出て来るだけの本なのだが、猫だから可愛くてたまらない(*´Д`) 正直、三次元のJKなんかより、猫のほうが1万と2000倍は可愛いと思う。

三次元でも可愛いのなんて、猫くらいだよねー。犬も可愛い等の異論はあるだろうが、個人的には野犬に噛みつかれた事があるので、犬に関してはあまり良いイメージが持てない件。

最初は猫が1匹だけで、籠の中で寝ている。何かに入り込んで一体化している時の猫の可愛さは異常である。続いては、隙間から覗いている2匹の猫、木登りしている3匹の猫、積み上げた丸太に乗る猫家族4匹、海辺でテトラポットに飛び移る5匹の猫。

猫専用の出入り口から外に出て来る6匹の猫、朝の陽だまりに7匹の猫、坂道と階段をのぼる8匹の猫、ご飯を待つ9匹の猫、集まってきた10匹の猫となる。最後に、猫だらけの島らしきものが写っているのだが、何処なのだろうか。

■■■カエルのおでかけ

4577038978カエルのおでかけ
高畠 那生
フレーベル館 2013-05-01

by G-Tools

そとはどしゃぶりの“いいてんき”!カエルはうきうきおでかけです。さあ、あべこべででろでろでぐちょぐちょなピクニックの、はじまりはじまり。


TVの天気予報を見たカエルが、明日は良い天気になるので外出しようと考える。翌朝、外は大雨になっていた。カエルにとって、大雨は良い天気だったので、喜んで外に出かける。びしょ濡れになりながら自転車をこいで、ハンバーガー屋に入るのだが、床がびっしょり濡れてしまって迷惑じゃないか。

水没中の公園にやって来たカエルは、まるでプールみたいだと喜び、雨に濡れて、でろでろのぐちょぐちょになったカツバーガーを美味しそうに食べる。食後は服を脱いでくつろぎ始める。人間だとアイドルでも外で裸になったら叩かれるというのに、カエル人間だったら許されるのか。

気持ちよくなって公園で寝ていたカエルは、雨が小降りになっているのに気づく。早く帰らないと雨がやんでしまうと慌てて帰宅する。途中で雨がやみ、日が照り始めると、雨が降るびしょぬれかさを差し始める。これって、ドラえもんが持っていた傘と同じじゃないか。

帰宅したカエルは家でくつろいでいるが、こんな高層マンションに住んでいて、普段は何をやっているのか気になる。株式売買で金持ちになったのだろうか。

■■■ドワーフじいさんのいえづくり

4577027437ドワーフじいさんのいえづくり (フレーベル館の秀作えほん)
青山 邦彦
フレーベル館 2003-10-01

by G-Tools

気むずかしいドワーフじいさんが、ひとりで家をつくることになりました。すると次々に動物たちがやってきて…。細密に描きこまれた画面が見る人をひきつける、すてきな絵本。


ある森に気難しいドワーフじいさんが住んでいた。物作りが得意なドワーフじいさんは、暗い洞穴暮らしに嫌気がさし、自分の家を造ろうとする。

1人で造っているので、なかなか家が完成しないが、熊が通りかかる。クマは、手伝うから自分の部屋も造ってくれと交渉する。1人では家が完成しないので、ドワーフじいさんはクマの部屋も作る事にした。クマは大きいので屋根の部分は高すぎて手伝えないが、そこへサルがやって来る。

サルも手伝うから自分の部屋を造ってくれと言いだし、仲間が増える。クマとサルが自分の部屋を造っていると、猪がやって来て、手伝い始める。そのうち、リス、キツツキなど、森の動物達に家造りが広まり、ドワーフじいさんに無断で手伝い始める。

ドワーフじいさんの家は、当初の設計からかけ離れた動物達の集合住宅と化してしまった。自分の部屋の間取りを見直すしかなくなり、憧れの見晴らし台も諦める事になってしまったドワーフじいさんは機嫌が悪くなる。

落下して脚を怪我したドワーフじいさんはずっと不機嫌だったが、動物達と暮らす家も悪くはないかと思い始める。脚が治ったドワーフじいさんは、みんなで使える見晴らし台を造ろうと、設計図を引き始めるのだった。

動物だらけの家で暮らすのがドワーフじいさんだから少し違和感があるが、エルフの美幼女さんを拾ってきたら完璧になると思う。

■■■web小説 天空の城を貰ったので異世界で楽しく遊びたい

手違いで死んでしまった椎原大希は、ミスを隠す為の帳尻合わせに異世界に行くことになってしまった。願い事を一つ叶えるので、内緒にしておいてくれ。そう言われた大希は、迷う事無く空に浮かぶ天空の城を頼んだ。突如として空に浮かぶ城が現れた異世界の人々は大いに混乱し、様々な方法で接触を試みる。ある国は武力で手中に収めようとし、ある国は友好的に対話を求める中、大希はいったいどうするのか。


小説家になろう
天空の城を貰ったので異世界で楽しく遊びたい


天使のミスで死んでしまった椎原大希は、願い事を1つ叶えて貰える事になった。椎原大希は天空の城をお願いしたので、異世界で復活して城主となる。

最初はぼっちだったが、下界を観察していると、襲われている美少女を発見して保護したところ、それは小国のレティーツィア王女だった。エイラ王女の国は、隣にある好戦的なブラウ帝国から狙われており、王女は奴隷扱いでクズ皇族に嫁ぐ途中だった。クズ皇族はたくさんの女性を殺したり廃人にしているというマジキチサイコパスらしく、恐ろしくて思わず逃げてしまったようだが、そのために戦争が始まる。

椎原大希は攻め込んできた帝国軍のゴーレムを、天空の城にあるロボットで破壊して敗走させた後、アツール王国の同盟国となる。天空城はロボやドローンがたくさんいるのでチート状態だが、城主本人は戦闘力のない生身の人間だし、日本人らしく隙が多すぎて心配になる。