洋梨形の男

洋梨形の男 (奇想コレクション)洋梨形の男 (奇想コレクション)
(2009/09/15)
ジョージ・R・R・マーティン

商品詳細を見る

都会に潜む“洋梨形の男”の恐怖を描いた傑作ホラーの表題作をはじめ、身勝手な男が痩身願望の果てに“猿”に取り憑かれる「モンキー療法」、変わり果てた昔の友とのおぞましい再会譚「思い出のメロディー」、ひとりの作家の内面に巣くう暗黒をあぶり出す「子供たちの肖像」、酒場のホラ話ファンタジー「終業時間」、チェスの遺恨を晴らそうと企む男のSF復讐劇「成立しないヴァリエーション」の全6篇を収録。ネビュラ賞・ローカス賞・ブラム・ストーカー賞受賞。


奇想コレクションは、表紙で結構釣られてしまう。奇想だけあって、ファンタジーなのかホラーなのかSFなのか分らない作品が混在しており、オチも見えずにどう楽しめば良いのか分らないものが多い。しかし、ジョージ・R・R・マーティンに関しては、きちんと理解出来るオチが用意されていたので、奇想コレクションの中ではかなり良かった。

それにしても、ブラック成分が濃くて、主人公が酷い目に遭う話が多い。最初の「モンキー療法」から、猿に取りつかれて痩せて行く話だし。こんな強制ダイエットは地獄だろうなぁ。

「思い出のメロディー」は、メロディー=曲ではなくて人名だった。大学時代に四人で暮らした男女だが、時を経てメロディーだけが人生から落ちこぼれ、他の三人の疫病神と化してしまう。最後まで身勝手なメロディーの呪いにはウンザリしそうだ。

「子供たちの肖像」は、家を出て行った娘から、自分が書いた小説の登場人物を描いた肖像画が次々と送られて来て、毎晩怪異が起こるというもの。最後の最後で意表をつく幕切れ。

「終業時間」は、とっても馬鹿らしい理由で世界が終わってしまう話だが、自動車に詳しくないと、いまいち楽しめないかもしれない。

表題作の「洋梨形の男」が、一番ブラックで救いが無いなぁ。洋梨形の男に関わってしまった女の悲惨な結末。何も悪い事をしていないのに、これはちょっと酷すぎる。

「成立しないヴァリエーション」は、学生時代にチェスをやっていた四人のうち、一人だけが大成功している話。運命の廻り合わせで一人だけ成功したのではなく、彼の成功には、ある理由があった。そして、残り三人が人生の敗者となってしまったのも……。
スポンサーサイト

サンドキングズ

サンドキングズ (ハヤカワ文庫SF)サンドキングズ (ハヤカワ文庫SF)
(2005/10)
ジョージ・R.R. マーティン

商品詳細を見る

こいつは奇妙だ!風変わりな異星生物を飼うのが趣味のサイモン・クレスが見つけた新たなペット、それがサンドキングズだった。指の爪ほどの大きさで、6本の手足と、3対の小さな眼。集合意識により一団となって城砦を築き、さらには城砦同士で戦争をするほどの知能がある。しかも飼い主を神として崇拝するというのだが…ヒューゴー、ネビュラ両賞受賞の表題作の他、壮大な宇宙史を背景に描きだされた魅惑の6篇を収録。


マーティン初挑戦。七王国の玉座ではなく、あえてこれを選んでみる。表題作が気になったし。7作品入っているが、よくわからない話も多い。

「龍と十字架の話」
キリスト教の教義を巡って、異端派を排斥する話。その惑星に広まっている教義では、何故かユダが英雄で龍王となっているのだ。オールド・アースにおける歴史も書き換えられている。宗教って、遥かな未来世界でも現在と同じように、くだらない事を繰りかえしていそうで嫌だなぁ。まあ、現状から行けば、宇宙に宗教が持ち出されても、多数派となるのはキリストじゃなくてイスラムな気がしますけど。

「ビターブルーム」
ヴァンパイアがいる冬の世界で魔術師と過ごす話は、一見ファンタジーだけど、最後の最後でSFになる。魔術師の正体はソレでしたか。これは、文明圏外で遭難してしまった人々の末裔が住む世界なのだろうか?

「<蛆の館>にて」
蛆の化け物みたいな二種族が地下世界で戦っている話。これが一番訳わからない。描写も気持ち悪い。上の方へと追いやられているヤラ=ガ=ヘイと、下から上がってきたグロウン。第三の種族を自称する“肉はこび”。遥かな過去に蜘蛛や蛆を作った伝説のチェンジマスター。グロウンの世界よりもさらに下で増殖する巨大なタイショクチュウ。これは食事中に読んだら駄目ですな。

「ファスト・フレンド」
光速で飛ぶ<点滅体>、その<点滅体>を捕食する<暗黒体>。即ち、<暗黒体>は光速よりも早く飛ぶのである。<暗黒体>は人間と融合する事が出来る。融合に成功した人間は肉体的、技術的な制約から解放され、自在の星々の海を渡る事が出来るのである。但し、シンクロに失敗した場合は消滅して死んでしまうのだが。恋人と共に志願し、適格者として選ばれた男。恋人は融合に成功して宇宙の彼方へ飛んで行くのだが、男は自分の順番がまわってくる直前で、融合に失敗し破裂した女性を見て逃げ出してしまう。

「ストーン・シティ」
謎の古代遺跡がある、人類がほとんど訪れない惑星に、事実上軟禁されてしまった男が、異星人から盗みを繰り返しつつひたすら人類の宇宙船を待ち続ける話。人類文明圏を遠く離れて身動き取れなくなるのは辛そうだ。最後は異星人を殺害してしまい、誰も戻って来ない、遺跡の地下へと逃げていく。

「スターレディ」
女性が悪漢と戦う話も、いまいち掴めなかった。一人二役以上の話のようだが、誰が誰でどうなったのか、読み返してもよくわからない……。多重人格? 多重体?

「サンドキングズ」
表題作となったこれが、一番面白かった。他のと比べて単純明快で良い。知性を持ち、飼い主を神として崇拝する昆虫型の異星生物。女王みたいなやつが行動体を増殖させて砂の城を築いていく。各女王から増えた行動体は色分けされており、戦争をするのだ。ショップで買った際に、餌は十分にあげるようにと言われていたのにも関らず、戦争がみたいという理由でサンドキングズを飢えさせた男は……。