三雲岳斗

攻略対象書籍は以下。

結構、多いなぁ……。

アース・リバース』★★★★
『M.G.H. 楽園の鏡像』
『海底密室』
『ワイヤレスハートチャイルド』
『聖遺の天使 』
『絶対可憐チルドレン・THE NOVELS~B.A.B.E.L.崩壊~』
『カーマロカ 将門異聞』
『旧宮殿にて 15世紀末、ミラノ、レオナルドの愉悦』
少女ノイズ』★★★☆
『メタルギアソリッド ポータブル OPS』

『コールド・ゲヘナ1』
『コールド・ゲヘナ2』
『コールド・ゲヘナ3』
『コールド・ゲヘナ4』
『コールド・ゲヘナ あんぷらぐど』

『レベリオン1 放課後の殺戮者』
『レベリオン2 弑殺校庭園』
『レベリオン3 炎を背負う少年たち』
『レベリオン4 彼女のいない教室』
『レベリオン5 楽園に紅き翼の詩を』

『i.d. I 神使いたちの長い放課後』
『i.d. II seven』
『i.d. III 滅びの王国』

『道士さまといっしょ』
『道士さまにお願い』

『アスラクライン』
『アスラクライン2 夜とUMAとDカップ』
『アスラクライン3 やまいはきから』
『アスラクライン4 秘密の転校生のヒミツ』
『アスラクライン5 洛高アンダーワールド』
『アスラクライン6 おしえて生徒会長!』
『アスラクライン7 凍えて眠れ』
『アスラクライン8 真夏の夜のナイトメア』
『アスラクライン9 KLEIN Re-MIX』
『アスラクライン10 科學部カイメツ』
『アスラクライン11 めぐりあい異世界』
『アスラクライン12 世界崩壊カウントダウン』
『アスラクライン13 さくらさくら』
『アスラクライン14 The Lost Files』

『ランブルフィッシュ1-新学期乱入編』
『ランブルフィッシュ2-中間試験暴走編』
『ランブルフィッシュ3-場外乱闘恋心編』
『ランブルフィッシュ4-伝説崩壊編』
『ランブルフィッシュ5-凶天使襲来編』
『ランブルフィッシュ6-亡霊殲滅編上』
『ランブルフィッシュ7-亡霊殲滅編下』
『ランブルフィッシュ8-決戦前夜秘湯編』
『ランブルフィッシュ-あんぷらぐど』
『ランブルフィッシュ9-大会開幕奇襲編』
『ランブルフィッシュ10-学園炎上終幕編』

『ダンタリアンの書架1』
『ダンタリアンの書架2』
『ダンタリアンの書架3』
『ダンタリアンの書架4』



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサーサイト

少女ノイズ

少女ノイズ少女ノイズ
(2007/12/14)
三雲 岳斗

商品詳細を見る

ミステリアスなヘッドフォン少女の美しく冷徹な論理。欠落した記憶を抱えた青年と心を閉ざした孤独な少女。彼らが出会った場所は無数の学生たちがすれ違う巨大な進学塾。夕陽に染まるビルの屋上から二人が見つめる恐ろしくも哀しい事件の真実とは――。気鋭の作家が送る青春ミステリーの傑作!


表紙に釣られて読んでみた。銀色なのはかっこいいのだが、ラノベ風なセーラー服美少女の絵は、借りる時、少し恥ずかしい。一応はミステリーなのだが、本格的なものではなくて小さく纏ってしまい、盛り上がりに欠けるのが惜しいところ。

主人公のほうが聞き役で、しかもある意味、奴隷扱い。ヒロインのほうが天才美少女で名探偵役だった。事件を解決する際の解答部分がアッサリしすぎなので、ちょっとキャラクター小説寄りか。主人公が他の女と喋ったりすると、機嫌が悪くなるヒロイン、ちょっとツンデレ要素ありか。続編作ってデレ部分も見せて欲しいところである。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

アース・リバース

アース・リバース (角川スニーカー文庫)アース・リバース (角川スニーカー文庫)
(2000/06)
三雲 岳斗

商品詳細を見る

灼熱の溶岩に地表を覆われた世界―炎界。人型航空兵器“天使もどき”で要塞都市の防衛にあたっていたシグ・クルーガーは、不時着した敵機から這い出した少女ティアを撃つことができない。少女は告げる―「世界の果てを見に行こうと思ったのよ」と!彼女を救ったために逃亡者となったシグを追いつめるのは姉のレネが指揮する高速巡航空母と、美しき女狙撃手、イザベル。世界の果てに楽園への扉は存在するのか?炎界の謎とは?第5回スニーカー大賞特別賞受賞作品。


第5回スニーカー大賞特別賞受賞作。

戦闘用の巨大ロボが出てくる時点で食指が動かなくなる(ガンダムだけは例外だけど)のだが、これに関しては出来が良いと思う。灼熱の溶岩に覆われた世界。そこは炎界(フレイムシー)と呼ばれ、上空を浮遊する巨大な人工建造物リダウトの上で人々は生活している。直径12kmにも及ぶ浮遊要塞は、それぞれが独立した組織として存在し、僅かな資源を奪い合い、戦い続けていた。

え? なんで地表がマグマの海なの? ガミラス人も硫酸の海の上で生活していたけど、それよりも過酷な環境じゃないか。そんな場所で、どうやって文明を発達させたのだ? 有り得ないような設定に、謎は深まるばかり。だけど、最後に驚愕の事実が待ち構えていた! なるほど、そういう事ですか。

他のリダウトから迷い込んできた少女ティアを匿い、自らも逃亡する身となるシグ。行き先は、世界の果てにあるという伝説の地ヘブンズゲイト(楽園の扉)。追っ手となった最強のパイロットである姉の追撃をかわしつつ、向かった先に待っていたモノは……。世界の果てに驚愕の事実が!

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ