ひと晩5冊の本が速読できる方法(KAWADE夢新書246)

ひと晩5冊の本が速読できる方法 (KAWADE夢新書)ひと晩5冊の本が速読できる方法 (KAWADE夢新書)
(2002/05)
橘 遵

商品詳細を見る

いくら速く本を読むことができても、内容を大雑把につかむだけでは役立たない。脳科学と認知心理学の成果に基づくSP式は、正確な理解、詳細な知識を求められるビジネスや受験で大いに威力を発揮している。人生に成功をもたらす、この速読ノウハウを初級から上級まで、あますことなく伝授する。


胡散臭い書名がついているけれども、中身はそれほどトンデモな事が書いてある訳でもなく、結構普通だった。しかし、知る事と出来る事の間には相当の隔たりがあって、言われてすぐ出来るようになる位ならば、最初からこんな物を読む必要は無い訳で……。

書いてある通りの事をすぐ実行出来る人なら、確かに5冊位は読めるかもしれない。しかし、普通の人が読んでも、5冊読める能力はゲット出来ないと思う(笑)。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサーサイト

最強の速読術(KAWADE夢新書181)

最強の速読術

仕事に必要な本や資料、試験用のテキストを、たったの数分で読み終え、確実に頭に入れることができたら…。この願いを実現するのが速読術である。ギネスブックで世界最速と認定されたH・S・ベルグ氏のノウハウを日本語向きに修正し、斉藤式速読術と融合して紹介。これで月50冊の読破も可能になる。


巷に妙な本が溢れすぎているため、速読術=オカルト的なイメージがついてしまったのだが、本書は地に足着いた内容。その分、当たり前の事しか書いておらず、王道は無い。何事も地道な努力なくしてはマスターする事など出来ないという事ですな。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ