窓際の死神

窓際の死神(アンクー) (新潮文庫)窓際の死神(アンクー) (新潮文庫)
(2008/01/29)
柴田 よしき

商品詳細を見る

「死」を想ったこと、ありますか?目の前に現れた、黄泉の国への使者。死と向き合ったとき、生きることの実感と歓びを知るのかもしれない。おとぎばなしをモチーフに描く寓話的ミステリー。


死神とか悪魔が題材だと思わず食指が動いてしまう。という訳で、柴田よしき初挑戦。今まで手を出さなかったのは、どうやらシリーズものが混じっているらしいのに、番号になってないので、どれから読んだら良いのかわからなかったからである。恐らくこれは単品物だろうと予想して借りてみたのだ。死神なのも気になったし。

うーん、なんだか死神が窓際族な中年男で、死神らしさがない。どうせなら、窓際中年じゃなくて萌えキャラな女の子だったらGJだったのに(をいっ!)。おっさん死神は、大鎌を振り回して直接攻撃してきたりはしないけど、非常に嫌らしい心理攻撃をしてくる。しかも、不条理だらけ。まぁ、死そのものが不条理ですからね。誰かの代わりに自分が生きる、或いは死ぬ。目に見えない綱引きをさせる死神。ブラックな寓話といった感じだが、後味はそれほど悪くない。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサーサイト