月の扉

月の扉 (光文社文庫)月の扉 (光文社文庫)
(2006/04/12)
石持 浅海

商品詳細を見る

沖縄・那覇空港で、乗客240名を乗せた旅客機がハイジャックされた。犯行グループ3人の要求は、那覇警察署に留置されている彼らの「師匠」を空港まで「連れてくること」。ところが、機内のトイレで乗客の一人が死体となって発見され、事態は一変―。極限の閉鎖状況で、スリリングな犯人探しが始まる。


幻想的な題名に惹かれたのだが、ミステリーなのに新興宗教の教祖様にも匹敵するカリスマを持つ師匠の超常能力頼みというのが微妙である。ちょっとズレたら下手なファンタジーかオカルトになってしまうじゃないか。

不当逮捕された師匠を解放させるべく、三名の男女が旅客機をハイジャックするのだが、機内のトイレで乗客の一人が殺害される。密室状態で他には誰もトイレに入っていないので、誰がどうやって殺害したのか分からない。

乗客のうち、座間味くん(仮名)と名づけられた男を巻き込んで、ハイジャック中だというのに謎解き状態になる。他の名も無き乗客達は空気なの? トリック優先で現実味が乏しすぎる。

謎解きは師匠が登場してから機外で延々と続く。狙撃隊もいるというのに、当初の目的も果たさずに謎解きが優先されるのは、あまりにも嘘臭い。偶然に頼るだけの、ご都合主義過ぎる解答にもガッカリした。結局、師匠の能力が本物なのかどうか曖昧なまま、まさかのBAD ENDになってしまい唖然とした。

( ゚д゚)←読み終えた瞬間、こんな顔になった(笑)。結構、話題になっていた作品だから期待したのに、ご都合主義だらけでオカルトまで混じってるし、なにこれ美味しいの?


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサーサイト