青春の光となんか

480195927X青春の光となんか (バンブーコミックス)
平尾 アウリ
竹書房 2017-04-28

by G-Tools

女子高生がモグラ捕りのバイトに励んでいるとき、もちつき屋さんは、さるかに合戦を繰り広げ、そして人類滅亡のカウントダウンが始まる…。はたしてバンド結成なるか…!? 平尾アウリが描く鮮烈なショート・ショートコメディ30篇を収録!


表紙で「先輩に告ってフラれた! まじもう生きてけない!!」と人生に絶望している女子高生がいるのだが、可愛い子でもフラれる事があるんだなと思いながら手に取ると、ただの恋愛物じゃなくて予想の斜め上なのか下なのかよく分からない内容だった。

まず、表紙の女子高生がフラれて泣いているが、友達は彼氏と別れただけではなくて、喧嘩してたら彼氏が歩道橋から落ちて、自分のせいにされるから逃げ帰ったら家が燃えていたという……。フラれただけの子は、まだ自分のほうがマシだと思うのだった。

家が燃えたほうも、あるある話で済ませようとするのが恐ろしい。そんな事件は運が悪い人でも人生のうちに何回かしかないだろう? 人並みの運なら1度も経験しないまま終わると思う。偏差値80まで上げても落とされたり、1/6の確率で当たるクジに96連続でハズれたり、麻雀で滅多に出ない天和を3連続で喰らったりする運の悪さの私ですら、家が燃えた事はまだ1度も無いぞ。家に関しては自分の所有物ではないし、親のリアルラック補正が効いているから燃えないのかもしれないが。

その次は、モグラ捕りのバイトを始めた話をしているのだが、捕獲後は食べていいの? と聞いているのが恐ろしい。はじめ人間ですら、まともな獲物が獲れない底辺のギャートルズしかモグラは食べないというのに。

自分の事をロボットだと言い張るりん子という女子高生も登場するが、どう見ても人間である。こんなハイテクなロボは、スカイネット社しか造る事が出来ないのではなかろうか。

男子もおかしい。足を怪我してサッカーが出来なくなった拓海がうなぎを手で掴んだまま先に米のとぎ汁を掃除機の風が出るところに注ぎ込んだほうが勝つ別のサッカーに参加させられる。わけのわからない謎サッカーで勝ったほうは田植えを終えたばかりの田んぼにドブネズミを腕に抱えたまま飛び込む決まりだと言われ、実行したら警察に通報されてしまった。

ようやく何かがおかしい事に気づくのだが、黒服の男に記憶を操作されていた。喋り過ぎたのでエイリアンによって1人始末され、残りは火星を破壊されて脅される。いかん、これは斜め下方向の話だった。全部、高校生の脳内妄想ではないか。どうせ、火事で家が焼けた女子高生も脳内妄想なんだろ?

異世界の声が聞こえた女子高生は母親に旅立つよう促されるが、鍛えすぎてシャーペンが持てない怪力を身につけて受験に失敗する。

フィーエルヤッペンを題材としたマンガが始まり女子高生がハマるが、あまりにもマイナーなスポーツすぎて人気が出ず、10週で打ち切りになる話もある。フィーエルヤッペンなんて、このマンガを読むまで知らなかったよ。

スポンサーサイト

鬼姫祭り

4821183641鬼姫祭り (ぶんか社コミックス)
大橋 薫
ぶんか社 2006-11-17

by G-Tools

恋に狂った鬼女の伝説を持つ村で少女たちの妄執と嫉妬は、血の惨劇の幕を上げた!


「鬼姫祭り」
その昔、鬼の女が人里の美しい男に報われぬ恋をした。恋に苦しみ暴れる鬼を鎮めるため、貧しい村娘たちが美しい着物を仕立て鬼女に捧げたという。

そして現在。村長は鬼姫伝説を元に、手作り衣装で美しさを競う鬼姫祭りを開催し、村おこしをしようとしていた。清美は村役員の娘だという理由で、無理やり参加させられる事になる。

清美は日に焼けた田舎娘なので参加したくない。幼なじみの竜二は鬼に惚れられるほどの美形に成長ている。病気療養で村を訪れる遠縁のカヲルも白い肌で美しい。

カヲルに強引に頼まれてしまい、清美は鬼姫祭りの着物を用意してあげなくてはいけなくなった。鬼姫神社に奉納する着物をカヲルに渡すと、自分が着られなくなってしまうので、断ろうとするのだが、カヲルは恐ろしい鬼になっていた。

母親から、カヲルは去年病気で亡くなったと知らされるのだが、鬼姫祭りでは、伝説と同じ恐ろしい事件が始まっていた。


「笑う女」
光はオーディション会場まで付き添いで来ていた。オーディションを受ける友人の織音は、微妙系の小デブだった。こんなのではオーディションに通るわけも無いのだが、やたらポジティブである。それと比べて、付き添いで来た光るほうはネガティブすぎるではないか。

当然のように織音は落ちるが、光が芸能事務所にスカウトされてしまう。その時から、織音がおかしくなり始める。強引に事務所についてきて、自分のほうが本命であると信じて疑わない。光がモデルとしてデビューする一方、織音のほうは高額のレッスンを受ける事になる。

ある日、芸能事務所に行くと、社長は狂った織音に殺されており、光も襲われてしまう。咄嗟に突き放すと、織音は階段から落ちて行った。首がおかしな方向に曲がっても立ち上がる織音を見て、光は気を失ってしまう。気が付くと、光は病院にいた。織音は逆恨みで社長を殺した後、階段から転落して死んだ事になっていた。

最後がブラックな感じだけど、さすがにこれは正当防衛だからセーフだろう。綾音と同じフォースの暗黒面に落ちる必要は無いと思うのだが。


「嘆きのドール」
安藤ソウ子と久松ゆのは、星花学園に通う話題の高校生コンビである。安藤ソウ子が文章担当、久松ゆのがイラスト担当で、絵本を出している。タレントになれそうな美少女コンビなので、本が売れまくっていた。

しかし、いきなり冒頭部分が夢オチでガッカリする(笑)。現実は、やっと絵本大賞に入選して編集部の担当がついたばかりである。超少子化と格差社会だから、絵本は売れないよなぁ。

2人の間に鈴木と名乗る謎の女子が現れ、両方から愚痴を聞くフリをして、関係に楔を打ち込んでくる。実は、入選作は過去に誰かが書いたもので、盗作だった。遺書となる作品を汚されたため、鈴木は2人を屋上から落とそうと引っ張る。

パクった2人にも落ち度があったとはいえ、悪霊みたいなやつに殺されて、仲良く飛び降り自殺した事になってしまうなんて……。


「暗闇の魔法使い」
さやかは星野という男に片想い中だったが、星野が女子大生と付き合い始めたので、不幸のドン底にいると思い込んでいる。もっと恵まれない立ち位置にいる者からすれば、リア充になり損ねた程度の一般人でしかないのだが、身勝手すぎる馬鹿女だから、客観的に判断出来ていない。

ゴミ箱を漁るホームレスに食べ物を与え、どうにかしてとお願いしたところ、星野を取った年上の女子大生が襲われる。しかし、星野はさやかのところには戻らず、今度は中等部の子と付き合い始める。この星野という男も、どう考えてもクズなヤリチンとしか思えない。普通は、付き合っている彼女が襲われて顔に怪我をしても、速攻で他の女に乗り換えたりしないだろう?

さやかは、またホームレスを探して、食べ物を与えてお願いをする。暫くすると、女子中学生も何者かに襲われていた。星野に告白するが、断られたさやかは、思わずお願いしてしまうが……。これは因果応報だし完全に自業自得だから、BAD ENDで終わっても、ちっとも可哀想だとは思えない。


「化石の歌」
留美の家族は田舎に引っ越し、父の母親と一緒に暮らす事になった。遊びに行こうとするとおばあちゃんもついて行こうとするので拒否するのだが、迷子になっていると、クラスの女の子に声をかけられた。友達になれそうだというところで、おばあちゃんが迎えに来たので、その女の子と仲良くなる事が出来なかった。

おばあちゃんは、こんなにたくさんつけてと言いながら、留美を叩き始める。留美は夜中に起こされ、おばあちゃんから肌身離さず持っているようにと石を渡された。こんなにいっぱいつけてと言いながら、留美をバンバン叩き出したので、父も母も、おばあちゃんがボケたと思い、施設に入れてしまった。

留美は、声をかけてくれた女の子と仲良くなり、家に連れて来るのだが、母親にはその友達が見えていなかった! ボケたと思っていたおばあちゃんは、普通の人には見えない何か悪いモノから留美を守っていたのである。

おばあちゃんは若い頃、巫女をしており、人外の何かを視る能力が、留美に引き継がれてしまったらしい。施設を抜け出したおばあちゃんは、留美を助けに来て、転校してきて友達が出来ずに首を吊った女の子を連れて行ってしまう。おばあちゃんはその場で倒れ、目を覚まさなくなってしまった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

赤鬼とラブソングを

4776738325赤鬼とラブソングを (ミッシイコミックス NextcomicsF)
不二原理夏
宙出版 2014-09-01

by G-Tools

「アイドルなんて大嫌い! 」家計を助けるため、アルバイト生活をしている女子高生・松葉百桃(まつばもも)は、アイドルみたいにちゃらちゃらしてる人が大の苦手……。そんな百桃だけど、お弁当配達のアルバイトの途中、スーパーアイドル“MISTY(ミスティ)"の人気№1センター・一色紅(いっしきこう)=シキの 秘密を知ってしまう! 秘密を知られたシキにムリヤリ専属マネージャーにされた百桃! オレ様アイドルに振り回されっぱなしの百桃だけど、たまに見せる笑顔にドキドキが止まらなくて――!? LOVE is LIVE!?(恋の生中継!?)トップアイドルと貧乏少女のヒミツの鬼ラブ。


松葉百桃が人気アイドル・グループ「MISTY」の楽屋に弁当を届けに来たところ、中にはイケメン鬼がいた。メンバーの一色紅は鬼だった。というか、メンバー全員が鬼だった。正体を見られたという理由で、百桃は下僕にされそうになる。

高給に釣られた百桃は、一色紅の専属マネージャーとなった。鬼のアイドルは悪い鬼を退治するために芸能界隈担当となっているらしい。百桃はマネージャー業務を頑張るが、悪い鬼が一色紅から何かを盗み出そうとする現場を目撃して追いかける。

百桃が悪い鬼に攻撃され、髪の毛が切られてしまった事で、シキ(一式紅)は激怒する。窃盗と傷害だけで、敵が消滅しているけど、鬼の世界って厳しいな。何処かの悪党に優しい島国では、人を殺しても滅多に死刑にならないというのに。

百桃は家計が苦しい女子高生だったので、学校にも通っているのだが、急に撮影の仕事が入ったからと、百桃の学校まで迎えに来てしまう。人気アイドルが来ると騒ぎになるから、電話で呼び出してくれと言ったところ、翌日、一色紅が転校して来た。

他のメンバーの氷野ヒサメは非常勤講師として、高乃コウキも転校して来たらしい。女子からチヤホヤされる一式紅を見て百桃は機嫌が悪くなるのだが、学校で連続盗難事件が発生したので、鬼らしき黒い影を追いかける。

その鬼は人の大切な物を盗むのだが、百桃も一式紅から貰った髪飾りを盗まれたので追いかけていた。前回の窃盗鬼と違って、今回の鬼は小さい子だったので、消滅させられずペットにされてしまう。名前はピキちゃんらしい。

夏用ビジュアル撮影で海に行った時、百桃が砂に埋まっていた鋭利な何かで足を怪我してしまう。慌てた一式紅にお姫様抱っこで運ばれる。救護室で一色紅がテンパっているので、こんなの唾をつけておけば治ると百桃が言ったところ、足をペロペロされてしまう。

心がモヤモヤしたまま、百桃が夜の海に出たところ、悪い鬼に襲われるが、駆け付けたMISTYによって瞬殺されてしまう。3人が強すぎるから、悪い鬼退治方面に関しては、余興程度にしかなっていないなぁ。

最後は、遊園地で結婚式CMの撮影となるが、相手役の子が急病で入院するという、お約束のアクシデントが発生する。急すぎて代役を手配出来ないので、百桃が監督に目をつけられてしまう。ウェディングドレス撮影シーンのゴタゴタで、完全にフラグが立った。

嫌がらせをする女子アイドルやクラスメイトも登場せず、時々襲ってくる悪い鬼以外は、何の障害もなかった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この靴しりませんか?

4592710959この靴しりませんか? 完全版
水谷フーカ
白泉社 2016-01-29

by G-Tools

童話をモチーフに描いた5本のガールズラブ作品集が描きおろし12pを加え完全版で登場。ほんのりふんわかな水谷ワールド全開!な物語の数々をお楽しみください。


最初の話は、表題作の「この靴しりませんか?」である。歯医者に行った瀬田千晶が治療後に帰ろうとしたら、自分の靴が片方無くなっていた。そして、可愛い靴が片方だけ残っていた。自分が最後の患者だったので、もう誰も残ってはいない。つまり、誰かが間違えて片方を履いて行ったという事になるのだが、余程の天然さんじゃなかったら、こんな間違いはしないだろう。

瀬田千晶は在宅ワークなので、他の靴を持っていなかった。お金が無い引き籠りニートならともかく、仕事をしているのなら、靴くらい買えば良いと思うのだが、そのまま片方ずつ違う靴を履き続ける。歯科医で靴の貼り紙をしてもらったところ、相手が誰だか分かり、靴子さん(仮名)と会う事になった。


「オオカミの憂鬱」は、地方の小さな百貨店に勤めるエレベーターガールの話。最近は、勝ち組ゾーンの百貨店なんか行かないけど、エレベーターガールってまだ居るのかな? 都心部でも1流百貨店でしか見た覚えが無いのだが。

主人公の桜井隆子は幼稚園で保母さんにモテ、小学生の頃は近所のお姉さんにモテ、中学高校大学では先輩、後輩、サークル仲間からモテ、すっかり百合な人として覚醒してしまっていた。ある日、ロリータ美少女が乗って来るのだが、その娘にだけは、桜井隆子の微笑は全く効かなかった。

桜井隆子は女狼となり必死で赤ずきんちゃんのロリータ美少女を追いかけるのだが、全く相手にされなかった。しかし、赤ずきんのほうが上手のハンターだったとは。


「わたしのアヒルの子」は、幼稚園の頃から孤立状態だった醜いアヒルの子のような、地味子の千穂に執着する美加の話。美加は社交的だが、幼稚園から中学、高校、大学と、ずっと同じところに居る。周囲からは幼馴染だから一緒にいて面倒を見てあげていると思われているのだが、実は千穂が大好きである。

千穂が実行委員会のメンバーから、学園祭のカップリングゲームに出場するよう頼まれている現場に遭遇する。千穂がネタ要員にされると思い、憤っていたのだが、化粧をするとアヒルの子が白鳥に化けた。

自分がずっと縛っていたから千穂が飛び立てなかったのではないかと思い、手を放そうとする美加だったが、ステージ上で千穂が彼女にしたい女の子人気No.1にエレバレてしまい、誰か男性を選ばなくてはいけなくなってしまう。千穂が困って美加の名前を読んだので、美加はステージに乱入して司会からマイクを強奪する。「お前らなんぞに千穂はやらん!!!」と捨て台詞を残して、千穂を引っ張って行ってしまう。


「雪のお姫さま」は、劇団員の所属するお姫様な性格の河合マナの話。名前が呼ばれる前から、自分が主役に決まっていると断言するなんて、自信がありすぎである。しかし、人見知りをするという欠点があった。劇団オーロラは雪の女王を公演する事になるのだが、河合マナが少女ゲルダで、少年カイは外部から来た客演の広木翔子が演じる事になった。

河合マナは役作りのためと言われ、強引に団長から広木翔子と一緒に行動させられる事になってしまった。この話は、主人公に百合フラグが立たないのか。劇を成功させるため、2人とも団長の計略に嵌っているし、百合フラグも団長に奪われてしまっているではないか。


「はみだし音楽隊」「その後の音楽隊」は、吹奏楽部の補欠組の話。川辺ほとりは男性恐怖症のため、顧問の前では上手く吹けずに補欠。ハーフのロバートは何故か自ら補欠に名乗り出た。根来真紀は凄く上手いのだが、協調性がゼロのため補欠。そして主人公の乾春子も未経験者のため補欠である。

副顧問の先生が結婚していなくなるので、根来真紀が補欠組だけで先生のために演奏しようと計画する。この話は片想いの連鎖が凄かった。根来真紀は副顧問(女性)が好きで、乾春子は根来真紀が好き。どうやらロバートは乾春子が好きなようである。もしかして川辺ほとりはロバートの事が!?


「金の靴 銀の靴」は、表題作の別視点。天然すぎて靴を履き間違えたお嬢様の視点で物語が進行する。高級料亭で靴を脱ぐまで、全く気づいていなかった。昼食、お茶の稽古、服の試着、歯医者と、一日の行動を振り返るのだが、何処でそうなったのか全く思い出せなかった。

相手が困っているのではないかと思い、靴の持ち主を探し始めるのだが、歯科医に行くと、靴を両手に持った女性の写真が貼ってあった。


「curtain call」で、ここまでに登場した短編の登場人物が、歯科医で全て繋がるのは素晴らしかった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

水木しげるの異界探訪記

404104216X水木しげるの異界探訪記 (怪BOOKS)
水木 しげる
KADOKAWA/角川書店 2016-03-31

by G-Tools

水木サンはどこから来たのか――。古代霊と目玉の親父の導きで、武良家の先祖をめぐり隠岐から鎌倉時代へ境港から戦国時代・古代出雲へと旅する中で明らかになる、水木しげると日本人の“源流"。


水木しげるが、自分のルーツを探るマンガになっている。隠岐には武良郷という集落がある。水木しげるの本名は武良なので、先祖はここから来て境港に住み着いたのではないかと思っている。しかし、武良郷には、武良という苗字の人は住んでいないようである。

武良郷では2年に1度、武良祭風流という祭りがあるので、それを見に行く事にした。迎えに来たマイクロバスに乗った水木しげるが新武良トンネルに入ると、500年前に飛ばされてしまう。目玉おやじに、武良祭りの由来を教えてもらった後、元の世界に戻っていた。

隠岐から戻って暫くしてから、水木しげるは先祖の霊に呼ばれて、戦国時代へ行く。戦国時代には、この場所は毛利と尼子が激戦を繰り広げていた。水木しげるの先祖が尼子を裏切り、毛利方に寝返ったため、この地の領主は滅ぼされたようである。

領民を護るために仕方が無かったので裏切りではないと言い訳するが、別に毛利を滅ぼす事で領民を護っても良いのだから、どう言おうと裏切りだよなぁ。

戦国時代の後は、古代の出雲に飛ばされる。ここで、大国主命の話が出て来るのだが、大和朝廷にとって都合の悪い事が書かれていて危ない。平成の世だから何も言われないけど、大日本帝国時代なら捕まると思う。

怨みを残して死んだ人は怨霊となってあの世に行けなくなるという話は、死後の世界まで格差社会でなんとも言えない。恵まれた人生に満足した人は、そのままあの世に行けて、酷い人生を送った者は、死んだ後も怨霊となって負け組状態が続くのだから、酷い話である。

水木しげるが南方戦線で死にそうになっている話も出て来るのだが、死者の霊の列に並んでいると、ホーニングという精霊がいて、閻魔大王みたいに魂の仕分けをしている。天国行きと地獄行きに振り分けられているようだが、水木しげるの行き先はジャパンだった。

その時は、ジャパンが天国なのか地獄なのか分からなかったが、行けば分かるとホーニングに言われた。どうやら、ジャパンという場所は、水木しげるにとって天国ではなく生き地獄だったようである。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

はぴきす

4088457218はぴきす (マーガレットコミックス)
木内 ラムネ
集英社 2017-02-24

by G-Tools

アンラッキー女子×強運男子の恋の行方は──!? 何をやっても不運で好きな人の恋をアシストしてしまったりする女子高生・麦。ラッキーが舞い込む男子・太陽と出会い「俺が麦の世界を変えてあげる」といわれて…!? 幸せと胸キュンをお届け! ハッピーラブコメディ。


田麦は、テレビのぺん次郎の週間占いコーナーで、恋も仕事も学校も何をするにも絶好調!! と言われてその気になるのだが、直後に通りかかった車に水たまりの泥をかけられてしまう。他のお気に入りの服も母親が洗濯していた。

文化祭の買い出し担当なので、どうしても行かなければいけなかったのだが、途中で泣いている女の子がいるし、いきなり雨が降り始めるし、傘が無くて濡れているイケメンがいるし、男子の担当だった山本は急用で来ないし、その後は風邪をひいて2日間寝込むし、その間に他の女子が買い出しに行って全てが終わっていた。

傘を貸した太陽(ひなた)というイケメンは同じ学校にいたのだが、ラッキー男子なのかと思ったら、他人から幸せを強奪しているだけだった。食堂の席が空いていなかったら、不良の先輩から席を取るし、倉田麦からジュースを取りあげたクズをフルボッコにして、さらにジュースを10倍返しくらいにさせる危ない奴だった。

倉田麦は、自分を犠牲にして他人に親切にしすぎである。自分の幸せを他人に分け与えていたら、幸福の王子と同じで、幸せになれるわけがないと思う。この世界の幸せの椅子は人数分用意されていないのだから。

他のクズ野郎にも、上手く利用されまくっているではないか。太陽が言う「この世は弱肉強食」というのは正しいのだよ。DQNやヤンキー系のマンガじゃないのに、ちょっとクズ率が異様に高くないか?

委員会の眼鏡男子も、生徒会長も、他人を上手い事利用しようとするクズではないか。こいつらの様に、自分が良い思いをするためには平気で他人を利用したり踏み台にするサイコパスみたいな日本人が増えたから、こんなおかしな国になってしまったのだけど。

危険なイケメンかと思った太陽は、横暴な俺様だったけど、意外にいい奴だったが。それにしても、倉田麦の運の悪さは異常である。でもイケメン相手にフラグ立てたから、バランスは取れているか。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

リリアーナの黒髪

4061082825リリアーナの黒髪 (なかよしKC)
剣持 亘 志摩 ようこ
講談社 1977-10-05

by G-Tools

美しい黒髪を持つ美少女リリアーナ。恵まれた家庭で育ったリリアーナだったが、一つ気になるのは両親共々ブロンドの髪色ということ。そんなある日、リリアーナを呼ぶ声に振り向くと、そこには黒髪の女性が立っていて・・・!?


「リリアーナの黒髪」
リリアーナは町一番の資産家の一人娘である。両親はブロンドなのに、リリアーナは黒髪だった。となれば、もうネタバレしているも同然な訳で……。

ある日、黒髪の女性とすれ違う時、リリアーナはリーリィと呼ばれた。幼い頃に、自分の事をリーリィと呼んだ人がいたが、それは母親ではない誰か他の人だった。すれ違った黒髪の女の人の事を言うと、母親の顔色が悪くなった。

暫くして、学校から帰る途中に、母親が街を歩いているのを見かけたリリアーナは、後をついていくのだが、そこには黒髪の女性がいた。そして、自分を産んだのが、黒髪の女性だったと知ってしまう。

貰われて来た子ではなく、父のほうは本当に自分の親だったのだが、今の母親と自分を産んだ親の間で悩む事になる。


「せんこう花火」
森周平は昭和35年10月に生まれた。3日遅れて3軒隣に吉田明美が生まれた。親が友達だったので、ずっと一緒に育ったのだが、中学になると、お互いに意識し出して会話も無くなる。同じ高校を受けたので、このままずっと同じ場所を歩いて行くのかと思ったが、吉田明美のほうが難病で入院してしまう。

行けなくなった花火大会の代わりに、森周平がせんこう花火を買って病院に行くところで終わっているので、この後にどんな運命が待っているのかは分からない。


「6年はずれ学級」
東京のベッドタウンに出来た新しい小学校だが、6年1組だけが成績の良い子だけを集めて有名中学校への受験に備えている。どんな小学校なのか分からないけど、公立だったら問題あるよなぁ。1組だけがエリート意識を持って他の子を見下しているし、1組の担任は成績の事しか考えていないクズ教師だし。

田川悠子は6年3組の担任になったのだが、1組に入れなくて差がついたら困ると勉強以外はやりたくない子がいたり、その親がモンスターっぽかったりして、選抜クラスが存在するせいで、かなり厄介な事になっている。生徒の親が事件を起こした事で、子供の日常も乱されまくるし。様々な問題がほとんど解決されないまま終わるので、読後感が悪い。


「星のひとかけら」
父が死に、志乃は父の祖母の家に来るのだが、ある日、母親がいなくなってしまう。祖父母に勧められて再婚して、東京に行ってしまったらしい。ずっと放っておかれたのだが、祖母が倒れて死んでしまったので、母のところに行く事になる。

そこには心臓の病気を患っていたので、我儘に育った血の繋がらない妹がいた。志乃は、ややこしい人間関係の中で生きて行く決心をする。こういう生々しい現実を描いた話は読むのが疲れる。


「すぎさりし日々に」
瀬川理絵は俳優にとって最高の名誉であるシルバー賞を、最年少で受賞した。授賞式会場には、学生時代に付き合った修一と、幼馴染でいつも一緒にいた育子も呼ばれていた。

そこから時系列を遡り、女優になる前の話になるのだが、修一は夢に向かって突き進んでいく理絵について行けなくなる。やがて修一は、地味子だった育子のほうを選んでしまう。

何かを得るためには他の何かを犠牲にしなければいけないから、この結末は仕方がないよなぁ。何一つ手に入らないハズレ人生と比べたら、スポットライトを得るか、伴侶を得るかの選択肢がある人生は、十分に恵まれている。私の人生なんて、セガサターンとプレステとプレステ2とPSPとDSしか手に入らない超ハズレ人生だったからな。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

売野機子のハート・ビート

4396766963売野機子のハート・ビート (フィールコミックスFCswing)
売野 機子
祥伝社 2017-01-07

by G-Tools

あなたの心をゆさぶる、ミュージックストーリー4篇。


[イントロダクション]
聖一は有名なバンドマンとして成功したが、急に転がり込んできた大金で家族がバラバラになった。今は事務所が用意した高級タワーマンションに住んでいるが、夢の中でドールハウスを見た。中を覗くと、その中は自分が子供の頃に住んでいた家で、縞のソファ、親父のオーディオ、やかにデカい掃除機などが置いてあった。

自分の家探しが次の曲のテーマになるのだろうと思いながら歩道橋を渡ろうとすると、そこに居た女性に一目惚れしてしまう。その時は声をかける事が出来なかったが、翌日、同じ場所にその女性が立っていたので、思わず告白してしまう。

姉に頼み込んで普通のアパートを借り、織原聖二という一般人として、じゅりと付き合い始める。若く描かれているから女子高生くらいかと思ったのに、34歳なのか……。暫く一緒に暮らすが、ネットで同棲記事が拡散されてしまい、じゅりは部屋を出て行く。

リア充なら何処にでもありそうな結末かと思いきや、織原聖二という偽名の誰かがフラれただけだった。実は、女子高生どころか、まだ女子中学生だった頃から聖一の記憶に存在した相手で、歩道橋の出会いすら偶然ではなかっただと!? 20年もかけて攻略フラグを成立させるなんて凄すぎる。


[ゆみのたましい]
未来(みらい)の母親は有名音楽家である。門下生のゆみはわざわざ飛行機に乗ってレッスンを受けに来るのだが、まだ小学生の未来は、ゆみに淡い恋心を抱いてしまう。

夏休みはスイスのサマースクールに行く予定だったが、レッスンの後、飛行機に乗って帰らず、庭で泣いていたゆみの事が気になって、代役を立てる。親友の前田が未来の身代わりでスイスに行き、その間に未来はゆみの家まで行ってしまう。

しかし、ゆみの家に問題があるわけではなかった。長崎にあるゆみの家も裕福で、しかも彼氏までいたのである。涙の理由は、音楽の神様との関係だった。どんなに努力をしたところで、才能と運は簡単に人を裏切るからなぁ……。やたら行動力のある男子小学生だったけど、親のマネーパワーだと思うと微妙な感じである。


[夫のイヤホン]
主人公は専業主夫である。ある日、たまたま踏みつけたリモコンでテレビがついたのだが、懐かしい曲を聴いて何かを思い出しそうになる。その曲をダウンロードし、イヤホンをつけて聴きながら家事をしていたところ、妻は何か不満があって耳を塞いでいるのではないかと心配になってくる。

なかなか思い出せなかった何かは、死にたくなった若い頃の記憶だった。現在が幸せな人は、記憶を上書き出来るからいいよね。負け組だと過去を思い出す度、うる星やつらのランちゃんみたいな事になるし、現在だって、過去方向にひたすら上乗せされていく黒歴史でしかないから。


[青間飛行]
先輩が会社を辞めて渡米する事になったので、春紀が歌姫LULUの担当を引き継ぐことになる。LULUは先輩のインタヴューしか受けない歌姫だった。春紀が頑張ってLULUと関係を築いていく話かと思ったら、先輩の過去話のほうがメインなのか。途中で入れられる過去の回想がよく出来ている。

歌姫になってからもう30年近く経つのに、LULUはいつの時代も同じ容姿でジャケットに写っているからバンパイアだと言われている。本当にバンパイアなのかと思ったが、何で見た目年齢が全く変わらないのか謎のままだった。ハイランダー症候群なのかな?


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

あいすべき憂鬱

440841431Xあいすべき憂鬱 (リュエルコミックス)
蟻子
実業之日本社 2017-01-20

by G-Tools

アイスの魅力と豆知識満載でお届けする、「アイスクリーム男子」と「女装男子」の純情ラブコメディ!! アイスクリームをこよなく愛する高校生の雁屋侑生。アイス一筋で恋愛にはまったく興味がないと思われた彼が、一目惚れした相手はまさかの男!? 小悪魔的な魅力あふれるマコとの出会いが、彼の人生を狂わせていく…。理性と本能の狭間でもだえ苦しみ導き出した答えは!?


雁屋侑生は生徒会の副会長である。氷の男と呼ばれているのだが、その由縁はアイスクリーム男子だったからである。生徒会に入ったのも、生徒会室に専用冷蔵庫があったからである。すっかり私物化して、アイスを入れているのだが、ちょっと食べすぎではないのか?

7個も食べたらお腹がピーピーになりそうな気がするが、女子と同じで別腹とかいう謎の臓器のほうに収納されるのだろうか。生徒会書記は、奈々原という眼鏡女子なのだが、駅前にあるメリークリームという店でバイトをする事になったから、生徒会は定例会の日にしか来ないらしい。

生徒会長の佐久間は怪しげな店ではないかと心配するのだが、雁屋に無理やり連れて行かれたところ、メリークリームはアイスクリーム専門店だった。ファッジとかリボンとか書いてあるので、これはアイスクリーム男子じゃないと、メニューの難易度が高すぎる。

ファッジはチョコやナッツ入りの牛乳・砂糖・バターでできた柔らかい飴の事で、リボンは果物やキャラメルのソースを練り込んであるという意味である。他にも、マシュマロ、ポッピングキャンディ、ケーキピースなど、雁屋の説明が続くが、もう佐久間にはサッパリ分からなくなっている。

店の前は長蛇の列だったが、メニューを渡している金髪の店員マコちゃんに、雁屋は一目惚れしてしまった。今までアイスにしか興味が無い男だったので、自分の身に何が起こっているのかすら、よく分かっていないようである。

それ以来、雁屋は腑抜け状態だったが、金髪でピンクのリボンの彼女の事が忘れられないと思ったら、何故か金髪でピンクのリボンのウィッグが、生徒会室に置いてあった。そして、取りに来たのは、いつも奈々原の後ろにいる下級生男子だった。雁屋の初恋相手は、女装男子だった。

マコちゃんの正体が雨宮誠という男子だという事を知ってしまった雁屋を慰めるべく、佐久間はソフトクリーム10段重ねの店に連れて行く。しかし雁屋は1、0段重ねの店エベレストでマコちゃんに再会し、デートに誘われてしまう。迷いつつも、雁屋は約束の場所に行ってしまう。男同士でアイスクリーム・デートとか……。

雁屋はアイスクリーム男子だが、チョコミントだけは嫌いである。チョコミント派のキミちゃんという女に絡まれて、チョコミント戦争が勃発するのだが、かえってメリークリームの売上が増えているではないか。

キミちゃんは、雨宮誠の姉だった。そして、弟を着せ替え人形にして女装させている仕掛け人でもあった。実は、雨宮誠は男が好きな訳でもなく、似合っているけど女装マニアでもなかった。姉に焚きつけられて、とある目的のために暴走していたのだが……。

雨宮が好きなのは奈々原だった。奈々原が先輩の事を好きなのではないかと思い、フラグ成立を阻止するために、雁屋に近づいているだけだった。雁屋にはマコちゃんの攻略フラグが立っていないではないか。

雁屋と雨宮が勘違いをしている間に、奈々原は佐久間とカップル成立してしまった。雁屋はマコちゃん(雨宮)が好きで、雨宮は奈々原が好き。そして奈々原は生徒会長の佐久間が好きだったのである。邪魔するべきターゲットを間違えたため、雨宮の妨害工作は無駄になってしまった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

花見沢Q太郎短編集 変態兄と中2の妹

4575846708花見沢Q太郎短編集 変態兄と中2の妹 (アクションコミックス(コミックハイ! ))
花見沢Q太郎
双葉社 2015-08-10

by G-Tools

作者が思わず「なんでオレはこんな漫画を描いているんだろう」とつぶやいてしまう、天才で変態な兄と中2の妹のユルくておバカな日常を描いた短編集。妹が好きでしょうがない兄は、高校生ながら天才的科学者並みの才能の持ち主。その能力を遺憾なく発揮し、自分勝手な発明品を作っては、妹に悪戯を迫る! だが、実は妹も……?


中2少女マナはチアリーダー部に所属している。マナには天才の兄がいるのだが、妹が大好きでシャワーを覗いたり、妹の使用済み靴下を食べるような変態である。普通にしていたらイケメンなのに、物凄く残念な人になっている。

ある日、妹成分を堪能するために、自分が開発した睡眠薬でマナを眠らせ、全身スーツを着せる。しかし、睡眠薬の不具合なのか、予定時間になってもマナは目覚めなかった。自分も睡眠薬を飲んで死のうとするのだが、作った薬は睡眠薬ではなく、幽体離脱薬になっていた。

幽体となったマナは、変態行為の全てを見ていたらしい。時間が経つと体に戻る事が出来るようで、マナの反撃が始まる。実は、マナのほうも兄を壁に張り付けて蝋燭を垂らしたり、口の中に※〇△したりしたい変態だった。※〇△が何なのか気になる。

マナに弱みを握られた兄は、妹専用人間椅子にされてしまう。言う事を聞かなければ、人間椅子以下の人間便器に格下げされるらしい。やはり、※〇△というのは……。

このままでは拙いと、兄はお尻が痛くて椅子に座れなくなる新薬スワレナクナールを開発する。しかし、兄は天才だけど馬鹿だから、マナに幽体離脱薬を飲まされて仕返しされてしまう。この後は、人間便器の刑が待っていた。

兄はその後も、オナラが出まくる薬とか、くすぐられると体が動かなくなる薬など、おかしなものばかり作ってしまう。ココロイレカワールで妹と入れ替わろうとしたりするが、兄にとってロクな事にはならなかった。

ラストは、歩きスマホ中にマナが轢かれてしまい、一生意識が戻らないと言われたので、クローンを急成長させてココロウツシトールを使った直後、本体のほうも目が覚めてしまった。妹が増えるという面倒な事になり、いつもの2倍反撃されてしまう。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

黒先輩と黒屋敷の闇に迷わない

4047340324黒先輩と黒屋敷の闇に迷わない (ファミ通クリアコミックス)
黒龍眼 饗庭淵
KADOKAWA 2016-12-15

by G-Tools

「洋館での清掃、日当三万」。破格なバイト料が記載されたチラシを見た怜一は、胡散臭さを感じながらも、好奇心もあり洋館へと向かうのだった。しかし、面接に訪れた洋館には人の気配はなく、しかも“従僕”を自称する“先輩”が傍らにいた。洋館で次々に起こる奇怪な出来事。そしてなぜか必要以上に接近してくる先輩に、怜一はついついその美しい肢体に手を伸ばしてしまう。屋敷の闇とセクハラの誘惑、怜一は迷わずにいられるのだろうか……。


これは探索ホラー風セクハラゲームという噂のフリーゲームではないか! フリーゲームからノベライズ&コミカライズするなんて凄いな。

使っている自転車の調子が悪すぎるので、新しい自転車が欲しくなった怜一はバイトを探すのだが、コンビニでバイト情報誌を立ち読みして帰宅すると、郵便受けに破格なバイト募集のチラシが入っていた。

洋館での清掃など 経験不問 日当三万 週一からでも可 交通費全額支給
今時、日当三万も貰えるのが怪しすぎるのだが、お金に釣られて面接に行こうとする。

その時、2階から黒髪で黒セーラー服の先輩が降りて来た。自分の家なのに、何で先輩が勝手に侵入しているのか謎すぎるが、幽霊の類ではないかと思った怜一は、思わず先輩の脚を触ってしまう。思いっきりセクハラ状態であるが、先輩は怒るどころか怜一の手を掴むと、おっぱいの大きさまで確認させる。 

バイトの面接に行くと言うと、黒先輩は、欲しいものがあるなら7億までは出せると言い出す。適当に聞き流して自転車で面接先の洋館に向かうが、何故か黒先輩も同時に辿り着いていた。

無理やりついてきた黒先輩とともに怜一が洋館に入ると、いきなり入口に鍵がかけられ、中に閉じ込められてしまった。近づきすぎて離れてくれない黒先輩を相手に、適度にセクハラ攻撃をこなしつつ、食堂を見つける。そこには「王と相対する席で待て」とメモ書きが置いてあった。

食堂で黒先輩にセクハラをしていると、いつの間にか西洋甲冑の横に扉が出現していた。扉の向こうは中庭になっていたので、外には出られたが、脱出に成功したとは言い難い。周囲は高い壁で覆われているのである。怜一は、中庭の花壇で謎の鍵を拾った。

屋敷の中に戻ると、広間にあった石像が動いて、水瓶から水が落ちて来る。黒先輩を庇った怜一が濡れてしまうのだが、先ほど拾った鍵で、洗面所に進む事が出来た。古風な洋館だが、洗濯機や乾燥機などは新しかった。そして、巨大な風呂にはお湯が張ってあった。

黒先輩がさっさと服を脱ぎ始めたので、一緒に入る事になってしまうのだが、ちっとも恥じらいを見せないので、本当にどちらがセクハラをしているのか分からなくなってくる。

のぼせてしまった怜一は、夢の中で妹から黒先輩の噂を聞く。そして、学校で黒先輩と出会った時の事を思い出すのだが、相手が本当に先輩なのか、怜一は何も知らなかった。気がつくと、黒先輩が縛られていたりするのだが、すぐに気を失うので、夢の続きだったのか現実なのかは分からない。

今度こそ、本当に目が覚めるのだが、黒先輩はメイド部屋を見つけて、メイド服に着替えていた。その後も、置いてあった服を勝手に着替えてファッションショーみたいな事になるのだが、黒先輩に迫られた怜一が水差しをひっくり返してしまったところ、また別の鍵が現れる。

館の主らしき者の日記帳を読んだ後、図書室で鍵を探すのだが、重複した書籍の年代をヒントに金庫を開けると、次の鍵が入っていた。他にも金塊や札束などが入っていたが、小心者の怜一は無視した。

金庫の中から見つかった鍵で、何かが潜むという地下に行く。あまりにも都合の良い仕掛けやストーリー展開から、怜一は仕掛け人の正体が分かってしまう。しかし、壁が崩れて地下から出られなくなってしまった。怜一たちは、入ってはいけないとされている、閉鎖された地下領域へと進んで行くのだが……。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

月光クロネコ屋

4088568052月光クロネコ屋 (りぼんマスコットコミックス)
彩原 その
集英社 2008-03-14

by G-Tools


とある街の片隅にクロネコ屋という古ぼけた小さな店がある。しかし、その店は悩みを抱えている者にしか見えないらしい。

主人公達が2週間前にボーリングに行った時の話で盛り上がっているが、逆に私はテンションが下がった。何でボウリングではなくボーリングに行くのか。本当にボーリングに行っている可能性も微粒子レベルで云々であるが。何処の地質を調査したのだろうか? 

ボーリング(英語:boring)
円筒状の穴を穿つこと。またドリルで開けられた穴を大きくする過程のこと。

ボウリング(英: bowling)
プレイヤーに対して頂点を向けて正三角形に並べられた、レーンにある10本のピンと呼ばれる棒をめがけてボールを転がし、ピンを倒すスポーツ。


可愛くていつもいい匂いがするユッキーは、中原の事が好きだった。主人公と好きな人被りか。そして、いつもいい匂いがするって、友達の匂いを嗅いでいるのか!?

ボーリング(何故かボウリングにしか見えない)に行った時、主人公の広瀬は、クジ運すら悪くてグループ分けまでハズレである。グループ分けでボッチとか軽く虐めじゃないのか? 普通、そこは3人チームにするところだろう。なんかこの話、色々とツッコミどころが多すぎる。

生きるのが辛い状態なので、みんなと遊ばず、先に帰るのだが、クロネコ屋という見慣れない店を見つけた。中には、ドーナツが食べたくて倒れている子がいたので、広瀬がドーナツを買ってきて食べさせる。広瀬はドーナツが食べられなくて死んだ子の霊だと思っているので、成仏するように拝み始める。

ドーナツが食べられなくて死んだ霊だと思った子供は、クロネコ屋の店主トアだった。クロネコ屋は、悩みがある人にしか見えない店だった。お礼に、匂いを嗅いだ人を魅了する香水を貸してもらうのだが、ちょっとチヤホヤされただけで終わってしまう。

第2話は、友人を見下しながら利用している腹黒いエリに復讐しようとした彩子が、クロネコ屋でドッペルゲンガーみたいな人形を借りるが、自分も人形相手に同じ目に遭う、アウターゾーンみたいなBAD ENDになる気持ち悪い話だった。自分に落ち度があって穴に落ちるのなら自業自得だけど、クロネコ屋の腹黒いペットが罠を仕掛けて自滅させるのは駄目だろう。

3話目は、双子なのにイケメンと凡庸男子なタケルとカケルの話。双子なのに、ここまで顔面格差が生じる事ってあるのだろうか? 弟のタケルはイケメンなのに、兄のカケルは虐められっ子系の凡庸男子になっている。

タケルは兄の事が邪魔で仕方がないのだが、ある日、クロネコ屋という店から妙な布が飛んでくる。その布を被せると、物を消す事が出来るので、兄を消してしまう。これこそどんでん返し系のBAD ENDで良い話なんじゃなにのか? 2話目があんない腹黒い結末なのに、この格差は不条理すぎるではないか。

4話目はドーナツ屋のクソガキがドーナツを捨てていたので、トアが貰おうとする。いつも窓の外を見つめている笑わない美少女ニナを笑わせる事が出来たら、ドーナツをくれるということになった。ニナは本当に笑わない子だったのだが、なんだこの病死物BAD ENDは!?

最終話は、三村という女子中学生が、偶々通りかかったというだけで、担任から卒アル委員を押し付けられる話だった。クラスはバラバラで纏まりがなく、ロクなアルバムになりそうにないのだが、そんな状況を放置したなんて、デモシカうんこ教師である。しかも、推薦をネタに、卒アル委員を無理やりさせるなんて、クズ教師である。

悩み事が出来たので、三村はクロネコ屋に迷い込むのだが、店主のトアに昔の写真が撮れる魔法のカメラを貸してもらえた。みんなが協力してくれないので、勝手に過去の意外な姿を撮りまくるのだが……。

最後の最後だけは、トア絡みでトゥルー・エンドな感じの話が混ざっていて救われた。




悪魔サマの愛言葉

4776740605悪魔サマの愛言葉 (ミッシイコミックス Next comics F)
伊吹楓
宙出版 2015-08-01

by G-Tools

地味~な容姿がコンプレックスな蘭のもとに、ある日、ドSな悪魔男子・ゼロークが現れた!! ゼロークの力で蘭は美少女に大変身☆ 喜んだのもつかの間、「見返りが必要だ」とグイグイ迫られて…!?


坂上蘭は地味系女子高生である。眼鏡で三つ編みだから、委員長みたいにしか見えない。三つ編みだから地味なイメージなのではないかと、友人が解くが、超天然パーマな髪型だから、そのままだと頭部が数倍に膨張してしまう。

一重まぶた、ソバカス、超天然パーマと、悩み事が多かったが、こういう地味系のほうが結構化けるんだよね。可愛いを作ったところで、天然美女には絶対に敵わないのだが。

自分の部屋で悶々としていたところ、いきなりイケメン悪魔ゼロークのターゲットに選ばれてしまう。「オレがお前の人生変えてやるよ」と言われ、悪魔の力でいきなり美少女になってしまった。

これなら、片想い中の先輩もなんとかなるかと思いきや、先輩は1年も付き合っている彼女がいた。こういう話は、悪魔とフラグが立つと決まっているのだから、先輩にはフラれても当然である。というか、予めそういうシナリオになっているものである。

坂上蘭の大切なものを受け取るまでは、契約が終了しないので、取引続行となる。ちなみに、魂を取ったりはしないようである。悪魔ゼロークは、黒瀬零という名前で転入してくるのだが、イケメン狙いのクズ女子が主人公に嫌がらせをするという定番イベントが発生する。

ゼロークが心から喜ぶものを渡さないと契約終了にならないので、プレゼントをするためにメイド喫茶で働き始めるのだが、やがて自分の気持ちに気づいてしまう。先輩が好きだったはずなのに、女の「好き」は全くアテにならない。悪魔ゼロークが好きだという気持ちを受け取ったので、契約は終了となった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

うそ、うそ、うそ

4091392261うそ、うそ、うそ (フラワーコミックスアルファ)
浜口 奈津子
小学館 2017-01-10

by G-Tools

薬局に勤める狭野は、いつも窓口で密かな想いを抱いていたイケメンの常連客・檜原から、ある日突然「逃げた花嫁の身代わりとして、明日の結婚式に出てほしい」と頼まれる。檜原は企業グループ創業家の御曹司で、結婚式はどうしてもキャンセルできず、狭野は花嫁と背格好が似ているという。とてもうまくいくとは思えない。でも、たとえ「うそ」だとしても、檜原さんに妻にと望まれたのなら…。


4編入った短編集になっている。「うそ、うそ、うそ」は、薬剤師の狭野が、いつも運転手付きの高級車で祖母と薬局に来るイケメン檜原に、結婚式直前で花嫁に逃げられたから、身代わりになって欲しいと頼まれる。大手企業グループにありがちな、政略結婚のようだが、相手側が醜聞を表沙汰にしたくないので、替え玉花嫁計画となったようである。

結婚式は無事に済むのだが、祖母が倒れてしまう。祖母は、偽装花嫁が本物だと信じ、結局は本来なら結婚するはずだった女が、自分の事をマスコミにリークしてしまう。作品内には登場しないけど、こういう身勝手で周囲の事を考える頭が無いような馬鹿女とは、結婚しなくて正解だと思う。絶対に人生の足を引っ張るような、地雷女だから。

マスコミにバレたので、御曹司は責任を取って会社も辞めてしまうのだが、資産家の家だから、無職なんてちっとも怖くないだろうな。本来は、相手側が責任を取るべき案件だと思うけど。ともかく、玉の輿フラグが成立して良かった。

「曖昧なままでいて」は、就職活動200連敗の左川風子が、芸能事務所に面接に行き、イケメンにぶつかってしまう。すると、イケメンが社長に電話して自分のマネージャーにしたいから採用しろと言い始め、面接する前に採用が決定してしまう。イケメンは、人気アイドルの遠埜森だった。

遠埜は悪質なストーカーに狙われていて、前のマネージャーも標的にされて耐え切れず、辞めてしまったらしい。マネージャー業務が始まるが、早速、犯罪に巻き込まれる。これはもう嫌がらせレベルではなくて、殺人未遂案件じゃないか。

「スウィート・ギャンブル」は、アメフト賭博疑惑でイケメン選手の泉丸隼人が失踪するが、渦中の人物が売れないライターをやっている好の実(主人公の名前)の兄を頼って会いに来る。しかし、兄はトラブルに巻き込まれたらしく、泉丸が無実だという証拠らしき手帳をPCやデータメディアと一緒に燃やそうとした後、行方が分からなくなっていた。

泉丸が匿ってくれと言い出し、泊る事になってしまうのだが、深夜に何者かが部屋に侵入しようとした。怪しい人物は、隣の部屋の人に見られたので逃げていくのだが、その後、泉丸が部屋に残されていた証拠を発見したため、兄も助かった。好の実の兄、野川勇は、賭博の胴元に監禁されていたらしい。

「不実な妖精」は、ピアノ教師と気になるイケメンの話だった。岸田麻音はピアノ教室の先生だけでは食べていけないので、週の半分はカフェでアルバイトをしている。

いつも連れて来る女性が変わるカフェの常連、丹羽圭祐にパーティーに同伴してくれないかと頼まれてしまう。怪しげな依頼だったが、報酬も支払うと言われて引き受けると、連れて行かれた先は、代議士のパーティーだった。

丹羽は秘書をしていて、代議士の娘が離婚調停中なので、その再婚相手となって地盤を受け継ぐのではないかと噂されている最中だった。つまり、政界の噂を消すための同伴相手だったわけだが、フラグが立ってしまう。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ホブゴブリン 魔女とふたり

4344835603ホブゴブリン 魔女とふたり (バーズコミックス)
つばな
幻冬舎コミックス 2015-12-24

by G-Tools

ポーリーンは森に住む暖炉の妖精。いつも怒鳴り散らしてばかりいる、大喰いの老魔女・バーバと二人暮らし。そんなある日、王女にかけられた「呪い」の謎を探るため王国から調査団がやって来て………!? “不可思議”の名手・つばなが贈るキュート&ストレンジ・ワールド!!!


題名がホブゴブリンだから、ホブゴブリンが魔女とふたり暮らしをするのかと思ったら、一緒に住んでいるのはパイナップル頭の女の子じゃないか。これがどういう子なのかよく分からなかったが、暖炉の妖精らしい。

大喰いの老魔女バーバと、森の中にある家で暮らしているのだが、シチューを作っている途中で、正体不明生物に食べられたら、ポーリーンのせいにされて、家の脚拭きをさせられる。家に魔物みたいな脚がついていて怖い。

バーバはほとんど何でも喰う。ポーリーンがバーバのために魚を釣っていたら、丸太が釣れた。こんなもの食えるか! と怒られるが、バーバはテーブルを食っている。タヌキでも狩ってこいと言われるが、捨てようと思った丸太は生きていた。

丸太の赤ちゃんだったので、親を探してあげようとするが、タヌキが狩れなかったので、丸太の赤ちゃんはバーバに食われてしまった。石が入っていたと言いながらバーバが捨てたものは、種だった。外側を食べられた事で、丸太の中の種は地面で育った。来年の夏には実がなるから食べて良いらしい。

ある日、ポーリーンは首だけになって、男に運ばれていた。何で首だけになっているのかと思ったら、バーバに食われたらしい。男はバーバを捕えていたが、仕事をサボった自分が悪いからバーバを許してと言う。暖炉の妖精だけど、やっぱりホブゴブリンなのか。

グーグル先生に聞いたところ、ホブゴブリンは密かに家事を手伝う善良な妖精だったらしい。テーブルトークRPGやゲームの影響なのか、最近では醜悪なゴブリンの強化版みたいなクリーチャーになってしまったが。ポーリーンは身体を食われ、生首は燃やされたから物語は終わりかと思ったら、すぐに生まれ変わって戻ってきているじゃないか。

ポーリーンが森の中でバーバの食べ物を探していると、魂のような何かが飛んでいた。それが何かなのは、この時点では分からないのだが。

ポーリーンが大蜥蜴のような何かの上で寝ていると、家出した女の子に出会った。女の子は魔女の家に住みたいというが、バーバは見るなり食おうとしたので、慌てて逃げていく。しかし、女の子が住んでいるあばら屋のご主人様も、子供をはく製にする化け物なのだが。どっちに住んでも最終的にはBAD ENDじゃないか。

城から、森の魔女の家を偵察に来た少年が、化け物に捕まっているのを、女の子が発見する。化け物はご主人様の事だと思うが、女の子は気づかない。何で子供をはく製にする化け物と住んでいるのかと思ったら、このイモージェンという名前の女の子も暖炉の妖精だったのか。

お城では、王女が大食いになっていて、国中の食べ物を食い尽しそうな勢いで食べている。大喰いの魔女と何か関係があると思ったら、王女の身に恐ろしい事が起こっていた! ポーリーンは代々王家に仕えている暖炉の妖精で、今は王女についているはずである。それが何故、森の悪い魔女のところに居るのか?

捕えられた魔女は、火あぶりになる事が決まった。魔女が王女に何をしたのか、まだ一部の人間しか気づいていない。王女に仕えるポーリーンは、悲劇を回避出来るのか?


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

鈴木式電磁気的国土拡張機増補版

4905447593鈴木式電磁気的国土拡張機増補版
粟岳高弘
駒草出版 2016-02-01

by G-Tools

小社刊『いないときに来る列車』も好調の粟岳高弘先生の入手困難だった作品集を復刻いたします。もちろんただ復刻するのではなく、描き下ろし作品と未収録作品を加え、カバーイラストも描き下ろしという永久保存版となっております。昭和の美少女と異形の生物たちが織りなす不思議なSF漫画の数々をお楽しみください!


今から10年程前に、増補版ではない『鈴木式電磁気的国土拡張機』と出会って、変わった題名に思わず釣られてしまったのだが、これは自分にとって、どストライクな作品であった。しかし、最近までマイナーすぎる漫画家だったため、いつの間にか品切れ状態になってしまい、プレミアム価格になっていたようである。(私は入手済みで満足していたので、その後、転売ヤーがどれくらい値段を釣り上げていたのかは知らない。)

いつの間にか出版されていたので、最近まで知らなかったのだが、まさかの増補版で再登場となった。増えているのは「54式空間穿孔機」だけなのだが、以前のものも全て手直しされていた。ストーリーは変わっていないので、見比べないとあまり分からないのが、具体的に何が変わっているかというと、増補版の女の子のほうが、若干可愛く修正されている。

SF短編集なのだが、繋がっている話と、違う話が混ざっている。表紙がこの作品の内容の75%を表現している。つまり、宇宙人と、セーラー服を着た女の子と、旧スク水を着た女の子である。では、残りの25%は何で出来ているのかというと、服を着ていない女の子である。

表題作「鈴木式電磁気的国土拡張機」と繋がっている話が多くて、「3型拡張空間」、「遷移点の鉄塔」、「空中線」、「異星構造体」、「上内沢遷移点」、「モヘモヘ」は世界観を共有している。

「鈴木式電磁気的国土拡張機」は、制服姿の女の子が裸族の女の子に襲われ、気づけば服を奪われて妙な閉鎖空間の中にいた。そこは鈴木式電磁気的国土拡張機によって拡張された場所で、拡張に巻き込まれた宇宙人も暮らしていた。誰が造ったのか知らないけど(鈴木さんが造ったのかな?)、時間遅延問題が発生して、外とは時間の流れが異なるようである。

「3型拡張空間」は、「鈴木式電磁気的国土拡張機」で襲われた女の子が、拡張空間の存在を知って、また入ってみる話になっている。宇宙人は、羽毛の生えていないペンギンっぽいのと、もじゃもじゃで顔が見えないムックみたいなやつと、旦那様と呼ばれている6つ目の顔だけっぽいのが住んでいるのだが、上半身の被服は全て武装と看做す文化の宇宙人なので、中に入ると裸族にならなければいけない。

「異星構造体」は、1950年代に空間穿孔法が発見されて、化学推進ロケットが無くても別の恒星系に行けると思われたが、実はそれが何者かの仕組んだ罠で、別宇宙かもしれない場所にある惑星と8つの出入り口が開いてしまっている。相手の探査ユニットは人間の形になって、調査に入った少女に接触して来る。

「遷移点の鉄塔」は、豊岡怜子が得体の知れない何かを見た事で、適正ありと判断され、上級生の坂田美野里が接触してくる。虫の幼虫みたいな恰好をした、機械知性か、天然生命体なのか不明のものに乗せられて空を飛ぶ。坂田美野里は、サハリンスク球体のコアから抽出したテキストを解読して造った、曲がった酸素ボンベみたいな何かで飛んでいく。

鉄塔の上に重力が90度曲がっている場所があり、そこから第二惑星の海上プラットフォームに繋がっていた。何処の第二惑星なのかは不明であるが、海があるから太陽系ではないだろう。その場所には一つ目の宇宙人が住んでいた(表紙の中央にいるタイプの宇宙人)。

「上内沢遷移点」は、空から変なものが降って来て、中にはスク水を着た女の子が入っていた。プロキオンと呼ばれる宇宙人も一緒に行動していて、遷移点から侵入してくる惑星改変ユニットを処理している。今回のターゲットは、ツインテールの女の子に擬態して学校に通っている人型ユニット早川弘菜だった。ちなみに、プロキオンは、表紙でスク水の女の子の右側にいるタイプの宇宙人である。

「空中線」はプロキオンと共に、梨奈という少女が閉空間を調査する話になっている。内部ではすでにサハリンスク球体が稼働していたが、人間に化けた恒星間侵攻型惑星環境改変ユニットは亡命を希望していた。

ほとんどの話は1980年代なのだが「モヘモヘ」だけは未来のようである。場所も地球ではなくて、灼熱の惑星ミシヨセカナになっている。ワサラク伯爵の美少女絵画コレクションを水浸しにした罰で、女の子がミシヨセカナの伝統的民族衣装を着せられて砂漠にいる。ちなみに、伝統的民族衣装は何故か旧スク水である。

最初の地球系移民が、この星に住み始めたのは1000年以上前だが、その頃から、スク水を着た女の子がいると、モヘモヘと呼ばれる原住生物が近づいて来て、絡みつくようになった。人間の女の子とオットセイモドキを誤認しているという説もあるが、人間が食べられた例はなく、その意図は未だに不明である。

旦那様は、500年前にこの方法でモヘモヘを大量に釣り、現在の事業の礎を築いたという。ちなみに、モヘモヘはたこ焼きとマヨネーズの中間の味がするらしい。


全部紹介すると、長くなりすぎるから省略するけど、「増殖改変体第5形態」は、他作品『取水塔』とリンクしており、「浸水殻」と「風呂桶の庭」は、『いないときに来る列車』に収録されている作品とリンクしている。

最近のあざとい萌えキャラではなくて、純朴な感じの可愛い女の子が登場するのが素晴らしい。セーラー服はともかく、水着が旧スク水になっているというこだわりも素晴らしい。あと、ふんどしにもこだわっているが、私にはふんどし属性が備わっていないので、これはどうでもよかった。

なんでこんなにセーラー服と旧スク水とふんどしと裸族が多いのか。「それが描きたいからだよ」と作者があとがきで主張している。素晴らしい! 新しい作品が出るたびに買います(*´Д`)


SFが好きで、可愛い女の子が好きで、セーラー服を着た可愛い女の子が好きで、旧スク水を着た可愛い女の子が好きで、ふんどしを穿いた可愛い女の子が好きで、何も着ていない可愛い女の子が好きな人に、超お勧め(笑)。

SFが嫌いで、可愛い女の子と、セーラー服と、旧スク水と、ふんどしと、裸に興味が無い人には、お勧め出来ませんが。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

猫は表情筋がとっても少ない

4091387594猫は表情筋がとっても少ない (フラワーコミックスアルファ)
星野 正美
小学館 2016-10-07

by G-Tools

処分させられそうな猫、元々飼っていた猫が新入り猫に馴染まない、老猫とどう向き合うか、動物を飼っている方なら他人事ではないハズ。でもそんな猫たちが時に人間を成長させ、時に人と人をつないでくれています。猫だけでなく動物を飼っている人には確実に胸に染みる1冊です。


猫絡みの話ばかりの短編集。

表題作「猫は表情筋がとっても少ない」は、隣の婆さんが大家に内緒で猫を飼っているのがバレ、保健所に連絡されそうになったので、隣に住む桐山が犬猫譲渡会に参加する。しかし、他の猫が子猫ばかりなので、大人猫は人気が無く、ほとんど誰も見てくれない。売れ残ってピンチだったところ、不愛想だったボランティアの兄さんが、里親募集の助けをしてくれる事になる。

「新入り猫は先生猫に遠慮しない」は、相手が転勤して遠距離恋愛になってしまった日向子が、会えないので上手く行かなくなり、事故で死にそうになっていた猫を彼氏代わりに拾ってしまうが、先に飼っていた猫と上手く行かなくて困る話。

「老猫はいつか虹を渡る」は、20歳の老猫モコを飼っている小林笑と、一見、効率厨で嫌味なイケメンが、猫で繋がる話。

「通い猫は幸せを運んでくる」は、馬鹿男に振られた後、よく遊びに来るトラ猫に癒されていたが、怪我したりしていて、放置されているっぽいので、飼い主を突き止めて譲って貰おうとする話。飼い主が施設に入ってしまい、もう戻れないので半分捨て猫状態になっていたらしく、アッサリと自分の猫にする事が出来て良かった。

「気配りの女王さま」は、会社で気配り女王と呼ばれる女性が、祖母が飼っていた猫のベンと一緒に住む事になるのだが、やたら威嚇してきて懐いてくれない話。付き合い始めた無表情の彼氏には、アッサリと懐いたのに。般若みたいな顔をするのに、本当の名前がラベンダーだったなんて。

「黒猫譲渡物語」は、作者の家に遊びに来るようになった黒猫の譲渡先を探す話。先に飼っている猫を威嚇して仲良くしないので、自分で飼うのは無理だったらしい。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ぼくは神様!

B06XHKF2VDぼくは神様!
牛島慶子
潮出版社/usio publishing 2017-03-17

by G-Tools

中学生の降星ありすは一人っ子で、いつも淋しい思いをしていた。ある日の学校帰り、サッカーボールが頭にぶつかり気を失ってしまうありす。気を失っている間に、流れ星が自分にぶつかる夢を見るのだが… 気が付くとそこは自分の部屋だった。だがありすの手には、まるで子犬のような、神様と名乗る不思議な生き物が…!? ありすと子犬のような神様との友情を描いた、ファンタスティックな世界!!


降星ありすは、太陽系にある惑星の数が分からず、先生の怒られるのだが、惑星が9つあると習っているのが時代を感じる。地球の側を流星群が通るので、観察するようにと宿題が出されるのだが、ボールがぶつかり気絶したので、宿題は出来なかった。

手に流れ星がぶつかる夢を見るのだが、目覚めると、手には黒い何かが乗っかっていた。手にカツラが生えたと思い、焦って投げると、「無礼者」と怒られてしまう。相手はカツラではなくて、犬だか猫だか分からない、角の生えた何かだった。自分では神だと名乗っている。水龍の背に乗って流れ星を見ていたら、地球に落っこちたらしい。

落ちて来た神は、まだ子供だから、思考が幼くて我儘なガキだった。ありすが学校に行っている間に、部屋を荒らして物を破壊したりするし、怒って家出するし、酷い奴である。

水龍が天に連れ帰ってはくれなかったので、下界にいるのだが、「守護天使ラブリーエンゼルきらら」という魔法少女物のアニメか何かを見て盛り上がっていたりするし、結構馴染んでいるじゃないか。神がラブリーエンゼルの使っていたジュエリー・ソードを欲しがるから、貴重なクリスマス・プレゼントが……。良い神になるまで水龍が迎えに来ないっぽいのだが、結局、最後まで戻れないままだった。

「リトルウィッチ」は、魔女が魔女の秘薬を使って、ベラドンナを心のひん曲がった魔女の中の魔女に変えようとするのだが、失敗してしまう。秘薬が失敗作だと思って外に捨てたところ、ひまわりが生えて来て、魔女の弟子になってしまう。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

シャドルーのベガさん

4757546963シャドルーのベガさん (ビッグガンガンコミックス)
大和田 秀樹 カプコン
スクウェア・エニックス 2015-07-22

by G-Tools

日本3大“秀樹”のひとり、大和田秀樹の「ストⅡ」4コマです。秘密結社「シャドルー」の総帥であるベガさんは、世界征服やら、子育てやらで、毎日、サイコクラッシャーでございます。果たして、こんな調子でニープレスをナイトメアできるのでしょうか。


カプコンから出ている格闘ゲーム、ストリートファイター・シリーズの敵ボスになっているベガが主役なのだが、かなりバカっぽい四コマになっている。ストリートファイターを知らない人には楽しめない作品だと思うので、あまりお勧め出来ない。

秘密結社シャドルーを作ったけど、まだ部下が三人しかいないので、自分も合わせて四天王と呼んでいる。賃貸物件に住んでいるらしいのだが、門の上に立っているから大家に文句を言われてしまう。そして、学校から帰ってきた娘のキャミィにしばかれた。他の四天王も、かなり残念な人になっている。

何で親子なのかと思ったら、キャミィはベガの遺伝子を使って造られたクローンなのか。格闘ゲームは苦手で、あまりプレイしないので、キャラの設定なんて知らなかった。

キャミィの同級生にさくらもいて、時々戦っている。春麗が学校の先生なのは似合っているが、豪鬼がパンカフェの店主になっているのは怖い。

四コマの途中で突然「振り返れば奴ガイル」という四コマではないマンガが始まるのだが、オチも何もなく終わってしまって、とてもツマラナイ。完全に要らない子でしかないマンガである。同人誌でも、これよりは読めるマンガになっていると思う。

再び四コマに戻って。クリスという転校生が来るのだが、こんなキャラ知らないと思ったら、ガイルの娘なのか。知らない子だからグーグル先生に聞いて、写っている画像を見たけど、もっと普通のアメリカンな感じの娘だったよ。こんな可愛いキャラじゃなかったよ。

シャドルーは軍資金稼ぎのため、海の家を経営するのだが、ベガが全く役に立たないどころか、足を引っ張って余計な事ばかりしている。そのせいで、資金が底を尽き、食べる物すらなくなってしまう。何も無いからタイガーショットを途中で捕まえて天ぷらにしているのだが、四人で食べて死にかけるのが間抜けだった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

やわらか

4537132884やわらか (ニチブンコミックス)
村岡 ユウ
日本文芸社 2015-05-18

by G-Tools

かわいく、そしてたくましく! ゆるかわJK柔道部、その知られざる日常がここに!! 『ウチコミ!』でおなじみの稀代の柔道絵師・村岡ユウが描き出す、「熱血」×「ほっこり」新感覚柔道4コマ!!


これ、柔道物の四コママンガだったのか。何が「やわらか」なのか分からなかったのだが、もしかして有名な某作品から取ってる? いや、主人公の体が柔らかいのか。

小町桃は強くなりたくて柔道部に入るのだが、小さくて可愛いのが強くなれるのは、ファンタジーとかだから。多分、現実世界どころか、二次元の柔道でも、大半のキャラは強くなれないと思う。

可愛い系新入部員だから、キャプテンの等々力蘭はじめ、部員の最上桜や織田向日葵に可愛がられる。体育会的な意味ではなく、文字通りの意味において。一応、半分ふざけて半分真面目に練習はしているのだが、ほとんど素人の弱小柔道部だから、あまり強そうには見えないな。いかにもな体育会系の軍隊みたいな部活動よりは、サークル感覚で楽しんでいるほうが、見ていて気分も良いけど。

途中から、橘樹というイケメン顔の部員が現れるのだが、今まで怪我で入院していたらしい。無口だから本当に女子なのか不明という設定になっている。この人だけは、本気で日本一を目指しているから強いらしい。但し、柔道バカである。他の部員がサボろうとした時の殺気が怖い。

これを読んでいて、黒帯よりも上に紅白帯と赤帯がある事を初めて知った。剣道と同じで、年齢制限があるから、上に行き過ぎると、老化しちゃって、あんまり強くなさそうなイメージなのだが、どうなのだろう? 歳をとっても赤いと通常の3倍は強いのだろうか。柔道場では胡坐か正座が基本で、膝を立てて座ったら駄目なのか。これも知らなかった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

神嫁♂ですけどっ!クロマメオトコの娘作品集

4813053939神嫁♂ですけどっ!クロマメオトコの娘作品集 (ミリオンコミックス/おと★娘SERIES) (ミリオンコミックス OTONYAN SERIES 18)
クロマメ
ミリオン出版 2013-05-23

by G-Tools

純情!ツンデレ!ケモノ!…etc可愛くて、Hで、笑える!オトコの娘漫画の名手が放つ傑作選第2弾!選り抜きの短編4本を収録!


男の娘短編集だけど、表題作の「神嫁♂ですけどっ!」が4話あって半分を占める。主人公の貴幸は、男の娘が大好きである。友人にまで攻略対象が全て男の娘のゲームをお勧め貸出してしまうほど、クレイジーである。友人がちょっと女顔だったから、こいつが目覚めるのを待っているのかと思ったじゃないか。

近所のおいなりさん神社でこの世がオトコの娘でいっぱいになりますようにとお願いしたところ、おいなりさん神社の神である桃千鳥が願いを叶えに来る。人や物を三度までオトコの娘に変える能力を授かるのだが、最初のターゲットは、家にあった朝顔だった!

オトコの娘になった朝顔にせがまれて、水をやるのだが、人間化しているからエロい。そして、我慢出来なくなってきた貴幸は……。┌(┌ ^o^)┐ なんだ、ただのホモじゃないか。

「ゆうべはおたのしみでしたね」

そして、翌日。朝から無意識のうちに、桃千鳥を触りまくる貴幸だったが、目覚めたら狐の神様が願いを使い切るまで居候する事になっていた。

2話目は、桃千鳥が学校までついて来るのだが、無関係な人には見えないので、独り言が多い危ない人になっている。前回出て来た友人、内村にも授かった力を見せてやろうと、彼が持っていたウサギのぬいぐるみをオトコの娘に変えようとする。しかし、直前でウサギが落下したから、ウサギを座らせていた内村の椅子のほうが、オトコの娘になってしまう。

座ってくださいとお願いするオトコの娘椅子が危ない。内村にくっついてきて、愛のシートベルトを装着しようとしたりするし。内村はノンケだったので、椅子とオトコの娘がトラウマとなってしまった。

3話目は、桃千鳥が食べていたお菓子、やばい棒いちごミルク味に勝手に願いがかかってしまう。いちごミルク味なオトコの娘は、抹茶味君をペロペロしたいと言い出したので、買いに行かせたところ、芸能事務所にスカウトされて、売れっ子オトコの娘アイドルになってしまった。

最終話は、外の人間と心を通わせてしまったので、穢れたと看做されて封印されてしまう桃千鳥だったが、貴幸が神社で働く事で、内部の人間だから構わないという事で許されてしまう。オトコの娘神様のところに永久就職とか、どっちが嫁なのかよく分からなくなってくるじゃないか。


「マネキンさん赤面中!」は、姉の店を手伝う事になった弟のナオちゃんが、店で売っている女の子の服を着せられて、マネキンになる話だった。売上が伸びるのは良いが、誰かさん目当てで男の客が増えているじゃないか。

「ヤマトナデシコにナリタイ」は、ホームスティに来た可愛い系外国人男子が、ヤマトナデシコが分からないというので、女装させて教えたところ……。新しい世界に目覚めちゃったじゃないか。

「一番が好き」は、三人で一緒に過ごしてきたのに、龍平と直樹が付き合うので祐希のファンクラブを抜けると言い始める。自分がチヤホヤされないのは我慢できないので、他の取り巻きを使って二人に嫌がらせをするのだが……。ホモカップル成立にも驚いたが、祐希も男じゃないか(汗)。祐希のせいで、みんながオトコの娘に目覚めてしまい、共学のはずなのに、女子校みたいになってしまった。

「弱い犬ほどよく吠える」は、ドッグトレーナーの話で、男相手だと言う事を聞かない小型犬のレオを調教するために、無理やり女装させられるのだが、出て来たレオ君も普通の犬じゃなくて、獣人みたいな生物だった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ゆめの未来日記

4091388698ゆめの未来日記 (ちゃおコミックス)
阿南 まゆき
小学館 2016-12-26

by G-Tools

もしも予知能力がある日記を手にしたら-? 主人公・ゆめの日課は毎日欠かさず日記をつけること。だがある日、ゆめが日記を書きかけの中寝てしまう。翌朝、目を覚ますと日記には何故か、自分が書いていない内容が記されていた…。不思議に思うゆめ。だが、1日を終えるころには、日記に書かれたことが全て現実に起きたことだと気付く。「この日記には、予知能力がある…?」そんな日記が、幼なじみ佐市が交通事故に遭うということを予知。「どうすればいいの…?」1人悩むゆめが佐市を守るために取った行動とは!?


宵森ゆめは、チビッ娘な女子中学生である。クラスメイトの佐市佑(さいちたすく)とは犬猿の仲だった。これ、後からフラグ立つんだろ? とか思っていたら、最初から相手のイケメンが好きになっているじゃないか。

家に帰って日記を書く途中で寝てしまったところ、自分では書いた覚えのない内容が記入されていた。しかも、まだ起こっていない未来の出来事で、きみちゃんがカッターで手を切るとか、英語の先生がお腹痛くなるとか、佐市が車に轢かれるとか、ロクでもない事ばかり書いてある。

翌日の朝、きみちゃんがカッターで怪我をし、英語の時間には先生が腹痛で倒れた。このままでは佐市も事故に遭うと思い、ゆめは必死で止めようとする。佐市は花屋の息子だったので、植物絡みで事故が起こるはずのところ、事前に気づいてそれを阻止する事に成功する。

少女マンガだから未来改変もヌルい感じで達成できるんだな。これが大人味だったりすると、未来が視えていても変えられなくて苦悩したりするところなんだが。

佐市の家が花屋だと知ったゆめは、こっそりと覗きに行くのだが、佐市に発見されてしまう。ヒマワリを買いに来たのだがと誤魔化すが、他の男の子にヒマワリを買われてしまった。

その日の夜、日記を書きかけで寝てしまったところ、ヒマワリを買った子が緑池公園でおぼれて死ぬという予言が書かれていた。書かれている内容が気になったので、佐市と一緒に緑池公園まで行く事に。

最終話は、庭野アザミと佐市が付き合い始めるという予言が書かれる。ゆめが素直じゃないうえに、佐市を狙う庭野アザミは腹黒い悪女だったから、面倒な事になりかける。


「赤いい糸ドラマチック」は、仕事をしない委員長の深森泉に、副委員長の山田芙紀が困る話。成績順で委員長が決まるという方法は良くないよな。資料室で整理をしていたところ、何故か深森が魔法のオルゴールを見つけてしまう。オルゴールを開けた男女が赤い糸で結ばれ、必ず恋に落ちると書かれてあったから、深森がふざけて開けてしまう。

「みにくいアヒルの子」は、アヒルそのものではなくて、養護施設に引き取られた子供達の物語だった。美しい院長エリザは美しい女の子を引き取っているのだが、1人だけみにくい女の子がいた。というか、醜いシビルという子が、ギャルゲーの顔無し男主人公みたいで、髪の毛で隠れているから、ブスかどうかも分からないじゃないか。顔が見えないのに、何でみにくい子だと分かっているのか謎である。

どうせ、髪の毛で見えない部分が見えたら美少女なんだろ? と思ったけど、ごめん。なんか、顔が吹き出物だらけで、せいぜい並女子くらいだった。

ある日、美しい子の一人ローリが裏庭で小さな穴だらけになって死んでいた。体内には血が残っていなかったため、近くの村人は吸血鬼の仕業だと噂している。翌日の夜、シビルは他の子からドレスを洗えと言われ、ローリが死んでいた場所まで行かなければならなくなるのだが、そこには旅人が行き倒れになりかけていた。

旅人は助けてくれたお礼にと、ボロ布をくれる。白鳥の羽根から織られた布に高名な魔術師がまじないをかけた布らしく、その布で毎日顔を洗うと心の美しい者はその美しさが顔にも表れるらしい。信じるかどうかは貴方次第(笑)。

シビルがボロ布で顔を洗う間にも、どんどん美少女達が殺されて行く。アンフェアな設定じゃない限り、もう犯人が誰なのかはバレバレな訳で……。そして、心が美しいと顔が綺麗になるボロ布で何が起こるかも、容易く予想出来てしまう。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

僕が私になるために

4063886166僕が私になるために (モーニング KC)
平沢 ゆうな
講談社 2016-06-23

by G-Tools

身体的にも法律的にも女性になるために、主人公・平沢ゆうなは性別適合手術(SRS)を受けにタイへと旅立つ。しかし、女性への道のりは想像していた以上に“痛かった”!! 性同一性障害(GID)当事者の作者が男性から女性になる過程を詳細に描いた実録エッセイ!


可愛い系の表紙に釣られたのだが、性同一性障害のかなり真面目なコミックエッセイだった。いきなりタイランドに旅立つところから始めるので、そこに至るまでにどういう事があったのかはよく分からないが、最初の話は性別適合手術を受けるという内容だった。

ホテルの受付嬢に髭が生えていたり、病院でミニスカのスタッフがローラーブレードで走って行ったり、セクシーナースだらけだったり、日本の常識が通用しない国である。

手術で造る膣の深さをどうするか希望を聞かれたりもする。そんなところまで自分で決められるのか。じゃあ、女から男になる人は、ちんちんの長さをどうするか聞かれるのかな?

手術直前から遡って、性同一性障害の診断を受けに行く話になる。最初は迷っていたのだが、厳しい医者のところへ行ってしまったから、色々と言われて悔しかったので、次回からは女装で通う事になる。歩いている時に心無い言葉を吐かれたりもするが、やはり性同一性障害だけど容姿は女方向に恵まれていたというケースは、極一部でしかないのか。動画職人みたいに、ただの変態でも女にしか見えないような人もいるのに。全く、この世は何から何まで不公平に出来ている。

診断が出た後は、手術当日の話に戻るのだが、タイの麻酔が半端ない。打たれたと思ったら、ドラゴンボールの魔封波みたいになって、名前を呼ばれたら手術が終わっていたという……。膣の造形方法も詳しく説明されているのだが、読んでいるだけで痛くなりそうな内容である。

抜糸する時も魔封波状態になって終わっていたのだが、その日の夜に、幻肢痛が襲ってくる。無いはずのものが痛い? つまり、もう無いのに、ちんちんが痛いのか。ちんちんを刃物で刺されたくらい痛いようだが、想像しただけでも痛くなりそうである。

手術で造った膣は、そのままだと塞がってしまうので、ダイレーターという蝋やアクリルで作られた先の丸い棒を挿入しなければいけない(ダイレーション)のだが、どんな痛みなのか想像すら出来ないけど、拷問みたいな恐ろしさである。

ダイレーションの次は、トイレでおしっこが出ないというトラブルが発生する。患部に血の塊のような腫れがあり、それが尿道口を圧迫していたらしい。

見た目が変わっただけでは、まだ女性にはなれない。精神科医2名以上による性同一性障害の診断と外性器の性別判定を行い、裁判所で認められて、ようやく女性となる。

女性となっても、性同一性障害であるがゆえの苦労は終わらない。主人公は障害と呼ばれる事や、性別、この世界に対して疑問を感じるのだが、世界一同調圧力が高くて、みんなと同じ時に同じ事をして同じ方向をむいて同じように考えられない奴を排除する傾向にある、日本という国に生まれてしまったのだから、仕方がないよね。タイランドとかなら、もう少し生きやすかったのかもしれないけど。

女性ホルモンを打ってもらうにも、病院を探すのに苦労しまくっているが、本当にこの国で異端を排除しようとする同調圧力の高さと来たら……。この国は、マイノリティを排除して、スーパーの野菜みたいに、人間を「普通」に揃えようとしすぎである。多様性を認めない国は、太平洋戦争の時みたいに歯止めが効かなくなって、また全員で破滅に向かって全力疾走する事になるかもしれないよ。

SFみたいに、好きな方の性別を選択出来るような技術のある時代になれば良いのにね。女尊男卑化した日本だと、容姿に自信のある非リア充イケメンが女体化しまくるかもしれないが。でも減った分は腐女子が男になるから大丈夫か。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

攻殻機動隊 ゴースト・イン・ザ・シェル コミックトリビュート

4063931846攻殻機動隊 ゴースト・イン・ザ・シェル コミックトリビュート (KCデラックス ヤングマガジン)
平本 アキラ 衣谷 遊 Boichi 井上 智徳 山本 マサユキ 今井 ユウ 小池 ノクト 多田乃 伸明 士郎 正宗
講談社 2017-03-28

by G-Tools

ハリウッド実写映画化を機に豪華作家陣が集結! 影響を受けた『攻殻機動隊』のキャラクターと世界観を愛と敬意を持って描きおろす公式トリビュート!! 参加漫画家は、衣谷遊、Boichi、井上智徳、山本マサユキ、今井ユウ、多田乃伸明、小池ノクト、大山タクミ、トニーたけざき、平本アキラ(ポスター)。


衣谷遊「A Day In The Life」は、マガラ・セガル国境付近で“テロリスト”と戦う話。無能な上層部が間違った情報で立案した作戦なので、敵の数が思ったより多く、背後から敵の援軍も迫るという、危機的な状況から始まる。軍曹は撤退したがるが、民間軍事会社経由で雇われているサイトーは、前進を主張。敵スナイパーを倒せば活路が開けるという。同じ戦場に草薙素子もいて、電脳空間でやり取りする。サイトーが見えない敵は、草薙素子の目で見るのだが、神業といえる連携プレイが凄い。

Boichi「攻殻機動隊 INFLUENTIA PERSON in SHADOW」は、総理をハッキングして操る“黒幕のゴースト”を発見する話。敵はマンドラという新興宗教の教祖で、総理の電脳に侵入し、偽の記憶を植え付けて愛人となった。快楽の絶頂状態で一瞬だけ防壁に隙間が出来るので、その瞬間を狙って侵入し、電脳に記録された記憶と資料を複製するというのが、公安9課の計画である。任務中、草薙素子は電脳空間の向こう側にブラックホールを見てしまう。総理がバックアップで復活しているのだが、便利な未来世界になっているな。

井上智徳「閉鎖都市」は環七特区、通称“閉鎖都市”と呼ばれる、水没した旧首都にある難民の街の話。この特区には電脳や義体化を拒否した生身の人間が住んでいる。この町で、義体化した人間が殺害される。殺害方法から、生身の人間では不可能な犯罪だと推測された。即ち、犯人は閉鎖都市の難民ではなく、義体化した侵入者が他にいるという事である。調査を開始した公安9課は、メガテクボディ社の義体製造所から失踪した9体の子供型義体を発見する。失踪した義体は本当に9体だけだったのか? 疫病で人口が激減したはずなのに、何で人が多いのか。謎を残したまま終わるのが怖かった。

山本マサユキ「Meeting Again」はバトーが主人公だが、公安9課を退職して賞金稼ぎになっている。思考戦車フチコマを相棒とし、軍関係の研究所から逃走したサイボーグを追っている。敵は衝撃分散表皮が使用されており、重火器が効かなかった。トグサが出世して隊長になっているというのに、バトーとフチコマが自分達のメンテンス代金を稼ぐのにも苦労しているのがやるせなかった。バトーのこんなショッパイ未来は見たくない(笑)。イシカワ達が爺さんになっているが、少佐だけは元の姿だった。

今井ユウ「ニート少佐」は、恐らく第三次核大戦と第四次非核大戦後の日本。なんか関東や新潟や福井が丸く陥没して無くなっているのだが、これは新型兵器で消滅したのか!? 新浜県ヌーポートシティの一軒家に、ウィザード級のニートがいた。twitterによく似た場所で、ニート少佐と名乗っているのが笑える。悪口を書かれたら電脳空間に接続して、相手を攻撃しているし。みんな真面目に攻殻機動隊っぽく書いているのに、この話だけ公安九家というファミリーを描いたパロディーになっているじゃないか(汗)。

小池ノクト「クラシック」は、バトーが落とした何かのソケットを、素子が拾ってしまう話。mT管用の真空管ソケットは高周波を扱えるため、流通自体が制限されている。米帝が開発したADS(アクティブ・ディナイアル・システム、指向性エネルギー兵器)にも使用されるので、一人で危険な事件に首を突っ込んでいるのではないかと思い、素子が後をつけるのだが……。

多田乃伸明「快情動の檻」は、テロリストを裏切った医者を、公安9課が守る事になる話。パズが担当となるのだが、保護すべき医者があまりにもクズすぎたので、思わず……。これは、後で少佐からお仕置きされる案件だ。

大山タクミ「Hopeful Monster」では、生身の人間を狙った十字架連続殺人事件が発生する。犯人を追い詰めてSWATが突入するが、電磁パルス攻撃でほぼ全員が行動不能に陥る。義体化せず生身のままだからチームのお荷物扱いされていたトグサだけが犯人を追いかける事が出来た。トグサが公安9課に行く前の話である。

トニーたけざき「トニーたけざきの攻殻機動隊」というのは、ああっ……。うん。これはギャグに走りすぎていて、週刊少年ジャンプの最後のほうにある要らないページみたいだった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

マイ・フェア・ネイバー

4063657663マイ・フェア・ネイバー (KC デザート)
森野 萌
講談社 2014-02-24

by G-Tools

この春からアパートのとなり部屋に住む、高校1年生のモモとサラリーマンのユキ。2人には10年前に秘密の事件があって……? あなたのとなりがいちばん居心地よくて、いちばん好きな時間で、いちばん幸せな記憶。12歳差の2人の過ごした1年間を四季鮮やかに描く、ピュアおとなりストーリー!


春、夏、秋、冬と、同じ登場人物で季節が変わって行く物語となっている。

春の章は、社会人ユキ(男)の視点。まだ髪が金髪で学ランを着ていた頃、隣に住んでいた女の子と一緒にベランダから落ちた。28歳になって、その時の夢を見るのだが、原因は、勝手に部屋に入り、上に乗って寝ている女子高生のせいだった。

まだ小さかったモモがベランダから落ちそうになり、助けようとして一緒に落ちたのだが、その事故が原因なのか、隣の家族は引っ越して行った。家からは駄目な父親がいなくなり、一人で生きて行く事になったのだが、今では契約社員となり、なんとか暮らしている。

引っ越していなくなったモモだが、高校進学のために単身で戻って来て、また隣に住んでいる。ユキの事が好きらしく、勝手に朝食や弁当を作ったりして、世話を焼くのだが、成績が落ちてしまう。

夏の章は、モモ視点となり、成績が下がったままだと、家に戻らなければならなくなる。モモは母親が怖いので戻りたくないのだが、ちゃんと親と話せとユキに言われてしまう。ユキと同じく、モモの家も底辺から這い上がろうとして苦労をした人達なので、娘がユキと関わる事にはさほど反対していないようである。母親は、自分が高校中退で苦労したから、娘に厳しくしているだけだった。

秋の章は、モモがユキを運動会に誘う。高校生にもなって、運動会? 保護者代わりに誘うのか? と思ったら、近所の小学校で参加者が少ないから呼び出されたようである。こんなところにまで、少子化の波が来ているのか? モモを好きなクラスメイトの男子も参加していて、ユキに勝負を挑んでくる。

冬の章は前編後編になっている。運動会の後、クラスメイトの井河を振ったモモは、ユキに振られてしまい、ヘコんでいるのだが、誰かがユキを訪ねて来ているのを見かける。年配の男がユキに似ていたので、失踪したユキの父親ではないかと思い、探し始める。

息子を捨てて逃げ出したと思ったら、近所に住んでいて再婚もしているだと!? 母親に捨てられ、父親にも捨てられ、結構酷い人生であるが、よく腐らずに生きて来られたな。そういえば、モモの存在が頑張るための力になっていたのか。

ユキは正社員登用試験に合格し、10年暮らした部屋から出て行く事になるのだが、この恋の結末はというと……。決して勝ち組が考えるような派手な未来ではないけど、底辺スタートにとっては、“人並み”になるという事さえ、結構困難な夢だったりする訳で。こういう人々こそ、幸せになって欲しい。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

セイフクケッコン

4048927795セイフクケッコン (シルフコミックス)
コズミ
KADOKAWA 2017-02-22

by G-Tools

18歳までに借金完済しなければ――このまま結婚!? 家庭の事情で、女子高生でありながら多額の借金を背負ってしまった主人公・直。超お金持ちの同級生・嵯峨くんに頼んで、彼のもとでアルバイトをすることになったはいいものの、その内容は「嵯峨の偽装婚約者になること」って――!? しかも、サイン済みの婚姻届を担保に取られて18歳までに借金を返さないと本当にそのまま結婚させられる!? 制服で過ごす放課後新婚生活は、ハプニングもトキメキもいっぱい!


親の借金の返済を迫られるという、よくあるパターンで出だしから萎える。自分の借金ならともかく、身内の借金なんて、例え夫婦でも返済する義務は無いからね。最初から法律なんて守っていない、暴力団系の闇金なら返済しないと沈められるかもしれないが。

女子高生の平田直がファミレスで返済を迫られて困っていたところ、嵯峨千景という大富豪の三男と出会い、アルバイトをすることになる。何も考えず、ロクに書類を見もせず署名捺印したところ、それは婚姻届けだった! どうやら、嵯峨千景が政略結婚させられそうなので、ビジネスと割り切った妻を作ろうと思ったらしい。報酬は、背負わされた借金分。

ブラックバイトだらけのこの時代、各種手当もやたら高額だし、エロ関連のオプションは入っていないし、物凄く美味しいバイトなんじゃないかと思うのだが。相手の家柄や財産に釣られるような女だったら、そもそも偽装嫁として雇われないよなぁ。

絵のラインで結構文句をつけられているけど、顎の先が尖っているのは微妙だよね。普通の人の顎は尖っていないと思う。ガンダム実写版にケツアゴのシャアが出てきたりするから、尖っている人もいるかもしれないけど、とりあえずヒロインに適用するのは止めておいたほうが良いと思う。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

おと☆こい

4813053947おと☆こい~とめきちオトコの娘作品集 (ミリオンコミックス OTONYAN SERIES 19)
とめきち
大洋図書 2013-06-24

by G-Tools

初恋、純愛、NTR…。淡くて切ない男の娘の恋。男なのに男に可愛いって言われてこんなに嬉しいなんて…。注目の著者、初の作品集!


9編入っているのだが、ほとんどが、女装男子と普通の男子がホモカップルとして成立する話だった(汗)。出て来る人の大半は、最初はただの女顔なノンケなのに、普通の男子のほうが「こんなに可愛いのならもう男でもいいや。彼女になってください」みたいに、血迷って変な方向に行ってしまうのが恐ろしい。そして、迫られたほうも嬉しくなって、カップルが成立してしまうという……。

お目当てのケーキを食べたかったのに、女性限定ケーキバイキングだったから、女の恰好で行く話だけは、帰りの電車で痴漢に遭い、さらにクラスメイトにバレて脅迫されて無理やりな感じだったから可哀想だったが、他の話は全員、最初からホモ属性があったとしか思えない。

女装男子に誘惑されて、彼女にフラれる話は、馬鹿としか思えない。女の子だと思っていた可愛い幼馴染と再会したら男だった話は、ありがち設定だけど、実際にありそうだし、当事者になったらショックだろうな。

それにしても、こういうのは二次元だからみんな可愛いけど、三次元だと滅多にいないからな。『5時から9時まで』実写版の例もあるから、絶対にいないとは言わないけど。知らなかったからドラマは見逃したOrz


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

お姉さんとオトコの娘コミックアンソロジー

4813053734お姉さんとオトコの娘コミックアンソロジー (ミリオンコミックス/おと★娘SELECTION)
オムニバス
ミリオン出版 2012-09-14

by G-Tools

本邦初!?年上女子×オトコの娘限定アンソロジー!お姉ちゃん、先輩女子、女教師…。「女の子」としてイジられる快感…?


7編(10話)、6名の漫画家によるオトコの娘アンソロジーとなっている。

「ボクはシンデレラ」は、演劇部の響子先輩に憧れていた下級生の男子が、貧弱な身体と低身長と薄幸そうな顔だちと滲み出る女々しさを評価されてしまい、シンデレラに抜擢される。女の子の演技を身に付けるための特訓と言われ、先輩のお下がり制服を着せられる。最初は何かの罰ゲームみたいだったのに、だんだん馴染んで来て女にしか見えなくなってしまう。劇の本番では、嫉妬した女子の悪だくみで、とんでもない事が起こってしまうのだが……。男同士で結婚したら、王家が滅びてしまうじゃないか。

「魔法ブルマ」は、姉に騙されて魔法のブルマを履かされた弟の話。ブルマを履いたくらいで速く走れるようになったりはしないのだが、これがプラセボ効果か!? すぐ終わるし、ちょっと絵が汚くて微妙だった。

「鏡の中の私」は、厳しい姉を持つ弟が、姉が体育の授業を受けている間に、勝手に制服を持って行って自分で着る話でキモかった。しかも、そのまま校内を歩き、姉と喋っているのに弟だと気づかれないとかあり得ないだろう。

上乃龍也が描く「♂どっち♀」は、ドジな男子が色々とやらかした罰として、メイド服や女子制服を着せられるのだが、黒髪ツインテールで、他の作品と比べてオトコの娘レベルが高かった。

「せんせいのぼく」は3話も入っていて、一番多いのだが、好きな先生に告白した男子が奴隷扱いされて、色々と恥ずかしい恰好をさせられる話だった。スク水や縞々下着だけの状態でもバレないとか、もう骨格レベルで女じゃないか。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ミキの放課後

4813053882ミキの放課後 (ミリオンコミックス OTONYAN SERIES 16)
つむら ちた
ミリオン出版 2013-03-26

by G-Tools

ある日の放課後。男子トイレから一人の美少女が出てくるのを目撃する伊月。彼女の正体は地味で大人しい同級生、幹(ミキ)の女装姿だった。以来、何かとミキの世話を焼く伊月だが、そんな中、もう一人の女装っ娘が現れ・・・!?


放課後になり、伊月が男子トイレに入ると、何故か中には美少女? がいた。その女の子は泣き出すのだが、よく見ると、女の子じゃなくて同じクラスの男子だった。ミキというのは名前じゃなくて苗字だったなんて! 女の子の恰好をするのが好きだという幹尚正の秘密を知ってしまった伊月は、ミキと関わる事になる。

こっそりと楽しんでいたミキだったが、だんだん大胆になり、女の子の恰好で街中に出るようになる。出かける度に、男にナンパされて困っているじゃないか。こんなにレベルが高かったら、下半身を触られない限り、男だとはバレないよなぁ。

ある日、女の恰好で学校に通っている奴が居ると噂が広まり、ミキの事がバレたと焦る伊月だったが、もう一人、男の娘がいた! 泉盛茂は、さらに本格的で、コスプレ衣装みたいなものもたくさん揃えていて、ミキに着せたがる。ミキも可愛くなりたいと頑張って、メイド服や裸エプロンを披露するのだが……。男なのに、裸エプロンが可愛すぎる(笑)。文化祭では伊月も女装させられるのだが、あまり可愛くないな。これが顔面格差か……。

最後は、ミキに告白されるのかと思っていたら、まさかの親友フラグだった。しかし、親友とはキスしないと思うが。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

機動戦士ガンダムUC MSV 楔

404120643X機動戦士ガンダムUC MSV 楔 (カドカワコミックス・エース)
本橋 雄一 サンライズ
角川書店(角川グループパブリッシング) 2013-03-22

by G-Tools

機動戦士ガンダムUCの時代を舞台に繰り広げられる、新たなるMSVシリーズが登場! ! シルヴァバレト、EWACジェガンなど人気モビルスーツの知られざるストーリーを各話読み切り形式で新鋭「本橋雄一」が描く!


宇宙世紀0092年。ハマーン・カーンを失い、第一次ネオ・ジオン抗争が集結した後の世界。宇宙では、未だにジオンの残党が抗戦し続けていた。アナハイム・エレクトロニクス社が開発した新型機シルヴァ・バレトをジオン残党にぶつけて、性能をテストしようとする、とある連邦軍の部隊。物語はそこから始まる。

ちなみに、第一次ネオ・ジオン抗争という事は、第二次ネオ・ジオン抗争もある訳で、グリプス戦役以降行方不明になっていた赤い彗星が決起するのは、これから間もなくの事である。

続いて登場するのはEWACジェガン。これは早期警戒に特化しているため、最低限の武装しか与えられていない。EWACとは、現実世界では「AWACS」(Airborne Warning And Control System)と呼ばれているもので、大型レーダーを搭載し、一定空域内の敵性・友軍の航空機といった空中目標を探知・分析し、なおかつ友軍への航空管制や指揮を行う機種である。

新型のデルタ・ガンダムにはサイコミュ装置が搭載されているが、搭乗者に反応し始める。リディ少尉は、幻の可変機に乗り損ねた、エゥーゴのパイロットだった。リゼル ディフェンサーユニットは、三本の矢と呼ばれる、敵拠点を3人だけで強襲しているMS小隊の話。

連邦軍視点ばかりで、ジオン派には辛いと思ったら、最後のシナンジュ・スタインは、フル・フロンタル専用機だった。パイロットの挙動イメージをそのまま反映させるインテンション・オートマチックにより、シナンジュ・スタインが勝手に友軍機を攻撃するのだが……。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ