懐かしファミコンパーフェクトガイド

4906735894懐かしファミコンパーフェクトガイド (M.B.MOOK)
マガジンボックス 2016-04-21

by G-Tools


ゲームセンターに行かなくても、ゲーセン並みのゲームを家の中でプレイ出来る! ファミコンの登場は、ゲーマーにとって革命的な出来事だった。それ以前にも、劣化パソコンみたいなゲーム機は出ていたけど、値段が高くて性能が低く、遊べるゲームの種類も少なく、微妙なものしかなかった。

とはいえ、今やファミコンどころかスーファミ、下手したらプレステ時代にすら生まれていない人が増えているだろ? つまり、ファミコンが懐かしいと思ったら、かなりのおっさん……。本書に登場して、ソフトを紹介してくれるのも、ファミコン芸人のおっさんである。

昔のゲームのほうが面白かったというのは、思い出補正が入っている懐古厨の妄想であって、冷静になって考えてみると、やはり今よりはクソゲーが多かった。ヒントも無く、不親切で、作り手の独りよがりで、バランスもおかしくて、そもそもゲームとして成り立っていないものすら発売された。

今みたいに、価格が値崩れして中古100円くらいから買えるような時代ではなかったので、ゲームを1本買うのも大変だった。子供の少ないお小遣いで5,000円とか10,000円も出してクソゲーだった日にはもう\(^o^)/ ネットでクソゲー情報が瞬時に拡散する今なら、地雷を踏む可能性は少ないが、当時は口コミだけが頼りだったからなぁ……。

単価が高すぎるが故に冒険出来なかったので、あまりクソゲーには当たった事が無いのだが、強烈なクソゲーが結構出ているんだね。販売本数ランキングだけでなく、クソゲー・ランキングなんかも載っているのだが、トンデモないものが結構出ている。発売から13年間も、クリアした人が出なかった『エルナークの財宝』とか凄いね。『シャーロックホームズ伯爵令嬢殺人事件』は、ミステリーかと思いきや、ロンドン市民をキックで殺害するとお金が手に入るゲームだったらしい。

『タッチ』は野球ゲームではなくて、ボールを投げて攻撃するアクション・ゲーム。『おにゃんこタウン』は、某アイドル系に似たタイトルで釣っただけの、ネコのお母さんが子猫を捜しに行くガッカリ・ゲーム。『バンゲリングベイ』と『ハイドライドスペシャル』までクソゲーにランキングされているが、これはターゲット層がズレただけで、駄作ではないと思う。

今はほぼ地雷である事が分かっているので目立たないが、ファミコン時代は芸人や歌手が名義貸ししただけの駄作も数多く作られている。ゲームの素人が絡むと、やたら難しいものを作りたがって、理不尽な難易度になっているな。『聖飢魔Ⅱ 悪魔の逆襲』は、意外に完成度が高いらしいが。

無理ゲーのランキングも面白い。実際に自分でプレイした場合は、ストレスが溜まりまくりそうだが。『たけしの挑戦状』は攻略本があっても無理な、伝説の無理ゲーとして有名だし、パーツを100個も集めないといけないのに、コンティニューが無い『頭脳戦艦ガルも無理である。『星をみるひと』はスタート直後に最強の敵と出会って殺されたりする理不尽な難易度。なにそれ、最凶最悪のクソゲー『リアル人生ゲーム』みたいな無茶ぶりじゃないか(笑)。

『魔界村』は……、私にとってはレッドアリーマーがラスボスだった。それより向こうは自力で見た事ないし。あんな難易度のゲームをクリア出来るなんて、お前らって凄いな! ぬるゲーマーの私には無理ゲーです\(^o^)/

『ゴルビーのパイプライン大作戦』には笑った。ゴルバチョフ大統領(当時)が主人公のゲームまであるのか。発売中止となったゲームに関しても特集が組まれているが、結構面白そうなものが混ざっている。せっかく開発したのに、なんで発売しないのかと思ったが、任天堂への上納金が負担になったんだね。あの頃の任天堂は一人勝ちで強気だったからなぁ。

非売品だったり回収されたりして、とんでもない価格になっているソフトがあって驚くのだが……。1,200万円もするソフトとか、プレイする事すら無理ゲーになっているよね。

ゲームに関する裏技や都市伝説的なものの検証ページで、ドラクエ1にモー娘関連の復活の呪文が存在するのには驚いた。預言者か!?

あべなつみ なかざわゆうこ
それとやぐ ちなど

これでLv21で復活するらしい。偶然らしいが、恐ろしいまでに完成度の高い呪文である。さらには、東日本大震災と原発事故の預言まで、存在していただと!?


しのひかり つなみおそいて
ひげきそと ひばく

この呪文だと、アイテムが多めで、のろいのベルトまで所持した状態で始まるらしい。偶然の一致にしては怖すぎる。それにしても、どうやったらこんな呪文を発見出来るの? 他にも、麻薬で問題を起こした芸能人の名前が一致する復活の呪文があったりして、怖い。

『チャレンジャー』で列車の面にいるボスにナイフを12発当てると最終面にワープするという噂は、ガセネタだと思われていたが、本当だった! 本当にそのようなプログラムが組まれていたのだが、人間ではほぼ不可能な連射能力が必要らしく、エミュレーター上で検証されたらしい。

『ゼビウス』に出て来るバキュラ(空中で回転している金属板)は256発当てると破壊出来るという都市伝説はガセネタであるが、バグにより稀に破壊出来る事があるよね。ちなみに、友軍機であるシオナイトも破壊不可能という事になっているが、これも一度だけ破壊出来た事がある。どちらもゲーム筐体で発生したので、ファミコン版では無理かもしれないが。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト

Anam―魂

4048530658Anam―魂
出渕 裕
角川書店アニメ・コミック編集部 1999-04

by G-Tools

OVA「ロードス島戦記」のノベライズ本、CD、カレンダーなどのイラスト、および描きおろし作品を収録する画集。


出渕裕のロードス島戦記画集。主にイラストだけで説明文等はほぼ無いので、すでに内容を知っている人でないと見てもよく分からないかも。プレミアムもついているっぽいし、ロードス島戦記を知らない人がゲットする事はあまり無いと思うけど。

エルフの耳が長いのは、ロードス島のディードリットが影響しているのか。西洋のエルフはバルカン星人みたいに耳が尖っているだけで、あんなに長くなかったらしい。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

マスターアーカイブ モビルスーツ RGM-79 GM

4797359048マスターアーカイブ モビルスーツ RGM-79 GM (マスターアーカイブシリーズ)
GA Graphic サンライズ
SBクリエイティブ 2010-09-18

by G-Tools

連邦軍を勝利に導いたMS"ジム"シリーズの開発事情から性能・運用までを紐解いた完全書き下ろし解説書が登場。膨大な解説記事と初期型ジムから派生したバリエーション機などを詳細なイラストとCGを使い解説。


架空の兵器なのに、その性能や運用方法などが詳細に記されている。紹介されているのは、ジム、ジム改、ジム2、 ジム3など。進化して強くなったジム・クゥエルなどは出てこない。

アムロが乗っているガンダムが強すぎるから、やられ役みたいなイメージが定着しているが、対MS戦を想定して作られただけに、ザクやグフといったジオン軍の初期型MSとは互角に戦えるんだよ。ゲルググはガンダム並みの性能がある量産機だから、さすがに戦えないけど。

雑魚っぽいイメージで見られがちなジムだけど、主力機なのだから、例えば航空自衛隊でいうとF-15みたいなものである。一年戦争ではパイロットが不足しているからひよっこでも実戦投入されちゃったけど、本来ジムは誰でも乗れるような量産機ではないという事が想像出来ると思う。

つまり、『僕たちはガンダムのジムである』で99%の“僕たち”をジムだと看做しているのは間違いである。お前らが乗せられるのはボールとかセイバーフィッシュとかであって、きっとガンダムどころか主力機のジムにも乗せてはもらえないだろう。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

面白ければなんでもあり

4048657151面白ければなんでもあり 発行累計6000万部――とある編集の仕事目録
三木一馬
KADOKAWA 2015-12-09

by G-Tools

担当作品累計6000万部!! この働き方、最弱(さいきょう)。エンタメ業界の最前線を走る男が明かす、明日役立つ仕事のメソッド。『とある魔術の禁書目録』(累計1580万部)、『ソードアート・オンライン』(累計1130万部)、『灼眼のシャナ』(累計860万部)、『魔法科高校の劣等生』(累計675万部)、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』(累計500万部)――電撃文庫の大ヒットタイトルを生み出してきた、業界がいま最も注目する編集者・三木一馬。その裏に隠された秘密『どうしてこの作品は面白いのか』『なぜ作品はヒットするのか』『担当作が売れなかったときの向き合い方』をはじめ、『失敗した仕事への取り組み方』『激務にどう向き合い、考え方を変えるか』に至るまで、『面白ければなんでもあり』を元にした『発想が広がる仕事術』。最弱で最強の働き方のすべてが綴られた一冊。


表紙のアスナに釣られてしまった。裏事情が書かれているのは面白いのだが、編集が設定や内容を決めすぎ! 作家のほうはただの物書きマシーンに過ぎないという噂は真実だったのか(汗)。

とある魔術の人の頭がインデックス級で、原稿を見なくても修正箇所を全部覚える程度の能力を持っている話は凄かった。そんな量子コンピューターみたいな人じゃないと大量生産出来ないの?

撲殺天使の謎の音「ぴぴるぴるぴるぴぴるぴー♪」が何なのか分からなくて作者に聞いたら、どくろちゃんの声でもなく、魔法のステッキを振り回した時に出る音でもなくて、その場で音楽が流れるという説明をしているのには笑った。あの意味不明の音は大事だよね。謎の音だけど、目や耳にこびりついて離れなくなるから。

良いところを見つけ加点法で考えるらしいが、そのリア充プラス思考は、『高台家の人々』に出て来るビョーン並みに良いところが無かったハズレ人生の俺にとっては、勝者の戯言にしか聞こえない件。俺の中のダーク・ポリアンナは良くなかった探ししか出来ないんだぜ(涙)。

なんか密林で低評価が多いのだが、2ch工作事件が発覚して炎上したのか。火消しのために作家を一人犠牲にしたという噂が本当なら、可哀想すぎる。面白ければ社内から2chに工作員を潜入させるのもアリなんですかね(汗)。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

「超」批評 視覚文化×マンガ

4791768418「超」批評 視覚文化×マンガ
石岡良治
青土社 2015-03-23

by G-Tools

巨匠や先駆者たちのキャラクター造形や物語構造などからマンガ独自の潜勢力を解放すると同時に、視覚文化のリアルを更新する注目の批評家の冒険!


それなりに売れた作品に関して詳細に批評して行くのだが、知らない作品が多すぎて参った。作品を知っていると楽しめるが、知らない人が読んでも全く面白くない。、読めばその作品が分かるようになっている訳でもないので、サブカルチャー方面で守備範囲が相当広くないと楽しめないだろう。

まどマギやガンダムなど、多少知識がある作品に関してはとても面白く読めたので、上手くシンクロ出来るかどうかは、読み手のオタ偏差値に依存すると思う。

作品内容について、かなり突っ込んだ事を書いているので、ネタバレが嫌いな人は回避したほうが良い。取り上げてられている作品は、松本大洋『ZERO』、今日マチ子『cocoon』、『魔法少女まどか☆マギカ』、『らんま1/2』、『クマのプーさん』、『寄生獣』、『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』、『仮面ライダーディケイド』など。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

視覚文化「超」講義

4845914301視覚文化「超」講義
石岡良治
フィルムアート社 2014-06-26

by G-Tools

動画以降の世紀を生きるための、ポピュラー文化のタイム・トラベル。映画、ゲーム、アニメ、PV、アート、CG、マンガ…ハイカルチャー/ポップカルチャーの枠組みを超えて視覚文化を語る!


映画、ゲーム、アニメ、アート、マンガ等、視覚文化に関するあれこれを講義していく。ファミコンや『バック・トゥ・ザ・フューチャー』等の古い物だけでなくて、あの花みたいな最近の作品も取り上げられている。現象を追っているだけで、視覚文化論に至らないのは残念。

これ、自宅警備員の神みたいな人が書いているのか。超高学歴自宅警備員とか、勿体無いお化けが出る! 偏差値高めでオタクな非リア充なら上手くシンクロ出来るかも。三次元世界で十分に楽しんでいるリア充は読まなくて良いと思う。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

alpha rhythm 有葉画集

4048869477alpha rhythm 有葉画集 (MOEOHセレクション)
有葉
アスキーメディアワークス 2012-08

by G-Tools

有葉、待望の初画集。『車輪の国、向日葵の少女』、『G線上の魔王』などゲーム作品から、商業書籍未収録の作品をセレクト!『椿と菊』『エキスパートシリーズ』『翠と結』など有葉と愉快な仲間たちで発表された同人シリーズのカラーイラストを選抜。収録イラスト合計120点以上綴込み大判ピンナップや4コマなど描きおろしも多数。


表紙に釣られたが、よくある表紙詐欺な感じの本とは違って、中身も全て表紙レベル以上になっている。あまり詳しくないので、どのギャルゲーなのかよく分からないが、現実世界とは違って、顔面偏差値80くらいの人ばかりでGJだった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

マクロスF VISUAL COLLECTION ランカ・リー

4048546066マクロスF VISUAL COLLECTION ランカ・リー
ビックウエスト
角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-02-20

by G-Tools

TVシリーズから「劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~」までの美麗イラストを多数収録するほか、新たに描き下ろされるランカ&中島愛インタビューや劇場版完結編情報など、盛りだくさん!


ランカ・リーがメインのイラスト集。こちらもページ数は少ないが、カラー部分が多いので、お得感がある。ランカ可愛いよランカ(*´Д`)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

マクロスF VISUAL COLLECTION シェリル・ノーム

4048544055マクロスF VISUAL COLLECTION シェリル・ノーム
ビックウエスト
角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-10-14

by G-Tools

「マクロスF」の歌姫、シェリル・ノームの魅力を詰め込んだキャラクターブックが登場。新規描き下ろしイラストやニュータイプ掲載のイラストを始め、ビジュアル面が充実。全ページシェリル満載の決定版アイテム!


シェリル・ノームがメインのイラスト集。未だにマクロスFを攻略出来ていないし、しかもランカ派なのだが安いので読んでみた。ページ数は少ないが、カラーが多いので元値でも高くは感じない。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

おねがい☆ツインズビジュアルコレクション

4054025013おねがい☆ツインズビジュアルコレクション―メガミマガジンスペシャルセレクション
学研 2004-06

by G-Tools

微妙評価だと思ったら、元値が高すぎるからか。絵の点数は少なめだが、投げ売り価格でゲットするなら悪くはない。押し掛け妹? 二人の制服姿が多めでGJだった。県立木崎高校制服は神制服だと思う。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

メン・アット・ガールズ―みやま零画集 2

4048867695メン・アット・ガールズ―みやま零画集〈2〉 (MOEOHセレクション)
みやま 零
アスキーメディアワークス 2012-07

by G-Tools

電撃萌王などの誌面や「織田信奈の野望」「ハイスクールD×D」などのノベルほか、幅広く手がけるイラスト150点以上を一挙収録。商業誌、カードイラスト、オリジナル作品などに描き下ろされた美少女に、描き下ろしポスターピンナップも収録。


原作は読んだ事ないけど、織田信奈の絵師の人か。表紙の金髪ツインテールに釣られてしまったが、よく見たらパンツ穿いてないじゃないか(汗)。表紙に限らず、パンツ穿いてない人が多かった。

パンツどころか何も着ていない人も若干いたけど、全年齢向けなのか。美少女文庫の表紙とかも混ざっているので、ちょいエロだけど。絵の点数も多く、金髪ツインテールも多めでGJだった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

age official 君が望む永遠MEMORIAL ART BOOK

484022126Xage official 君が望む永遠MEMORIAL ART BOOK
バカ王子ペルシャ アージュ
メディアワークス 2002-11

by G-Tools


こちらは原作ゲームのほうの絵がメインらしく、アニメ絵よりも個人的には好みのタイプ。コンシューマー用じゃなくてPCのほうの絵だから、Hなのも混ざっている。おそらく他では読めないであろう遙伝説の雪山話が収録されているのはGJだった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

君が望む永遠 VISUAL COMPLETE

4840110514君が望む永遠 VISUAL COMPLETE
アクティブコア編集部 アージュ 「君が望む永遠」製作委員会
メディアファクトリー 2004-04

by G-Tools

この鬱ゲーからもう15年近く経っているのか。非実在青少年だから架空の人物は歳をとらないけど、現実世界の出来事なら、登場したヒロイン全員、もう三十路バ……、おっと誰か来たようだ。

最初は何も知らない状態でアニメから入ってしまったのだが、あまりにもの鬱展開で驚いた。鬱っぷりに耐え切れず、未だにアニメで散々な目に遭ったメインヒロインしか攻略していない件。

アニメ版の画像がメインなので、エロい人は『age official 君が望む永遠MEMORIAL ART BOOK』をどうぞ。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

よいこの萌えっ娘! 濡れスケ!!

4864360375よいこの萌えっ娘!濡れスケ!!―秋葉系コンセプトビジュアルブック (コアムックシリーズ 519)
コアマガジン 2011-05-31

by G-Tools


表紙のツインテールに釣られてしまったら、予告編が全てなハリウッド映画の如く、表紙が全てだった。着衣濡れフェチとか、わりとターゲット層が狭い気がするのだが。

妹パンツよりも、透けてはいけない部分まで水濡れにより透けちゃっているこちらのほうがアウトな気がするのだが、密林ではセーフらしい。本当に基準がよく分からない。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

よいこの萌えっ娘! 妹パンツONLY

よいこの萌えっ娘! 妹パンツONLY

二次元パンツの匠たちが大集結した全ページがスィート・パンティーで満たされた豪華な一冊!!


どうやら密林当局の摘発を受けて存在を抹消されているらしい。出版社側のサイトにリンク(但しすでにリンク切れ)が張られていたので、当初は販売されていたっぽいのだが。どういう基準でアウトになるのかよく分からないのだが、担当者の主観と気分次第なのかね?

妹パンツとか比較的どうでも良かったのだが、とりあえず縞パン多め。絵師のレベルは一定しておらず、ギャルゲーのパッケージに起用されても違和感無いものから、絵師気取りの人が自分のサイトにアップした素人の同人絵みたいなものまで。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ライトノベル・スタディーズ

ライトノベル・スタディーズライトノベル・スタディーズ
(2013/10/19)
一柳 廣孝、久米 依子 他

商品詳細を見る

アニメ・漫画・映画・文学にも大きな影響を与え続けるライトノベル。ラノベの過去から現在までを押さえたうえで、ジャンルを越境するラノベの可能性やより深い作品読解を大胆に提示する。海外ラノベ事情を紹介するコラムや年表も所収するラノベ研究入門書。


『ライトノベル研究序説』に続くラノベ研究書。未だに一般文学と比べて一段低く見られているからか、市場規模の割にはあまり研究されていない分野なので、こういう書籍は貴重である。

最初から、いきなり嘘つきみーまーのネタバレがあって焦った。ある意味、推理小説の犯人をバラされる事に匹敵するような痛いネタバレなので、まだ読んでいなくてこれから『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』を攻略する予定の人は注意が必要。

ラノベに登場する男装女子や女装男子(女体化)をジェンダー論から論じている部分は、女性を男性よりも下位ジェンダーとして位置づけており、全く賛同出来ない。自分がビフォーバブルの男尊女卑世代だからって、過去の価値観で論じるのは如何なものか。男の権利を女が侵食する一方で、女の権利は男から死守するどころか拡張し続けた結果、アフターバブル世代では女のほうが上位ジェンダーですからね。女性専用車両、レディースデー、生活保護の審査基準、法律上の様々な女性優遇措置、ファッションの自由度、サブカルチャー系イベントにおける女男差別……、男性優遇社会だった大昔ならともかく、今は女の方が圧倒的に有利かつ楽しそうじゃないですか。

海外展開についても言及されているが、アニメやコミックと比べて苦戦しているのが意外だった。やはり、映像や絵と比べて言語の壁を越えるのは難しいのか。アニメ絵表紙があまり売れず、手堅い見た目のものが成功しているのも意外である。

全体通して熱烈なラノベ愛は感じられるのだが、最初に自論有りきで特定の作品について言及しているものもあるので、研究書としては微妙な部分もある。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

UFO大図鑑

UFO大図鑑 (グリーンアロー・グラフィティ)UFO大図鑑 (グリーンアロー・グラフィティ)
(1997/11)
並木 伸一郎

商品詳細を見る

世界各地で撮影された本邦初公開の写真を中心に、鮮明なUFOのカラー写真をオンパレード。UFOの形の分類や飛び方、そして推進原理にいたるメカニズムを紹介し、さらには遭遇した宇宙人の姿・形をイラストで示した。過去から現代まで撮影されたUFO写真を年代順に掲載し、UFO事件の発端から最新の動向にいたる、50年の歴史を俯瞰し、最後は、楽しいUFOウォッチングでしめくくった。


さすがに乗り物だけあって、あまりにも荒唐無稽なタイプだと嘘くさくなるからか、『宇宙人大図鑑』と比べると、はっちゃけ度が足りない。バリエーションが少ないからか、UFOだけを分類しているのではなく、推進機関を推測したり、出てきた宇宙人のイラストを載せたり、米国の陰謀説や、凶悪宇宙人から地球を防衛する秘密組織にまでページ数を割いている。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

宇宙人大図鑑

宇宙人大図鑑 (グリーンアロー・グラフィティ)宇宙人大図鑑 (グリーンアロー・グラフィティ)
(1997/02)
中村 省三

商品詳細を見る

過去50年間にUFOに伴って出現した宇宙人の膨大な目撃例から68例を厳選し、それぞれの宇宙人がどんな行動をしたかを簡潔に解説するとともに、身体的な特徴をイラストで図解したビジュアル版宇宙人ハンドブック。


トンデモ本指定までされちゃっている本書であるが、訳の分からない宇宙人による訳の分からない行動ばかり集められていて面白い。読んでも無駄知識にすらならない役立たずな本だけど(汗)。

ヒューマノイド型だけではなく、ロボット、カエル型、トカゲ型、蛾型、首なしバードマン型、巨大な脳みそ型、スライム型、半透明の幽霊型と、訳の分からない奴が多すぎて笑える。最近はグレイばっかり来るようになってしまったが、他の宇宙人はグレイに攻撃されて負けちゃったんでしょうか?

わざわざ星々の海を渡ってきて、やる事が庭で飼っている犬を虐めていたり、夜中に無理やり起こして戦争ドキュメンタリーを見せたり、クッキーをプレゼントしたりと、意味不明すぎて笑える。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ファミコンの思い出

ファミコンの思い出ファミコンの思い出
(2012/05/29)
深田 洋介

商品詳細を見る

超人気サイト「思い出のファミコン」に寄せられた、家族や友人との泣き笑いエピソードを書籍化。登場するゲーム数は、156本! 350本以上のエピソードを収録。ドット絵のようなイラストは、すべて大図まこと氏による刺繍作品! ファミコン世代に贈る、究極の1冊。


70年代から80年代に生まれた人の、ファミコンの思い出がギッシリ詰まっている。ファミコンあるある話がたくさんあって面白い。ファミコンとリアルタイムで向き合ったおっさんおばさん世代に激おすすめ! 一般ユーザーからの投稿で、個々のゲーム毎に思い出が書かれているスタイルが素晴らしい。兄弟喧嘩になったり、買ってもらえずに涙目になったり、怒り狂う親に破壊されたりと、エピソードも様々である。

親や祖父母のほうが熱中してしまったり、ファミコンソフトが亡くなってしまった方の大切な思い出になっていたり、時には出会ったゲームがその後の人生まで変えてしまう場合もあるから、たかがゲームだと馬鹿には出来ない。中古買取相場を利用して儲ける小学生相場師の話には笑った。

オイルショックで景気はどん底、受験氷河期で鬼のような難易度の大学入試を潜り抜けてみれば、そこはバブルが崩壊した後の世紀末的経済社会\(^o^)/ 本当に貧乏クジばかり引かされていて散々な世代だが、唯一、ファミコン黄金時代とリアルタイムで関われた事だけが救いかもしれない。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

“日常系アニメ”ヒットの法則

キネ旬総研エンタメ叢書 “日常系アニメ”ヒットの法則キネ旬総研エンタメ叢書 “日常系アニメ”ヒットの法則
(2011/05/26)
キネマ旬報映画総合研究所

商品詳細を見る

『けいおん!』『らき☆すた』『ひだまりスケッチ』『あずまんが大王』…昨今、「日常系」と呼ばれるアニメがムーブメントを起こしている。「日常系」とは一体どんな作品なのか?どのようにして「日常系」作品が生まれてきたのか?ゲームやライトノベルとの意外な関係とは?「日常系」の誕生とその裏側を社会情勢やサブカルトレンド、メディア環境の変化やコンテンツ市況と関連付けて徹底分析。日常系アニメ、ヒットのカラクリを解き明かす。


題名だけ見るとヒットを生み出すためのノウハウが書かれていそうな感じであるが、過去作品を分析しているだけで、法則と呼べる程のモノは無いような気が……。強いて言うならば、「萌え」要素が必須という点だろうか。ちなみに、日常を扱った作品でありながら、『サザエさん』や『ちびまる子ちゃん』は日常系アニメには含まれないが、確かに萌え要素は無いよな。

テロや社会不安が増大し、権威は度重なる不祥事で失墜し、平和や安全といったものが幻想に過ぎない事が印象づけられた現代の空気感といったものも、日常系アニメのヒットに影響を与えていると分析する。現実世界の不安定さに疲弊した人々は、誰かが用意した頼りない「物語」よりも「コミュニケーション」を求めるようになる。

一時期流行ったセカイ系に対する反動も、日常系のヒットに影響を与える。大きくて難解なストーリーを説明もされず垂れ流され、ボクとワタシも関係性にだけ終始しつつ、大風呂敷広げっぱなしの投げ捨てエンドだらけ。これでは観る側にストレスを与えすぎである。それに比べて葛藤の無い日常系は確かに楽だよね(笑)。


リアル人生ゲームという名の物語があまりにも過酷になりすぎた反動で、ぬるま湯展開の日常系が伸びている気がしないでもないが……。実際、アニメの登場人物みたいに恵まれた日常を送っている人がどれだけいるかと考えると、日常系だってある意味においてファンタジー。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

なもり百合姫表紙画集 truth

なもり百合姫表紙画集 truth (イラスト集)なもり百合姫表紙画集 truth (イラスト集)
(2014/02/18)
なもり

商品詳細を見る

TVアニメ「ゆるゆり」第2期に合わせて表紙を飾った連続イラストストーリー。毎号、ページをめくる驚きとともに注目されたデザインも再現、戦慄の最終回となったコミックも含め完全収録。


美しいしクオリティも高いのだけど、値段も高いっす(´・ω・`) イラストがもう少し多ければもっと良かったのだが。ゆるゆりではなくガチゆりな感じのコミックは、いきなり修羅場で状況が把握し難かった。二度読みしないと、何が何だか分からなかった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ベストセラー・ライトノベルのしくみ キャラクター小説の競争戦略

ベストセラー・ライトノベルのしくみ キャラクター小説の競争戦略ベストセラー・ライトノベルのしくみ キャラクター小説の競争戦略
(2012/04/10)
飯田一史

商品詳細を見る

『生徒会の一存』『バカとテストと召喚獣』『とらドラ!』『ゼロの使い魔』『とある魔術の禁書目録』『鋼殻のレギオス』そして『涼宮ハルヒの憂鬱』・・・・・・。 シリーズ累計で数百万部を売り上げ、いまもっとも読者を獲得しているジャンルであるライトノベルから、作品論、メディア論、顧客分析、競争環境分析を駆使して、市場で勝つ戦略までを解き明かす。 Amazonランキングで1位になったライトノベル作品を徹底分析。


Amazonランキングで1位になったライトノベル作品を題材として、ベストセラーとなる理由について分析している。売れたかどうかを基準にしているので反発する人もいるようだが、売れた作品が良い作品であるという事までは言っていない。どういう作品がどのような理由で売れたのかを客観的に分析しているだけである。

普通のエンタメ小説とは必要とされる成分が異なる理由、何を書くべきか、何を書いてはいけないのか、パターンを分析して成功例、失敗例を徹底して分析していく。従来の書籍が一般論に終始し、ライトノベルの表層的な部分しか分析出来ていなかったのに対し、具体的な内容に切り込んで行くのは痛快である。ネタバレしまくりなので、まだ読んでいないけどそのうち読む予定でネタバレが嫌いな人は本書を読んではいけないが。

売れた作品を安易に模倣した二番煎じには何が足りないのか、本書を読めば見えてくる。どれもこれも同じように見えて、一部の作品だけが売れるのには理由がある! 読み手の世代交代により、求められるものも変化して行くので、上手く波に乗れない作品は、売れない理由も分からないまま消えて行くだろう。第三世代オタクと第四世代オタクの違いについて、鋭い分析がされている。書き手、または今から書き手を志す人には必読の内容だと思う。

第三世代から第四世代への過渡期に大化けしたのが『涼宮ハルヒの憂鬱』だとしたら、売れる法則から外れた異端作品を模倣しても、もう無理だろうなぁ。次に波が訪れるとしたら、第四世代から第五世代へと読み手が入れ替わる頃だろうし。

『生徒会の一存』『バカとテストと召喚獣』『とらドラ!』『ゼロの使い魔』『とある魔術の禁書目録』『鋼殻のレギオス』『涼宮ハルヒの憂鬱』これらを読んでも何が良いのかわからない、何で売れているのか理解出来ないという意見をチラホラ見かけるが、その理由が分からないような人は、ラノベ作家を志しても絶対に成功しないだろう。

表紙は萌えな感じでラノベっぽいが、中身は全ラノベ作家きどり必読の書である。すでにプロだけど何で自分が売れないのか分からない作家も読んだほうが良いかも。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

時間ループ物語論

時間ループ物語論時間ループ物語論
(2012/10/25)
浅羽 通明

商品詳細を見る

『涼宮ハルヒの憂鬱』から『ファウスト』、浦島太郎伝説、夏目漱石『それから』まで。絶望の国を生き抜くための白熱講義全12講。


早稲田大学教育学部国文科で開講されていた「日本現代文化論」が書籍化されたもの。古典からSF、ラノベ、最近のアニメまで、時間の繰り返しに囚われる物語を題材に、解説していく。具体例を挙げて説明しないといけないので、どうしてもネタバレになってしまう。ネタバレが嫌いな人は注意が必要。

人生の大半をやり直すような長期間ループから、数十分という短時間に囚われて何も出来ないようなもの、1日の繰り返しに閉じ込められるようなもの、様々なパターンがある。守備範囲を広げて、時間自体は繰り返さないものの、若返ってもう一度人生やり直すような物語も、時間ループに近いものとして取り上げている。

持論を淡々と積み上げていくだけで事足りるのに、あえて他者批判を盛り込んでいるのは残念。汚い言葉で攻撃しなくてもいいのに。この点だけは洋泉社クオリティで微妙だった。

それにしても、時間ループ物って結構人気あるんだね(笑)。IF願望の強い人には、過去に戻ってもう一度人生やり直しというのは堪らんだろうなぁ。私みたいに、どの選択肢でもバッドエンドな感じの底辺非リア充だと、もう生まれる前からやり直して、生まれてこないという選択肢しかないけどOrz


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

小倉優子高校制服コレクション

小倉優子高校制服コレクション小倉優子高校制服コレクション
(2004/02)
篠原 潔

商品詳細を見る

小倉優子ちゃんと、有名私立高校の制服! 二度と見ることができない最強のコラボレーション。貴重すぎる一冊です。


値崩れしてきたから制服に釣られてゲットしたけど、なにこれ制服だけじゃないじゃないか……。一歩譲って体操服まではギリギリ許すとして、制服コレクションなのにパジャマとか私服まで混ざってる一方、肝心の制服が7校だけだと!?


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ライトノベル表現論

ライトノベル表現論: 会話・創造・遊びのディスコースの考察ライトノベル表現論: 会話・創造・遊びのディスコースの考察
(2012/04/12)
泉子・K. メイナード

商品詳細を見る

2000年以降、読者を増やし続けているライトノベル。このライトノベルの文体や表現の特徴とは何か。どのような表現方法を駆使してどのような効果を狙い、読者にどうアピールしているのか。その過程で日本語がどのような姿で創造・消費されるようになってきたのか。この書き言葉のディスコースの中で起こる現象に焦点をあて、多角的な分析を試みる。現代の日本、特にポピュラーカルチャーの世界で、日本語はどのような機能を果たしているのか、今私たちの生きる言語文化をライトノベルから読み解く。


萌え表紙だからライトなものを想像してしまうが、題材がライトノベルなだけで、中身は大学のテキストみたいな硬い内容である。サブカルチャー系の業界人が適当に書いた本ではなく、言語学博士号を取得してハーバードやプリンストンでも教えている方が様々な角度から分析している。

ラノベだけでなく、一般書籍も比較対象にして調査しているので、その差異が見えてくる。ラノベといえばバカっぽい文体や、不自然な空白が目立つが、それも何らかの意図があって、わざとやっているのがよく分かる。ちゃんと計算せずにバカっぽい文章を真似しても、バカな文章にしかならないんだろうな。

文字情報だけでなく、表紙やイラストにまで言及し、許可を得て有名な作品から一部転載しているので、具体的で分かりやすい。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

なれる! コスプレイヤー

なれる!コスプレイヤーなれる!コスプレイヤー
(2005/12)
不明

商品詳細を見る

衣装作りやメイク方法、イベント参加まで「コスプレ」の全てを教えます!現役コスプレイヤー200人アンケート、座談会&インタビュー、本書に登場するコスチュームの壁紙も掲載!!「コスプレ」の存在を知っていて、コスプレをしてみたいと思ってはいるけれど、どこから始めれば良いかわからないために始めることのできない女性や、簡単なコスプレはやったことあるけれど、もうちょっとレベルアップしたい「女性」をターゲット。


こちらは第二弾の『なれる! コスプレイヤーSSセカンドスタイル』と比べて、ジャンプ方面が多いと聞いたのでスルーしていたのだが、ネット中古書店で送料無料にするために、冊数合わせで買ってしまった。気合い入りまくってる人だらけだけど、やはり私が興味無いジャンプ系が多いっすね……。

やってる人達は着ただけ初心者じゃなくて小物とか衣装とか作って完全再現を目指すレベルだし、レイヤーのインタヴュー、座談会、材料屋の情報、衣装の作り方などになっていて、どう考えても初心者が読んでもなれない! コスプレイヤー\(^0^)/ な感じで終わりそうである。

本気入ってるセミプロみたいなレイヤーさんを見てニラニラするのなら読めるかもしれないが、ジャンプ系か腐女子が大好きそうな作品ばっかりだしな……。某社が版権ビジネスに強気すぎて、制作する会社がほとんど無いからかもしれないが、衣装自作系の無双モードな人達はクオリティが高すぎる。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

少女時代

少女時代(文庫) (アスペクト文庫)少女時代(文庫) (アスペクト文庫)
(2012/02/29)
不明

商品詳細を見る

思春期の頃に感じたのは、甘酸っぱいエロスであったはずなのに… それを大人になっても持ち続けていることを人に伝えることは躊躇ってしまう……。そのような物語を一冊に込めたものが世に出て約一年。今回、文庫になり再登場。 巻末には新たな物語を追加して、見る側に新たな郷愁を感じさせることでしょう。


Amazonで検索かけると、これとは何の関係も無い何処かの少女時代がたくさんヒットしちゃうけど、それは全然興味なんか無いんだからねっ! 単行本と文庫版が出ているが、表紙は文庫版のほうがGJである。

オールカラーで全体的に微妙にエロスな感じである。とりあえず、下半身率多すぎ。太ももスキーには堪らんかもしれないが。顔はほぼ写ってないのが残念である。お菓子系雑誌みたいに、もっと普通の可愛い感じで良かったのに。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ギャルと不思議ちゃん論

ギャルと不思議ちゃん論: 女の子たちの三十年戦争ギャルと不思議ちゃん論: 女の子たちの三十年戦争
(2012/08/24)
松谷 創一郎

商品詳細を見る

コギャル、アムラー、ガングロ、age嬢、戸川純、シノラー、裏原系、きゃりーぱみゅぱみゅ……。海外からも「カワイイカルチャー」として注目される日本の若い女性たちの文化が、いかにして生まれ、社会と関係してきたかを精緻に描きだす。80年代前半から現在までを、ギャルと不思議ちゃんという視点で切り取って見えてきたものとは? 女の子たちの生存戦略の30年史。


ちょっと題名が恥ずかしいので図書館で借りるのに躊躇しちゃうけど、中身は女子の属性を分類し、論評した真面目な本である。主流派であるギャルだけでなく、女子カーストでは微妙な扱いの不思議ちゃん系統にも言及しているのが良い。

切り口が正しいか否かはともかく、30年間の変化を追っていくと、日本という国の構造が変化するのに連動して、女子の形態が変化していくのは興味深い。ヤンキーの凋落も、たんにダサくて流行らなくなったのではなく、長期不況で公共投資等が削られた事で、地方のヤンキー共同体? が崩壊したのか(汗)。

トップ、ギャル、ゴスのような学内カーストは、庇護者である大人の階層化とも連動しており、新自由主義の荒波に飲み込まれた他の国でも同様に見られる現象というのが辛いよね。アメリカ映画だと、ムキムキマッチョ体育会系男子とチア・リーダー美女が威張ってて、オタク男子や地味キモ系女子が迫害されてる感じのアレです(笑)。

女子性の商品化と、その視線から逃れるためにマンバ、ロリータ、ゴス、不思議ちゃんのような属性に変化するという構図も面白い。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

魔法少女暁美ほむらの○○な話

魔法少女暁美ほむらの○○な話

何度繰り返しても大好きなまどかの幸せな笑顔を取り戻そうと、時間遡行しまくるほむほむ。漸くまどかが笑顔でいる世界にたどり着いたものの、なんかおかしな世界へと来てしまい…!?


みんなで変なポーズを取っている表紙が、ゆるゆりっぽくてGJ。時間ループを使いまくって求める世界へたどり着こうとするほむら。だが行き先は、頭から食べられちゃったマミさんが、アン●ンマンみたいに何度も顔を再生させるとか、何かおかしい世界ばかり。過去へ戻る際に使っているモノも、いろんな作品から取ってきているので、元ネタわかる人には笑える。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

あきら様のわくわくまくらえいぎょう

あきら様のわくわくまくらえいぎょう

あきら様のわくわくまくらえいぎょうなのに、枕営業なんかちっともしていないだと!? あきら様は可愛くて良いのだが、枕営業が無いどころか非エロだった件(汗)。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ