web小説 【短編】異世界で俺TUEEEしようとした俺が地獄に落ちるまでのお話

自称・神様を名乗る幼女・クロの手によって俺は異世界の地に舞い降りた。しかも最強無敵の能力を得て、ハーレムを好きなだけ楽しんで良いというオマケつきである。俺は大喜びでチーレムを堪能しようとする。それが地獄の幕開けとも知らずに……。


小説家になろう
【短編】異世界で俺TUEEEしようとした俺が地獄に落ちるまでのお話
完結


夜中の3時に怪しい美幼女と出会ってしまった主人公が買ってきたアイスをあげたところ「異世界、好きなの」と聞かれる。思わず肯定したところ、異世界に飛ばされてしまう。美幼女のクロちゃんは神様だった!

異世界を満喫しようと思った主人公だったが、最初から最強すぎてバランスが崩壊している。この世界で最強のモンスター、暴虐の黒き帝竜アガーシャをワンパンで倒せるようになっていた。

さらに、ハーレムに関するフラグも、道を聞いただけで「素敵、抱いてっ!」となってしまう。あまりにもイージーモドすぎる異世界だが、そこは元から存在した異世界ではなく、クロちゃんが主人公のために創ったばかりの世界だった。

主人公が死んだり、元の世界に戻ったら異世界は破壊されると知り、戻れなくなってしまうのだが、これは地獄ではないよなぁ。クロちゃんを上手い事誘導すれば、素敵な異世界になるではないか。
スポンサーサイト

web小説 転生者である私に挑んでくる無謀で有望な少女の話

小説家になろう
転生者である私に挑んでくる無謀で有望な少女の話
短編
完結


28歳で病死した主人公が転生し、学業で天才少女に挑まれる。最初は前世知識チートで圧勝するが、高校で追いつかれ、大学で抜かされてしまう。

どれだけ頑張ったところで、努力する凡人は努力する天才に勝てないという見本であるが、最後はフラグも立ててハッピーエンドになるのがよい。

最終的には天才少女に負けてしまうけど、自分も名門中学、名門高校、そして最難関の大学を卒業するのだし、天才を嫁にするのだから、十分に勝ち組だよね。

web小説 死に掛け女のぐーたら疫神生活

怪しいピンクの胞子を吸い込んで死に掛けていた『私』は、目を覚ますと異世界で疫病の女神として祀られていた!? どうやら世界を滅ぼす伝染病の特効薬として召喚されてしまったらしい。そのままごろごろと女神生活を満喫すること半世紀。ぐーたらし過ぎた『私』は存在意義を疑われて、ある辺鄙な村で流行る奇病の解明に借り出されてしまう。しかし、そこで別の事件に巻き込まれて……? 無駄に美形な暴力ドS神官長にシバかれつつ、ニート駄女神が頑張るお話。


小説家になろう
死に掛け女のぐーたら疫神生活
完結


主人公が知り合いから貰ったアマゾン原産の謎の物体を放置していたところ、蛍光ピンクの胞子を撒き散らすようになってしまった。可燃ゴミの日に捨てようとした時に、胞子を吸い込んで倒れてしまう。

気が付くと神殿にいた。どうやら意識が無い間に異世界に召喚され、疫病を治す女神になっていたらしい。当時、異世界は謎の病気が蔓延して滅びそうになっていたらしい。こちらは青い斑点が出て死に至る病だったが、主人公の体内に取り込まれてしまった蛍光ピンクの胞子が特効薬になったらしい。

すでに疫病が猛威をふるった時代から200年以上が経過していた。目覚めた主人公は女神としてニート生活を満喫し、さらに65年が経過する。どうやら、蛍光ピンク胞子の力で、老化しなくなり、水だけ飲んでいれば死にもしないようである。

web小説 くま クマ 熊 ベアー

4391146916くま クマ 熊 ベアー (PASH!ブックス)
くまなの 029
主婦と生活社 2015-05-29

by G-Tools

株で稼ぐユナは学校に行くこともなく、家に引きこもってVRMMOゲームをやる15歳の少女。大型アップデートが行われ、キャンペーンで激レアチートの譲渡不可のクマさん装備一式を当てる。(クマの着ぐるみ、クマさんパペット、クマさんの靴)こんな恥ずかしい格好はゲーム内の装備でも恥ずかしくて着れない。さらにアンケートを答えてゲームを再開すると、手に入れたクマさん装備の格好で知らない森の中。ここはどこ? 神様からメール? 異世界? クマさん装備を付ければチート、脱げば運動不足の少女。クマの着ぐるみを着たユナの気のままの異世界の冒険が始まる。


小説家になろう
くま クマ 熊 ベアー


引き篭もってネットゲームをしている15歳の少女が異世界の神によって、強制的に転移させられてしまう。地球では友達もおらず、親もロクデナシ系なので未練はないようだが、クマの着ぐるみアバターという恥ずかしい恰好になっていた。

自分自身ではなく、クマの着ぐるみにチート能力が付与されてしまっているので、安全のために脱ぐことが出来なくなってしまう。クマ装備で暴れまわるうち、クマ着ぐるみの女の子として有名になっていく。

クマの着ぐるみを装備している間はほぼ無敵に近いチートである。引き籠りをしていた頃に株で大儲けしているのだが、異世界のお金に変化した状態で持ち込まれているので、資金面でも苦労しない。

悪党があまり登場しないので、基本的にほのぼの系チート物になっている。王様が異世界の食べ物で餌付けされてしまっているのが面白い。

web小説 銭の力で天下取り

現代日本から逆行転生を果たした、熱田商人、浅田屋二代目大山源吉。彼は商人として、銭の力で天下取りをと画策する。担ぐ神輿は、戦国の覇者、織田信長。そう、戦国の世にあって唯一人、銭の可能性を真実理解できる偉人、信長だ。そんな先見性を有する信長と共に、源吉は天下をその手中に収められるのか? 商人主人公源吉の目を通した、戦国絵巻が幕を開ける。


小説家になろう
銭の力で天下取り


現代人が死んで、戦国時代の尾張に転生してしまった。商人の家に生まれたので、織田信長の近づき、銭の力で天下取りに乗り出す。前世知識で歴史を改変するが、技術チートについては今のところ控えめである。

web小説 社畜ダンジョンマスターが気付いたら史上最悪の魔王と呼ばれてました。。。

現代日本で、どこに出しても恥ずかしくない立派な社畜の渥目雄馬は今日も一人、会社に残り残業していた。そんな時、渥目は自身のデスクの上に謎の契約書を見つける。その変な文面の契約書を見て、同僚の悪戯と思った渥目はサインしてしまう。直後、誰もいない筈のオフィスに謎の男が現れ、契約書の内容に則り、美しい少女を従者に付け、渥目を新たなる職場に送り出した。こうして、渥目はダンジョンマスターとして異世界へ飛ばされてしまった。


小説家になろう
社畜ダンジョンマスターが気付いたら史上最悪の魔王と呼ばれてました。。。


残業中の社畜男が、謎の契約書を見つける。同僚の悪戯だと思って契約書にサインしたところ、異世界に飛ばされてダンジョンマスターになってしまった。

この世界のダンジョンは世界の敵なので、発見されると破壊されてしまう。破壊されるとマスターも死ぬらしいので、全力で防衛しなければいけないのだが、よりによって、初期配置は王都の中だった!

このままではダンジョンが成長するまでに発見されていまうので、地下にあるレストランに偽装して営業を開始するのだった。

web小説 俺の転生×転性ライフ

小野里敦司(おのりあつし)の平凡な高校生活は暴走車に轢かれ突如終わる。しかし、死んだはずの彼は異世界転生×転性をして、女に生まれ変わってしまった! 転生先はその世界の最大国の一つ、アークドゥルフ王国、その地方領主一家という恵まれた環境。また、その世界には前世には無かった魔法や亜人もいた。ニューライフを、領主の孫・フォルゼリーナ・エル・フローズウェイとしてスタートした彼は、この世界でもっと人生を楽しもうと決意するのだった。


小説家になろう
俺の転生×転性ライフ


平凡な男子高校生が暴走車に轢かれて異世界に転生する。性別が変わってしまったけど、領主の孫娘だし、大国で安定しているので戦乱に巻き込まれたりもせず、かなり恵まれた来世になっている。

前世記憶を保持したままなので、赤子の頃から魔力を増強したりして、どんどんチート化して行く。おまけに、凡庸主人公転生ではなく、前世で七之宮流剣術を極めているので、元から有能であwる。

王都になる学校に特待生入学する頃には、魔法も剣術も恐ろしい腕前のチート金髪幼女に成長してしまう。

web小説 無欲の聖女

407418981X無欲の聖女 1 (ヒーロー文庫)
中村 颯希 CUTEG
主婦の友社 2016-07-30

by G-Tools

お金が何より大好きな守銭奴少年・レオは、ひょんなことから、訳ありの美少女・レーナと体が入れ替わってしまう。なんでもレーナは、かつて冤罪で貴族社会を追われた侯爵令嬢の娘で、このままでは貴族の集う学院に召集されてしまうのだが、それが嫌で、魔術を使って逃亡を試みていたらしい。報奨として提示された金貨につられたレオは、レーナの代わりに学院に行くことを決意する。


小説家になろう
無欲の聖女
完結


孤児院で暮らしている守銭奴少年レオが、訳あり美少女レーナの魔法に巻き込まれて中身が入れ替わってしまう。レーナは貴族社会を追われた侯爵令嬢の娘で、庶民として暮らしていたのだが、学院に強制入学する事になっていた。

この国では、能力のある子供は一定年齢になると召喚魔法によって強制的に学院に集められてしまうので、隠れたままで生きる事は出来なかった。

レーナは自分とバッタを入れ替えようとしていたが、レオが入り込んできたため、男女入れ替わりが発生してしまう。レオはレオノーラと名付けられ、侯爵家の孫娘として生きなければならなくなってしまう。

本当は守銭奴なのに、行動する度に周囲の人間が勝手に誤解しまくって、いつの間にか無欲の聖女と呼ばれるようになるのが笑える。

webエッセイ 誰にでも書ける? なろうで成功する異世界転生ものとは

小説家になろう
誰にでも書ける? なろうで成功する異世界転生ものとは
エッセイ


何でなろう系作品の主人公は引き籠りニートや黒企業奴隷の中年男性だらけなのか。なんでヒロインはチョリンなのか。なんで中世ユーロッパ風の異世界だらけなのか。テンプレ化している理由について考察している。

web小説 無課金ユーザーが来た! 悪役令嬢は裸アバターで暴れまくる!!

「公爵令嬢ブリュンヒルデ・アッヘンバッハ、貴様との……」はいはい、婚約破棄、断罪ね。テンプレ展開おつかれさん。だが悪役令嬢は内心で歓喜に打ち震えていた。なぜなら彼女の中身は元男、日本からの転生者だったのだから。


小説家になろう
無課金ユーザーが来た! 悪役令嬢は裸アバターで暴れまくる!!
完結


4話完結の短編だが、悪役の公爵令嬢ブリュンヒルデの中の人が、前世記憶を持つ元男で、この世界が課金乙女ゲームのようなものであると理解しているので、婚約破棄された直後から暴走し始める。

高貴なる者の務めから解放され、馬鹿王子とも結婚しなくてよくなったたブリュンヒルデが、無課金ユーザーとして、ルールの穴を突きつつ、思うまま動き始める。

ちなみに、上級貴族から見ると下着同然という恰好だから裸扱いされているだけで、裸族ではなかった。ネットゲームとかでよくある、下着っぽい初期装備の状態になっているだけだった。

web小説 鈍色の聖女

小説家になろう
鈍色の聖女
短編
完結


王太子妃となるはずだった公爵令嬢クリスタ・シュタールベルクは、下級貴族の罠に嵌められ、追放される。悪役令嬢ではなく、冤罪で追い出されるという酷い話だが、後に真実が明らかとなる。

国も王子も実家の公爵家も他の貴族も、出て来る奴らがクズばかりで胸糞すぎる。後で、馬鹿王子や公爵家は酷い目に遭うものの、まだ足りない。クソな王国を滅亡まで追いやってくれたら良かったのに。

web小説 転生ドラゴンさんは、今日も異世界を元気に過ごしております

小説家になろう
転生ドラゴンさんは、今日も異世界を元気に過ごしております
短編
完結


本来、死ぬはずではなかった男が、バスの事故で隣に座っていた人の代わりに死んでしまう。転生する際、「死ぬときは寿命いっぱいまで満足に生きて、健全なまま老衰して死にたい」と願ったところ、来世はドラゴンだった。

転生前に願った条件が発動し、少しでも死に繋がるような攻撃は自動的に無効化されるため、竜王扱いされるようになってしまう。

web小説 私はいわゆる悪役らしいが、きちんと罰は受けるので見逃してほしいと思う。

小説家になろう
私はいわゆる悪役らしいが、きちんと罰は受けるので見逃してほしいと思う。
短編
完結


悪役令嬢物かと思ったら、クズ家族に転生してしまった主人公が、ひたすら虐められている弟を生暖かく見守り、破滅の時を待つだけの話だった。

乙女ゲームの内容通りなので、この後に何が起こるのか知っているのだが、積極的に没落を回避したりはしない。やがて、弟の手により一家は破滅してしまうのだが、最後の最後で思いもよらぬフラグが立ってしまった。短編なので、前世知識チートなどは無かった。

web小説 婚約破棄に絶対記憶で立ち向かう

小説家になろう
婚約破棄に絶対記憶で立ち向かう
短編
完結


馬鹿な婚約者の脳みそが色々と足りなくてやらかす系のよくあるやつだが、婚約破棄される伯爵令嬢が絶対記憶能力の持ち主だったので、とんでもない事になってしまうのが面白い。

馬鹿王子が男爵家の娘と結婚するために難癖をつけて陥れようとするが、相手が用意していた証人たちは、瞬く間に偽証罪を問われかねないところまで追いつめられてしまう。

そして、王家が絶対記憶能力を血筋に取り入れるために第二王子を王太子としていた事まで発覚。しかし、当事者の馬鹿王子はそれを知らなかった。恐らくこの後は継承順位の低いただの王子に格下げされてしまうだろう。

web小説 銭(インチキ)の力で、戦国の世を駆け抜ける。

人類が宇宙に進出してから数千年、零細運輸会社足利運輸の社長足利光輝は、元軍人で姉さん女房の今日子と弟の清輝、可愛げのないアンドロイド、キヨマロと共に、購入した宇宙船カナガワのローンを返済すべく奮闘していた。ところが、突然仕事中にカナガワごと異次元宙流に巻き込まれてしまう。飛ばされた先は過去の日本であったが、それは光輝達の知る歴史とは微妙に違っていた。誰よりも自分達が可愛い三人は、歴史が変わってしまう事も恐れずにこの世界で自由に生きていこうと決意するのであった。


小説家になろう
銭(インチキ)の力で、戦国の世を駆け抜ける。
完結


遠い未来の宇宙の何処かで零細運輸会社を経営していた足利光輝は、宇宙船ごと異次元宙流に巻き込まれてしまった。出現先は過去の地球だったが、自分が知っている歴史とは違う平行世界だった。

輸送宇宙船が降りたのは戦国時代の日本だったが、自分が知っている細川幕府は存在せず、同じ苗字の足利幕府が滅びかけていた。尾張に上陸した足利光輝は、弟の清輝、嫁の今日子と共に、戦国乱世で自重せずに生きるのだった。

織田信長に拾われた光輝が、未来技術によるチートでのし上がって行くのが面白い。海外領土まで獲得するので、日本は全く違う歴史を辿る事になる。

web小説 俺が妹になるなんて聞いてない!

朝起きると、隣で僕が眠ってた。


小説家になろう
俺が妹になるなんて聞いてない!
完結


朝起きると、自分が妹になっていたという設定なので、よくある入れ替わり物かと思ったら、自分が増えている話だった。自分が双子の妹設定になっているのだが、自分が知る世界では双子の妹など存在しなかった。

自分のままの中の人もも、双子の妹は存在しなかったというので、2人で双子が生まれた平行世界に迷い込み、主人公だけが中身を入れ替えられたのかもしれない。この謎減少については説明が無いので、何でそんな事になったのかについては、最後まで不明である。

元の自分には戻れないので、双子の妹として生きて行く事になる。

web小説 おっさん達が転生したらオークと女騎士になっていた件について

小説家になろう
おっさん達が転生したらオークと女騎士になっていた件について
短編
完結


負け組のおっさんが転生する。片方は線路に落ちて事故死、もう一人はリストラされて自殺した。事故死したおっさんは女騎士となり、自殺したおっさんはオークとなり、戦場で再開する。

何処かの島国でも酷い人生だったが、来世でも戦乱に巻き込まれてハードモードというのが、読んでいて生きるのが辛い(笑)。

お約束のくっころ展開にはならず、BAD ENDで来世に続くので注意。

web小説 婚約破棄されて目が覚めました

小説家になろう
婚約破棄されて目が覚めました
短編
完結


乙女ゲームの不遇ヒロイン転生という、よくある系統の短編である。悪役令嬢ではないので、婚約破棄イベントより後は、獄死BAD ENDを回避するために地方の侯爵領に戻れば何の問題もなかった。

隣にある辺境伯領にいるイケメン幼馴染とフラグを立ててトゥルーエンドとなるのだが、王子のほうは残念な人生でざまあwwwww としか言いようがない。

web小説 俺が死んだら女エルフになった件

残業代が貰えるだけましなグレーゾーン職場で働く社会人3年生のソシャゲの廃課金ゲーマーの俺は、食中毒を起こして生死の狭間に迷い込む。生死の狭間の世界は俺に合わせてソシャゲのガチャ仕様。蘇生ガチャでSSRのハイエルフ♀を引き当てた俺は、美しいが目立つエルフの姿で復活。エルフの体質には現代暮らしをは合わず、変な奴に絡まれたり、追いかけられたりしながら、安息の地を求めて彷徨う。


小説家になろう
俺が死んだら女エルフになった件
完結


廃課金ゲーマーの男が自宅で容態が急変して死にかける。生死の狭間に迷い込んで、低確率で蘇生する可能性に賭けた結果、蘇生ガチャで美少女ハイエルフちゃんを引き当ててしまう。

死んで異世界でハイエルフになるのかと思ったら、日本のままだったので、色々と都合が悪い。電磁波で具合が悪くなったり、金属アレルギーがあったり、穀物を分解する酵素が足りなかったりと、日本で生きるには意外に難易度が高かった。

今までの生活を捨てて山に籠っていたところ、エルフスキーな作家に拾われて、誰も来ない北海道の田舎で暮らす事になる。魔力は人類の10万倍くらいあるらしいが、完全に独学なので、上達するのには時間がかかりそう。

web小説 ロリババアにチェンジした元爺(連載版)

寿命が残りわずかの危機を察していた大魔術師の老人は禁じられた魔術……若返りの秘術を使って、全盛期を取り戻そうとした。見事に秘術を成功させ、若返える事に成功させたが――その姿は少女だった……。


小説家になろう
ロリババアにチェンジした元爺(連載版)
完結


寿命が尽きそうな大魔術師が、若返りの秘術を使おうとするのだが、死にたての若い遺体を召喚して使用したところ、若返るというよりも、その死体の中の人になってしまう。

使用した死体は、暗殺された直後の王女だったのと、魂レベルで混ざってしまったので、王女として過ごさなければならなくなる。見た目は王女だが、中身はジジイという微妙な状態になるが、魔剣を封じて聖女扱いされたり、魔王と戦ったり、魔王の背後にいた黒幕と戦ったりするうち、ついには本物の女神になってしまう。

web小説 無駄なんかじゃない、異世界召喚

俺はどうやら巻き込まれ召喚をしてしまったらしい。トラックに轢かれそうになっていた女の子を助けようと飛び込んだら、その女の子の足元に魔法陣が出現。そして、気づいたら知らない神殿の中で、知らない人たちに囲まれていた。周りは女の子に話しかけているけど、俺の存在はまるで無視。理由はすぐにわかったけど、……これはひどい。でもせっかく異世界に来たんだから、俺のやりたいようにやろう! そんな真面目に聖女を頑張る少女と、その隣で好き勝手やっている少年と、それに巻き込まれる人々な中編。(全11話構成で完結です。注意:オカンが無双しています)


小説家になろう
無駄なんかじゃない、異世界召喚
完結


トラックに轢かれそうになった少女を助けようとした主人公は、突然出現した魔法陣に巻き込まれて異世界へ。しかし、異世界人は自分をガン無視する。少女だけが聖女として召喚され、巻き込まれた一般人は要らない子だから空気扱いされているのかと思いきや、幽霊になっていたのである。

どうやら、主人公のほうはトラックに轢かれて死んでしまったらしい。幽霊状態で異世界に来ているので、聖女となった少女と、オカンな神官長としかやり取りが出来ない。

主人公は実体が無いので、活躍する事が出来ず、生暖かく見守る事が基本となる。相手に知られず見聞きしたりするのは得意なので、他の幽霊と共に諜報活動をする事になる。

最後の最後でミラクル展開するのが良かった。題名通り、この異世界召喚は無駄ではなかった。

web小説 最強転生者は無限の魔力で世界を征服することにしました ~勘違い魔王による魔物の国再興記~

うっかりビルから落ちて死んだ男は、次に目を覚ますと、無限の魔力を持つ少年マオ・リンドブルムとして転生していた。無限の魔力――それはどんな魔法でも詠唱せずに、頭でイメージするだけで使うことができる夢のような力。この力さえあれば勝ち組人生は約束されたようなもの……と思いきや、マオはひょんなことから魔王と勘違いされ、人間の世界を追い出されてしまうことに。


小説家になろう
最強転生者は無限の魔力で世界を征服することにしました ~勘違い魔王による魔物の国再興記~
完結


ビルから転落して死んだおっさんが、異世界に転生する。前世記憶が甦り、自分に膨大な魔力があると知って喜んだのも束の間、魔王だと思われ、追われる身となる。

人間の住む世界から追い出されたマオは、魔王城に辿り着き、意志を持つ魔本グリモワールに導かれ、魔王国を建国する。

引き篭もりの竜や、デーモン少女などを仲間にして、戦力が増強されて行く。北から侵攻して来たフェンリルが女体化させられるので、直結厨などの人は注意。

基本的に戦争はしない方向だが、仲間と看做した者が攻撃された場合には徹底して報復している。無限に湧きだす魔力チートはあるけど、前世知識チートはほとんど無かった。

web小説 おっさんを異世界に召喚してはいけません! ~逆転チートの魔導師~

ブラック労働の真っ最中におっさんは心臓発作を起こし、気がつくと異世界に。だがおっさんは長時間労働とストレス、それに不規則な食生活による成人病で体はボロボロ。そんなおっさんは、嫌がらせとしか思えないチュートリアルミッションとセットで神様的な存在に強力な魔力とある力を与えられる。それは軽く世界を征服できる恐ろしい力だった。最強のおっさんが暴力はびこる異世界で無双する。異世界ほのぼのバイオレンス生活。力は魔王、頭はおっさん。ジャギーさんの明日はどっちだ!


小説家になろう
おっさんを異世界に召喚してはいけません! ~逆転チートの魔導師~
完結


黒企業奴隷のおっさんが過労死して、異世界で生き返る。どうやら暗黒神の仕業らしいのだが、自分が持っていたマイナス要素が、そのまま武器に変わるという予想の斜め下方向の展開をする。

ゼロからやり直してイケメンになるという展開はなく、そこら辺に転がっているおっさんのままなのが残念である。チート能力は勝手についているけど、絶対零度で全てを凍らせる広範囲殲滅魔法とか、相手を内部から爆発させる魔法など、使い勝手が悪すぎるオーバーキル仕様のものが多い。

やたらトラブルに巻き込まれまくって、剣と魔法のファンタジー世界なはずなのに、某世紀末的な世界にしか見えない。暗黒神に名前を奪われたので、勝手にジャギー・アミーバと名乗っているし。

勇者を目指したはずなのに、いつの間にか魔王になっているのが笑える。一応、肉食女子の獣人に捕まってハーレムが形成されるので、目的は果たしたと言えるかな? 肉食女子というのは、2つの意味において肉食なので、食われながらの命懸けハーレムとなっているが。超再生能力のあるおっさん以外は死亡率100%の危険なハーレムである。

web小説 魔王ですがどんなに叩いても勇者が出て行ってくれません

小説家になろう
魔王ですがどんなに叩いても勇者が出て行ってくれません
短編
完結


勇者が魔王城まで乗り込んで来て、魔王軍をフルボッコにした後、勝手に住み着いてしまう。魔王(女性)は、ヒモになりたい勇者からプロポーズされまくって困る事になる。

勇者は人間界では勝手に他人の家に侵入して物を盗んで行ったり、人妻を寝取ったりするクズなので、国際指名手配中の極悪人なのだった。

勇者が居着いているために、他の魔族と結婚する事すら出来ない魔王に全魔界が泣いた!

web小説 異世界で幼女に成り代わってしまった私を拾ったのはロリコンだった

小説家になろう
異世界で幼女に成り代わってしまった私を拾ったのはロリコンだった
短編
完結

主人公はトラックに轢かれたと思ったら、異世界の幼女になっていた。行き倒れになりかけていたところ、竜騎士アルフリングに拾われて育てられる。しかし、アルフリングはロリコンだった!

あるふりんぐが じぶんのものにしようと こちらをみている
あるふりんぐの ものに なりますか?

 はい
→いいえ

「YES!ロリータNO!タッチ」の原則が守られていないじゃないか。アルフリングは悪いロリコンだった。

web小説 地球の人拾いました。

小説家になろう
地球の人拾いました。
短編
完結


異世界に迷い込んで生活している女性が、言葉が通じなくて途方に暮れる金髪のお兄さんと出会う。相手は英語でしか話せなかった。

主人公は日本から来たのだが、10歳で迷い込んできたので、英語もほとんど分からない。ご都合主義な異世界言語スキルや自動通訳のようなチート能力も無いので苦労する。

一般人のままで異世界に行くのは厳しいよなぁ。

web小説 私メリーさん。今、異世界にいるの。

いつもと同じようにメリーさんが仕事に励んでいると、なんといきなり異世界にトリップしてしまった。途方にくれたメリーさんと、そのメリーさんにストーカーされていた男のゆるい異世界物語。主に上記のような会話文で物語が進んでいきます。そういった形式が苦手な方はご注意ください。


小説家になろう
私メリーさん。今、異世界にいるの。
完結

メリーさんが電話をかけた相手は、異世界から戻って来たばかりの勇者様だった。いつも通り、相手の家まで行ったつもりが、ドアが異世界と接続されたままだったので、メリーさんは向う側に行って戻れなくなってしまう。

何も分からないまま、盗賊に襲われたり、奴隷として売り飛ばされたり、腹黒い宰相に暗殺者として仕立て上げられたりする。しかし、人間ではなく都市伝説的存在のメリーさんなので、宰相の企みを暴露してしまう。

ある意味、予想通りすぎるメリーさんの言動がオチとなっているのには笑った。

web小説 ワンワン物語 ~ 金持ちの犬にしてとは言ったが、フェンリルにしろとは言ってねえ! ~

「生まれ変わるなら、金持ちの家の犬だ。働きもせず寝てるだけで飯が出てくるとか最高じゃないか」そんなことを考えながら過労死した社畜、大神ロウタ。「その願いかなえましょう!(サービスで特典も付けちゃいますね!)」張り切りすぎる新人女神によって、ロウタは確かに金持ちの犬となった。飼い主に可愛がられながら、食っちゃ寝のペットライフを送る毎日。が、しかし。「なんか俺、犬にしては妙にデカくね? 牙すごくね? 顔も怖くね? つーか、これ狼じゃね?!」害獣駆除されることを恐れたロウタは、全力で可愛い犬として振る舞う。ところがロウタは狼ですらなく、伝説の魔狼王フェンリルだったのだ!


小説家になろう
ワンワン物語 ~ 金持ちの犬にしてとは言ったが、フェンリルにしろとは言ってねえ! ~


とある社畜が過労死したあと、金持ちの飼い犬に生まれ変わって働かずに飯を食って過ごしたいと願ったところ、女神? によって、犬? として異世界に転生させられる。

子犬? になった主人公は、予定通り金持ち令嬢のペットなるのだが、どんどん大きくなり、やがて犬の大きさを遥かに超える何かになってしまう。

このままでは駆除されると、必死で可愛い犬として振る舞うのだが、どう見ても狼だった。しかも、普通の狼ではなく、伝説の魔狼王フェンリルに生まれ変わっていたのである。どうやら、女神がサービスのつもりで、犬ではなくフェンリルにしたらしい。

web小説 親戚の小学生の年度末テストがおかしすぎる

親戚の小学生が年度末テストを持ってきた。これは酷い、酷すぎる……先生たちは何を考えてこんなものを作ってしまったのか……


小説家になろう
親戚の小学生の年度末テストがおかしすぎる
完結

『親戚の小学生の算数の文章題がおかしい』の続編で、分量もやや増えている。色々とツッコミどころの多いテスト問題がパワーアップしている。

今回は算数のテストではなく、総合テストとなっている。算数だけではなく、同時に理科や歴史や国語などの知識が問われるのである。そして、今回は他の先生も加わっているので、よりカオスな事になってしまっている。

美人の先生が実は腐女子で、やたらBLを混ぜた文章を、必死で国語の先生が小学生向きに修正したりしている。

web小説 親戚の小学生の算数の文章題がおかしい

小説家になろう
親戚の小学生の算数の文章題がおかしい
短編
完結


親戚の小学生が解いていた算数のテスト問題を見た主人公が、あまりにもツッコミどころが多すぎて驚く話。書かれている問題は、数学的にはおかしくないのだが、世間一般の常識で考えると、おかしすぎる内容になっている。

問題に書かれているたかし君が時速3,000kmで走ったりするのである。最初は普通の人間だったたかし君は、努力や修行の結果、どんどん強くなっていったらしい。テスト問題は物語になっていて、後半では敵が登場するようになる。

算数の問題としては必要のない情報まで混ざっていて笑える。常識で考えるとおかしな問題なのだが、こういうテストなら、小学生も算数が嫌いならないのでは?