跋扈妖怪伝 牙吉 第二部

跋扈妖怪伝 牙吉 第二部 [DVD]跋扈妖怪伝 牙吉 第二部 [DVD]
(2004/07/25)
原田龍二田中美紀

商品詳細を見る

原口智生が手がける妖怪アクション時代劇、大ヒットした劇場公開の第一作に続く第二段。人狼の悲しい旅は終わらない。 江戸時代末期の荒廃した宿場町を舞台に、人間と妖怪の対決を描いた時代劇アクション。出演は原田龍二、田中美紀ほか。


勢いで一気に借りてきたんだけど、第二部も酷い出来栄えだった(汗)。ここまでダメに作るのは、逆に才能あるの?

さらにダメダメ度がパワーアップ! きっと、続けて借りてこなかったら、これは見なかった事だろう。もう、どうしようもないくらい、うんこな映画。冒頭の斬り合いシーンなんて、寒いとこで撮影したのだろう、吐く息が白いのだが、死体からも白い息が出まくっている。死体が呼吸するなんて不自然じゃないか。ちゃんと撮り直せば?

出てくる敵も、仮面ライダーどころか、仮面ノリダーの敵にすら劣るとも勝らないチャチなやつ。パーティグッズとしてドンキホーテで売られているようなレベルで笑いが止まらない。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサーサイト

跋扈妖怪伝 牙吉

跋扈妖怪伝 牙吉 [DVD]跋扈妖怪伝 牙吉 [DVD]
(2004/05/25)
原田龍二安藤希

商品詳細を見る

絶大なファンを持つ「さくや妖怪伝」の原口智生が今度は自ら監督して世に放つ、超娯楽妖怪活劇。江戸時代末期の荒廃した宿場町を舞台に、人間と妖怪の対決を描いた時代劇アクション。出演は原田龍二、安藤希、清水健太郎ほか。


果てしなくダメダメな、腰砕け系クソ映画だった。非常に出来の悪い特撮ヒーロー物みたいだよ。

鄙びた遊園地の外れにポツンと立っている、お化け屋敷のウソっぽい人形みたいな妖怪が出てくるし、舞台となっているどこかの藩の兵隊は何故か機関砲みたいなの持ってるし、着てる服が武士じゃなくてSFっぽいレザー仕様のようなモノ。

さらに、棒読み男大量発生で打ちのめされる。演技がヘタな大根役者ばっかりだな。くちパクと声も同期化されてませんよ、なんだかブラジルから実況中継してる特派員みたいだよ。違和感ありまくり。

斬られた人間は、思いっきりウソっぽい血がプシューって噴出すし、ああもう勝手にやってちょうだいって感じ。とにかく、妖怪戦記物としても、特撮ヒーロー物としても、時代劇としても失格。きっと、見たら後悔すると思う。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ハットしてキャット

ハットしてキャット スペシャル・エディション [DVD]ハットしてキャット スペシャル・エディション [DVD]
(2009/04/10)
ケリー・プレストンダコタ・ファニング

商品詳細を見る

絵本作家、Dr.スースの原作を映画化。シングルマザーと暮らす優等生の姉・サリーといたずら好きの弟・コンラッドが、留守番中にやって来たお調子者の黒猫と騒動を巻き起こすファンタジックコメディ。マイク・マイヤーズが不思議な猫役を熱演。


留守番中の子供のところに、人間サイズのキモいマイク・マイヤーズ……、じゃなくてキモい猫が現れて、不思議な国のアリスみたいな展開に。ダコタ・ファニングがかわいい! 欲しい!!(をいっ!)もう一人の男の悪ガキはいらない……。

原色使いまくりのカラフルな映像、お子様向けだが楽しめる。  


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

たったひとつの冴えたやりかた

たったひとつの冴えたやりかた (ハヤカワ文庫SF)たったひとつの冴えたやりかた (ハヤカワ文庫SF)
(1987/10)
ジェイムズ,ジュニア ティプトリー浅倉 久志

商品詳細を見る

やった!これでようやく宇宙に行ける!16歳の誕生日に両親からプレゼントされた小型スペースクーペを改造し、連邦基地のチェックもすり抜けて、そばかす娘コーティーはあこがれの星空へ飛びたった。だが冷凍睡眠から覚めた彼女を、意外な驚きが待っていた。頭の中に、イーアというエイリアンが住みついてしまったのだ!ふたりは意気投合して〈失われた植民地〉探険にのりだすが、この脳寄生体には恐ろしい秘密があった…。元気少女の愛と勇気と友情をえがいて読者をさわやかな感動にいざなう表題作ほか、星のきらめく大宇宙にくり広げられる壮大なドラマ全3篇を結集!


1986年ローカス賞ノヴェラ部門、第19回星雲賞海外短編部門受賞作。

お勧めのSF作品として取り上げられる事が多いので、名前だけは知っていたのだが、今まで未読だった。途中まではコーティと寄生エイリアンの友情を描いたジュヴナイル小説かと思っていたら、衝撃的な結末を迎えてしまいました。なんだか救いが無いよなぁ。それが「たったひとつの冴えたやりかた」だとしても、ちょっと悲しすぎる。この衝撃の前に、ハードボイルド風味の第二話と、星間戦争を危うく回避した第三話が霞んでしまいました。

作者が実は女性で、寝たきりの夫を射殺した後に自らも自殺しているという衝撃の結末にも驚いた。かねてから自殺の取り決めがあったらしいので、殺人事件というよりは心中と捉えるのが妥当かもしれない。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

見抜く力(幻冬舎新書 101)

見抜く力―夢を叶えるコーチング (幻冬舎新書)見抜く力―夢を叶えるコーチング (幻冬舎新書)
(2008/11)
平井 伯昌

商品詳細を見る

「見抜くのは才能ではなく、たったひとつ人間性である」と著者は言う。純粋だが、平泳ぎには不向きな身体の硬さをもつ北島康介。勤勉だが、精神的に弱く本番で力を発揮できない中村礼子。この二人の性格や性質を見抜き、異なるアプローチでオリンピック・メダリストへと導いた。成功への指導法はひとつではない。指導者が自分の経験へのこだわりと、選手への嫉妬と先入観を捨てれば、自ずとそれぞれに適した指導法が見えてくる。誰でも人は伸びる。すべて指導者次第なのだ。


ページ数が少なくて薄いけど、内容は濃かった。著者は、金メダル選手、北島康介のコーチであるが、ただのコーチ論ではない。人を見抜き育てるという点において、人の上に立つ者全てに有用であるし、育てられる側としても役立つ内容だと思う。

むしろ、育てる側よりも、教わる側こそ読んだほうが良さそう。レベルの高い師や上司、コーチ、優れた指導者に巡り逢う可能性は、とても低いのだから。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

株式会社ハピネス計画

株式会社ハピネス計画株式会社ハピネス計画
(2007/07/31)
平山 瑞穂

商品詳細を見る

「幸せ」をめぐる怒濤のエンタテインメント。婚約破棄、リストラ…不幸のどん底に落ちたサラリーマン・氏家譲が働くことになったのは「幸せ」を売る会社だった。そして、ある謎めいた女性が譲の運命を動かし始め…。怒濤のノンストップ・エンタテインメント!


うーん、どうしたものか……。不条理で不気味な処女作を書いた平山瑞穂は、二作目で切ない系の恋愛を書いた平山瑞穂は、どこへ行った!? なんかこれ、素材も内容も普通すぎで、肩透かしを喰らった感じである。

読んだら幸せになること間違いなし!
(ジュンク堂書店池袋本店 小海さん)

とかキャッチついてるから、「ペイフォワード」みたいな深遠さが隠されているのかと思ったら、馬鹿を相手にインチキ商法で儲ける悪逆非道な会社じゃないか……。読んで幸せになるよりも、むしろ“辛せ”になりそうだった。ちなみに“辛せ”は誤字脱字変換ミスじゃないからね。最後まで読めば意味が通じると思う。

同僚がたてる音にキレて暴れてしまい、諭旨解雇となった男。直後、恋人にもフラれてしまい駄目人間化しているところを、少年時代の同級生に誘い出され、そいつの二号さんの面倒を見る事に。さらには、株式会社ハピネス計画という胡散臭い会社で働く羽目になってしまう。

二号さんに無理やり連れて行かれたインチキ霊能者に御祓いされた後に、多少は不思議な出来事を体験するのだが、その部分の良さはインチキ商法に関わっている部分で相殺されてしまう感じだ。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

冥王星パーティ

冥王星パーティ冥王星パーティ
(2007/03)
平山 瑞穂

商品詳細を見る

なんで私はいつも「男」で間違っちゃうんだろう?迷走する恋愛の果てに射しこむひとすじの光。透明に深く輝く青春小説。


題名だけ見るとSFっぽいのだが、全然違った。ちょっとやるせない感じの青春物語。

偶然見つけたホームページで淫らな画像を掲載しているのは、あの娘かもしれないと男は思った。顔は隠されているものの、同姓同名の女性が作るページの記録に、あの夜の出来事が書かれているのを読み、それは確信へと変わっていく。

かつては素朴で純情、今ではやり手に華麗なる変身を遂げた男と、出会う男に翻弄されて少しずつ人生が狂っていく女の、二人の主人公視点から物語が綴られる。せつなく、やるせない物語だが、今回も上手い! 

嫉妬して女を追い落とそうとする汚らしい友人や、ストーカーっぽい金持ちバカボン、他人の業績を掠め取る糞男など、脇役も非常にクセがあってよろしい。人間の汚らしさがよく描かれている。

あの日が人生の分岐点だったかもしれないと、再開した二人は思う。互いに自らが歩んできた道を修正するために、お互いの軌道が一瞬だけ交差する。しかし、人生をあと戻りする事は出来ないのだ。あの日、もしも一緒に過ごしていたらどうなっていたかと想いを馳せながらも、もう二度と交差する事は無いであろう互いの人生へと踏み出していく。

男視点と女視点に別れるので、同性視点で読み進めるからか、どうも女性受けは悪いようだ。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

46億年 わたしたちの長き旅―地球大進化と人類のゆくえ

46億年 わたしたちの長き旅―地球大進化と人類のゆくえ46億年 わたしたちの長き旅―地球大進化と人類のゆくえ
(2005/02)
高間 大介

商品詳細を見る

地球、生命、そしてヒトをめぐる「必然」と「偶然」。私たちとは何者であるのか。人間とは何者であるのか。NHKスペシャル「地球大進化」の制作舞台裏も紹介しながら、人類への旅を俯瞰する。


NHKで放映された地球の歴史を辿った番組の書籍版。今、人類がここにいるのも偶然に過ぎないし他の類人猿が絶滅する中で、何故人類だけが生き残ったのか謎である。きっと、神に似せて創られただけあって、とてつもなく邪悪な存在だったから生き残れたのであろう。

ほぼ同時期に生息していたネアンデルタールのほうが身体も大きくて強く、脳も大きかったらしいが、強いほうがいなくなり、人類は生き延びた。インドネシアのフローレス島にいたホモ・フロレシエンシスに至っては、1万2000年前までいたらしい。それって、かなり最近まで別の知的生命体がこの世界にいたという事ですね。イエティとかバーゴンとかビッグフットとかコロポックルとか家畜人ヤプーとか、まだどこかに何か残ってるかも。

番組最後の台詞が格好良い!

君たちの思う夢の未来はどこへいった?
君たちの素晴らしい力、未来を選び取る力はどこへいった?
君たちの中に四六億年、その生命の歴史がある。
その歴史を運べ、夢見る未来まで――――



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

にょたいかっ。

にょたいかっ。 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ) (MFコミックス コミックファクトリーシリーズ)にょたいかっ。 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ) (MFコミックス コミックファクトリーシリーズ)
(2009/11/21)
龍炎 狼牙

商品詳細を見る

彼女イナイ歴=年齢の冴えないサラリーマン・真中真は、ある日突然女の身体になってしまった! 男に戻りたいと口ではいいながら、ナンパ男に女医にイケメンセレブに居酒屋女将、その他もろもろいろんな人に言い寄られ、ノーマルだったりアブノーマルだったり、いろいろ体験しちゃいます!


ずばり、題名そのものな内容で、男が女になるというお話。モテない人生24年にうんざりした主人公が寝る間際、「いっそ女にうまれたかった」と言ったところ、歓喜天が願いを叶えてしまい、目覚めると超プリティな感じに(笑)。

しかし、、女になったり男に戻ったりするので、やや萎える。らんま1/2は性別変わりまくっても違和感無いのだが、この主人公の場合、男の時はモテナイ君なのが、ちょっとなぁ。らんま1/2の場合は男の時でも可愛い系イケメンであるけれども、この主人公は喪男だから、男には戻らなくて良いです(笑)。

それにしても、こういう系統は全然モテナイ君が、性別変わった途端、可愛くなってモテ期人生というのが王道であるが、染色体が変わっても遺伝子レベルではそう変化無いのだから、元がイケメンじゃなかったら、女になっても喪女にしかならないと思うのだが、どうだろうか。

時々、男に戻ってしまうので、萌えが足りない。むしろ萎えるOrz 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ペットになりたいねずみ

ぺっとになりたいねずみ

よる、スナックがしのねぶくろにはいってうえをみあげると、たくさんのまどがあったかそうで、いいなあっておもうんだ。だれかのペットになってあいされてくらせたらどんなにすてきだろう。たのしくて、それでいて、むねがキュンとなるねずみのおはなし。


2002年スマーティーズ賞6~8歳部門金賞受賞作。


3番のゴミ箱に住んでいるネズミは、誰かのペットになりたかった。長い間、ゴミ箱に住んでいるのだが、時々、外から帰って来ると、家の中が空っぽになっている事がある。大きなトラックが来て、中にあるものを全部持って行ってしまうのだ。

人間は、ドブネズミと呼ぶけど、なんでそう呼ぶのか分からない。臭いって言われるけど、それはネズミじゃなくてゴミのせいである。ドブネズミ以外の名前が欲しい。

ピエールという知り合いのチンチラは、マダム・フィフィというお金持ちのおばさんに飼われている。お洒落なマンションで暮らしていて、クッションに座り、チョコレートを貰っている。毎週、ペット用の美容室に連れて行かれるので、いつも綺麗である。

オスカーというシャム猫は、ミスター・ワシントンという凄く忙しい会社員に飼われている。オスカーは何でも好きな事が出来るが、退屈している。

たれ耳ウサギのニブルスは、サーカスのミスター・フープラに飼われている。毎日楽しそうに見えるが、ピエロの赤い鼻をつけるからムズムズするし、足もくたくたらしい。

ミス・セントクレアは、アンドリューというスコッチテリアを飼っている。アンドリューは暖炉の側で昼寝したり、ご飯を食べたり、ミス・セントクレアとパズルで遊んだりしている。買い物に行く時は、服を着せられるので困るらしい。

ネズミはミセス・トリルのペットショップに行って、誰かペットにしてくれる人がいないか相談してみる。茶色いネズミは人気が無いと言われるが、物好きがいるかもしれないから、ポスターを作ったら窓に貼ってくれるらしい。

ネズミは、飼い主募集のポスターを描くが、自画像をわざと下手な絵にして、「ちゃいろい ね(ず)こ かいぬしをもとむ。」と書き、ちょっとズルをする。

ひたすら待っていたところ、ミスター・フォーテスキューが、茶色い猫を長い事探していたと言いながら、ペットにする事を決めた。ミスター・フォーテスキューは、目が悪かった。節子、じゃなくてフォーテスキューさん、それネコやない。ネズミや。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ぜったいたべないからね

ぜったいたべないからね (ほんやくえほん)ぜったいたべないからね (ほんやくえほん)
(2002/01)
ローレン チャイルド

商品詳細を見る

おにいちゃんのチャーリーは、ときどきいもうとのめんどうをみなければなりません。でもそれは、たいへんなこと。なぜって…、「あたし、たべないからね。まめもにんじんもじゃがいもも、きのこもスパゲッティもたべないからね。たまごもソーセージもダメ。カリフラワーだってキャベツだって、にまめだってたべないからね。バナナだってオレンジだって、それかられいのトマト!ぜーったい、たべないからね」いもうとはすききらいがはげしいんです。


2001年度ケート・グリーナウェイ賞受賞作。

「チャーリーとローラのおはなし」シリーズ。好き嫌いの激しい妹のローラを相手に、兄のチャーリーが、ある作戦を思いつく。

ローラは、にんじん、まめ、じゃがいも、きのこ、スパゲティ、たまご、ソーセージ、カリフラワー、キャベツ、にまめ、バナナ、オレンジ、りんご、ごはん、チーズ、さかなのフライ、トマト、全部嫌いだから「ぜーったい、たべないからね」と言い張る。ローラの好き嫌いの激しさは異常である。一体、何を食べて生きているのか謎すぎる。お菓子だけで生きているのだろうか。

ローラに言わせると、人参はウサギの餌らしい。「まめ? みてよ、まめなんか ちんちくりんだし、この みどり みどり! げっ」どうやら豆は、色が気に食わないらしい。兄はあれもこれも嫌いと言い張る妹相手に、ある作戦を思いつく。

チャーリーは、今日のメニューには妹が嫌いなものは何も入っていないと言い出した。しかし、ローラの目の前には人参がある。「じゃあ どうして ここに にんじんが あるの?」チャーリーは、これは人参に見えるけど、木星から届いた“えだみかん”だと嘘をつく。

豆は地球の反対側で空から降ってくる“あめだまみどり”で、じゃがいもは世界一高い山で採れた“くもぐちゃらん”、さかなのフライは人魚が食べてる“ころもうみ”であると、全く別の食べ物に設定を変えてしまうのである。

すると、妹は一番嫌いなトマトを指差して、「これは あたしのすきな、“まんげつぶちゅっと”だもの」と言い出した。「まさか おにいちゃん、これの こと、トマトだと おもってたの?」

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ぜったいがっこうにはいかないからね

ぜったいがっこうにはいかないからね―チャーリーとローラのおはなしぜったいがっこうにはいかないからね―チャーリーとローラのおはなし
(2004/03)
ローレン チャイルド

商品詳細を見る

ぼくには妹がいて、これがなかなか世話のやけるやつなんだ。妹は言うんだ。「あたしは、まだ大きくなんかない。ほらね、まだ小さいの! 学校へ行ってる時間なんかないと思うの」 そこでぼくは言ったんだ…。


チャーリーとローラのおはなしシリーズ第3弾。物語が始まる前に、金髪ロリの実写があるのだが、これは妹ローラのモデルになった子が掲載されているのだろうか。

妹のローラは、もうすぐ学校に通わなくてはいけないのだが、まだ小さいから学校へは行かないと言い張る。家でする事がたくさんあって忙しいから、学校に行く時間もないらしい。

チャーリーは、「学校へ行けば100まで数えられるようになるんだぜ」と言うのだが、ローラは一度にクッキーを10枚以上食べた事が無いから、指の数だけで十分だと答える。

チャーリーが、学校では文字も習うので、素敵な友達に手紙が出せるようになると言うと、電話のほうが好きだし、仲良しって感じで早いと答える。電話を持っていない相手もいるかもしれない。サンタには手紙を出すだろ? とチャーリーが言う。

チャーリーは、新しい言葉を知ると本が読めるし、冷蔵庫に貼ってある秘密のメモも読めるようになると言うのだが、好きな本の内容は頭の中に全部入っているし、忘れたら勝手に作るとローラが答える。

ローラは、本を読んだり、数えたり、手紙を書くのは良いけど、みんなと同じ制服を着るのは絶対に嫌だという。幸い、学校には制服が無かった。チャーリーが、ローラに好きな服を着ていけば良いと教えると、好きな服に着替えて来た。ローラのお気に入りの服は、ワニの着ぐるみだった!

他にも、色々と心配な事がある。ローラは好き嫌いが多いので、給食は食べられない。一緒に食べてくれる友達が出来なかったらどうしよう。妹の事が気になったチャーリーは、妹の教室を覗きに行くのだが……。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ぜったいねないからね

ぜったいねないからね (ほんやくえほん)ぜったいねないからね (ほんやくえほん)
(2002/01)
ローレン チャイルド

商品詳細を見る

「あたしねないからね!6じになっても7じになっても8じになっても9じになってもおめめぱっちりだし、10じ、11じ、12じになったって13じになったって、げんきもりもりなの」いもうとはねむたくなったことなんてないというのです。
お兄ちゃんと妹の関係はとても不思議。一生懸命面倒を見ているチャーリーと、とことん困らせるローラ。早く寝かせようとすると、妹は絶対負けないと言い張る。さあ、軍配はどっちに?!


妹のローラはまだ小さくて手がかかる奴である。両親は「時間になったらベッドへ連れて行ってね」と簡単に言って出かけてしまうけど、チャーリーにとっては大変な仕事である。

妹は塗り絵をしたり、落書きを書いたり、べたべたと何かを貼り付けたり、フラフープをぐるぐる回したり、ボールと一緒に跳ねたり、ぺちゃくちゃ喋ってばかりで、いつまで経っても寝ようとはしない。

寝る時間になってもローラが寝ようとしないので、「鳥たちはみんな寝た」とチャーリーが言うと、「あたしは とりじゃない!」と反論する。6時になっても7時になっても8時になってもおめめパッチリだし、9時になっても10時になっても11時、12時になっても、それから真夜中の13時になったって、元気モリモリらしい。どうやら、ローラはまだ小さいから、日付が変わったら1時になるので、真夜中の13時が無い事は知らないようである。

チャーリーが、寝る時間が来ないのなら、寝る前に飲む大好きないちごミルクの時間も来ないわけだと言うと、ローラはトラ達がお休み前のいちごミルクをテーブルで待っていると言い出した。チャーリーは、ローラと三匹のトラにもいちごミルクを飲ませる事になった。ちなみに、トラは妹の想像だから実在しない。

歯磨きの時間になると、ローラはライオンが歯ブラシを齧ったので磨けないと言い出す。しかし、ローラの歯ブラシは無事だったので、ライオンと一緒に歯を磨いた。ライオンは、チャーリーの歯ブラシを使ったという事になったようである。

妹が汚れているのでお風呂に入れようとすると、クジラが入っていていっぱいだから入る事が出来ないと言い出す。ローラはまだ小さいから、隅っこが空いていると説得すると、狭いけど我慢して、クジラと一緒に入ってくれた。幼女の入浴シーンがあるのだが、非実在青少年が云々と言い出す頭がおかしい人による、俺様メディア良化委員会チェックが入らないか心配である。

お風呂には入ってくれたが、今度は自分のパジャマがイヌのパジャマだと言い出す。チャーリーは、イヌに電話してパジャマを使ってもよいか聞くことになった。

パジャマを着たけど、まだローラが片足跳びをして寝てくれないので、どうせカバがベッドの中にいるって言うんだろう? と先読みしたところ、「おにいちゃん、なに へんな こと いってるの」と馬鹿にされてしまう。チャーリーの努力の結果、ようやくローラと非実在カバは寝てくれた。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

あたしの惑星!クラリス・ビーン

あたしの惑星!クラリス・ビーン

通りの大木が、切り倒される! おにいちゃんは「計画を練って、環境破壊をくいとめる!」と言い出した。でも、どうやってひとりだけで大切な木を守るの? あたしはそれを手伝いたいけれど…。クラリスシリーズ第3弾。


2001年スマーティーズ賞6~8歳部門銅賞受賞作。

ローレン・チャイルドは3年連続でスマーティーズ賞の銅賞を受賞している。本作の次で、金賞を受賞する事になる。

前2作品は家庭内の出来事だったが、今回は休みが終わったのか、登校している。本を読み始めると止まらなくなるロサ。眼鏡がないとよく見えないベティ・ムーディ。鼻の穴にグリンピースを入れた事があるブリジット・ガーネット。らくげき名人のいとこノアもいる。隣に住んでいるロバート・グレンジャーも同じクラスなのか。その他、名も無きサボリ3人組がいる。

担任はウィルバートン先生で、いう事を聞かないと、居残り掃除が待っている。今は地球の事を勉強しているのだが、題名通りに、自分の惑星を所有してシム・アースみたいな事をする訳ではない。宇宙を飛んでいるけど、それは想像の中の出来事であって、実際のところ、宇宙はあまり関係のない話だった。

ウィルバートン先生に出された課題は「環境」である。何かテーマを決めて、レポートを書かなければいけない。姉のマーシーが汚染物質の原因となるヘアスプレーを使いまくるから、家のまえの空には、大きな穴が開いているに違いないと、クラリスは思う。

乾燥室の中でマンガを読んでいると、お兄ちゃんが地元の新聞を振り回しながら慌てて走ってきた。ノヴァ通りにある大木が切り倒される事になったらしい。

翌日、学校に遅刻したので、ロバート・グレンジャーと組まされる事になった。ロバートが、カタツムリとミミズと、どっちの足が速いかという、どうでも良いテーマを決めていて、とても残念な事になってしまう。環境にもあまり関係ないような気がするのだが。

ノヴァ通りの大木を切り倒されたくないので、お兄ちゃんのカートが木を守るためにキャンプを始めるのだが、カートの友達モーテン、おじいちゃん、おじいちゃんの友達バートが参加し、そのうち家族総出で木の上に登りはじめる。

仕事から戻ってきた父さんは、みんなのためにスパゲティを作って持って行く。みんなが木の上でスパゲティを食べていると、誰かが写真を撮って行った。

木に登っていたため、また遅刻して先生に怒られるのだが、クラリスは「ゆうべはずーっと地球を助けるために、家の近くの木の上にいたんです」と言い訳をする。ウィルバートン先生が母親に電話しようとすると、クラリスが「今電話しても出ないと思います。ずーっと木登りしているから」と答えるのが笑える。

あまりにもおかしな言い訳なので、信用しないウィルバートン先生だったが、ロバート・グレジャーが、木を守っている写真を掲載した、地元の新聞紙を持って来る。

結局、カタツムリとミミズの速さではなく、木を守るエコロジー戦士のレポートになったようである。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テッドおじさんとあたしクラリス・ビーン

テッドおじさんとあたしクラリス・ビーン (ほんやくえほん)テッドおじさんとあたしクラリス・ビーン (ほんやくえほん)
(2002/06)
ローレン チャイルド

商品詳細を見る

ベビーシッターにやって来たテッドおじさんは消防士でちょっと変わっている。お母さんに言わせると、テッドおじさんとあたしが一緒になると、火事のような騒ぎになるんだって…。クラリスシリーズ第2弾。


アーニーおじさんがパトカーから降りる時、落としたドーナツで滑って怪我をしたらしい。どうすれば、ドーナツで入院するのか不明であるが、お母さんは病院に行かなければいけなくなったらしい。

クラリスとこおろぎミナルのベビーシッターが必要となったのだが、姉のマーシーは、二人の面倒を見るくらいなら、宇宙の彼方から来たイモリの面倒を見るほうがマシだと言うし、兄のカートは部屋に引き籠るから無理だし、おじいちゃんはボケているのか、戦力外だった。

誰も見つからないので、お母さんの弟であるテッドおじさんを呼ぶ事になった。テッドおじさんは家の中にある物をよく壊すので、お母さんは、あまりベビーシッターを頼みたくないようである。テッドおじさんは、6つの命令を守らなければいけない。なんだか、子供みたいである。

1.物を壊してはいけない。
2.投げ縄禁止。
3.近所のスタンプニーおばさんの家に決して迷惑をかけない事。
4.カートが一日に一度は太陽光線に当たるようにする事。
5.マーシーが自分の部屋に電話を持ち込まないようにする事。
6.おじいちゃんが迷子にならないように見張っておく事。


最初の2日間は上手く行ったが、こおろぎミナルが飼育箱を勝手に開けて、モルモットのアルバートがいなくなってしまう。アルバートは学校で飼っているモルモットで、学校が休みの間、クラリスが飼育する事になっていたらしい。

怒ったクラリスは、人参を持ってミナルを追いかけるが、テッドおじさんに阻止されてしまう。仕方がないからモルモットの事はしばらく忘れる事にして、外でサッカーをしていたら、テッドおじさんが蹴ったボールがミナルの頭に直撃し、病院に行く事になってしまう。

病院から家に戻ると、今度はおじいちゃんがいなくなっていた。探していると、スタンプニーさんの家のリビングに座っているらしい。

隣の家のロバート・グレンジャーが自分のモルモットを見せにくるが、それは学校で飼っているアルバートだった。アルバートがまた逃げ出したので追いかけると、一緒に追いかけたミナルの首が柵に挟まって抜けなくなってしまった。

おじさんが消防士仲間を呼ぼうとするが、電話はマーシーが占領していた。そこへ、お母さんが帰って来る。ミナルはお母さんのバッグに入っていた新しい入浴剤をつけたら、すぐに首が抜けた。そこへ、消防車と消防隊が駆け付けて来る。

テッドおじさんとクラリスが一緒にいると、火事のような騒ぎになると言われているのだが、今回の件に関しては、どう考えてもミナルが悪いと思う。ちなみに、行方不明となったアルバートは9時間30分後に捕獲したらしい。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

あたしクラリス・ビーン

あたしクラリス・ビーン (ほんやくえほん)あたしクラリス・ビーン (ほんやくえほん)
(2002/05)
ローレン チャイルド

商品詳細を見る

とても楽しい女の子クラリス・ビーン。彼女の家族は個性豊かな人たちばかり。いつも騒がしいけれど、いないと寂しいというホットな家族です。スマーティーズ賞受賞作。


1999年スマーティーズ賞6~8歳部門銅賞受賞作。

スマーティーズ賞は、かつて存在した英国で最大規模の児童文学賞である。日本国内の文学賞にみられる、選考基準の不透明さや胡散臭さとは無縁の賞である。というのも、この賞を選ぶのは密室で会議を行う大人の選考委員ではなく、実際に本を読んだ子供達だからである。参加する子供達の数も多く、例えば2003年には2万5000人以上の子供が参加している。

題名の通り、クラリス・ビーンという少女が主人公である。いつも寝ているおじいちゃん、お父さん、お母さん、カート(お兄ちゃん)、マーシー(お姉ちゃん)、クラリス(主人公)、こおろぎミナル(弟)、ピーちゃん(おじいちゃんのカナリア)、セメント(犬)と、家族が多い。

犬の名前がセメントとは、変わっている。何で弟がこおろぎ扱いなのか不明であるが、小さい子は兄や姉の邪魔をして、鬱陶しい存在だったりする場合が多いからだろう。遊びに来ているだけだと思うが、ヨラ(いとこ)、ノア(いとこ)、テッド(おじさん)もいる。

家族が多いので、クラリスは一人部屋を貰えず、こおろぎミナルと同じ部屋である。こおろぎミナルが余計な事をするので、定規でパチンとやったら、お母さんが援軍に現れた。定規で弟をパチンしたら駄目だが、セロリを使って攻撃するのは許されるらしい。

こおろぎミナルが鬱陶しい存在であるように、クラリスもまた、姉のマーシーにとっては邪魔者である。姉の部屋に入ると、追い出される。

兄の部屋からはうめき声が聞こえるのだが、思春期という病を患い、暗いトンネルに入っている。「だまってさっさときえな」と書かれた服を着ているし、靴下が臭いらしい。

クラリスが庭で遊んでいると、隣のロバート・グレンジャーが入って来て、クラリスの真似ばかりしようとする。というわけで、一人になれる場所が無いのだが、夕食の時、こおろぎミナルにスパゲッティを投げた事で、罰として自分の部屋に3時間も閉じ込められる。ようやく一人になれて喜ぶクラリス・ビーンであった。

普通の絵本と違うのは、写真が切り貼りされている点である。クラリス・ビーンにそっくりな娘の写真も貼ってあるのだが、これは絶対に実在のモデルがいるよね。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

愛玩王子―瑠璃色の卵

愛玩王子―瑠璃色の卵 (ルルル文庫)愛玩王子―瑠璃色の卵 (ルルル文庫)
(2007/11)
片瀬 由良

商品詳細を見る

魔界での大騒動のあと、王子は大好きな比奈を追って人間界へやってきた。そして比奈の部屋に居候してしまう。そんな王子にどう接したらいいのかわからなくて、比奈はオロオロ。そんなある日、王子の幼なじみのアルが、“瑠璃色の卵”を捜すために魔界からこっちに現れた。比奈と王子は猫たちの力を借りて、彼の捜し物を手伝うことになったのだけれど…!?恋と冒険の物語がまたまた始まる。


騒動に巻き込まれ、いつの間にか魔界王子の嫁候補みたいな立場となってしまった主人公だが、今回は人間界で瑠璃色の卵を探す事に。魔界で行方不明になってしまった卵が、人間界に迷い込んでいるらしいのだが……。

今回も、乙女成分が多すぎて盛り上がらない。中途半端な敵役が出て来るけど、弱すぎる。しかも、自分で召喚した悪魔で自滅してるし。正体不明の何かもチラリと出て来るが、この巻では明かされないまま終わってしまう。

それにしても、何で王子は幼馴染設定で周囲を騙しているのか。きちんと婚約者設定にしておけば、余計なトラブルに巻き込まれないで済むのに。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

愛玩王子

愛玩王子 (ルルル文庫)愛玩王子 (ルルル文庫)
(2007/06)
片瀬 由良

商品詳細を見る

飼い犬のハリーがくわえてきた指輪と小さな王子様は、普通の少女だったはずの比奈が非日常の世界に踏みだす合図だった!抜けなくなってしまった指輪を外すために王子と一緒にやってきた魔界で、比奈はなんとなく王子と良い関係に。そんな中、二人はとんでもない大事件に巻き込まれてしまう。比奈が大ピンチになったその時、彼女を救ったのは―。恋と冒険がたっぷりつまった物語がはじまる。第1回小学館ライトノベル大賞ルルル賞受賞。


第1回小学館ライトノベル大賞ルルル賞受賞作。

題名がエロっぽいけど、少女レーベルなので、ちっともエロくはないデス。飼い犬が咥えてきたのは人形サイズの王子。いきなり非日常なのに、主人公が何でもかんでも受け入れすぎで、普通の娘じゃない件。

出会ったのが、白馬の王子ではなく魔界の王子だったのだが、それだけでお腹いっぱいになるシンデレラ仕様のご都合主義設定なのは大差無い。強敵が出て来る訳でもなく、コメディに終始する訳でもなく、読んでいて中途半端な気分のまま盛り上がらない。

女子高生が脳内に渦巻く乙女願望を文章にしてみましたという感じの、どこにでもありそうな物語だった。所々、日本語を誤用しているのも気になる。とりあえず、絵師だけは良かった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

専務の犬

専務の犬 (Big comics special―高橋留美子傑作集)専務の犬 (Big comics special―高橋留美子傑作集)
(1999/07)
高橋 留美子

商品詳細を見る

▼第1話/専務の犬▼第2話/迷走家族F(ファイター)▼第3話/君がいるだけで▼第4話/茶の間のラブソング▼第5話/おやじローティーン▼第6話/お礼にかえて●あらすじ/小暮の家に、専務の祭田が大型犬をつれて来た。この犬は祭田の愛人の飼い犬で、妻に不倫がバレそうになっているため、一週間だけ預かってほしいとのことだった。小暮は断るつもりだった。しかし、息子が200万円もするこの犬にマジックでまゆ毛を書いてしまい、まゆ毛を消してから返そうということになり、一週間だけ預かることにした。この犬を預かってからというもの、祭田の愛人を預かることになったり、祭田の妻が乗り込んで来たりと、小暮家の生活はメチャクチャになってしまった!!(第1話)▼お父さんの大切にしているゴルフのトロフィーをわざと壊しても、お父さんは全然怒りもしない。不思議に思ったはづきは、自分が両親に殺されると考えた。というのも、近所のおばさんがお父さんが多額の借金を抱えていることを噂しているのを聞いてしまったからだ。そんな借金が残っているにもかかわらず、旅行をすることになった。“きっと一家心中をするための旅行だ”と思ったはづきは、なんとか一家心中をやめさせようとするのだが……(第2話)。


高橋留美子とあだち充は同格って感じだけど、個人的には高橋留美子のほうが好きだ。高橋留美子はSFっぽいのもあるし、ホラーもあるし、コメディもあるけど、あだち充はどの作品を読んでも「タッチ」に見えるからである。(あだち充派の人、ごめんなさい。)

「専務の犬」専務の浮気がバレそうになり、自らと家族を守る為に一計を案ずるサラリーマン、「迷走家族F」親が無理心中を企んでいると察知して娘は……、「君がいるだけで」連鎖倒産した会社の役員だった親父が風邪で倒れた妻に代わって弁当屋のバイトを……、「茶の間のラブソング」死んでからも幽霊として家に居座る妻に夫は……、「おやじローティーン」記憶を失った父の、女子高生との不倫疑惑、「お礼にかえて」あるマンションで繰り広げられる女王様との戦い。全部面白いです。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

狐怪談

狐怪談 [DVD]狐怪談 [DVD]
(2009/01/28)
パク・ハンビョルソン・ジヒョ

商品詳細を見る

韓国の厳格な芸能高校でバレエに精進するソヒ(パク・ハンビョル)とジンソン(ソン・ジヒョ)の仲良しコンビ。しかしいつもソヒがナンバー1であることに嫉妬したジンソンは、通常28段ある階段が29段になったとき願い事をすれば望みがかなうという伝説の階段に、自分がトップになるよう祈ってしまう。しかしそれは、やがて来る惨劇の始まりでもあった…。


女子高にある階段で願掛けをして、28段しかないところに29段目が現れると願いが叶う代りに呪いもかかるというもの。バレエの代表選手になるはずだった子が事故で出場出来なくなり、何故か死んでしまう。脈絡なく死ぬし意味不明だ。その子を生き返らせようと他の生徒が願掛けをして……。

韓国ホラーの佳作といった感じだ。女優は可愛いけど、怖くはない。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

橋の下の怪物

橋の下の怪物 (ルイスと魔法使い協会)橋の下の怪物 (ルイスと魔法使い協会)
(2004/04)
ジョン ベレアーズ

商品詳細を見る

悪い霊たちがよみがえる?古い橋を取りこわすというニュースを聞いていらい、ルイスは不安にとらわれるようになった。橋の下を流れる川には、かつてルイスたちが闘った邪悪な魔法使いの霊が潜んでいる可能性があるのだ。しかも、橋がつくられたとき、別の悪霊も閉じこめられたかもしれないという。悪い予感は的中し、数日後、「注意せよ!」という謎の警告が…川に潜む恐るべき“怪物”の正体とは?シリーズ屈指の迫力と恐怖で放つ第8弾。


ルイスと魔法使い協会8作目。

これより後が見当たらないので、一応これが最新作なんでしょうかね? 完結編といった感じではないので、まだ続きある?

今回は、強烈なモノが敵として現れる。今まで出てきた死霊や悪霊とは比べ物にならない強敵である。なんといっても、暗黒神話絡みですからね。こんなファンタジーにまで、ラヴクラフトの影響が!?

とてつもない力を利用しようとする邪悪な魔法使い。自らの死を回避するために禁じ手を使った男。宇宙から赤い星が近づいてくるにつれ、死んでいた動物も動き始める。魔法で攻撃すると、それを吸収してさらに強くなってしまう醜悪な化け物。これは今までの奴らとは桁違いに危険。まあ、山場になってもあまり盛り上がらず、ルイス達がアッサリ勝利してしまいますが。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

魔法博物館の謎

魔法博物館の謎 (ルイスと魔法使い協会)魔法博物館の謎 (ルイスと魔法使い協会)
(2003/11)
ジョン ベレアーズ

商品詳細を見る

中学生になったルイスとローズ・リタに新たな問題が降りかかった。数週間後に開催される行事で、芸を披露しなければいけないのだ。ふたりは手品のネタを探すため、まもなく町にオープンする魔法博物館を訪ねた。そこにはミイラの棺や手錠など、怪しい物であふれかえっていた。が、ローズ・リタが興味をひかれた古い巻物には恐ろしい秘密が…謎に満ちた巻物、不気味な呪文、クモの生霊…悪霊にとらわれたローズ・リタを救うべく、ルイスが敢然と立ち向かう第7弾。


ルイスと魔法使い協会7作目。

学校行事で、舞台の上で何かをやらなければならなくなったルイスとローズ・リタ。人前に出て何かやるのはすごく嫌なのだが、仕方がないので二人で手品をする事に。

上手い手品をやるため、ある場所にマジック関連の本を借りに行くのだが、そこでローズ・リタが邪悪な巻物を見つけてしまう。それに触れた時に怪我をしてしまい、滴り落ちた血は蜘蛛に姿を変えて逃げて行ってしまう。

その後、ローズ・リタの様子がおかしくなり、手品も失敗して散々な目に。ついにはローズ・ロタが失踪してしまい、助けに行った先には恐ろしい者が待ち構えていた。

著者名はジョン・ベレアーズのままだが、ここからブラッド・ストリックランドが引き継いでいるらしい。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

オペラ座の幽霊

オペラ座の幽霊 (ルイスと魔法使い協会)オペラ座の幽霊 (ルイスと魔法使い協会)
(2003/03)
ジョン ベレアーズ

商品詳細を見る

歴史研究の課題に“ニュー・ゼベダイ・オペラ座”を選んだことが、ルイスとローズ・リタにとって大きな間違いだった。長いあいだ封鎖されていたその建物には、いまわしい呪いがかけられていたのだ。“オペラ座”のなかを調べるうち、ルイスは“最後の審判”という題がつけられたオペラの楽譜を偶然見つけた。が、楽譜とともに現われた幽霊はルイスに警告した―オペラはおそろしい運命をもたらす、と!街じゅうの魔法使いたちに呪いがかけられて絶体絶命のなか、ルイスがひとり、勇敢に邪悪な魔法使いと闘うシリーズ第6弾。


6作目。今回は題名が題名だけに、ファントム・ペインみたいなのが出てくるのかと思ったら、もっと邪悪な奴だった。知り合いだった魔法使いの葬儀でジョナサンおじさんとツィマーマン夫人が留守にした隙をついて、オペラ座の邪悪な魔法が始動する。

冒頭部分がキーにはなっているのだが、今回も厄介事を発動させてしまうのは主人公のルイス君。いつでも余計な物を見つけて危険な目に遭うという宿命なのか!? 町中の魔法使いが消されてしまい、町自体も通り抜けられない霧に包まれ、外界から隔てられてしまう。ルイスとローズ・リタは、二人で危機に挑まねばならなくなるのだった。

物語はフィクションだけど、出てくるオペラ座は実在するらしい。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

魔女狩り人の復讐

魔女狩り人の復讐 (ルイスと魔法使い協会)魔女狩り人の復讐 (ルイスと魔法使い協会)
(2002/10)
ジョン ベレアーズ

商品詳細を見る

この屋敷は邪悪だ!休暇を過ごすため、イギリスに住む親戚の屋敷に着いたとたん、ルイスは急に不安になった。はたしてその広大な屋敷は、300年前に魔女裁判や拷問の舞台となった恐ろしい場所だったのだ。やがてルイスは、書斎で見つけた本のなかから、敷地内にある迷路が描かれた地図を発見した。迷路に探検に出かけたルイスは、ようやく地図にあった秘密の場所にたどりつくが、まちがって300年前の邪悪な魔女狩りの人の霊を呼びだしてしまう!大好きな名探偵シャーロック・ホームズに代わり、ルイスが華麗な推理をくりひろげるシリーズ第5弾。


5作目。しかし時系列としては続編ではなく、前作と同時進行している事になる。ローズ・リタとツィマーマン婦人が過去世界へ飛ばされていた頃、ルイスはおじさんとヨーロッパ旅行に出かけており、ほとんど出てこなかった。そのヨーロッパ旅行でルイスの身に起こった恐ろしい事件が、今回の物語となるのである。

舞台は、親族が住むイギリスの館。秘密の地図を見つけたルイスは、その敷地内にある迷路中央に何かが隠されている事を知る。屋敷で働く女性の息子バーティと仲良くなったルイスは、隠された宝を探そうとするのだが、そこには邪悪な魔術師の亡霊が封印されていた。

またしても邪悪な魔法使い! しかも、過去の魔女裁判で無実の人間を殺してきた筋金入りの亡霊。邪悪な存在まで使役しているという凶悪っぷりで、恐らく今まで出てきた中では最強クラス。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

鏡のなかの幽霊

鏡のなかの幽霊 (ルイスと魔法使い協会)鏡のなかの幽霊 (ルイスと魔法使い協会)
(2002/03)
ジョン ベレアーズ

商品詳細を見る

ルイスたちが旅行で留守の間、ツィマーマン夫人は眠れない夜をすごしていた。夜中になると、家のなかで不思議な光が躍り、いくつもの顔が壁にうかぶのだ。彼女が魔力を失ったこととなにか関係が?ある夜、壁にかかった古い鏡に、かつての魔法の師ウェザービーの顔が映った。師のお告げにしたがい、ツィマーマンはローズ・リタを連れて魔力をとりもどす旅に出る。が、長くて暗いトンネルをぬけた二人は、なぜか19世紀のペンシルヴァニアにいきついてしまった!スリリングなタイムトラベルになにが待ちうけているのか?新展開で贈る第4弾。


4作目。またしてもローズ・リタが主役。ルイスはヨーロッパ旅行でほとんど出てこない。主役なハズなのに、すっかり主役を降ろされている模様。今回は、不思議な力によってツィマーマン婦人と過去世界へ。

二人は、ある家族の下に身を寄せるのだが、そこに住む老人は魔法使いだという疑惑をかけられ、一家は村から追い出される寸前。実は、戦争で失われた財宝が農場に隠されているらしく、それが自分の物だと思い込む邪悪な男によって仕掛けられた陰謀劇なのだが。そして、この男こそが村に災いをもたらしている魔法使いなのであった。

ツィマーマン婦人も仕掛けられた魔法の罠に嵌り、ローズ・リタは何とか助けようとするのだが、邪悪な魔法使いに襲われ、悪魔への生贄にされかける。この過去への旅で、ツィマーマン婦人の失われた魔力が復活する。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

魔法の指輪

魔法の指輪 (ルイスと魔法使い協会)魔法の指輪 (ルイスと魔法使い協会)
(2001/11)
ジョン ベレアーズ

商品詳細を見る

男の子に生まれればよかった!ローズ・リタは心から思った。デートやダンスなんてまっぴら。そのうえ、親友のルイスまでボーイスカウトのキャンプで留守なんて。そんな彼女をなぐさめるため、魔女のツィマーマン夫人が、死んだいとこがのこした農場を見にいこうとさそってきた。死ぬまえに“魔法の指輪”を見つけたらしい。やがて農場についたふたりのまえに、指輪をめぐる奇妙な事件が次々と起こり、ついにはツィマーマン夫人までがどこかに消えてしまった!主人公のルイスにかわり、勇敢で魔法好きの少女ローズ・リタが、ひとりで悪に立ちむかう人気シリーズ第3弾。


ルイスと魔法使い協会3作目。今回は、ルイスがほとんど出てこない。ボーイスカウトのキャンプに出かけてしまったのだ。一緒に遊べずに不貞腐れるローズ・リタとツィマーマン婦人が魔法の指輪を求めて出かけるのだが、邪悪な魔法に攻撃されて、ツィマーマン婦人は消えてしまう。遺されたローズ・リタは、ツィマーマン夫人を憎んでいるガート・ビガーの仕業だと思い、周囲を探るのだが……。

これ、いつもより面白いな。今回の女の子が主人公だからか、ルイスが駄目少年だからかはしらないけど。もう主役変更で「ローズ・リタと魔法使い協会」でも良いんじゃないかと思う。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

闇にひそむ影

闇にひそむ影 (ルイスと魔法使い協会)闇にひそむ影 (ルイスと魔法使い協会)
(2001/08)
ジョン ベレアーズ

商品詳細を見る

もっと強かったらいいのに―いつものようにいじめられた帰り、ルイスは泣きながら思った。彼の願いは思いがけない形でかなった。屋敷の奥深くで見つけたコインにルイスが呪文をかけたため、コインに魔法の力がやどったのだ。これさえあれば、だれにも負けないぞ!けれど、最初は幸運のコインと思えた裏には、とてつもなく邪悪な秘密がかくされていた…ベストセラー『壁のなかの時計』につづき、少し内気だけど心やさしいルイス少年が、魔法使いたちの力を借りて大冒険にのりだす人気シリーズ第2弾。


ルイスと魔法使い協会シリーズ2作目。今度はいじめられっ子ルイスが、祖父が持っていた幸運のメダルを貰って、秘められた魔力を開放してしまう。だが開放された日から不審な出来事が起こり始める。何者かがやって来る。次第に形を整えて「影」として見えるまでに力をつけたそれは、ルイスを乗っ取ろうとする。前回の死者に引き続き、今回は邪霊です。余計なモノばかり召喚する奴だな。この少年はトラブル・メーカーか?

題名に「ルイスと魔法使い協会」とあるのに、魔法使い協会が全然出てこないのは何故?


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

壁のなかの時計

壁のなかの時計 (ルイスと魔法使い協会)壁のなかの時計 (ルイスと魔法使い協会)
(2001/04)
ジョン ベレアーズ

商品詳細を見る

秘密の廊下と隠された部屋と大きな大理石の暖炉がいっぱいの古い家で暮らしてみたい。いつもそう夢見ていたルイスは、ある日気づくと、まさにそんな家の中にいた。両親が死んで、おじのジョナサンの豪邸で暮らすことになったのだ。そのうえ、この大柄で優しいおじは魔法使い。ルイスはうれしくて思わず椅子の上でぴょんぴょん飛び跳ねたくなるほどだった。だが、喜んでばかりはいられない。なんとこの家の前の持ち主は邪悪な魔法使いで、家の壁のどこかには世界の終わりに向かって時を刻む時計が埋め込まれているという。ハロウィーンの夜にルイスが偶然死者を目覚めさせると、時計の音は急に大きく速くなる。大変! このままでは世界最後の日が迫ってくる。早く時計を止めなければ!


いじめられっ子なデブ少年が主人公でパッとしないなぁ。交通事故で両親を失い孤児となったルイスは、一度も会った事のないおじさんに引き取られる事になる。たどり着いた先に待っていたジョナサンおじさんは普通じゃなかった。魔法が使えるのである! 隣に住んでいるおばさんも! 

ルイスも魔法を使ってみたりするのだが、ある夜、死者を蘇らせる魔法を使ってしまい、邪悪なモノが戻ってきてしまう。だが終盤まで対決しないし、対決もアッサリすぎるから盛り上がらないのが難点だ。

これ、最近の作品かと思ったら1973年に出版されていたのには驚いた。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

Mirror 鏡の中

Mirror 鏡の中 [DVD]Mirror 鏡の中 [DVD]
(2005/04/02)
ユ・ジテキム・ミョンミン

商品詳細を見る

不審火による火災から1年経った再開店目前のデパートを舞台に、鏡の前で起こった奇怪な事件の真相を突き止めようとする男の姿を描いたホラー・ムービー。


これまた、微妙作だった。一応はホラーなのだろうけど、ちっとも怖くない。幽霊に人が殺されていくのだけど、なんだか普通に殺人事件が起こっているだけに見える。そこに、得体の知れないもの、人間が理解できない存在に対する恐怖は感じられない。

事件解決に向けて捜査を進める刑事達も、普通の殺人事件と考えて行動しているし。かなり退屈な映画ではあるが、鏡を上手く使ったストーリー自体は評価したい。特にラストのあのシーン……。ホラーとしては並以下。中途半端なサスペンス劇場って感じ。特筆すべき点はヒネリを入れた結末だけ。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

フロム・ダスク・ティル・ドーン

フロム・ダスク・ティル・ドーン [DVD]フロム・ダスク・ティル・ドーン [DVD]
(2007/05/25)
ジョージ・クルーニークエンティン・タランティーノ

商品詳細を見る

凶悪な強盗犯兄弟(ジョージ・クルーニー&クェンティン・タランティーノ)が、元牧師の親娘(ハーヴェイ・カイテル&ジュリエット・ルイス)などを人質にとりながらメキシコへと逃走し、仲間の待つ砂漠の酒場へと赴いた。しかし、そこはなんと吸血鬼の巣窟となっていたことから、人間VSヴァンパイアの壮絶な殺しあいが始まる…。


なんとなく気になっていて、改めて観なおしたのだが、B級映画そのものだった(汗)。前半はギャング物で、後半からいきなりヴァンパイア物になってしまう。前半と後半で、全く別の映画みたいだ(笑)。

逃亡するための巻き添えになってしまった家族は、お父さんがヴァンパイアになって死ぬし、弟も死ぬし、娘だけ残されて、ギャングにも置いてきぼり。後味の悪さも、いかにもって感じだ。まさしくB級な結末。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ