アレステア・レナルズ

攻略対象書籍は以下。
@1冊

啓示空間』★★★★
カズムシティ』★★★★
火星の長城』★★★★
銀河北極』★★★★
『量子真空』
Absolution Gap(未訳)
The Prefect(未訳)
Century Rain(未訳)
Pushing Ice(未訳)



長編も短篇も、統一された背景設定となっているので、時代や場所は異なってもどこかで繋がっている。啓示空間シリーズの壮大な物語が良い。黎明期戦争後、新たに勃興した文明を滅ぼしてまわる抑制者(インヒビター)と対峙する事になる人類。この後どうなるのか!? 順調に翻訳されると良いのだが。
スポンサーサイト

銀河北極

銀河北極 (ハヤカワ文庫 SF レ 4-4 レヴェレーション・スペース 2) (ハヤカワ文庫 SF レ 4-4 レヴェレーション・スペース 2)銀河北極 (ハヤカワ文庫 SF レ 4-4 レヴェレーション・スペース 2) (ハヤカワ文庫 SF レ 4-4 レヴェレーション・スペース 2)
(2007/12/14)
アレステア・レナルズ

商品詳細を見る

銀河SFのあらゆるエッセンスを凝縮! 史上最大のスケールで描く遠大なる未来――2303年、イラベル・ベーダ船長が乗り組む旅客星間船イロンデル号は、ハイパー豚の宇宙海賊セブンの罠にかかり、辺境の彗星上で捕獲されてしまう。信頼を寄せていた副長マルカリアンの裏切りで、冷凍睡眠処置をされた乗客の一部を連れ去られたイラベルは、マルカリアンと乗客を追って、遙か銀河の果てへと向かった! 数万年におよぶ銀河の追跡行を無類のスケールで描いた表題作ほか、5篇を収録する宇宙史作品集・完結篇。


アレステア・レナルズの壮大な宇宙史を背景に綴られた、レヴェレーション・スペースというシリーズの中短編集。先に出た「火星の長城」と同じもので、日本では二分冊されている。無理に一冊で出版されなくて良かった。

人類が宇宙に出てからそれ程経過していない初期から、遥か未来の数万年後まで話が続く。長編の「啓示空間」や「カズムシティ」に絡んで来る部分もあるので、前半部分の「火星の長城」はもちろん、長編も先に読んでおくのが正解。

「時間膨張睡眠」は、融合疫直後の近光速船内部を描いた話で、本編と少し設定が違うのは、まだ背景世界設定が完成していない頃に書かれた作品のため。「ターコイズの日々」は、海洋SFになっていて、舞台設定が数少ない癒し系か!? この作家の小説は、廃棄宇宙船内部とか、異星文明の遺跡ダンジョンとか、衛星の深海底とか、あまり楽しくなさそうな場所が多いからね。

「グラーフェンワルダーの奇獣園」は、気味悪い異星生物ばかり集めている奇特な金持ちの話で、最後のオチも気味悪い。次の「ナイチンゲール」も、ある星系の戦乱時に使用されていた病院船内部で生き残っているらしい戦争犯罪人を捕らえようとして、一行が酷い姿に変えられてしまう気持ち悪い話である。怖くは無いけどSFホラーっぽい感じがする。

この作者の世界には、人類の遺伝子を改変したらしい気味悪い生き物がいろいろ出てくる。豚人間(ファンタジーならオークか?)みたいなハイパー豚とか、エウロパの海底で使役させるために作られた半漁人みたいなデニズンとか……。「ナイチンゲール」の登場人物なんて、最後には戦争反対の広告塔として人間団子状態ですからね。
 
 
 
表題作となっている「銀河北極」は壮大すぎて、逆に脱力感がいっぱいである。近光速船が衝突事故で故障してしまい、修復するために資源を取りに行けば、ハイパー豚海賊のトラップに嵌められ、冷凍されている客を奪われてしまうのである。2303年から始まるのだが、客を奪われたイラベルと裏切り者マルカリアンの追いかけっこは40000年後の未来まで!

もはや、長編シリーズで人類に立ち塞がる星間文明の破壊者たるインヒビターとの戦いすら過去の時代になっている。未来世界では、インヒビターに代わり、テラ・フォーミング機械による銀河規模の大災厄に見舞われている。

船に積んであったテラ・フォーミング機械がハイパー豚海賊側から流出し、しかもどういう誤作動をしたのか、周囲の星々を飲み込んで自然界には存在しない、緑色に輝く恒星に変えているのだ。

銀河系は、人類どころか周囲にいたであろう種族まで巻き込んで滅亡しそうになっているのである。狂ったテラ・フォーミング機械は、周囲の星系に広がり、惑星を分解し、恒星を緑色の膜で覆っていく。40000年後の未来には、すでに銀河系の一部の腕(恐らくオリオン腕でしょうね)は緑色に変色した状態に! 数少ない人類の生き残りが脱出して来て追いかけっこ状態の二船に助けを求めるのだが……。

数多くの星間文明を滅ぼしてきたインヒビターよりも、人類が開発したテラ・フォーミング機械の方が危険だというのは一体!?


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

火星の長城

火星の長城 (ハヤカワ文庫 SF レ 4-3 レヴェレーション・スペース 1) (ハヤカワ文庫 SF レ 4-3 レヴェレーション・スペース 1)火星の長城 (ハヤカワ文庫 SF レ 4-3 レヴェレーション・スペース 1) (ハヤカワ文庫 SF レ 4-3 レヴェレーション・スペース 1)
(2007/08/25)
アレステア・レナルズ

商品詳細を見る

アレステア・レナルズだから、また異様に分厚いんだろうなと思ったら、そうでもなかった。とは言っても500ページを超えているので分量はかなりある。しかし、今までの長編が1000ページを超える嫌がらせみたいな分厚さなので、その半分しかないというだけで、薄く感じてしまうのだ。ちなみにこれは中短編を纏めて二分冊で出版されるものの第一弾らしく、本編となる壮大な宇宙史の第三弾はきっと1000ページを超えているに違いない。

短編集なので、そう気張らずに読める。一応は短編だけど、連作になっているものもあるし、長編に関わる部分も出てくる。次第に生息域を広げていく人類史になっているが、宇宙へ進出する過程で、人類には三種類の亜種が派生する。過酷な宇宙空間に適応するために、機械化を進めたウルトラ属。脳に大量の機械を埋め込んで拡張し、精神をネットワーク化した連接脳派。その中間にいるのが無政府民主主義者である。

「火星の長城」では、火星に築かれた長城内部で、地球型環境の居留地に囲い込まれた状況にいる連接脳派が宇宙に脱出して太陽系からも離脱して行く。「氷河」は、太陽系から離れた連接脳派が辿り着いた、寒冷期にある惑星での話。「エウロパのスパイ」は、木星圏におけるニ勢力の諜報戦で、エウロパの海に特化した半漁人みたいな改造種族が出てくる。「ウェザー」は、海賊に追いかけられる近光速船の話で、連接脳派の独占技術となっている近光速船の動力の秘密が明らかにされる。「ダイヤモンドの犬」は、異星文明が遺した遺跡にある部屋で、問題を解いて奥に進み、間違えると致命的な罰が与えられるという、キューブという映画みたいな話。奥に進む過程で、主人公は罰により体を失って行く。修復を続け、さらに奥へ進むために、ダイヤモンド犬のような姿へと変貌してしまう。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ラ・ピュセル 光の聖女伝説 二周目はじめました。

ラ・ピュセル 光の聖女伝説 二周目はじめました。ラ・ピュセル 光の聖女伝説 二周目はじめました。
(2004/10/21)
PlayStation2

商品詳細を見る

これまでのシミュレーションRPGとはひと味違った新機軸のシステムを備え、充実したシナリオと個性的なキャラクターが楽しめる本作。聖パプリカという架空の小さな国を舞台に、闇の王子が蘇るときに聖なる乙女が現れるという伝説を軸に、物語は展開していく。幼くして両親を失い、12歳で聖女会の悪魔祓い「ラ・ピュセル」となった主人公「プリエ」は、聖なるバトンで戦う16歳の少女。弟の「キュロット」や教育係のシスター「アルエット」たちと共に、次々と発生する事件に巻き込まれていくのだ。


初めて日本一ソフトのゲームを買った時は、何て強気な社名をつけているんだろうと思ったのだが、このメーカーのやり込み型ゲームは本当に「日本一」と断言して良い程、秀逸である。スクエニなんか、足元にも及ばない。実は、最初に買ったディスガイアがまだ終わってないんですけどね……。

これもまだ完全攻略は出来ていないのだが、とりあえずラスボスは倒せたのでレビュー。ちょっと口が悪い聖女会の少女プリエが、光と闇の戦いに巻き込まれていく物語。世界には光の女神ポワトリーヌと闇の堕天使カラミティが存在するのだが、闇の王子と光の聖女の間で何度も代理戦争が行われ、多くの人命が失われているのでる。

聖女会のラ・ピュセル達は、数々の事件を解決していくうちに、黒幕である聖母神教会の陰謀に気づいていく。宗教絡みですか! ファイナルファンタジータクテクスでも宗教勢力が敵だったな。宗教で人は殺せますが、救う事は出来ませんからね。

ストーリー部分で強制進行していく場合があり、後半からは結構急ぎ足。当初、やり込み型で作られてはいなかったため、ディスガイアと比べるとやや物足りない。遊ぶ時は2週目はじめましたと書いてある物を選びましょう。通常版だと、2週目に突入出来ません。ちなみに、データ互換性も無いらしいので、通常版のセーブデータは使えないようだ。

各話は行動によって、バッドエンドからスペシャルエンドまで分かれるが、全体通しての結末はひとつだけ。どう転んでも結果は変わらない。ストーリーの進行によって、仲間になるキャラが入ったり抜けたりしまくるので、全員揃った状態が存在しないのが、やり込みの障害となる。最後は全員揃っていて欲しかった。

主人公は、光の聖女になりたくて頑張る少女なのだが……。光の聖女になれねぇ! というか、光の聖女はそこにいるじゃないかっ!? そして、○○も……。2週目に突入すると、聖女会の神父が驚いた時の意味深いセリフがよく判る。


人型固定ユニット(猫もいるけど)一覧

プリエ
主人公。光の聖女になりたいけどなれない可哀想な娘。メスゴリラとまで言われてしまう程の暴力娘なので、前衛主戦力になる。

キュロット
プリエの弟。魔法の熟練が早いので魔法攻撃ユニットにするのが良い。最初のほうで一度抜けるが、後半はレギュラーなので育てておかないと厳しい。

アルエット
記憶喪失のシスター。身を犠牲にして強力な奇跡を起こしまくるのだが……。この人も魔法攻撃ユニットにするのが良い。

クロワ
記憶喪失でフリーの悪魔祓い。銃を使用した攻撃は強力なのだが、後半は抜けたままなのが厳しい。やり込みするなら、この人だけがいない状態で頑張るのが普通だろうなぁ。ディスガイアみたいに全員集合状態がないので、切り捨てるしかないのが勿体無い。

エクレール姫(ダークエクレール)
姫としての激務で人格が分裂してしまうのだが、光と闇の両属性が使えるようになるといろいろな意味で強力! ダークエクレール状態の雷ビリビリ攻撃は素晴らしい。姫萌えな人は育てるしかないでしょう(笑)。

キャプテン・オマール
空賊のキャプテン。なんかのキャラに似てる気がする……。魔法習熟が遅いので、前衛に使うのが良いかと。

マムロン
オマールにくっついている妖精。「虫」扱いされると激怒してハリセンチョップしてくる。移動速度は素晴らしいのだが、小さいので叩かれるとすぐやられるのが難点。魔法支援ユニットが良いかも。

ヤッタニャー
空賊の副キャプテン。猫人間? 途中、エスカル号修理のため抜けるのだが、後半は使える。

ショコラ隊(×2匹)
空賊の兵隊。猫人間? あんまり強くない気がするのだが、一気に主戦力が抜ける話があるので、こいつらも鍛えておかないと辛くなる。

モニャニャー
墜落現場でお金を払うと雇える空賊の兵隊。実は、魔法を覚えるのが異様に早いので、魔法攻撃ユニットで使える。

サラド神父
普通にストーリーを進めていたら、きっと最強キャラとして登場してくるはず。かなり強いのだが、最終話間近でしか仲間にならないし、魔法はなかなか覚えない肉弾戦専用なので、やり込みで鍛えるのがマゾい!

エリンギャー
助けたキノコも有料で仲間になるのだが、通常のモンス扱いだな。しかもLv1だし……。こいつ鍛えたら何かあるのだろうか?


浄化すると敵モンスターも仲間に出来るが、やり込み型だけに所詮は捨て駒。素直に人間ユニットを育てたほうが良い。最初は人手が足りないので仕方なく育てたが、強い敵を仲間にする方が効率的。知らなかったのでチマチマと育てていたけど、実は味方を倒しても経験やお金が増えるので、弱いマップの隅っこで味方モンスターを叩きまくったほうが効率が良い。

倒されまくると味方モンスターの機嫌が最低になってしまうが、調教しなければ逃げ出す事もないので、デメリットはあまりない。調教しなくても、倒されまくっているうちに、何故か育つしね。殴る蹴るのスパルタ教育か!?


評価:★★★★

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ロバート・J・ソウヤー

攻略対象書籍は以下。

邦訳分、@1冊。
キンタグリオ・シリーズは、もう翻訳されないのかなぁ……。

ゴールデンフリース』★★★★
占星師アフサンの遠見鏡』★★★★
さよならダイノサウルス』★★★★
ターミナルエクスペリメント』★★★★
スタープレックス』★★★★☆
フレームシフト』★★★★☆
イリーガル・エイリアン』★★★★☆
『フラッシュフォワード』
ホニミッド 原人』★★★★
ヒューマン 人類』★★★★
ハイブリッド 新種』★★★★

『Fossil Hunter』未訳 キンタグリオ・シリーズ第二部
『Foreigner』未訳 キンタグリオ・シリーズ第三部
『Factoring Humanity』未訳
『Calculating God』未訳
『Iterations』未訳 短編集
『Relativity』未訳
『Mindscan』未訳


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

イリーガル・エイリアン

イリーガル・エイリアン (ハヤカワ文庫SF)イリーガル・エイリアン (ハヤカワ文庫SF)
(2002/10)
ロバート・J. ソウヤー

商品詳細を見る

人類は初めてエイリアンと遭遇した。四光年あまり彼方のアルファケンタウリに住むトソク族が地球に飛来したのである。ファーストコンタクトは順調に進むが、思いもよらぬ事件が起きた。トソク族の滞在する施設で、地球人の惨殺死体が発見されたのだ。片脚を切断し、胴体を切り裂き、死体の一部を持ち去るという残虐な手口だった。しかも、逮捕された容疑者はエイリアン…世界が注目するなか、前代未聞の裁判が始まる。


飛来した人類外の何者かによる宇宙船。中から出てきたのは、人類とはあまりにも異なる姿をした、αケンタウリ星系のトソク族だった。

このSFは普通じゃない! ファースト・コンタクトを描いた物語に留まらず、殺人事件が発生して、宇宙人が容疑者として逮捕されてしまうのである。荒筋を聞いただけだと、単に殺人犯を普通の人間から宇宙人に置き換えただけのゲテモノみたいに思えるが、さすがソウヤー、ただでは終わらない。

宇宙人が容疑者という前代未聞の裁判だけでも面白いのだが、物語の終盤になって、恐るべき真実が明かされる。単に容疑者を宇宙人にしただけの法廷小説じゃない。この凄さは実際に読んでみないと判らないだろう。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ベイスボイル・ブック

ベイスボイル・ブックベイスボイル・ブック
(1997/12)
井村 恭一

商品詳細を見る

正体不明の「海上委員会」が管理する南の島。「わたし」はそこで、前代未聞の奇妙な野球を観戦する仕事を引き受けた…。第9回日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作。


第9回日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作。

ベイスボイル? ベースボールじゃなくて? と思ったけど、ほぼベースボールだった。王がいた時代に作られた野球場がある南の島は、今や海上委員会が管理している。主人公はこの島でベイスボイルを観戦してレポートするという仕事を、半ば無理やりな感じで引き受けさせられる。

島に行って淡々とベイスボイルを観戦するのだが、この仕事が何の意味を持つのか全く分からず、依頼主の意図も見えてこない。そして、物語そのものも非常に退屈である。

狂犬イドリアンと主人公の関係性もよく分からないままだったし、死人扱いされているのに存在する人物も謎のまま。影が薄すぎて読み流していると、いるのかどうかすら見落としそうになる売春婦ヒロイン? 何の罪を受けているのかよく分からないピッチャー。これは読んでいて、かなり苦痛だった。

芥川賞と戦えそうな作品だと思ったら、芥川賞候補作家だった。私は日本ファンタジーノベル大賞という事で、ファンタジーを期待して手に取ったため、読み進めるのが辛かったのだが、純文学が好きな人なら気に入るかもしれない。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

自由高さH

自由高さH自由高さH
(2010/08)
穂田川 洋山

商品詳細を見る

ばね会社の廃工場建物を借りて木材を鑢り柿渋を塗る男、技術よりも執着でばね会社を繁栄させた大家の老人、建物を介し人と時間がゆるやかに繋がっていく―第110回文學界新人賞にして第143回芥川賞候補作。


第110回文學界新人賞受賞作。
第143回芥川賞候補作。

ばね会社を繁栄させた男と、廃工場を借りて柿渋を塗る男。最近の純文学には珍しく、会話分がほとんどなくて、地の文ばかりで淡々と語られるので硬派すぎて読み難い。あまり馴染みの無い柿渋の話が専門用語込みで語られるので疲れる。

ペラくはないけれども、これは読み手を選びまくりんぐ。とりあえず、日本の純文学に面白さを期待してはいけないと思う。パトラッシュぼくもう読み疲れたよ。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

進化しすぎた脳

進化しすぎた脳 (ブル-バックス)進化しすぎた脳 (ブル-バックス)
(2007/01/19)
池谷 裕二

商品詳細を見る

自由意志からアルツハイマー病の原因まで、おどろくべきトピックスの数々。柔軟性を生むために発達したヒトの脳を、わかりやすく大胆に語った講義。「私自身が高校生の頃にこんな講義を受けていたら、きっと人生が変わっていたのではないか?」ベストセラー『海馬』の著者が、しびれるくらい美しい脳のメカニズムを語る。


脳に関する興味深い話がいっぱい。脳の動きは体で限定されたりもするらしい。具体例で挙げられていたのは、指が繋がったままで生まれてきた人には、それに相当する部分の脳が発達しないという事例だった。ちなみに、手術で健常者と同じに戻ると、先天的には発達していなくても、すぐにその部分の回路が形成されるそうだ。ちょっと難しいけど、人間としての体が備わっているから、それに対応した発達をしていくという事。 
 
目から鱗な話は、人間の記憶力に関するもの。物覚えが悪いのは、曖昧にしか認識しない脳の作用によるものらしい。例えば、ある人を見て、その人を完全に記憶してしまうと、次に会った時に髪型や服装が違うと、同一人物であると認識出来ないらしい。だから、一度で覚えずに雰囲気だけ掴んで、少しずつ記憶を上塗りしていくのだそうだ。勉強していて覚えられないのも、この脳の仕組みによるものらしい。すぐに覚えられないのは、実はすごい事なのだ! 下等動物では、すぐに覚えてしまって、その記憶の変更が出来ないから不都合があるらしい。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ゼブラーマン

ゼブラーマン [DVD]ゼブラーマン [DVD]
(2004/08/06)
哀川翔、鈴木京香 他

商品詳細を見る

生徒からも家族からも疎んじられる小学校教師、市川は、34年前に放送打ち切りとなった特撮ヒーロー“ゼブラーマン”のコスプレという誰にも言えない趣味を持っている。その頃、市川の住む町で奇妙な事件が多発。それは地球征服をたくらむ宇宙人の仕業だった。市川扮するゼブラーマンは、ひょんなことからその宇宙人と戦うことになり…。


かなりベタなヒーロー物かと思っていたら、意外にイケてた。哀川翔が情けないお父さんの役になっている。極道物と全然雰囲気が違って新鮮。

妻は不倫、娘は援交、息子はイジメ、そして父は自作したゼブラーマンのコスプレで遊んでいるダメ教師。このダメっぷりで、どうやってエイリアンと戦うんだろうと思っていたら、いきなり強くなる。

思いっきりB級映画のノリで展開されているが、お遊び部分も面白い。防衛庁の特別実験室が銭湯にしか見えない。アメリカ軍の用意する中性子爆弾が、漢字で『中性子爆弾』と書いてあって笑える。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

クライシス・オブ・アメリカ

クライシス・オブ・アメリカ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]クライシス・オブ・アメリカ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2005/07/22)
デンゼル・ワシントン、メリル・ストリープ 他

商品詳細を見る

湾岸戦争の英雄ショー(リーヴ・シュレイヴァー)の部隊の隊長だったマルコ(デンゼル・ワシントン)は元部下の告発を機に、自分たちの戦争の記憶が何者かに植え付けられたものではないかと疑うようになる。時あたかも、ショーは副大統領選に挑む最中であり、マルコはショーとの接触を図るが…。


湾岸戦争から帰還して以来、悪夢に悩まされるマルコ・ベネット少佐。医師は湾岸戦争の後遺症だと診断するが、かつて指揮した部隊にいた部下が現われ、同じ悪夢を見ている事を知る。今では政界に進出し、副大統領候補となった英雄も、同じ部隊に所属していたのだが……。

現代の技術では、まだ無理っぽい方法で洗脳されているが、そのうち可能になりそうで怖い。誰も気づかないままに、静かに陰謀が進行していくのだが、見えない敵は国家中枢に巣食っているという恐怖感。しかも黒幕は巨大●●。

安易に地球の外にいる人? を黒幕にした作品よりは断然出来が良いが、最後がちょっと消化不良。見えなかった黒幕を倒してハッピーエンドとはならない。せめて、洗脳実験に加担したマッドサイエンティストがラスボスなら良かったんだけど。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コックリさん

コックリさん スペシャル・エディション [DVD]コックリさん スペシャル・エディション [DVD]
(2005/08/26)
イ・セウン、イ・ユリ 他

商品詳細を見る

韓国の人里離れた閉鎖的な村にある女子高で、同級生たちからイジメに遭っているユジン(イ・セウン)ら3人の生徒がこっくりさんを行った。まもなくして、呪いをかけられたいじめっこたちが次々と変死を遂げていく。同じ頃、美術教師ウンジュ(キム・ギュリ)が学校に赴任してきた。やがて、その村で起きた30年前の惨劇が明るみとなっていき……。


あの、途中から幽霊物じゃなくなっているんですけど(汗)……。

虐められっ娘がコックリさんで悪霊を召喚して、その呪いで虐めグループの女生徒が死んで行くのだが、呼び出したのは30年前に村で殺された女性らしい。事件直後に呪いを発動したら良いような気がするのだが、何故か30年後の世界で暴れ始める。そして、転生まで絡んできて……。

途中からサイコ・ホラーに変わってしまい、怨霊が転生した生身の人間として、凶器を用いて人を殺して行く。呪いじゃなくて、途中から物理攻撃となるので怖くなくなってしまい、台無しである。なんだかよくわからないまま、殺害された母娘共に転生をはたし、海岸で戯れるシーンで終了。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ハイド・アンド・シーク

ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ [DVD]ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ [DVD]
(2006/01/07)
ロバート・デ・ニーロ、ダコタ・ファニング 他

商品詳細を見る

9歳のエミリーは母の自殺をきっかけに心を閉ざしてしまった。父親のデビットは娘の心の傷を癒そうとNY郊外に引っ越すが、娘は架空の友達“チャーリー”と遊ぶようになった。そのときから飼い猫が殺されたり、バスルームに残酷な落書きがあったりと異変が次々と起こる。すべてチャーリーの仕業なのか…。


使い古された手法そのままでガッカリした。もっとヒネならないと駄目だと思う。今となっては、とっても中途半端で陳腐なストーリー。観ている途中でヒントになるシーンがあるから、すぐにバレてしまう。

ちょっと間違ったら駄作でしかないこの映画を底上げしているのは、ダコタ・ファニングである。子役がダコタ・ファニングじゃなかったら、間違いなく駄作だろうなぁ。見所は、ダコタ・ファニングとダコタ・ファニングとダコタ・ファニングとダコタ・ファニングである。特に、黒いドレスで着飾ったダコタ・ファニング! 正直、別に父親はデ・ニーロじゃなくても良かった気がする。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

パペットプリンセス

パペットプリンセス~傀儡姫。わたしは、操り人形~ (パンプキンノベルス)パペットプリンセス~傀儡姫。わたしは、操り人形~ (パンプキンノベルス)
(2006/03/24)
沢野 翔

商品詳細を見る

東馬昴は繰り返される安穏とした日常に退屈していた。世界的に有名な人形師であり、久々津市の発展に寄与した権力者・東馬恭二の養子としての何不自由ない生活。彼を兄と慕う許嫁の奈緒との穏やかな日々。そんな退屈な日常が昴の誕生日を境に一変する。


1人の大富豪である老人に支配されている町。そこで命じられるまま、次期後継者として無理難題にすら従う少年。同級生が自分の専属メイドとなり、あーんな事やこーんな事を……。

無理やりな感じの場面転換、記憶の混濁。夢の中にいるような内容で、どこかで記憶を操作しているマトリックス的な設定なのかと思いきや、最後のオチは何の捻りもなくストレートな直球攻撃だった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

3days―刻の彼方の眠り姫

3days―刻の彼方の眠り姫 (パンプキンノベルズ)3days―刻の彼方の眠り姫 (パンプキンノベルズ)
(2005/03)
玉沢 円、Lass 他

商品詳細を見る

幼馴染みのたまき、気丈で甘えん坊な美柚先輩、そして可憐な奈々子先輩。高梨亮は、魅力的な女の子三人から想いを寄せられ、可愛い妹二人に慕われる夢のような生活を送っていた。ちょっとした波乱はあるものの、穏やかで楽しく笑いの絶えない日々。しかし、街をある事件が襲い、亮はその渦中に巻き込まれていく……。Lassの無限軌道オカルティックサスペンス「3days」のその後を描いた番外編がオリジナルスタッフによる完全かきおろしで登場!


これは酷い。高校生が書いたネット小説クオリティだった。文章が下手だし、ペラペラな会話で引っ張りまくるので会話文だらけ。夢世界の話になってしまうので夢オチみたいに感じるし、エロレーベルなのにエロくない(笑)。これ、製作に関わった人を捕まえて適当に書かせただろ? 素人じゃなくて、ちゃんと物書きな人材を起用しないと駄目だと思う。せめて、出版社がもう少し育ててから……。

これは、実際にゲームもプレイして、ストーリーなりキャラクターなりに嵌ってしまった人専用アイテムですな。とりあえず、表紙だけは良かったよ……。このラノベは、表紙だけ見たら十分。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

プリンセスストライク!

プリンセスストライク! (二次元ドリームノベルズ)プリンセスストライク! (二次元ドリームノベルズ)
(2005/12)
相川 アキオ、くまっち 他

商品詳細を見る

魔界の頂点を目指し、姫君たちが闘いを繰り広げる女王位争奪戦が幕を開けた。妖魔を狩り、より多くの魔力を集めるため、最強の姫と謳われる魔銃使いのアリシアは強大な魔物の気配が漂う女学園を訪れる。そこで彼女は、呪いによって幼い姿へと変えられた魔工使いのサラを含む、三人の姫との出会いを果たす。


魔界の頂点に立つため、プリンセスストライクと呼ばれる女王位争奪戦を戦う各魔界王家の姫達。だが、普通の魔法じゃなくてエロ魔法を使いまくってお互いに相手にダメージを与えているのが笑える。

各王家で得意技が違うのだが、最大級の魔力を持つライバル姫が誰かに陥れられて魔法少女化しているのがGJである。巨大化しすぎた妖魔を倒すのに時間を取られ過ぎで、ちゃんと話が終わらないじゃないかと思ったら、やはり黒幕とは戦わずに終わってしまうんだね。

エロさは超鼻血出るクオリティなのだが、絵が細いラインで描かれているので残念。もっとガッツリと萌えアニメ絵だったら最強だったのに(笑)。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

後夜祭

後夜祭

先生が好き。意地悪でSで私を脅迫するひどい人。だけど私を愛してくれる。処女だった私を放課後ドレイに堕としたご主人様を好きになるなんて、すごく惨め。なのに、なぜ?


エロラノベなのに、茶道の部分とかガッツリ書かれていて非エロ部分にも力が入っている。夏祭りで出会った意地悪男に痛い事されてしまうが、後日、教師として再登場。先生と生徒の禁断の仲に。

途中で天狗になって、ヒロインの性格が悪くなるのが残念だった。あと、絵師が内容とイラストを連動させてないのが微妙。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

中島桃果子

攻略対象書籍は以下。

蝶番』★★
『魔女と金魚』
『夕日に帆をあげて、笑うは懐かしいあなた』



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

蝶番

蝶番蝶番
(2009/01)
中島 桃果子

商品詳細を見る

東京に今年三度目の雪が降った夜、長女の艶子は出て行った。意味不明の小さなメモを残して。四姉妹の語りと日記から浮かび上がってくる、それぞれの息苦しさと生きにくさ。第4回新潮エンターテインメント大賞受賞作。


第4回新潮エンターテインメント大賞受賞作。

四人姉妹のうち、姉が意味不明の書き置きをして行方不明になるのだが、その後に何か事件が起こるでもなく、淡々としたまま物語が続く。

他の妹達も、それぞれが微妙な悩みを抱えていたりはするのだが、これがまた「両親が自分を理解してくれない」みたいな感じの疎外感に過ぎず、人生舐めてるんじゃないかと思いたくなる設定で終わっている。

もっと波乱万丈な痛ましい事件に巻き込まれて、それがトラウマとなっているとかなら納得も出来るのだが、その程度のズレならば、どんな家族にだってあるだろうという程度。

話し言葉をそのまま文章にした感じの悪文が多い。洗練された文章でもないのだから、もっと読みやすくすれば良いのに、ダラダラと一文が長くて疲れる。文芸部所属の女子高生が一生懸命書いてみましたという感じの文章だった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ぶらんでぃっしゅ?

ぶらんでぃっしゅ?ぶらんでぃっしゅ?
(2005/11)
清涼院 流水

商品詳細を見る

まだ生まれる前、母のおなかの中で聞いた“ぶらんでぃっしゅ”という謎のコトバは、誕生後もずっと「ぼく」の人生を支配し続けていた。特別な人との出会いや別れをも予感してしまう、不思議な能力に目覚める「ぼく」。何度も姿を見せる、死神のようなライダーはいったい何者なのか?1500を超す候補から選び抜かれた108の名作“ぶらんでぃっしゅ”によるトーナメントは、コトバのマスターたちの競演で、興奮の頂点へ!そして、クライマックス。連続強盗殺人犯“ブラン・ディッシャー”の銃口が「ぼく」に向けられる―。この姿を見るのは、これが最後だ。


もうね、出だしで投げようと思ってしまった。
「ぶらぁぁぁぁぁぁぁん……でぃぃぃぃぃぃぃぃっっ……しゅ……」
最初の一行がコレだったから。

意味不明の冒頭、これはもう、中身は絶対にラノベに違いない。表紙に描かれている、ばかぼん家のハジメちゃんみたいな赤子に騙されてしまった! そう思いました。まあ、ラノベっていう程には軽薄な内容じゃなかったけど。

それにしても、清涼院流水って酷い噂しか聞かなかったからダメかと思ったけど、これに関してはそうでも無かった。もっとも、誰かが「清涼院流水は『ぶらんでっしゅ』だけ読んだら十分だ」とか書いているのを見た事あるので、他の作品はハズレなのかもしれない。

主人公が気づくと生まれる前の状態で、だが自由に身体をコントロールする事も出来ない状態で、生まれる赤ちゃんの背後霊というか、別人格のような形で成長を見守り続けるというお話。この人格が表に登場する事は無いので、成長し続ける子供も、他人もその存在は知らない。謎の言葉「ぶらんでっしゅ」を探求しつつ、傍観者の立場で物語が推移するのだ。

ラスト近くになって、ようやく謎が明かされるのだが、後味の悪い結末だった。延々と続く言葉遊びも、個人的には微妙だったし。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

杉原智則

攻略対象書籍は以下。

『熱砂のレクイエム』
『熱砂のレクイエム2』

頭蓋骨のホーリーグレイル』★★★
頭蓋骨のホーリーグレイル 2』★★☆
頭蓋骨のホーリーグレイル 3』★★☆
頭蓋骨のホーリーグレイル 4』★☆

『ワーズ・ワースの放課後』
『ワーズ・ワースの放課後2』

てのひらのエネミー』★★☆
てのひらのエネミー 2』★★☆
てのひらのエネミー 3』★★☆
てのひらのエネミー 4』★★

『殿様気分でHAPPY! 1』
『殿様気分でHAPPY! 2』
『殿様気分でHAPPY! 3』
『殿様気分でHAPPY! 4』

『交響詩篇エウレカセブン』
『交響詩篇エウレカセブン2』
『交響詩篇エウレカセブン3』
『交響詩篇エウレカセブン4』

『レギオン きみと僕らのいた世界』
『レギオン きみと僕らのいた世界2』

『CANAAN』

『烙印の紋章』
『烙印の紋章2』
『烙印の紋章3』
『烙印の紋章4』
『烙印の紋章5』
『烙印の紋章6』
『烙印の紋章7』
『烙印の紋章8』


共著
『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』



『頭蓋骨のホーリーグレイル』シリーズと『てのひらのエネミー』シリーズ、読了。ジャンプの打ち切りマンガみたいな中途半端な投げられ方が微妙。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

てのひらのエネミー4 魔王咆哮

てのひらのエネミー(4) 魔王咆哮 (角川スニーカー文庫)てのひらのエネミー(4) 魔王咆哮 (角川スニーカー文庫)
(2005/01/28)
杉原 智則

商品詳細を見る

戦いで負傷したアウルを守りたい、その一心で彼を教会連合に連れてきたシーラ。しかしアウルを利用し戦線を拡大、さらにシーラ暗殺を企む勢力が連合内で暗躍する。一方、魔法使い軍でも教会側との全面戦争を主張する一派が台頭してきた。無駄な血が流れるのはもうたくさんだ!―アウルの魂の叫びが、彼の中に眠る大いなる力を目覚めさせた。無益な戦いを続ける者への怒りが大地を焦がす、ハンドメイドマジカルストーリーついに完結。


なんか、決着がつきそうにないのだけど最終巻。傷つき倒れたところを敵側の姫に助け出されるアウル。しかし、姫とアウルを利用しようと画策する邪悪な枢機卿の陰謀で魔女裁判へ。都へ侵入してきた反乱軍の一味が姫を拉致して逃亡、この機会に姫も亡き者にしてしまおうと目論む邪悪な枢機卿。

うーむ、結局、枢機卿は倒したものの、この戦争の結末がついていないじゃないか。こういう戦いは神のしもべが絶滅するまで終わらないのだけど、ライトノベルらしく中途半端なまま、読者に夢だけ託して終わってしまった……。

未完結放置という程でもないのだが、この投げられ方は微妙だよなぁ。もしかして、大人の事情が入ってきて強制終了させたとか!?


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

てのひらのエネミー3 魔軍胎動

てのひらのエネミー(3)魔軍胎動 (角川スニーカー文庫)てのひらのエネミー(3)魔軍胎動 (角川スニーカー文庫)
(2004/09/28)
杉原 智則

商品詳細を見る

魔王の拠点として選んだ新しい城、そこでアウルは最悪の幼なじみと再会する。魔法反乱軍統領カルマの娘で、かつてアウルをいじめぬいたサラだ。自分の素性を明かせぬまま、サラとことごとくぶつかるアウル。その彼女に忍び寄る暗殺者の影、そして敵の大軍も魔王城を襲撃せんとしていた。わずかな魔王の力を解放し未曽有の危機に立ち向かおうとするアウル、しかしそこに立ちはだかる者の正体とは!?一触即発のマジカルノベル第3弾。


最初に動かした城が使えなくなったので、別の魔王城を起動させようとするじいさん&少年魔王アウル、しかしそこにはすでに反乱軍がアジトを築いており、現れたリーダーは……。新ヒロインで幼なじみも登場。表紙の人は、やはりそうでしたか。

またしても襲い掛かる邪悪な教団。不意打ち攻撃により、反乱軍壊滅。教団側が一方的に虐殺しまくって版図を広げているのだから、話し合いなんて不可能。魔王が倒されるか、教団を壊滅させるまで戦いは終わらないだろうに、少年が生ぬるすぎる。いかにもラノベらしいヘタレ主人公である。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

てのひらのエネミー2 魔将覚醒

てのひらのエネミー(2) 魔将覚醒 (角川スニーカー文庫)てのひらのエネミー(2) 魔将覚醒 (角川スニーカー文庫)
(2004/06/29)
杉原 智則

商品詳細を見る

魔王復活をうけノール領で大規模な“魔法使い狩り”が始まった。次々と捕まる者のなかにはアウルの友人ゼットの姿も。さらにダイアンまでもがパリス軍に連行される。彼女を人質に、アウルに魔王であることを自白させる狙いなのだ。覚えたばかりの魔力を使いこのピンチを脱しようとするアウル。だがその僅かな力でさえも奪われる!アウルは友と愛する人を、そしてノールを救えるのか?大逆転、起死回生のマジカルノベル第2弾。


やる気が無いまま新たな魔王となったアウルは、様々なトラブルに巻き込まれるも、魔王としても責務をほったらかす。魔王の力を狙うもうひとつの家系の男に力を奪い取られ、起動した魔王城の力で、町も教団勢力も木っ端微塵! 魔王を利用するつもりが、逆に利用されてあっけなく殺される教団の邪悪な司祭は馬鹿である。

この巻でヒロインだった領主の娘は退場。次回から新ヒロインの出番である。物語としては、最初の方から名前だけは出てきているけど。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

てのひらのエネミー―魔王城起動

てのひらのエネミー―魔王城起動 (角川スニーカー文庫)てのひらのエネミー―魔王城起動 (角川スニーカー文庫)
(2004/02)
杉原 智則

商品詳細を見る

いやいやなった魔王だけど……、僕の力でこの街を救うんだ! 魔法使いが唯一、安寧に生活できていた領土"ノール"。その場所もいまや異教徒からの侵略にさらされている。まったく偶然に魔王に選ばれた少年アウルが、生まれ故郷ノールを守るためひとり戦いの場に赴く! 魔法の力があまねく世界を覆っていた時代も、今は昔、魔法使いたちは、神の教えと機学の力を武器にした教会連合によって、辺境の地に追いつけめられていた。彼らの唯一の望みは、かつて人々を恐怖の力で支配していた、偉大なる魔王の復活が目の前に迫っていること。魔王の正体がたった十五歳の少年であることを…。小さな掌と柔らかな心、魔を放つ少年アウルのハンドメイド・マジカルストーリー登場!


絵に釣られた感じ。判らずにゲットしたけど絵師は桐原いづみだった。弱っちょろい普通の少年が、運命の悪戯か、次期魔王に選ばれてしまうといったありがちパターン。そして、敵となるのは教会勢力。最近、魔王が正義で神のしもべが悪党というパターンが増えているな。

世界各地に残る魔王城のひとつで肝試し。強引に連れ出された少年は、いきなり秘密通路みたいなところから落下して、魔王の椅子に座ってしまう。魔王の力を目前に、いきなり落ちてきた少年に長年の夢を奪われた爺さんの悲劇。魔王になりそこねたガイツ爺さんに全米が泣いた!


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ストップ!ご主人様

ストップ!ご主人様 (光彩コミックス Boys Lコミック)ストップ!ご主人様 (光彩コミックス Boys Lコミック)
(2005/10/17)
宮下 キツネ

商品詳細を見る

ちょっと待て(笑)! この見た目(表紙)で女じゃないのは反則だろう。うーん、見事なまでに女にしか見えない男でした。いや、画像を拡大してよーーーーく見たら、BLとか何とか書いてあるんですけどね。

実家がメイド喫茶になってしまい、三人の姉に家業を手伝わされる妹……にしか見えない……弟。常連の医大生に言い寄られて……。その後、何があるかは聞かないでください。腐女子がキャーキャーと喜びそう、いや、悦びそうなお約束の展開になる、とだけ言っておきましょう。女の子にしか見えない少年メイドの色香に惑わされました。どうも有り難うございました。Orz

まあ、思いっきり男同士のホモっぽいのは超大嫌いだけど、これは片方が綺麗だから良しとしておきましょう。一応、メイドさんだし(笑)。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

エコーズ

エコーズ デラックス版 [DVD]エコーズ デラックス版 [DVD]
(2005/11/25)
ケヴィン・ベーコン、キャスリン・アーブ 他

商品詳細を見る

リチャード・マシスン原作を映画化。平凡ながらも幸せな生活を送っていた男が、催眠術をかけられたことから生活が一変し、白昼夢に苛まれるようになる。その映像は彼に何を訴えているのか…。緊迫感溢れるストーリーが展開する、デヴィッド・コープ監督が贈るサスペンス・ホラー。


ケビン・ベーコン主演の時点で、すでにもう微妙作の臭いがぷんぷん漂って仕方がなかったのだが、やはり……。迫力には欠けるし、怖さも中途半端だし、ネタがすぐに予想出来てしまう作りだし、いい感じの微妙作品になってました。うーん、なんでアマゾン評価はそれなりに高いんだろう? 

亡霊が何かを訴えかけるという手法も、使い古されたありがちな展開だし、正直、シックスセンスほどの衝撃も受けなかった。「探し物」に辿り着くまでの道程も、「ギフト」のほうが面白かったしなぁ。これで、実は記憶を失っていたけどケビン・ベーコンが犯人でした、とかなら驚いたのにな(笑)。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

アビエイター

アビエイター 通常版 [DVD]アビエイター 通常版 [DVD]
(2005/08/27)
レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ブランシェット 他

商品詳細を見る

父親の莫大な遺産を注ぎ込み、映画『地獄の天使』を監督したハワード・ヒューズは、映画のために私有空軍まで持つ破天荒な行いとキャサリン・ヘップバーンなど数々の女優との恋愛で、ハリウッドの寵児となる。また航空会社も買収するなど、話題に事欠かなかった。そんな彼も中年になると精神を病んでいき…。


実在の人物、ハワード・ヒューズの人生を映画化したもの。全体としては面白いんだけど、長いからダレてくる。特に、ハワードが頭おかしくなって引き篭もりになる部分が延々と続いて苦痛だった。もっとメリハリつけただけの娯楽作品で良かったのに。

それにしても、お金持ちすぎる! なんで人間は産まれた瞬間から、こうも不平等なんだ。庶民には真似出来ない破天荒な人生だ。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

トーク・トゥ・ハー

トーク・トゥ・ハー スタンダード・エディション [DVD]トーク・トゥ・ハー スタンダード・エディション [DVD]
(2004/02/16)
レオノール・ワトリング、ハビエル・カマラ 他

商品詳細を見る

設定は極端で過激。でも、なぜか共感を誘ってしまう登場人物たち。ペドロ・アルモドバル監督の持ち味が最大限に生かされ、第75回アカデミー賞で脚本賞を受賞した一作。
ともに愛する女性が昏睡状態になってしまったため、必死に看病を続けるふたりの男。しかし、ひとりは、元気だった頃の彼女をストーカーのように思い続けていたという屈折した過去がある。この映画がフォーカスするのは、献身的な愛を、相手の意思に関係なく一方的に与えることができる、その無情の喜びだ。アルモドバルは、サイレント映画や、ピナ・バウシュのダンス作品を巧みに織り込み、愛することにまっすぐにならざるを得ない人間の本能をえぐり出す。彼の作品に頻出するゲイ要素も、本作はわりと希薄。
一見、愛に深入りしないように見えるもうひとりの男も、ダンスや音楽に触発されて思わず涙を流す。そんな何気ない描写に、固定観念に対する監督の反抗心がチラリ。そして、絶望の後の希望に溢れたラストからは、またもや人生への惜しみない賛歌が受け取れ、感動せずにはいられない。


噂には聞いていたけれども、まさに実写版「君が望む永遠」だな。事故により目覚めなくなった女性と、彼女に語りかける男の物語。植物人間状態に陥った女性が2人いて、1人は交通事故。彼女に惚れたのは担当の看護士。(実は、目覚めなくなる前から知っていて、ちょっとストーカー入っているのだけど。)

もう1人は女性闘牛士で、牛に倒されて昏睡状態に。闘牛士のほうの男はジャーナリスト。闘牛士組のほうはカップルなんだけど、看護士と眠り続ける彼女のほうは、一方的に想いを寄せているだけで……。目覚めない相手に、やってはならない事をしてしまう。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

チアーズ ! 2

チアーズ ! 2 [DVD]チアーズ ! 2 [DVD]
(2004/07/23)
アン・ジャッドソン=イェーガー、ブリー・ターナー 他

商品詳細を見る

大ヒット青春コメディ『チアーズ!』の続編。新学期を迎えたカリフォルニアの大学。新入生のホイッティアとモニカは早速チアリーディング部のオーディションを受け、見事採用。しかし、国体優勝という実績ある部への参加はそう簡単ではなく…。


これも、『続編は駄作の法則』に見事に当てはまっている。前作は良かったのに、なんで劣化するんだよ。しかも、主役の娘も可愛くなくなっている。

前作が全米大会へ出場し、準優勝(優勝じゃないんだよね)するまでを描いた感動青春ストーリーだったのに対して、今回は大学のチアリーダーとなるが、全国大会まで行きません! なんと、チアリーダー部の部長と揉めて、辞めてしまう。

全国大会出場を賭けて、別のチアリーダー部を結成するのだが、出場権を賭けた学内の戦いだけで映画が終わってしまうのである。何で全国大会までやらないの? 見所も前作より減ったし。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ