日本のロゴⅡ

日本のロゴ 2日本のロゴ 2
(2008/05/23)
成美堂出版編集部

商品詳細を見る

日本や海外のロゴマークを業種やジャンルごとにカテゴリー分けして収録。高級ブランドや乗り物のマーク、大学の校章など更に幅広くロゴマークの由来と変遷を紹介。


1巻よりも、デザインの変遷に力を入れている。ポッカコーヒーに書かれている謎の男や、サトちゃんの成長なども見られて楽しい。戦隊シリーズのロゴが32タイトル入っているのも、なかなかマニアックでよろしい。

企業のロゴだけでなく、有名校の校章や政令指定都市の市章、Jリーグや米国のメジャーリーグなど、様々な分野が掲載されている。いろいろと詰め込みすぎて纏りに欠ける部分はあるけれども、眺めているだけなら楽しい。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサーサイト

日本のロゴ

日本のロゴ―企業・美術館・博物館・老舗…シンボルマークとしての由来と変遷日本のロゴ―企業・美術館・博物館・老舗…シンボルマークとしての由来と変遷
(2007/08)
成美堂出版編集部

商品詳細を見る

普段、何となしに目にする「ロゴマーク」。企業や商品がもつイメージをひとつの形に集約し、図案化した、いわば「顔」というべきそれら「ロゴマーク」について、由来を中心に、さまざまな角度で紹介する。


オールカラーでしっかりとした紙を使っているので重量がある。ここまで気合入れて1,300円ならお得なのではなかろうか。私は図書館で借りたから0円ですけどね。

企業のロゴマークがメインとなっているが、カルピスや味の素みたいに誰でも知っている有名商品の変化なども載っていて面白い。ページ数は少ないけど、レトロなおもちゃのページも良かった。

様々なロゴを紹介するという本書のコンセプトでは仕方がないのかもしれないが、ちょこちょこ黒企業が混ざっているのは残念だった。いくら立派なロゴを作って、企業理念で奇麗事を書いていても、法律をまともに遵守しない輩はうんこである。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

嵐のピクニック

嵐のピクニック嵐のピクニック
(2012/06/29)
本谷 有希子

商品詳細を見る

優しいピアノ教師が見せた一瞬の狂気を描く「アウトサイド」、ボディビルにのめりこむ主婦の隠された想い(「哀しみのウェイトトレーニー」)、カーテンの膨らみから広がる妄想(「私は名前で呼んでる」)、動物園の猿たちが起こす奇跡をユーモラスに綴る「マゴッチギャオの夜、いつも通り」、読んだ女性すべてが大爆笑&大共感の「Q&A」、大衆の面前で起こった悲劇の一幕「亡霊病」…などなど、めくるめく奇想ワールドが怒涛のように展開する、著者初にして超傑作短篇集。


普通の芥川賞系作家と違って、短くてもちゃんとオチがある。ぶっ飛んだ設定や結末の話が多いけれども、読み終えて「だから何?」と突っ込みたくなるような内容が無いよう系作品じゃないのが良い。多少あざとさを感じる部分はあるけれども、作者のオナニーじゃなくて、ちゃんと読み手を意識しているのがよろしい。

中途半端にピアノの才能がある子が、結局は何者にもならず底辺で終わる話や、受賞して今から人生が開けるという局面で亡霊病が発症して人生終了フラグの話など、意地悪なのが多いけど、基本的に本谷有希子作品は戯曲とかでもハッピーエンドじゃないからなぁ(笑)。

キ印主人公の話だけでなくて、不条理系や微妙にファンタジー入った作品もあって面白かった。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

天翔ける十字軍

天翔ける十字軍

イスラム帝国が版図を広げ、キリスト教世界が聖地奪還を目指して十字軍を送り込んでいた時代。十字軍を編成していたイングランドの領主ロジャー卿は空からの侵略者と戦う事になる。相手は巨大な星間帝国を築いた地球外知性体ワースゴル。光速の壁すら越えて来た相手に、剣と弓では勝ち目が無いと思いきや、相手はもう長い間、接近戦を経験していないというおバカな理由で蛮族地球人に敗北。宇宙船を強奪されてしまう。

空飛ぶ船で聖地奪還を目指すロジャー卿だったが、捕虜になったワースゴル人が自動航行システムを作動させたため、エルサレムではなく、地球から何十光年離れているかもよく分からない敵の前線基地がある星へと連れて行かれるのであった。

その前線惑星には3つも要塞が築かれていた。要塞砲は強力で、とても植民星探査用の宇宙船一隻では勝ち目が無いと思われたが、突撃による奇襲攻撃で占領。剣と弓矢という旧兵器の前に、無残にも壊滅するワースゴル……。

姦計により、最大規模の敵本拠要塞すら制圧するロジャー卿。ずる賢さと嘘吐き能力だけは人類のほうが優れていた(笑)。しかし、未だ巨大な星間帝国の一辺境惑星を奪っただけ。迫り来る敵主力宇宙艦隊。一体どうなるのかと思ったら……。

敵は幾多の惑星を蹂躙し、原住種族は虐殺するか奴隷にして来た。独自に星間航法を発明して版図を広げていた別の3種族すら、圧倒的な戦力差で従属させ、それ以上版図を広げる事を禁じている。

どうやっても勝ち目が無さそうだが、地球が何処にあるのか分からないのを良い事に、ロジャー卿はイングランド星は4つしか星を支配していない比較的小さな国だが、人類全体では巨大な星間帝国を築いており、敵対するサラセン星と戦っていると大法螺吹きまくり(笑)。嘘八百で従属していた3種族を反乱軍に加え、敵味方双方が予測もしない突撃戦法で、敵艦隊に殴り込みをかけて倒してしまう。

無茶な暴れ方をするロジャー卿ではなく、従軍した神父による手記となっているので、歴史を読まされている感じで面白い。最初から最後まで無茶な暴走しまくりの、おバカなSFで素晴らしい。結局、地球が何処にあるのか分からなくなったまま、故郷に戻れず終わるのだが、ラストのオチまで秀逸である。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

もうひとつの卒業―加藤あいオール制服写真集

加藤あい写真集

加藤あい高校生活最後の写真集。71パターンの制服を着た「オール制服」写真集。


別に加藤あいのファンでも何でもないのだが、投売り価格だったのと女子高生姿に釣られてしまった。基本的にJKなのだが、「オール制服写真集」と書かれているのに私服姿や浴衣が混ざっているのは何故!?

冬景色に普通の冬服がGJである。時期的に現役時代だと思うが、大人っぽくて顔が整いすぎているから、女優に女子高生コスプレさせてみました! みたいな感じに見える。Amazonが商品説明を間違えているけど、71パターンもないから! 7パターンしかないんだから、騙されちゃ駄目なんだからねっ!


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

鉄理論=地球と生命の奇跡(講談社現代新書1778)

鉄理論=地球と生命の奇跡鉄理論=地球と生命の奇跡
(2005/03/17)
矢田 浩

商品詳細を見る

鉄という物質が存在すること、それが奇跡だ生命の誕生、進化から人類文明の発展まで、地球で起きた奇跡は、すべて鉄抜きには語れない。鉄のもつ類まれなる特性という視点から見た、生命・文明・環境論。


鉄が文明の発展だけでなく、生命の進化にとって、どれほど重要な役割を果たしているかについて書かれた良書。かなり高度な生物学的内容まで含まれているので、工業的な鉄の話だけだと思って読むと面食らうかもしれない。

別の書籍で森林資源が枯渇によって文明が崩壊して行く内容のものを読んだが、ここにも鉄が絡んでいたのか! 鉄器で圧倒的優位に立ちながらも、帝国を維持できずに崩壊して行った勢力は、森林資源の枯渇によって、鉄を安定的に供給出来なかったのだ。早くから製鉄技術を手に入れながら、中国が停滞してしまった理由についても言及。

文明化による格差解消だけでなく、地球温暖化の切り札にさえなるかもしれない鉄の秘められた力には驚いた。鉄を散布するだけで、地球温暖化を食い止められるかもしれないとは、夢のようである。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ゲームの教科書(ちくまプリマー新書098)

ゲームの教科書(ちくまプリマー新書)ゲームの教科書(ちくまプリマー新書)
(2008/12)
馬場 保仁、山本 貴光 他

商品詳細を見る

人気ゲームの作者が、ゲーム開発の秘密をぜんぶ教えます。プロになりたい人から教養として知りたい人まで、ゲームの「全体像」をつかめる一冊。


ゲームそのものについて論じた本かと思っていたら、実際には「ゲーム業界の教科書」若しくは「ゲーム業界の歩き方」のほうが題名として相応しい内容だったのが少し残念である。ゲーム業界を志す中高生あたりが読めばちょうど良いのかもしれないが。

ゲームに興味があるだけの人が読んでも、いろいろと手遅れじゃないか……。入門書としては良いが、教科書的な事しか書いていないので、本気で就職を考えている人は、より綿密な業界研究が必要となるだろう。

ゲームを作るために必要となる様々なプロフェッショナルについて、詳しく説明されている。一部の大手以外はゼロから人を育てる余裕なんて無いだろうから、音楽やグラフィックなどに関わる人は、アマチュア時代からそれなりの実績を示さないと難しいだろう。多くの人々が関わる事になるので、コミュニケーション能力と協調性も欠かせない。

「ゲーム」について知りたくて手に取ったのだが、求めていた内容とは少し違った。この内容なら「ゲーム業界の教科書」という題名にしておいて欲しかった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

市川由衣制服コレクション

市川由衣制服コレクション市川由衣制服コレクション
(2003/02)
瀬古 正二

商品詳細を見る

市川由衣 制服コレクション。グラビアアイドルNo.1、市川由衣ちゃんの制服姿が目白押しのポスターコレクション。しかも、着用の制服は全て全国の高校から選んだ「本物」です。 そして、12枚の裏面はパズル式で、等身大の彼女に会えるオマケ付。ノスタルジックなポエムも添えて、この寒い冬、あなたに贈るあったかーい1冊。


これも、繁華街を歩いていたら書店の入り口にガッツリ並べられていて、思わず表紙に釣られて買ってしまった一冊。制服コレクションだから、全部JKなので超鼻血でる(をいっ!)。

ペラいコスプレ用のを適当に着せるのではなくて、全部、実在の高校制服である。しかし、全国の高校から選んだと宣伝しながら、大半が首都圏なのは残念。九州、関西のほうが可愛いのにな。首都圏最強の東京女学館が入っていたら神だったのに(´・ω・`)


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

小倉優子完全ムック

小倉優子完全ムック

その昔、繁華街を歩いていたら書店の入り口にガッツリ並べられていて、思わず表紙に釣られて買ってしまった一冊。こりん星人ではない自分にはちょっとだけ残念だったけど、ゆうこりんファンだったら無問題な出来だと思う。

大半が水着で、コスプレは少なめ。チャイナやアラビアンといった、アメリカ人が喜びそうなパーティ・グッズ系のが多くて、猿までいるのには笑った。モンキー・コスプレとか、誰得!? とりあえず、JKとメイドさんはGJである。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

村上春樹

攻略対象書籍は以下。

長篇小説
風の歌を聴け』★★★☆
1973年のピンボール』★★★
『羊をめぐる冒険』
『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』
『ノルウェイの森』
『ダンス・ダンス・ダンス』
国境の南、太陽の西』★★★☆
『ねじまき鳥クロニクル 「第1部 泥棒かささぎ編」』
『ねじまき鳥クロニクル 「第2部 予言する鳥編」』
『ねじまき鳥クロニクル 「第3部 鳥刺し男編」』
『スプートニクの恋人』
海辺のカフカ』★★★★
アフターダーク』★★★☆
1Q84 book 1 <4月-6月>』★★★★
1Q84 book 2 <7月-9月>』★★★★
1Q84 book 3 <10月-12月>』★★★★
『ねむり』
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』★★★★


短編
『中国行きのスロウ・ボート』
『カンガルー日和』
『象工場のハッピーエンド』
『螢・納屋を焼く・その他の短編』
『回転木馬のデッド・ヒート』
『パン屋再襲撃』
『ランゲルハンス島の午後』
『TV ピープル』
村上朝日堂 超短篇小説 夜のくもざる』★★★☆
『レキシントンの幽霊』
神の子どもたちはみな踊る』★★★☆
『象の消滅 短篇選集1980-1991』
『東京奇譚集』
『めくらやなぎと眠る女』


エッセイ
『村上朝日堂』
『映画をめぐる冒険』
『村上朝日堂の逆襲』
『‘THE SCRAP’懐かしの一九八〇年代』
『日出る国の工場』
『村上朝日堂はいほー!』
『やがて哀しき外国語』
『村上朝日堂ジャーナル うずまき猫のみつけかた』
『村上朝日堂はいかにして鍛えられたか』
『村上ラヂオ』
『ポートレイト・イン・ジャズ』
『ポートレイト・イン・ジャズ2』
『波の絵、波の話』
『PAPARAZZI』
『使いみちのない風景』
『走ることについて語るときに僕の語ること』
『おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2』


紀行文
『雨天炎天 ギリシャ・トルコ辺境紀行』
『遠い太鼓』
『辺境・近境』
『辺境・近境 写真篇』
『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』
『シドニー!』
『シドニー!コアラ純情篇』
『シドニー!ワラビー熱血篇』
『東京するめクラブ・地球のはぐれ方』


絵本
『羊男のクリスマス』
『ふわふわ』
ふしぎな図書館』★★★☆


評論、対談、他
『意味がなければスイングはない』
『若い読者のための短編小説案内』
『またたび浴びたタマ』
『ウォーク・ドント・ラン 村上龍VS村上春樹』
『村上春樹、河合隼雄に会いにいく』
『夢を見るために僕は目覚めるのです


ノンフィクション
『アンダーグラウンド』
『約束された場所で underground 2』


共著
『夢で会いましょう』
『翻訳夜話』
『翻訳夜話 2 サリンジャー戦記』

1Q84 BOOK 3

1Q84 BOOK 31Q84 BOOK 3
(2010/04/16)
村上 春樹

商品詳細を見る

こは世界にただひとつの完結した場所だった。どこまでも孤立しながら、孤独に染まることのない場所だった。


天吾と青豆、視点が交互に切り替えられて進んできたこの物語に、牛河視点が混じってくる。牛河は教団から指示を受け、教祖を殺害したと思われる青豆へと近づいていく。

青豆に繋がる人物かもしれない天吾を監視し始める牛河。視線に気づき、出て行く美少女ふかえり。天吾と再会しなければならない青豆は、隠れ家を動かず、危機が迫る。

再会を果たした二人は、降りてきた場所から戻ろうとするのだが……。天吾、青豆、牛河のところへやって来る謎のNHK職員だけは正体が分かるのだが、空気さなぎもリトルピープルも、よく分からないまま終わってしまった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

1Q84 BOOK 2

1Q84 BOOK 21Q84 BOOK 2
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る

心から一歩も外に出ないものごとは、この世界にはない。心から外に出ないものごとは、そこの別の世界を作り上げていく。書き下ろし長編小説。


殺し屋、青豆。ベストセラーとなった「空気さなぎ」のゴーストライター、天吾。交わらないまま交互に続いてきた物語が、過去の接点から現在にかけて、次第に関わりを持ち出す。

少女を襲ったとされるカルトの教祖を暗殺する事になる青豆。しかし、「空気さなぎ」に書かれているリトルピープルが空想ではなく、現実側を侵食して来る。これはまだ再会していない天吾の側も同じで、月がふたつある世界へと放り込まれる。

ページ数の割にはサクサク読めるけど、いつもと同じくリトルピープルが何なのか、訳がわからないまま終わりそうで怖い。羊男のシリーズも、幻想的な村上ワールドに放り込まれるばかりで、よく分からないままだったし。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

1Q84 BOOK 1

1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る

1949年にジョージ・オーウェルは、近未来小説としての『1984』を刊行した。そして2009年、『1Q84』は逆の方向から1984年を描いた近過去小説である。そこに描かれているのは「こうであったかもしれない」世界なのだ。私たちが生きている現在が、「そうではなかったかもしれない」世界であるのと、ちょうど同じように。


題名がジョージ・オーウェルの「1984」に似ていると思ったら、時間の方向を逆に向けた近過去小説なのか。1984年という設定なのだが、古臭さは感じず、油断すると現代か近未来の話のように思えて来る。時代を感じさせるような要素は極力排除しているからだろうけど。

高速で渋滞に巻き込まれた殺し屋の女が、タクシーの運転手に勧められて歩いて高速を降りたら、自分の知っている世界とは少しズレた場所に迷い込んでしまう。ほとんど同じ日本だが、警察の装備が向上しており、自分が知らない大事件が関わっている事に気づく。

小説家志望の塾講師が編集者に依頼され、17歳の美少女が応募してきた小説を書き直して受賞させる事に。カルト化した宗教法人から逃れてきた少女には識字障害があり、本はほとんど読めなかった。

殺し屋の青豆と、小説家志望の天吾の物語が交わらないまま交互に続いて行くのだが、過去の出来事やカルト化する集団の起こした事件が接点となって行く。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

サンタ・クラリス・クライシス

サンタ・クラリス・クライシス (富士見ファンタジア文庫)サンタ・クラリス・クライシス (富士見ファンタジア文庫)
(2005/12)
ヤマグチ ノボル

商品詳細を見る

「そ、そ、空飛んでる!」目を開けると、地面がぐんぐん遠ざかっている。浩二は仰天した。浩二を支えているのは、巨大ペンギンが引くソリ。それを引く主は、金髪の超絶美少女だった!クラリスと名乗る彼女は、修行のため日本にやってきた見習中のサンタだという。彼女と偶然出会った幸運な(不運な?)少年・桐生浩二は、晴留矢高校二年生。宿なしのクラリスは、浩二の家に居候することに。「一宿一飯の義理」から、浩二の恋を成就させてくれると言うが―。一度も恋をしたことがないクラリスは、イブまでに「好き」を勉強すると堂々宣言。美少女サンタが聖夜に巻き起こす、ときめき☆ラブ・クライシス。


どうしようもないダメンズ軍団の一人、浩二のもとに降りてきたのは金髪碧眼ツインテールの美少女サンタクロース! サンタクロース見習いのクラリスはフィンランドから修行のため日本まで来たのだが、浩二が片想い中の相手、智子をプレゼントするため奮闘する。見習い中だから赤じゃなくて黒いサンタ服だが、色が違うのも可愛くてよろしい。ソリを引くのがトナカイじゃなくて巨大ペンギンなのは違和感あるが。

日本に来たのがクリスマス直前ではなかったので、浩二の家に居候して、留学生として高校にも通ってしまう。文化祭とかいろいろあってGJである。文化祭と言えば、定番のメイド喫茶! 金髪碧眼ツインテールのメイドさんとか、超鼻血出る(をいっ!)。

最初は智子と浩二をくっつけようとしていたクラリスだが、二人が仲良くなって行くのがだんだん腹立つようになって来て……。どう考えてもちょっと可愛いクラスメイトより、金髪碧眼ツインテール美少女(しかも胸が大きい)のほうが良いと思うのだが。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

重力とは何か(幻冬舎新書260)

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)
(2012/05/29)
大栗 博司

商品詳細を見る

私たちを地球につなぎ止めている重力は、宇宙を支配する力でもある。重力の強さが少しでも違ったら、星も生命も生まれなかった。「弱い」「消せる」「どんなものにも等しく働く」など不思議な性質があり、まだその働きが解明されていない重力。重力の謎は、宇宙そのものの謎と深くつながっている。いま重力研究は、ニュートン、アインシュタインに続き、第三の黄金期を迎えている。時間と空間が伸び縮みする相対論の世界から、ホーキングを経て、宇宙は一〇次元だと考える超弦理論へ。重力をめぐる冒険の物語。


読むと重力の事がよく分かるようになるのではなくて、逆に分からなくなって来る。というか、人類が重力についていかに分かっていないかが、よく分かるといった感じか。

ニュートンからアインシュタイン、そして超弦理論まで含めて解説して行くのだが、すべての力を統一出来るだけの万物理論がまだ分かっていないからなぁ。数式など使わずに分かりやすく書かれてはいるのだが、基礎知識が皆無で読むのは厳しいかもしれない。とりあえず、ガチ文系でもSF者ならばついていけるであろう。

下降中のエレベーター内部で実際に重力が弱まり、体重が微妙に減るというのは驚いた。太って困る人は、高速エレベーターの下りで体重を計るのがお勧め(笑)。実際に体重計を持ち込んだりしたら、エレベーターガールのお姉さんに怒られちゃうかもしれないが。

リサ・ランドール教授の『ワープする宇宙』にも一次元分落として考える方法が書かれていたけど、フラットランドの話は分かりやすくて良いよね。二次元を通る三次元球体は、二次元人が見れば円が拡大したり縮小するようにしか見えない。

重力が変化すると円周率3.14が成立しなくなったりするのも驚きである。ゆとり教育的に3で良いというおバカなオチではなくて、これも二次元を利用してわかりやすく説明している。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。
(2011/07/28)
千田 琢哉

商品詳細を見る

漫画しか読まなかった若く貧しき日の著者が、自腹で1,000万円を投資し1万冊を読破してつかんだ「つまらない人生」を変える超実践的読書術。


この本を読んで人生が変わりました。顔面偏差値たったの5かゴミだなと言われ、ラディッツ様から馬鹿にされていた私も、今では顔面偏差値1万と2000を超えるイケメンになって、モテ期到来でウハウハです! 読めば読むほど若返るし、末期の喪病とチャイコフスキー症候群を併発して医者からも余命30ペソとか言われてたのに奇跡が起こって全快したし、ハーバード大学ヴォーカロイド学部にも合格しちゃうし、アメリカン・ロトの紋章にも当たるし、亞北ネルさんという金髪横ポニ美少女の嫁が出来たし、日本経済は復活して少子化も解消され1000兆円の借金も返済してついでに常任理事国にもなっちゃうし、大日本帝国国防軍にはオスプレイどころかガンダムまで配備されちゃうし、紅白歌合戦にはただでさえ天使のミクさんが出場するし、来年の大河ドラマは「プラナスガール」に決まったし、もう人生最高です!!!1 うわーい、生きてて良かった。この本に出合えて良かった(・∀・)

よくある内容が無いよう系のプラセボ本である。この手の本では中谷彰宏が有名だが、独りよがりで説得力に欠ける分、中谷彰宏より劣る。中谷彰宏が書いている本を劣化させて真似したような内容なので、これを読むくらいなら中谷彰宏の本を読んだほうがまだマシ。

出版業界人の事情により、この手の本には必ず「本は買わなければ身につかない」というような事が書いてある。すぐに買え! 初版で買え! 文庫になるまで待たずに買え! 新刊が出たら買え! 迷ったら買え! 買え! 買え!! 買え!!!

学生時代に1000万円も書籍費に投じたという出だしも、「はいはいお金持ちのリア充は幸せでいいですね!」としか思えない。全部自腹で稼いで捻出したのならともかく。この手の本に容易く騙される愚者がたくさん本を買ってくれるから、ますます勝ち組が富み栄えるのだけど。この本を読んでなんだか気分がよくなって来たそこの貴方! 信者と化してますよ。

買ってもらえないと出版業界が潤わないし、この不況では必死に売りたくもなるだろうが、万人が何も考えずに買いまくるほど書籍代を捻出出来るわけじゃないんだよ。金持ちは買えば良い。だが、貧乏人はどうなる? 買おうと借りようと、読めば中身は吸収されるはず。辞書や参考書類のように、繰り返し使う、書き込んで使うようなものは自前で揃える必要があるだろうけど、お金が無い人は図書館で借りればよろしい。

自分で買った人しか本が役に立たないのだとしたら、図書館が存在する意義は? だいたい、買わないと駄目なのなら、音楽もCDを買わないと身につかないし、映画だってDVDを買わなければ自分のものにはならない。美術や芸術だって、自分で買わないと駄目だという事になるが、貴方達は当然、ゴッホやルノアール、ピカソを見るだけではなく、100億くらい払って自分の物にして芸術を身につける訳ですよね!? 自分で買わないと本が身につかないのなら、ゴッホだって美術展で眺めるだけでは身につかないから自分で買わないと駄目ですよね。

読書をすると顔が対称になるとか、美人になるとかいうオカルトまで書いてあって無茶苦茶すぎる。全ブサメンとブサイクを敵に回すなんて凄いな(汗)。そういう貴方も本を読んでいるのにイケメンじゃないですよと突っ込んでる人がいたけど(笑)。じゃあブサメンやブスは読書してないからか!? 読書で美形になれるのなら、整形外科や化粧品会社は滅びるじゃないか。本を買えない貧乏なアフリカやアジアの国々にはブサイクばかり住んでいて、本が巷に溢れている先進国は美男美女がたくさんいるという事で宜しいか!? 本を読む人に貧乏人はいない発言も、全俺を敵にまわした! リア充爆発しろ!!


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

桜庭一樹

攻略対象書籍は以下。
一部、山田桜丸名義あり。

『ロンリネス・ガーティアン』
『ルナティック・ドリーマー』
『Girl's Guard 君の歌は僕の歌』
『B-EDGE AGE 獅子たちはアリスの庭で』
『B-EDGE AGE 獅子たちはノアの方舟で』
『竹田くんの恋人』
『赤×ピンク』
『推定少女』
『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』
少女には向かない職業』★★★☆
『ブルースカイ』
少女七竈と七人の可愛そうな大人』★★★★
赤朽葉家の伝説』★★★★
青年のための読書クラブ』★★★★
私の男』★★★☆
『荒野』
『ファミリーポートレイト』
『製鉄天使』
道徳という名の少年』★★★☆
『伏 贋作・里見八犬伝』
『ばらばら死体の夜』
『傷痕』
『無花果とムーン』

EVEシリーズ
『イヴ・ザ・ロストワン』山田桜丸名義
『イヴゼロ The Beginning EVE』山田桜丸名義
『EVE TFA 亡き王女のための殺人遊戯』
『EVE burst error PLUS サヨナラキョウコ、サヨナラセカイ』

GOSICK -ゴシック-シリーズ
『GOSICK -ゴシック-』
『GOSICK II-ゴシック・その罪は名もなき-』
『GOSICK III-ゴシック・青い薔薇の下で-』
『GOSICK IV-ゴシック・愚者を代弁せよ-』
『GOSICKs-ゴシックエス・春来たる死神-』
『GOSICK V-ゴシック・ベルゼブブの頭蓋-』
『GOSICKs II-ゴシックエス・夏から遠ざかる列車』
『GOSICK VI-ゴシック・仮面舞踏会の夜-』
『GOSICKs III-ゴシックエス・秋の花の思い出-』
『GOSICK VII-ゴシック・薔薇色の人生-』
『GOSICKs IV-ゴシックエス・冬のサクリファイス‐』
『GOSICK VIII -ゴシック-』

ノベライズ
『アークザラッド』山田桜丸名義
『学園都市ヴァラノワール 未来は薔薇の色』
『ジェネレーション・オブ・カオス3 時の封印』
『555』

エッセイ
『二代目のバカにつける薬』(山田桜丸名義)
『桜庭一樹日記 BLACK AND WHITE』
『桜庭一樹読書日記 少年になり、本を買うのだ。』
『* 書店はタイムマシーン 桜庭一樹読書日記』
『お好みの本、入荷しました 桜庭一樹読書日記』


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

道徳という名の少年

道徳という名の少年道徳という名の少年
(2010/05/11)
桜庭 一樹

商品詳細を見る

「愛してるわ!ずっと昔から…。子供の頃から、愛していたわ!」町でいちばん美しい、娼婦の四姉妹が遺したものは?(1、2、3,悠久!)、黄色い目の父子と、彼らを愛した少女の背徳の夜(ジャングリン・パパの愛撫の手)、死にかけた伝説のロック・スターに会うため、少女たちは旅立つ(地球で最後の日)、 ―桜庭一樹のゴージャスな毒気とかなしい甘さにアーティスト野田仁美が共振してうまれた、極上のヴィジュアルストーリー集。


会話がほとんど無く、地の文章だけで綴られる神視点の童話みたいな感じになっている。道徳という名の少年が主人公かと思ったら、どんどん世代交代して行くじゃないか。

美貌の家系に生まれた人々の歴史だが、美しく生まれても数奇な運命を辿り、大抵は醜く惨い死を迎えてしまう。章が進むたび、それまでの主人公は親になったり、死んだり、殺されたりして、アッサリと物語の舞台から退場して行く。

主人公を消費しながら、ひたすら未来へ向かって物語が進んでいくのだが、それぞれの人生がBAD ENDだらけで哀しくなって来る。しかし、若い頃は良い思いもしているので、最初から最後まで不遇の人生を送る人々と比べたら、リア充期間が与えられているだけマシか。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

野田昌宏

攻略対象書籍は以下。

銀河乞食軍団シリーズ
『銀河乞食軍団1 謎の故郷消失事件』
『銀河乞食軍団2 宇宙翔ける鳥を追え!』
『銀河乞食軍団3 銀河の謀略トンネル』
『銀河乞食軍団4 宇宙コンテナ救出作戦』
『銀河乞食軍団5 怪僧ゴンザレスの逆襲』
『銀河乞食軍団6 炎石の秘密』
『銀河乞食軍団7 決戦!金太郎岩礁』
『銀河乞食軍団8 隠元岩礁に異常あり!』
『銀河乞食軍団9 タンポポ村、発見!』
『銀河乞食軍団10 次元穴のかなた』
『銀河乞食軍団11 タンポポ村、還る!』
『銀河乞食軍団12 異変! <星古都>星系』
『銀河乞食軍団13 異次元の美姫』
『銀河乞食軍団14 宇宙妖魚の怪』
『銀河乞食軍団15 宇宙艇レース狂躁曲』
『銀河乞食軍団16 クロパン大王、宇宙艇レースに出艇』
『銀河乞食軍団17 クロパン大王、出撃!』
『銀河乞食軍団外伝1 木枯山猫街道8番地』
『銀河乞食軍団外伝2 禿蔓草107号只今出動!』
『銀河乞食軍団外伝3 キャットントン星系宝船事件』
『銀河乞食軍団外伝4 金米糖錨地、トマト爆弾事件』


レモン月夜の宇宙船』★★★★
『宇宙からのメッセージ』
『あけましておめでとう計画 - 実録・日本テレワーク物語』
 =キャベツ畑でつかまえて - 実録・日本テレワーク物語
『風前の灯!冥王星ドーム都市』

エッセイ
スペース・オペラの書き方』★★★☆
『愛しのワンダーランド スペース・オペラの読み方』



ノンフィクション、SF解説
『SF英雄群像』
『SF考古館』
『SFパノラマ館』
SFを極めろ!この50冊
『図説 ロボット - 野田SFコレクション』
『図説 ロケット - 野田SFコレクション』
『図説 異星人 - 野田SFコレクション』
『宇宙船野郎 月に行く夢にかけた男たち』
『少年宇宙飛行士』
『やさしい宇宙開発入門-予備知識不要! スプートニクから宇宙ステーション構想まで』
『野田昌宏の宇宙旅行史 曙編 - 近代ロケットが叶えた人類の夢』
『宇宙ロケットの世紀』


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スペース・オペラの書き方

スペース・オペラの書き方―宇宙SF冒険大活劇への試み (ハヤカワ文庫JA)スペース・オペラの書き方―宇宙SF冒険大活劇への試み (ハヤカワ文庫JA)
(1994/10)
野田 昌宏

商品詳細を見る

魅力的なキャラクターを創る方法とは、ストーリーの盛り上げかたは、作ったアイデア・カードの活用方法とは、といった創作の秘訣から、ホテルでのカンヅメの仕方、ライティング・デスクとチェアの選び方、さらにはSFプロ作家のワープロ・ソフト大公開まで、具体的な創作方法をわかりやすくおもしろく語り、星雲賞を受賞した文章読本を文庫化にあたりバージョンアップ。これを読めばあなたもプロ作家になれる。


「お願い!プロは読まないでちょうだい」などと言っているので、一体どんな秘密のノウハウが書かれているのだろうと期待すると大きく裏切られる。宇宙軍大元帥のエッセイとして読めば楽しいけれども、スペース・オペラを書くためのノウハウ本ではない。

内容が、かなり濃いSF絡みになっているので、普通の小説を書きたい一般人向けでもない気がする。逆にディープなSF者がスペース・オペラ以外を書きたい時には使えそうな気はするが。じゃあエッセイとして読む以外に意味は無いのかと言われれば、右往左往シートの存在だけでも、一読する価値はあると思う。「スターウルフ」の進行表みたいなのまで分析して作っているけど、中身を細かく解剖してみると、名作は緻密に計算されて書かれている事が見えてくる。

「これを読めばあなたもプロ作家になれる」なんて説明に書かれているが、アホでも書けるようになるノウハウが鏤められている訳ではなく、地道な努力が求められている。まず、膨大な量のインプットだが、過去作品を手当たり次第に読みまくる。重度のSF者ならともかく、この時点でもうクリア出来ていない人が大半なんじゃなかろうか。

アンデルセン童話を嫌っている部分には激しく同意。やはり物語はハッピーエンドで終わらないと。現実世界がこうまでクソで地獄なのに、何で物語の中まで嫌な目に遭わされなきゃならないのか。嫌な話やバッドエンドを楽しく読める人というのは、実人生が幸福なんだろうな。不幸な話を読んで、我が身の幸せを再確認する、というような事を、穂村弘も何かに書いていた。不幸な人間がバッドエンドな物語を読むと、余計に気分が滅入るんだよな。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

レモン月夜の宇宙船

レモン月夜の宇宙船 (創元SF文庫)レモン月夜の宇宙船 (創元SF文庫)
(2008/11)
野田 昌宏

商品詳細を見る

F研究家、翻訳家、作家として活躍し愛された野田昌宏。その作家活動の第一歩となった作品を表題とした第一短編集を大幅増補、書籍初収録短編一編と初期の傑作エッセイの数々を加えて贈る。生涯の名台詞となる「SFってなァ、結局のところ絵だねェ」が誕生したエッセイ、生涯の愛称となった「宇宙軍大元帥」を初めて名乗った小説風記事も収録した。詩情に満ちた名品ぞろいである。


SF短編集なのかと思ったら、エッセイも混ざっているし、SFにもエッセイにも野田昌宏本人が登場するので、どこまでが本当の話なのか分からなくなって来る。「宇宙軍大元帥」の肩書きまで登場するが、設定がかなり厨ニ病的ご都合主義で笑える。

「火星を見た尼僧」と「パノラマ館」は初収録らしいので、ハヤカワ文庫から出たのを読んだ人もゲットする価値があるかもしれない。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

虐殺魔法少女ベリアル☆ストロベリー

虐殺魔法少女ベリアル☆ストロベリー(1) (BLADE COMICS)虐殺魔法少女ベリアル☆ストロベリー(1) (BLADE COMICS)
(2008/01/10)
倉藤 倖、日日日 他

商品詳細を見る

虐殺魔法少女ベリアル☆ストロベリー(2) (BLADE COMICS)虐殺魔法少女ベリアル☆ストロベリー(2) (BLADE COMICS)
(2008/07/10)
倉藤倖

商品詳細を見る


全2巻完結。

題名が厨二病すぎて恥ずかしい(笑)。そして題名だけでなく、中身もぶっ飛んでいた件! 普通の魔法少女物と違って、人間は戦争に敗北してしまい、地上は悪魔に支配された世界になっている。しかし支配しているのが腐敗政党じゃなくて悪魔になっているだけで、日常生活を送っているからあんまり変わらんな。気にくわない人間を悪魔がフルボッコにしたりしているけど、別に人類の不良でも同じだし。

荒んだ世界にやって来たのは妖精さん。能力のある少女を見つけて魔法少女にしようとするが、人選を思いっきり間違えてしまい、極悪な性格の虐殺魔法少女が誕生! 力を得た魔法少女は、今までの不満を爆発させ、悪魔をぶち殺してしまい、犯罪者扱いに。

2巻で終わっちゃうから、バトルに関してはラスボス含めて盛り上がりに欠けるのが残念。虐殺魔法少女の猪突猛進で無茶苦茶なところはGJである。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

さざなみチェリー

さざなみチェリー (IDコミックス わぁい!コミックス)さざなみチェリー (IDコミックス わぁい!コミックス)
(2011/10/20)
神吉

商品詳細を見る


別の女にフラれた日、電車で出会ったツインテールの超可愛い女子中学生の事が好きになって告白する主人公。だがしかし、宝箱はミミックだったツインテールの美少女女子中学生は男だった!

男だと分かると距離を置いちゃうというのが普通のパターンだが、性別気にせずそのままフラグ立ててしまうのが凄いな(汗)。二人でいちゃいちゃラブラブ展開になるのだが、お姉さんに反対されてしまう。つーか美人なお姉さんまで男じゃないか(汗)。相手の家族の遺伝子はどうなってるんだ……。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

多和田葉子

攻略対象書籍は以下。

『三人関係』
犬婿入り』★★★
文字移植』★★☆
聖女伝説』★★☆
ゴットハルト鉄道』★★★
『きつね月』
飛魂』★★★
ふたくちおとこ』★★★
『カタコトのうわごと』
『光とゼラチンのライプチッヒ』
『ヒナギクのお茶の場合』
変身のためのオピウム』★★☆
球形時間』★★★
『容疑者の夜行列車』
『エクソフォニー 母語の外へ出る旅』
旅をする裸の眼』★★★☆
『傘の死体とわたしの妻』
『海に落とした名前』
アメリカ 非道の大陸』★★☆
『溶ける街透ける路』
『ボルドーの義兄』
『尼僧とキューピッドの弓』
『雪の練習生』


『アルファベットの傷口』=『文字移植』(改題)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

旅をする裸の目

旅をする裸の眼旅をする裸の眼
(2004/12)
多和田 葉子

商品詳細を見る

社会主義国のベトナムから、東ベルリンへと向かう少女。ふとしたきっかけで、彼女は西ドイツ・ボーフムへと連れ去られてしまう。ボーフムから逃げ出した少女は、やがてパリへとたどり着く―。言語、国家、政治体制、さまざまな“境”を越え移動する少女は、行く先々で、カトリーヌ・ドヌーヴの映画と出会う。境界の向こう側に見えるものを生理的感覚で捉えた長編小説。


世界が東西で対立していた時代。ベトナムで生まれ育った少女が、ベルリンで開催される全国青年大会に出席するため東ドイツへ行ったところ、レストランで偶々居合わせたドイツ人青年のせいで、とんでもない事になってしまう。

東側世界では優等生だったはずなのに、目が覚めるとそこは西ドイツだった。ウォッカを飲まされ、寝ている間に拉致されて西側世界へ。鉄のカーテンに隔たれた東側には戻れなくなり、放浪人生が始まる。

拉致されたのだから、普通に戻れば良いのに、資本主義を批判、否定しつつも、ズルズルと西側世界に居続け、この後は宿主を次々と乗り換えながらのパラサイト生活を繰り返す。居場所や食事だけでなく、時には映画を観るためのお小遣いまで貰いながら、猫のように気ままな生活。とんでもない女だな(笑)。

同棲していたドイツ人青年のところから逃げ出し、無賃乗車で列車に潜り込めば、行き先はパリで、さらに深みに嵌ってしまう。紹介された女性の家にパラサイト状態。その後もふらりと飛び出しては、夫婦の家に住み込んだり、男の家に住み込んだり、何年も経ってから昔住んでいた人のところに戻ったりと、パラサイト人生を続けるのだった。

資本主義を批判するクセに、完全に資本主義に依存しているし、ほとんど労働もせず、他人に面倒見てもらうばかり。そうこうするうちにベルリンの壁が壊され、ソ連すら無くなってしまい、帰るべき東側世界が消滅してしまう。

主人公は、ある女優に惹かれて映画ばかり観ているのだが、映画部分は断片でしか語られない。13に分けられた章全てが、カトリーヌ・ドヌーヴが出演したうちの13作品と対応している。この小説は、対応している作品を全て観ているような映画通じゃないと、本当の意味では楽しめないような気がする。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

視えるんです。

視えるんです。 実話ホラーコミックエッセイ (幽ブックス)視えるんです。 実話ホラーコミックエッセイ (幽ブックス)
(2010/05/19)
伊藤三巳華

商品詳細を見る

視えるんです。 2 (幽BOOKS)視えるんです。 2 (幽BOOKS)
(2011/07/01)
伊藤三巳華

商品詳細を見る

視えるんです。3 (幽BOOKS)視えるんです。3 (幽BOOKS)
(2012/08/24)
伊藤三巳華

商品詳細を見る


小さい頃にお化け団地で育った著者。半透明なおばけ乳母たちの英才教育を受け、お化けの世界を教えこまれたそうです。「幽霊ってホントにいるの?」とよく聞かれ、正直、「います」とははっきりいえないという。「いる」とは言い切れないけれど、視えて、聞こえて、話して・・・と三巳華さんの日常の中でごく自然にありうる風景を描いのが本作品。三巳華さんいわく、「自分はホラー好き=幽霊好きというわけではありませんが、幽霊達のみせる「人間らしさ」に、「怖い、悪い」だけの存在とは思えない部分があります。書くことで幽霊たちが浄化につながれば、という思いで描いています」。


お化け団地で育ち、おばけ乳母から英才教育を受けた著者による、様々なものが視える話。実話系となっているが、幽霊や怪異ネタなので、どこまで本当なのかは不明である。この世界の常識を超えた事象を扱っているだけに、どう頑張っても証明する事は出来ないだろうし。

それにしても、ここまで変なものが視えまくったら大変だろうなぁ。慣れるしかないと言っているが、怖いのも慣れたりするものなのだろうか!? お化けの世界もいろいろな性格の奴がいるようである。相手してあげないと怒る子供のお化けとか、夜中の2時になると起こそうとするお化けとか、なかなか個性的な奴らが揃っている。幽霊だけじゃなくて、お稲荷様や菊理媛神まで視ていて、霊能力の高さに驚かされる。

本当は話を作っているのではないかと思うくらい、とんでもないものが次々と出て来る。『ソレミテ ―それでも霊が見てみたい』で、小野寺浩二と石黒正数が、ひたすら何も視る事が出来ずに苦戦するのとは対照的である。二人に伊藤三巳華と同じ能力があれば、幽霊に会う事が出来たのに。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

A・E・ヴァン・ヴォークト

攻略対象書籍は以下。

『スラン』
『武器製造業者』
『非Aの世界』
『宇宙船ビーグル号の冒険』
『ロボット宇宙船』
『イシャーの武器店』
『宇宙嵐の彼方』
『宇宙製造者』
『惑星売ります』
『非Aの傀儡』
『銀河帝国の創造』
『月のネアンデルタール人』
目的地アルファ・ケンタウリ』★★★★
『未来世界の子供たち』

短編
『拠点』(日本オリジナル)
『地球最後の砦』
『時間と空間のかなた』
『終点:大宇宙』
『原子の帝国』
『モンスターブック』



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

目的地アルファ・ケンタウリ

目的地アルファ・ケンタウリ

宇宙における歪みが、太陽系に破滅をもたらすという予測にもとづいて、地球を脱してアルファ・ケンタウリへ向かう宇宙船があった。天文学者レズビー博士の率いる〈人類の希望号〉である。だが理論上のミスから予定速度が出せず、宇宙船は難航した。船内には不平不満が満ち、やがて反乱へと発展したが、〈希望号〉はシリウスへ、プロキオンヘ、そしてアルタへと人類の新天地を求めて果てしなき虚空の旅を続けた。しかしその間、船内では五世代にわたって乗組員が交代し、やがて意外な事実が暴露された。鬼才ヴォークトが放つタイム・ギャップSF。


外星系に向かうだけの冒険SFなのかと思ったら、巨大な移民船で放浪する話だった。当初、予定されていた速度が得られず、宇宙船は何十年も宇宙を漂う事に。地球を飛び立った頃の人々はいなくなり、船長の一族が世襲化して、特権階級となっている。

そのうち、地球に戻りたがる人々が反乱を企てたり、暗殺があったりと、内部でゴタゴタした挙句、目的地アルファ・ケンタウリは地球人に適した環境ではなく、先進文明があったので、移民出来ずに放浪する事に。

次の目的地はシリウスだったが、またしても知的種族がいて移民が叶わず。さらに遠く離れたプロキオンへ。宇宙船内での権力交代もあり、船長だったレズビーの一族から、騒動を生き延びたブラウン航海士の一族へ、実権が移る。

次の目的地では敵性文明に宇宙船を弄られて、光速が出せるように。内部の戦いでブラウンを倒したレズビーの後継者だったが、昔、反乱を企てて処刑された男の一族が反乱を起こし、実権を握る。

ゴタゴタ続きのまま、レズビーがエンジンを弄って光速を超えると、何故か過去世界の地球へ。地球からの干渉もあり、宇宙船が妙な具合になりながら、ラストは船の所有者が実権を掌握してハッピーエンドに落ち着いた。

近場に先進文明が多すぎるのは変な感じだったが、ただ放浪して世代交代して行くだけではなく、過去にリンクするという仕掛けが面白かった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

岩井三四二

攻略対象書籍は以下。

『簒奪者』
『斎藤道三 兵は詭道なり』
『連歌師幽艶行』 =改題『戦国連歌師』(文庫)
『月ノ浦惣庄公事置書』
『浪々を選びて候』
『十楽の夢』
『村を助くは誰ぞ』
『銀閣建立』
『竹千代を盗め』
『琉球は夢にて候』
『難儀でござる』
『一所懸命』
『悪党の戦旗 嘉吉の乱始末』
『大明国へ、参りまする』
『清佑、ただいま在庄』
『南大門の墨壺』
『たいがいにせえ』
『踊る陰陽師 山科卿醒笑譚』
『はて、面妖』
『一手千両 なにわ堂島米合戦』
『理屈が通らねえ』
『覇天の歌』
あるじは信長』★★★★
『城は踊る』
『鹿王丸、翔ぶ』
『とまどい関ヶ原』


『連歌師幽艶行』=改題『戦国連歌師』(文庫)



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

あるじは信長

あるじは信長あるじは信長
(2009/11/05)
岩井 三四二

商品詳細を見る

信長に雇われ、出世に意欲を燃やす相撲取りのがんばり、信長をたわけ呼ばわりしていた近習のしくじり、信長に借金をチャラにしてもらおうと画策する神官のなやみ、信長の側室に恋をしてしまった茶坊主のあやまち…。はからずも悲喜劇の主人公になってしまった無名の人びと。信長に仕えたばかりに運命に翻弄される家臣たちを『難儀でござる』の著者が描く。


信長に釣られて借りてみたけど、信長はほとんど出てこなかった。他の大名家みたいに家格がものを言う世界ではなく、百姓や海賊、山賊みたいな胡散臭い奴らでも、実力次第で出世出来るというのが素敵に思えるが、その分、熾烈な出世競争に巻き込まれるわけで、休む暇も無いのが辛いよね。なんか、急成長してるブラック企業奴隷戦士と同じような(笑)。

思う存分に力を発揮できる立場まで登れた者は良いのだが、この本に出てくる人々は大抵が小物で、自分ではどうしようもないまま、運命に翻弄されてしまうのが悲しい。信長に睨まれて斬り捨てバッドエンドとか、仕えたばかりに本能寺の変で討ち死に覚悟とか、領地の場所が悪くて否応無しに明智の謀反に巻き込まれ、羽柴に攻められて死ぬしかないとか、やるせない結末が多い。

独立した短編が8編。分量もないので、空き時間に少しずつ、手軽に読めるのが良い。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ