ガスマスクガール

ガスマスクガール 1 (MFコミックス アライブシリーズ)ガスマスクガール 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2010/05/22)
御影 石材

商品詳細を見る

ガスマスクガール 2 (MFコミックス アライブシリーズ)ガスマスクガール 2 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2010/12/22)
御影 石材

商品詳細を見る

街で起こる連続殺人事件「袋人間事件」、その犯人として噂されているのがガスマスクを被ったセーラー服の少女――通称「マスクさん」だ。ある日、偶然にもその彼女を目撃してしまったワッタ。しかもその素顔はなんと、同級生の氏家霧花だった! 果たして霧花は本当に殺人鬼なのか……!?


全2巻完結。

首無し死体の頭部に該当する部分に袋がつけられている連続殺人事件が発生。袋人間事件の犯人はガスマスクを被ったセーラー服少女。何の能力もないヘタレ少年が事件に首を突っ込んで、戦闘美少女とボーイ・ミーツ・ガールな感じはテンプレ通り。こういう駄目っぽい奴は、ハリウッドだと開幕早々に死亡フラグが立つのだけど、日本ではなぜか主人公になる件(笑)。

正体不明の袋人間と戦っているところへ、謎のヘルメット男が乱入してきて戦いを挑まれたり、ゴスロリツインテールなマスク美少女が現れたりするが、設定がほとんど明かされないまま、俺たちの戦いはまだ始まったばかり系エンドに\(^0^)/ 


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサーサイト

店長の憂鬱

店長の憂鬱1(バンブーコミックス) (バンブー・コミックス)店長の憂鬱1(バンブーコミックス) (バンブー・コミックス)
(2009/05/16)
碓井 尻尾

商品詳細を見る

店長の憂鬱 ② (バンブーコミックス)店長の憂鬱 ② (バンブーコミックス)
(2010/08/27)
碓井 尻尾

商品詳細を見る

店長の憂鬱 ③ (バンブーコミックス)店長の憂鬱 ③ (バンブーコミックス)
(2011/11/26)
碓井 尻尾

商品詳細を見る

全3巻完結。

絵が微妙だけど、ネタとしては笑える程度にはなっているかな。ギャグ部分よりも、雇われ店長の辛い立場がよく表れていて憂鬱になれる(笑)。休みも少ないし、オーナーじゃないから自由にならない部分が多すぎるし、売上は出さないとダメだし、堪らんなあ。まあ、ハイパーブラックとは違って飯を食う時間はあるので、ワ●ミとかと比べたら天国だろうけど。

一緒に働く店員だけじゃなくて、1人で回転ずし食べにくる幼稚園児やワインを持ち込むお姉さんなど、客もクセのある面々が登場する。いつも店長と電話でやり取りしているだけの社長が気になっていたのだが、登場してみれば……。おっさんかと思っていたら、チャラ男じゃないか(汗)。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

壊れた少女を拾ったので

壊れた少女を拾ったので (角川ホラー文庫)壊れた少女を拾ったので (角川ホラー文庫)
(2007/11)
遠藤 徹

商品詳細を見る

ほおら、みいつけた―。きしんだ声に引かれていくと、死にかけたペットの山の中、わたくしは少女と出会いました。その娘はきれいだったので、もっともっと美しくするために、わたくしは血と粘液にまみれながらノコギリをふるいました…。優しくて残酷な少女たちが織りなす背徳と悦楽、加虐と被虐の物語。日本推理作家協会賞短編部門候補の表題作をはじめ五編を収録、禁忌を踏み越え日常を浸食する恐怖の作品集。


単行本『弁頭屋』の改題という点に注意。表題作よりも、単行本の時の表題作である「弁頭屋」のほうが気色悪い。政府与党の暴走で戦争が始まり、日本国内でもテロが横行する世界。都内は危険なので田舎に移転した大学の傍で、人間の頭部に弁当を詰めて売る美人姉妹がいた。本物の頭を使用しているのにお咎めなしというのも怖いが、美人姉妹目当てに、その弁当を買って食う大学生も怖い。

「赤ヒ月」は、食べる者と食べられる者に分かれていて、自ら望んで食べられたりする世界観がグロすぎてキモい。ラストで食べる側食べられる側が入り乱れ、赤ヒ月の意味も明らかになる。好きな相手も食べないといけないとか、クレイジーすぎる。

「カデンツァ」は、家電製品の炊飯器と浮気した妻が子供まで生んでしまう話だったが、夫もホットプレートと浮気し始め、上司の相手は冷蔵庫だったりと、無茶苦茶な感じである。ボーカロイドなら何とかなりそうだけど、冷蔵庫とか無理ゲーすぎるじゃないか(笑)。

「壊れた少女を拾ったので」は、姉が嫁入りで出ていった家で、一人残された妹が壊れた少女を拾ってきて修理する話なのだが、最後まで読んでもよくわからない。結局、拾われてきた少女が妹で、妹になってる自分は姉で、無限ループしてるのか?


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

バベルの図書館

バベルの図書館 (FX COMICS)バベルの図書館 (FX COMICS)
(2014/01/22)
つばな

商品詳細を見る

彼女の心は壊れてしまった。ぼくの言葉で。言葉はパターンで、文字は記号の組み合わせでしかない。この世に書かれ得る文章は、実のところ限られている。紙に触っただけでそこに書かれる全ての文章を読む力を持つ少年・渡瀬くんと、天使の存在を信じる平凡な少女・相馬さん。渡瀬くんが相馬さんと一言一句まで同じ作文を書いたその日から、ひとつの物語が始まった――。日常に倦む女の子と、不思議な力を持った男の子。作り出された“運命の出会い"を描く、ちょっとダークなボーイ・ミーツ・ガールストーリー。


一字一句違わない、全く同じ作文を書いてしまった男女が先生に怒られるところから物語が始まる。確率としては有り得なくないが、普通は二人がふざけただけだと思うよなぁ。実は少年のほうに特殊能力があるのだが、確率的にほぼ有り得ない事が次々と起こるので、少女のほうがどんどん電波化して行く。

渡瀬量と相馬さんは、全く同じ作文の書き直しを命じられるのだが、偶然が何度も起こるものか試したところ、自由な発想で書いた文字が、またしても一致していた。相馬さんは気持ち悪くなって、先に帰ってしまう。2人が書いた紙きれには、両方に「天使の抜け道」と書いてあった。


渡瀬量は周囲の人間からあまり頭が良いようには見えないらしいが、テストはいつでも学年1位である。カンニングを疑った下衆なクラスメイトが、わざと数学の問題を聞きに行くのだが、渡瀬はまだ習っていない問題をスラスラと解いてしまう。

結果的には特殊能力による完全犯罪的なカンニングと言えるかもしれないが、ただのカンニングで学年1位になれる訳が無いと思うのだが。下衆の難癖って嫌だよね。

渡瀬が学年1位だという事。教室の冷房設備が壊れても渡瀬だけは動じない事。ありふれた日常の風景に過ぎないような事でも、相馬さんは天使と関係しているのではないか、天使からのメッセージではないのかと思い始める。そして渡瀬量の存在そのものが、今いる嘘の世界から天使のいる本当の世界へ行くための、「天使の抜け道」なのではないかと考え始める。

渡瀬量は、無限の組み合わせに思えて、実は有限の組み合わせでしかない言葉の連なりを読むための特殊能力を持っていた。普通の女の子に見えるが、その内面は幼少期に出会った天使に影響され、独創的な言葉を紡ぎ出す相馬さんの内面を見たいと思っていた。

言葉の裏にある禁忌の部分に触れるため、相馬さんが使っているノートと同じものを買って来て、相馬さんが物語形式で書いている日記を読み始める。渡瀬量は、紙に触れると、別の場所で書かれている言葉も読み取る事が出来るのである。

ある日、美術の授業で生徒達は石膏の球体を模写していた。漫画家のように絵が上手い中野の絵が生徒達に褒められるが、実物を見ずに想像で描いてあると、相馬さんの絵と比較しながら貶されてしまう。相馬さんは美術部で天使の絵も描いていたのだが、その絵は何者かに切り刻まれて完成しなかった。

最初は中野が疑われるものの、中野は否定し、絵を見たがった渡瀬が怪しいと言い出す。渡瀬は、何も書かれていないはずのノートを読んで、誰が犯人なのか気づいていた。

渡瀬は学校から帰る途中、相馬さんに何で絵を切り刻んだのか聞くのだが、相馬さんの事なら何でもわかると言われた彼女は逃げてしまう。当たり前である。誰も知らないはずの事を知っていたら、ストーカーみたいで怖いではないか。

ある日、相馬さんからの手紙が下駄箱に入っていた。中には幼少期に出会った天使の事が書かれてあった。公園のベンチで寝ていると、頭上を飛ぶ天使の歌声が聞こえた。大きな天使が飛んでいるのに、自分にしか見えず聞こえていないようだった。相馬さんは本当の世界を垣間見たと思ってしまう。今まで現実だと思っていた方が嘘だったんだ!

その日から、相馬さんは音や光や出来事に注意深くなり、天使が消えていった目には見えない抜け道を探し続けている。400文字の作文で渡瀬が全く同じ事を書いたのは合図だと言い始める。天使に関するやり取りを手紙でするようになるのだが、ある日、相馬さんは天使の絵を入れて、手紙の本文を入れ忘れてしまう。

手紙が入っていないのだから返事は書けないはずなのに、渡瀬がそれを読んで返事を書いて来た事で、ますます天使からの合図であると相馬さんが信じ込んでしまう。

相馬さんは天使の抜け道を見つけるため、屋上から紙ふぶきを撒いたり、何も書いていない手紙をポストに投函したり、電柱に色紙を貼ったり、何も思いつかない日には自分の足音を口笛で演奏したいた。何もしない日もあり、何も喋らない日がある。

そして、相変わらず下駄箱には手紙が届けられる。白紙の手紙に返事を書いてしまって以来、中身を確認するようになったが、相馬さんの手紙はいつも白紙である。

限界だと思った渡瀬は、自分の特殊能力の事を話して、今までの出来事のネタバレをするが、天使の合図だと信じ込んだ相馬さんはすっかり病んでして、信じようとはしなかった。

この後、おかしくなってしまった相馬さんに、渡瀬が悪魔だと思われる。この世界は悪魔の夢だから、悪魔を殺さないと覚めないと言われて刺されてしまう。

「さあ……戻って……」という声と共に、渡瀬は子供に戻っていた。子供の渡瀬は何故か天使の話を知っていて、相馬さんが天使と出会う事になる公園のベンチがあるところに何度も来るようになる。

そして相馬さんと出会い、同じような人生を歩むのだが、2週目? では天使の絵は切り刻まれずに完成してコンクールで金賞を受賞し、渡瀬は相馬さんと付き合っている。相馬さんは病んでいないが、渡瀬が扉となり、天使の抜け道から何処かに入って行く。向う側は病んでしまって渡瀬を刺す平行世界なのかもしれない。

2週目? の相馬さんは、天使の事を夢だと思っている。もう一度夢の中に天使が出て来た時は、自分が何かに凄く怒っていた。手にはナイフを持っていたのだが、いつの間にかそのナイフが花に変わっていて、天使に「あなたは救われました。さあ、ここが天使の抜け道だよ。」と言われる。


最後のほうが読み手によって様々な解釈が可能となる、曖昧な感じになっているのだが、後書きで描いてみたいなと思ったことのひとつに「選ばれなかった物語に手を差し伸べるようなお話」があったと書いてある。

という事は、分岐なのか平行世界なのか2週目なのか分からないけど、どちらかが選ばれなかった物語の結末だという事になる。渡瀬が選択肢を間違えて病んでしまうほうが本物で、やりようによってはこんな幸せな未来もあり得たのだという選ばれなかった結末だったら嫌だなぁ。出来れば、病んでしまうほうが選ばれなかった物語だったと信じたい。

最初は、渡瀬にタイムリープ能力まであるのかと思ったが、これは天使によるものなのかもしれない。相馬さんの脳内妄想かと思った天使が実在して過去を改変したのか、渡瀬にタイムリープ能力が備わったのか、従来持っている文字を読み取る力で遠い未来まで読み取ったのかは分からない。

しかし、ハッピーエンドのほうの結末が2週目なのは、ほぼ間違いないと思う。というのも、幼少期の相馬さんが公園のベンチで居眠りをして天使に出会うという出来事を知らなければ、渡瀬がその場に登場する事が出来ないからである。


∞の選択肢の中から選ばれなかった物語に想いを馳せる良作だった。ところで、選ばれずに消えてしまった私のパラレルワールド人生にも、トゥルー・エンドが存在したのだろうか? どの選択肢を選んでもBAD ENDルートばかりで酷い事になっている気がするのだが。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ぼくは航空管制官

ぼくは航空管制官ぼくは航空管制官
(1999/12/22)
PlayStation

商品詳細を見る


飛行機を操縦するシミュレーションは数多くあるが、航空管制官になって飛行機を離着陸させるゲームは珍しい。(このシリーズしか知らないけど、他にもある?)そこそこ良作で面白いのだけど、PC用でたくさん出ているものと違って、難易度が鬼すぎる。初級、中級、上級とあるが、格ゲーみたいに初級でやると難易度が下がるといったタイプではなく、全てを順にこなしていく形式になっている。

初級からすでに難しい。普通のゲームだと中級くらい。そして中級が上級くらいの難易度で、上級は鬼畜級無理ゲー……。これ、クリア出来た人いるのだろうか? 最後のほう、捌ききれなくなるのだけど。航空管制官がもう少し早口で喋ってくれないと指示出すの間に合いませんが(汗)。


評価:★★★★


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

有川浩

攻略対象書籍は以下。

『塩の町』
空の中』★★★★☆
海の底』★★★★☆
図書館戦争』★★★★
図書館内乱』★★★★
図書館危機』★★★★
図書館革命』★★★★
クジラの彼』★★★★☆
レインツリーの国』★★★☆
阪急電車』★★★★★
別冊 図書館戦争Ⅰ』★★★★
別冊 図書館戦争Ⅱ』★★★★
ラブコメ今昔』★★★★☆
三匹のおっさん』★★★★
植物図鑑』★★★★
フリーター、家を買う。』★★★★
シアター!』★★★★
シアター! 2』★★★☆
キケン』★★★★
ストーリー・セラー』★★★☆
県庁おもてなし課』★★★★
ヒア・カムズ・ザ・サン』★★★☆
『旅猫リポート』



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

県庁おもてなし課

県庁おもてなし課 (角川文庫)県庁おもてなし課 (角川文庫)
(2013/04/05)
有川 浩

商品詳細を見る

とある県庁に生まれた新部署「おもてなし課」。若手職員の掛水史貴は、地方振興企画の手始めに地元出身の人気作家・吉門に観光特使を依頼する。が、吉門からは矢継ぎ早に駄目出しの嵐―どうすれば「お役所仕事」から抜け出して、地元に観光客を呼べるんだ!?悩みながらもふるさとに元気を取り戻すべく奮闘する掛水とおもてなし課の、苦しくも輝かしい日々が始まった。地方と恋をカラフルに描く観光エンタテインメント。


高知県庁に生まれた「おもてなし課」の若手職員が、地元出身の人気作家に鋭い意見をされつつ、お役所仕事的ダメ公務員からデキる男に成長して行く。いつも通りのベタ甘成分が、今回はある意味2倍。ベタ甘路線に賛否両論だが、これが有川浩作品なのだから仕方ない。ベタ甘無して硬派な話が読みたければ、池井戸潤でも読めばいいと思うよ。

最初のほうは、無駄金使ってちっとも役に立たない公務員達に憤りを感じる。自衛隊や海上保安庁みたいな実働部隊はともかく、一般公務員はどこでもこんな感じなのだろうけど、民間感覚とかけ離れていて殺意すら湧いてくるレベル。一番有能なのが、県庁に染まっておらず、アルバイトから臨時採用された女の子というのがまた……。

普通に考えればすぐ分かりそうな問題が、公務員脳になっているから全然わからない。凝り固まった公務員脳を解きほぐすのは、青年作家と、かつて県庁でパンダ誘致論を唱えて県庁に干された男。こういう有能な人材を使いこなせないどころか潰してしまうのが、公務員という硬直した組織の駄目なところ。

最初はお役所仕事だった「おもてなし課」も、外の空気に晒されて意識が変わってくる。最初は典型的なお役所仕事公務員だった同僚まで! 課の意識は変われど、県庁全体は変わらないので、他の部署が障害となるばかりか、いろいろと難癖をつけてくる。若手はまだ朱に染まりきっていないのだから、団塊世代が退場した後の時代は、もっとマシになるのかもしれないが、この事無かれ主義な硬直感はもどかしい。

ちなみにお仕事小説というよりは、ベタ甘恋愛小説にお仕事風味がついている感じなので、池井戸潤みたいな辛口の内容を期待しちゃいけません。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

キリシタン武将黒田官兵衛

キリシタン武将黒田官兵衛―秀吉と家康から怖れられた智将キリシタン武将黒田官兵衛―秀吉と家康から怖れられた智将
(2013/10)
林 洋海

商品詳細を見る

信長の覇権を見抜き、秀吉を唆し、家康に与し、九州にキリシタン王国の壮大な設計図を描いた男の物語。後の黒田騒動・筆頭家老栗山大膳の事績を含め、播磨・九州・盛岡までフィールドワークした。


2014年度の大河ドラマの主人公になったので読んでみた。この人は、幸運補正がついて後の世で過大評価されている面々と違って、本当に能力値が高い。

秀吉や家康さえ、官兵衛の才能を恐れている。寡兵で敵大軍と戦って勝つ局面も度々あるが、これは自分で動員出来る兵数が少なかったため、やむを得ずといった感じである。不利な局面を、知略で逆転させるのが素晴らしい。秀吉の軍師というイメージが強いが、軍師としてはさほど活躍していないのが意外だった。

関ヶ原で日本が東西に割れた時には、九州で挙兵し、西軍諸大名を破っている。そのまま九州を平定して攻め上がり、家康を倒していたら面白かったのだが、光成があまりにも早く負けてしまったので、夢は叶わず。秀吉や家康と比べて及ばなかった部分があるとすれば、リアルラックだろうなぁ。

官兵衛死後の黒田藩三代目まで書かれているのだが、偉大すぎる父と比べたら、恰好をつけて石高を過大申請し、領民の負担を重くした長政は凡庸だし、三代目はバカボンボンどころか、どうしようもないクズじゃないか(汗)。

官兵衛の孫がこんなロクデナシだとは知らなかった。『寛永主従記』に出て来た馬鹿殿と戦えるレベルで酷いじゃないか。改易されずに済んだのが、奇蹟に思えるくらいである。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

SIMPLE2000シリーズ Vol.99 THE 原始人

SIMPLE2000シリーズ Vol.99 THE 原始人SIMPLE2000シリーズ Vol.99 THE 原始人
(2006/04/27)
PlayStation2

商品詳細を見る


SIMPLEシリーズの中ではかなりの良ゲー。原始人の群れを操作して原生林や活火山などを駆け巡る。食糧、石、鉄などを持ち帰り、集落を発展させて行くのだが、人口が増えるにつれて、様々な施設が出現する。進化に必要なキー・アイテムを得る事で、猿人から原人、旧人、新人と進化して行く。

このゲームの優れた点は、レベル制じゃないというところ。重い岩の壁などは、押し倒す事が可能な人数が決まっており、仲間を増やす事で行ける場所がどんどん増えていく。フィールドにはお肉になる草食動物や危険な猛獣だけでなく、恐竜がまだ生き残っていたりする。壁の向こう側にティラノサウルスらしきものが見えた時は (((( ;゚Д゚)))

最終ステージにいたラスボスが、ビックリマンのあいつにそっくりだった件(笑)。ちなみに、下手糞な人の救済策なのか、数多くの仲間を失った人は、チート性能の武器が入手可能。


評価:★★★★


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

冬物語

冬物語(1) (ヤングサンデーコミックス)冬物語(1) (ヤングサンデーコミックス)
(2013/07/01)
原秀則

商品詳細を見る

冬物語(2) (ヤングサンデーコミックス)冬物語(2) (ヤングサンデーコミックス)
(2013/07/01)
原秀則

商品詳細を見る

冬物語(3) (ヤングサンデーコミックス)冬物語(3) (ヤングサンデーコミックス)
(2013/07/01)
原秀則

商品詳細を見る

冬物語(4) (ヤングサンデーコミックス)冬物語(4) (ヤングサンデーコミックス)
(2013/07/01)
原秀則

商品詳細を見る

冬物語(5) (ヤングサンデーコミックス)冬物語(5) (ヤングサンデーコミックス)
(2013/07/01)
原秀則

商品詳細を見る

冬物語 6 (ヤングサンデーコミックス)冬物語 6 (ヤングサンデーコミックス)
(1989/12)
原 秀則

商品詳細を見る

冬物語 7 (ヤングサンデーコミックス)冬物語 7 (ヤングサンデーコミックス)
(1990/06)
原 秀則

商品詳細を見る

大学受験に失敗し、滑り止めと思っていた八千代商科大学さえ落ちてしまった、森川光。その上、受験に失敗したおかげで、彼女にまで振られてしまう。渋々と予備校の受付に行くのだが、そこで東大を目指して1浪しているかわいい女の子、雨宮しおりと出会い、つられて東大コースに入ってしまう。しかし、案の定、勉強にはついていけない光だが、しおりのことを想うとなかなかやめられない。ある日、偶然しおりに彼氏がいることを知ってしまった光は、しおりに自分の気持ちを打ち明け、受講コースの変更を決意するのであった。


全7巻完結。

受験氷河期時代のヘタレ浪人生が主人公の、どうしようもない物語である。受験を舐めてかかった森川光は、志望校どころか馬鹿にしていた八千代商科大学すら落ちてしまう。

浪人生となり、東大を目指すヒロインと出会うのだが、最初から最後までヘタレすぎてイライラする。この手のストーリーは、大抵はご都合主義で自分も名門大学に合格、ヒロインともフラグ成立してハッピーエンドとなるものだが、この作者はシビアである。物凄く現実的な結末しか見えてこない。

それにしても、ヘタレ主人公が受験を舐めすぎで腹が立つ。少子化全入時代の今ならともかく、受験地獄だった当時は、日東駒専産近甲龍すら偏差値60↑くらいあったぞ。主人公が名門大学を目指しても無理ゲーに決まっているだろう。MARCH関関同立だって、今なら余裕で東大京大一橋早慶に受かる偏差値70↑がようやく滑り止まるような時代だぞ(怒)。

基本的にハッピーエンドじゃない作品は好きではないのだが、このヘタレ主人公に関しては日東駒専にギリギリ届くという微妙な結末でも納得。つーかこんな優柔不断で成績もアホみたいな奴がご都合主義で名門大学に受かったりした日には、全俺が泣く!


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

神話ポンチ

神話ポンチ 1 (ヤングガンガンコミックス)神話ポンチ 1 (ヤングガンガンコミックス)
(2009/10/27)
桂 明日香

商品詳細を見る

神話ポンチ 2 (ヤングガンガンコミックス)神話ポンチ 2 (ヤングガンガンコミックス)
(2010/11/05)
桂 明日香

商品詳細を見る

“卑屈”を愛し“卑屈”に生きることがモットーの少年・有形梯守(ありかたでいご)。ところがある日、“卑屈”になると死んでしまうという“狂気の神(ルビ:リュッサ)に取り憑かれてしまう! そこへアテナ(自称・神)という少女が現れて…?ギリシャ神話の神サマと卑屈少年が放つ青春ラプソディ。


全2巻完結。

超ネガティブ思考のヘタレ主人公が、蛇の像に封印されていた狂気の神に憑依されてしまう。そこに女神アテナが現れて、なんとか助けようと頑張るのだが……。死ぬか幸せにならないと狂気の神を取り除く事は出来ないのだが、なにこれ最後まで憑依問題が解決しないじゃないか(汗)。ストーリーは微妙だが、とりあえず女神達は可愛かった。女神よりも青髪ツインテールな先輩のほうが萌えな感じだが。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

てんで性悪キューピッド

てんで性悪キューピッド 1 (集英社文庫―コミック版)てんで性悪キューピッド 1 (集英社文庫―コミック版)
(2002/11/15)
冨樫 義博

商品詳細を見る

てんで性悪キューピッド 2 (集英社文庫―コミック版)てんで性悪キューピッド 2 (集英社文庫―コミック版)
(2002/11/15)
冨樫 義博

商品詳細を見る

鯉昇竜次は関東大極系鯉昇組の跡取り息子だが、妖精に憧れる純情少年。極悪な家庭に反発し、家出を繰り返していたが、その17回目の夜、ハダカの悪魔と出会う。翌日、なぜか竜次のスケベ養成の家庭教師として、Hな悪魔・まりあと一緒に暮らすことになってしまうが!?


全4巻(ホーム版全3巻、文庫版全2巻)完結。

極道の跡取り息子が美少女エロ悪魔とボーイ・ミーツ・ガール♥ やたら過激な作品が氾濫して、小学生女児用少女マンガすら容易くファック・シーンを見せつけるような現在ではもう何とも思わないかもしれないが、当時としてはやたらエロかった(笑)。少年誌から逸脱しない健全? なエロさではあったかもしれないが。エロ悪魔まりあかわいいよ(*´Д`)


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

狼なんて怖くない

狼なんて怖くない!!―冨樫義博短編集1 (ジャンプコミックス)狼なんて怖くない!!―冨樫義博短編集1 (ジャンプコミックス)
(1989/10)
冨樫 義博

商品詳細を見る

拓狼は転校続きの高校生。かわいいさやかちゃん目当てでバスケ部に入ったものの、体の事情で夏の合宿は無念の不参加。満月のため参加できない彼は実は人狼だったのです!表題作ほか5編を収録。


当時は何とも思わなかったのだが、今から読むと、かなり絵が下手だな……。だがしかし、今みたいに物語投げ飛ばすようないい加減な事をしないこのあたりの作品のほうが良かった。狼男と吸血鬼美少女という、ありきたりなラブストーリーであっても。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

悪女装

悪女装02

ただの悪い女装男子かと思ったら、お金持ち名家に生まれた極悪非道息子が主人公で、家にいるメイドを食い物にするだけでは飽き足らず、妹が通う超お嬢様学校の令嬢を食いまくるために女装して編入しちゃうというトンデモない主人公だった(汗)。ちなみに、妾が産んだ腹違いの妹もペットにしている鬼畜デス……。

超お嬢様学校でのメイン・ターゲットは、自分よりさらに家格が上で、学校の敷地内に専用の屋敷がある理事長の娘と、一代でのし上がって自分よりも財力が上の振興財閥お嬢様。レズっけ有りと噂される成金お嬢様相手に「……私ね、女性しか愛せないの……(男だからな)」と言い寄るのは笑った。

それにしても、性格最悪なのに容姿や知力や財力が超ハイスペックでチート性能すぎる。「だまされちゃいけません。こんな可愛い子が女の子のはずがないじゃないですか」

悪女装01
この容姿でTNTNついてるとかゴクリッ(笑)。

恒川光太郎

攻略対象書籍は以下。

夜市』★★★★
雷の季節の終わりに』★★★★☆
秋の牢獄』★★★★
草祭』★★★★☆
南の子供が夜いくところ』★★★★☆
竜が最後に帰る場所』★★★★☆
金色の獣、彼方に向かう』★★★★☆
『私はフーイー 沖縄怪談短篇集』
金色機械』★★★★
『スタープレイヤー』
『ヘブンメイカー スタープレイヤーⅡ』


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

金色機械

金色機械金色機械
(2013/10/09)
恒川 光太郎

商品詳細を見る

触れるだけで相手の命を奪う恐ろしい手を持って生まれてきた少女、自分を殺そうとする父から逃げ、山賊に拾われた男、幼き日に犯した罪を贖おうとするかのように必死に悪を糺す同心、人々の哀しい運命が、謎の存在・金色様を介して交錯する。人にとって善とは何か、悪とは何か。


遊廓の支配者となった熊悟朗の元に遥香と名乗る女が訪れる場面から物語が始まる。熊悟朗は相手の殺気を視る能力で生き残り、のし上がって来た。遥香は手を触れるだけで生き物を殺す呪われた力を持つ。どちらも超常的な力を有しているが、さらに題名にもなっている謎の金色様が絡んでくる。

時は江戸時代だが、金色様が守っていた一族が今川義元に攻められる戦国時代まで遡ったりもする。金色様はこの世界の外側から来た存在で、江戸時代だと無敵のチート性能である。物語は時系列を行き来しつつ、熊悟朗や遥香の人生を辿りながら、冒頭のシーンへと繋がって行く。

今までの不思議系ホラーとは違った作品だが、最後で物語が上手く繋がるのは素晴らしい。かなり分厚いので苦戦するかと思ったが、一気に読めた。ちょっとSF要素混ざったファンタジーというのが良い感じである。ネタバレすると面白くなくなるので、内容についてはあまり触れない方向で。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

読んだら、きちんと自分の知識にする方法

読んだら、きちんと自分の知識にする方法 (アスカビジネス)読んだら、きちんと自分の知識にする方法 (アスカビジネス)
(2011/01/18)
宮口 公寿

商品詳細を見る

日常生活でも仕事でも、新聞や雑誌や本を読んでも、右から左へと忘れてしまう。特別覚えておこう、暗記しなければ、といったものは覚えられるのだが、何気なく読んだものはすぐ忘れる。これでは読んだ意味がない。そこで、何か読んだら、きちんとそれを自分の知識にしていく方法を伝授する。


セミナー用布教書に過ぎなかった。あまりにも内容がスカスカで残念。さして役立つようなノウハウは書かれておらず、目新しくもないイメージ関連化記憶方式が書かれている。覚えるために、まず通勤路、通学路の写真を撮らせるという方法が全く理解出来ない。何でそんな面倒な事をさせるのか謎である。冒頭で、本を買って帰ったら読んだ事のある本だった! みたいな例が挙げられるが、そんな間抜けな目に遭った事は一度もありませんが何か? 


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

星界の紋章 VOL.7

星界の紋章 VOL.7 [DVD]星界の紋章 VOL.7 [DVD]
(1999/12/18)
今井由香、川澄綾子 他

商品詳細を見る

WOWOWにて放映された、サンライズが総力をあげて贈るスペースオペラのシリーズ最終巻。声の出演に今井由香、川澄綾子ほか。


地下から遊園地へと出てきた二人は、憲兵隊に追われまくる。出口で現地警察に逮捕されそうになったところで、自分達の宇宙船を持ちたいと願っていた面々が助けに来る。そのまま葬儀場まで逃げ込み、ロケット型棺桶で宇宙へ。スポール准提督に救助され、無事、帝都へ。

ラフィールとジントは3年後の再開を約束するが、他の面々のその後も語られているのが良い。宇宙船を欲しがった面々は願いが叶い、宇宙で輸送船に乗っている。男爵領で助けてくれたメイド達も、補給や修理をする企業を設立している。スポールも提督に昇進。三年後の二人だが、ラフィールは無事に小型艦の艦長となり、ジントも書記として着任。ラストの一言「ラフィールと呼ぶがよい!」が最高です(*´Д`)


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

星界の紋章 VOL.6

星界の紋章 VOL.6 [DVD]星界の紋章 VOL.6 [DVD]
(1999/11/25)
今井由香、川澄綾子 他

商品詳細を見る

森岡浩之のベストセラー小説をアニメ化したSF冒険活劇。声の出演には今井由香、川澄綾子、子安武人ほか。第11、12話収録。


トライフ大提督の艦隊がスファグノーフに進軍するが、敵艦隊はこれを避けずに向かってくる。民主主義という建前でありながら、人類統合体からは全体主義の臭いしかしてこないな。硬直的な指揮命令系統なのか、帝国よりも少ない数で敵が接近して来て、スファグノーフ門沖会戦が始まる。艦隊にスポール准提督もいるのがGJ! 美しすぎて堪らん(*´Д`)

地上ではジントとラフィールに対する追手が迫るが、人類統合体よりも先に、現地の対帝国反動勢力に見つかってしまう。ちょっと間の抜けた面々と、形式上は捕虜となって行動を共にするが、敵憲兵隊に発見されてしまい、地下洞窟へと逃げ込む。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

星界の紋章 VOL.5

星界の紋章 VOL.5 [DVD]星界の紋章 VOL.5 [DVD]
(1999/10/25)
今井由香、川澄綾子 他

商品詳細を見る

森岡浩之のベストセラー小説をアニメ化したSF冒険活劇。声の出演には今井由香、川澄綾子、子安武人ほか。第9、10話収録。


修理と燃料補給を行い、スファグノーフへ向かうラフィール。馬鹿男爵が邪魔をして時間を浪費したのが堪らんなぁ。スファグノーフも施設が破壊され、帝国側の戦力は残っていないので、地上へ降下する事となるのだが……。

畑に降下した二人は、ジントが町へ行き、服や必要物資を確保してくる。ちょっと頼りなさそうに見えるが、よくいるヘタレ系主人公とは少し違うな。町で人類統合体に青髪の市民が捕まっているのをみて、髪染め薬を買ってくるが、ラフィールは嫌がる。

帝国本土では連合側の大使達が嘘に塗り固められた主張で譲歩を引き出そうと画策するが、皇帝は一歩も譲らず、開戦を決意。アーヴによる人類帝国は、人類統合体、ハニア連邦、拡大アルコント共和国、人民主権星系連合体の四ヶ国連合勢力と戦う事となる。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

星界の紋章 VOL.4

星界の紋章 VOL.4 [DVD]星界の紋章 VOL.4 [DVD]
(1999/09/25)
今井由香、川澄綾子 他

商品詳細を見る

森岡浩之のベストセラー小説をアニメ化したSF冒険活劇。声の出演には今井由香、川澄綾子、子安武人ほか。第7、8話収録。


スファグノーフに敵侵攻を知らせないといけないのに、足止めするだけでなく、ジントは監禁するし、敵との交渉のための駒に王女を使おうと目論むとは、もうアーヴ貴族じゃないな。これはもう領地没収クオリティ。こんな超人類みたな奴らの中にも足を引っ張る馬鹿がいるのだから、アーヴより遥かに劣る何処かの島国なんて……おっと誰か来たようだ。

たった一人で男爵と対決するラフィールが恰好良すぎる。軍務の邪魔をしただけでなく、補給させまいと反物質燃料は爆破するし、戦闘機で攻撃してくるし、これはもう逝って良し! 武装されていない船で勝利するなんて、ラフィールが強すぎる。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

星界の紋章 VOL.3

星界の紋章 VOL.3 [DVD]星界の紋章 VOL.3 [DVD]
(1999/08/25)
今井由香、川澄綾子 他

商品詳細を見る

森岡浩之のベストセラー小説をアニメ化したSF冒険活劇。声の出演には今井由香、川澄綾子、子安武人ほか。第5、6話収録。


敵艦隊との戦闘に突入する。ゴースロスが最新鋭巡察艦でも、数が違いすぎる。某Gのドズル中将曰く「戦は数だよ、兄貴!」あれだけの猛攻を受けて一歩も引かず果敢に戦うレクシュ艦長が恰好良すぎる。

小型艇で先行した二人はゴースロスの運命をまだ知らず、補給のためフェブダーシュ男爵領に立ち寄る。だがしかし、一刻を争う事態に陥っているのに、馬鹿男爵のせいで時間を無駄にしてしまう。本当に、何度観てもこの回は腹が立つな。配下のメイド達もジントを無視して態度最低最悪だし。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

星界の紋章 VOL.2

星界の紋章 VOL.2 [DVD]星界の紋章 VOL.2 [DVD]
(1999/07/25)
今井由香、川澄綾子 他

商品詳細を見る

森岡浩之のベストセラー小説をアニメ化したSF冒険活劇。声の出演には今井由香、川澄綾子、子安武人ほか。第3、4話収録。


アーヴは遺伝子を自分達で弄れるので、通常の人類とは婚姻制度も違いすぎる。通常は親が片方しかいないとか、いろいろと違いがありすぎて、カルチャーショックを受けてしまう。堂々とした振る舞いに、ジントはラフィールが貴族かと思うのだが、貴族どころではなくてアブリアル……。

人類統合体が帝国に侵攻を開始した頃、ジントは規則集と戦い、弱音を吐いていた。なんかこの弱音の吐き方がシンジ君クオリティで笑える。謎の艦隊が接近し、相手が敵であると見当をつけた艦長は、非戦闘員であるジントを逃がす任務をラフィールに命じる。この美人艦長が……なんだよな。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

星界の紋章 VOL.1

星界の紋章 VOL.1 [DVD]星界の紋章 VOL.1 [DVD]
(1999/05/25)
バンダイビジュアル

商品詳細を見る

ハイド星系・惑星マーティンの政府主席の息子ジント・リンが幼少の頃、彼の故郷は「アーヴによる人類帝国」なる星間帝国の大艦隊によって侵略を受けた。


戦旗の途中までは見たのだが、かなり忘れてしまっているので再攻略。遺伝子改造で美男美女しかいない支配種族と他の勢力による、銀河の覇権をかけた戦いという壮大な設定が良いよね。ブサイクがいないとか羨まし過ぎる。見た目的に、どうしてもアーヴじゃないほうが悪役に見える件。

物語はハイド星系・惑星マーティンにアーヴによる人類帝国が侵攻して来るところから始まる。巨大な星間帝国と一星系政府では勝負にならず、マーティン政府は戦わずして屈服する。政府主席が帝国と裏取引をして領主として認められたので、民衆からは裏切り者扱いされる。そして、領主となった男の息子ジント・リンは、運命に翻弄されて行く。

貴族となったジントは義務を果たすため、次の目的地へ。迎えに来たのは初めて出会う、本物のアーヴ。遺伝子工学で長命不老美形揃い、通常の人類には無い空識覚まであるし、基本性能が違いすぎる。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

女声男子

女声男子(1) (ガンガンコミックスONLINE)女声男子(1) (ガンガンコミックスONLINE)
(2012/08/22)
険持 ちよ

商品詳細を見る

女声男子(2) (ガンガンコミックスONLINE)女声男子(2) (ガンガンコミックスONLINE)
(2012/11/22)
険持 ちよ

商品詳細を見る

女声男子(3) (ガンガンコミックスONLINE)女声男子(3) (ガンガンコミックスONLINE)
(2013/02/22)
険持 ちよ

商品詳細を見る

女声男子(4) (ガンガンコミックスONLINE)女声男子(4) (ガンガンコミックスONLINE)
(2013/06/22)
険持 ちよ

商品詳細を見る

女声男子 (5)(完) (ガンガンコミックスONLINE)女声男子 (5)(完) (ガンガンコミックスONLINE)
(2013/09/21)
険持 ちよ

商品詳細を見る

女声ボーカル男子ラブコメ♪ 女の子3人による女の子のためのガールズバンド「空」。ギターの「青空アゲハ」はボーカルを担当するにふさわしい声を持った、女の子を捜していた。そんなある日、動画共有サイトにUPされていた歌声に惚れ込んだアゲハは、声の主を捜し出そうとするのだが…。女の子の声を持つ男の子「ポチ」と、超男嫌いな女の子達とのバンドライフを描く「女声ボーカル男子ラブコメ」開幕です♪


自分の声が女みたいな事がコンプレックスとなり、人前では声を出せなくなった主人公。歌うのは好きなので、1人カラオケなどで歌っているのだが、動画投稿サイトにアップした歌声が発端となり、バンドのボーカルを探していた超男嫌いな同級生女子にバレてしまう。

男の姿だと近づけないという理由で無理やり女装させられ、バンドのメンバーに加えられてしまうのだが、大物アーティストにも勧誘されて、なかなか大変な事に。

終盤で悪ガキからポチを助けようと必死になったアゲハ→アゲハを助けようとするポチ→隠していた声を聴かれてしまう→ポチ女装バレという怒涛の展開に。アゲハが男性恐怖症になった理由も明かされる。女装していたからオカマ扱いされるが、ネタになっているだけで意外と虐めには発展しないな。

ラストはポチが男の恰好のまま、聴いていた人々を泣かせるハイレベルの女声で歌ってグッドエンド。結構アッサリと終わってしまったが、メンバーの1人が持っていたプロモーション会社からの手紙は、プロデビューの話なのかね?

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ヒッグス粒子の謎(祥伝社新書290)

ヒッグス粒子の謎(祥伝社新書290)ヒッグス粒子の謎(祥伝社新書290)
(2012/09/03)
浅井 祥仁

商品詳細を見る

ヒッグス粒子は、真空中に充満し、物質に質量を与え、この宇宙を誕生させたとされ、「神の素粒子」とも呼ばれる。ヒッグス粒子とは、そもそもどのようなものか、そしてこの発見が物理学にとってどのような意味を持つのか?素粒子物理学に馴染みのない読者にもわかるよう解説する。


物質に質量を与え、宇宙を誕生させたと言われるヒッグス粒子に関する書籍。ジュネーヴにある巨大な粒子加速器を運用する事で、ヒッグス粒子をほぼ特定出来る段階まで到達したのだが、山の手線一周分という大きさには驚く。

粒子加速器に関する話だけではなく、素粒子の分類、宇宙の始まりに何が起こったのか、さらには超弦理論にまで言及するので、内容的にはかなりハイレベルである。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル [DVD]ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル [DVD]
(2013/02/22)
トム・クルーズ、ジェレミー・レナー 他

商品詳細を見る

往年の人気TVシリーズ「スパイ大作戦」をトム・クルーズ主演で映画化したスパイアクション第4弾。クレムリン爆破事件への関与を疑われ汚名を着せられたIMF。イーサン・ハントたちは黒幕を探し出すべく動き出すが…。


今回は核ミサイルを発射するためのコードを奪おうとするマッドサイエンティストが敵となる。他作品と違って、最初から敵の正体が見えている分、一本道で意外性は無いかもしれないが、こういうのは頭空っぽにして楽しむ系統の作品だから(笑)。

クレムリン一角が爆破されるシーンは、プーチン閣下に怒られそうで心配だ。イーサン・ハントの仕業ではないのに犯人としてロシアから追われ、祖国からも切り捨てられて大変な事に。任務遂行中だったメンバーだけで敵を追い詰めなければならなくなるのだが、ドバイの超高層ホテルで外から登って制御室に侵入するシーンは、観ているだけで金玉縮む (((( ;゚Д゚)))


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

本当のことしかいってない

本当のことしかいってない本当のことしかいってない
(2012/12/26)
長嶋 有

商品詳細を見る

漫画から絵本そして純文学―時代と世代、性別をこえてつながる新しい読書のかたち。


普通のエッセイかと思っていたら、書評なのか。様々な書籍を紹介しているが、どうも優等生的な紹介分で、読んでいてもいまいち食指が動かない。新聞の書評欄等に掲載された文章が多いからか。そういうところでは、あまり弾けた事は書けないからなぁ。心の底からお勧めしているというよりは、スーパーとかで売るために無理やりヨイショしている商品紹介文と同じ臭いがして残念。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

あい♂まい♀みすと

あい♂まい♀みすと

それは突然の出来事でありました。訳もわからないまま、全身に痛みが走り、気が遠くなり……そして「いくみ」は見たことの無い部屋で目を覚ましたのです。「……大丈夫?」と声を掛けてきたのは大家の娘「真菜」。「これくらい平気平気……あれ?」身体に感じる違和感。気丈に答えている筈の自分の声も軽く、どこかしっくりきません。「あのね、おにいちゃん。そっち鏡。私はこっち」「へ?」声の方向に顔を向けると、確かに真菜本人がそこにいます。もう一度振り返ると、そこには大きな鏡が置かれており、その中に真菜によく似た女の子の顔が…。


師事する教授の実験に巻き込まれた男子大学生がとんでもない目に遭ってしまう。教授の娘を家まで送っていくと、何故か豪邸を包み込む謎の霧が発生中。敷地内に入ったところ意識を失い、目覚めると教授の娘になっていた!?

異次元に繋がる穴を開けてしまったり、事故が発生した際の保険として娘の予備の身体を用意していたり、教授があまりにもチート性能すぎる。うっかり異次元に踏み込んで死んでしまった主人公は、教授が用意していた予備の娘の身体に入れられてしまう。異次元に繋がっている穴を発見し、自分の所持品を回収しなければ元の姿に戻れないのだが……。

なんだこれ、全てのルートで元には戻らないじゃないか(汗)。トゥルー・エンドかと思った教授の娘ルートすら、半分くらいしか元に戻れないという……。ほぼ全て、おにゃのこリアル人生ゲームが待ち構えている件。バイ属性の女子先輩と百合エンド、相手の女子高生に出し入れ自由なTNTNが生えて来てふたなり百合エンド、女体化男子高校生を救ってカップルエンド、大学の親友と妊娠エンド、そして男に戻れると思った教授の娘との結末すら、らんま1/2みたいな事に(笑)。

なんというか、日によって性別変わるほうがリアル人生ゲームの難易度上がるじゃないか。これならまだ女の子人生のほうが……。というか、美少女人生と男人生なら、元がよっぽどハイスペックじゃない限りは、戻らないほうが楽しい気がしますが何か?

グリーン・ホーネット

グリーン・ホーネット [DVD]グリーン・ホーネット [DVD]
(2011/10/05)
セス・ローゲン、ジェイ・チョウ 他

商品詳細を見る


オリジナルは知らないので、どう違うのか比較出来ないのだが、金持ちボンボンがおバカすぎてちょっとなぁ……。父の自動車整備兼カプチーノ入れ係だったカトーを呼び戻したら、エスプレッソマシンは自作だし、車は変な特撮ヒーロー物みたいな超改造が施されているし、なにこの只者ではないカトーという男は!

もっとアメコミ・ヒーローみたいなノリで活躍するのかと思ったら、いきなり亡くなった父の銅像を壊しているし、カップルを襲っていたチンピラをさらに襲うし、追ってきたパトカーまで破壊するし、何がやりたいのかよくわからんコンビになってるな。善と悪、両方フルボッコで暴れていておバカっぽい。片方が、ただの金持ちボンボンだから、カトーがいなかったら何度も死んでいるところだし。

キャメロン・ディアスが秘書として登場してくるが、グリーン・ホーネットに関する筋書きに対してはともかく、女としてはあまり絡んでくれないのも残念である。フラグは全く立たないのか。とりあえず、キャメロン・ディアスの笑顔だけはGJだった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ