あなたがここにいて欲しい

あなたがここにいて欲しいあなたがここにいて欲しい
(2007/09)
中村 航

商品詳細を見る

懐かしいあの日々、温かな友情、ゆっくりと育む恋。僕は、守り続けなきゃならない。『100回泣くこと』の中村航が贈る、静かで優しい物語。


見覚えのある人物が出てくると思ったら、『夏休み』に出てた人々なのであった。内容をかなり忘れてしまっているのが残念。今から読む人は是非、『夏休み』→『あなたがここにいて欲しい』のコンボ技で一気に読むべし。片方が心に残っているうちに読めば、きっと面白さが20%はアップすると思う。勿論、単品で読んでも問題は無い構成になってはいるけど。

この人の作品は、ごく普通の日常を題材にしてはいるが、悪意のある人物がほとんど出てこないし、少しだけズレた登場人物達がいい味を出していて、ある意味、幻想的。現実世界の出来事だが、ファンタジーっぽいふわふわ感が堪らない。登場人物のズレ方も、変な電波出している痛いキャラじゃなくて、良い方向に個性的でアクは無い。

親友を始め、他の登場は“君”なのに、主人公の吉田くんだけ“くん”だったりして、作者のセンスも抜群である。安心して読める数少ない純文学系作家の一人。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する