FC2ブログ

読書電撃戦

増え続ける積みゲーと積ん読タワーを相手に戦っています。マジキチ対策で閉じている間にブログ村から村八分にされたので、ブログ村ボタンは押さないでください。

ブログ内検索

プロフィール

Riesling

Author:Riesling
あまり、電撃戦的な速度で攻略出来てないような気が……。図書館に無いから、電撃文庫は少なめです。

当分の間、リンク、コメント、トラックバックには対応しません。アダルト、アフィリエイトへの誘導はご遠慮下さい。

カテゴリ

シンプルアーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

■■■ドワーフじいさんのいえづくり

4577027437ドワーフじいさんのいえづくり (フレーベル館の秀作えほん)
青山 邦彦
フレーベル館 2003-10-01

by G-Tools

気むずかしいドワーフじいさんが、ひとりで家をつくることになりました。すると次々に動物たちがやってきて…。細密に描きこまれた画面が見る人をひきつける、すてきな絵本。


ある森に気難しいドワーフじいさんが住んでいた。物作りが得意なドワーフじいさんは、暗い洞穴暮らしに嫌気がさし、自分の家を造ろうとする。

1人で造っているので、なかなか家が完成しないが、熊が通りかかる。クマは、手伝うから自分の部屋も造ってくれと交渉する。1人では家が完成しないので、ドワーフじいさんはクマの部屋も作る事にした。クマは大きいので屋根の部分は高すぎて手伝えないが、そこへサルがやって来る。

サルも手伝うから自分の部屋を造ってくれと言いだし、仲間が増える。クマとサルが自分の部屋を造っていると、猪がやって来て、手伝い始める。そのうち、リス、キツツキなど、森の動物達に家造りが広まり、ドワーフじいさんに無断で手伝い始める。

ドワーフじいさんの家は、当初の設計からかけ離れた動物達の集合住宅と化してしまった。自分の部屋の間取りを見直すしかなくなり、憧れの見晴らし台も諦める事になってしまったドワーフじいさんは機嫌が悪くなる。

落下して脚を怪我したドワーフじいさんはずっと不機嫌だったが、動物達と暮らす家も悪くはないかと思い始める。脚が治ったドワーフじいさんは、みんなで使える見晴らし台を造ろうと、設計図を引き始めるのだった。

動物だらけの家で暮らすのがドワーフじいさんだから少し違和感があるが、エルフの美幼女さんを拾ってきたら完璧になると思う。
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿