あのとき始まったことのすべて

あのとき始まったことのすべてあのとき始まったことのすべて
(2010/03/26)
中村 航

商品詳細を見る

あのとき始まったことのすべてを大切にしたい。中学の同級生との再会から、僕の中でふたたび何かが動きはじめた……。大ベストセラー『100回泣くこと』の著者が贈る、ノスタルジーとせつなさ迫るラブ・ストーリー。


中学時代の同級生と再会して始まるラブ・ストーリー。とても陳腐な設定なのだが、中村航だからか、とてもピュアな感じの物語となっている。青年が、かつての同級生だった女性と再会し、攻略ルートに入る。

そこから過去に遡り、中学時代の別の女性による視点となるので、登場人物全員に視点変更されて行くのかと思ったら、違った。何で中途半端に視点変更されているのだろう?

過去シーンから、また現代へ。デートをするのだが、主人公も仕事が忙しいし、彼女も大阪勤務が確定。遠距離は無理だと言われてトゥルー・エンドには至らず。始まる前に終わりが見えている気がするのだが、この主人公はどうしてここまで前向きに生きられるのか。希望が絶望に変わらぬうちに、余韻を残して物語は終わる。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する