脳内ポイズンベリー

脳内ポイズンベリー 1 (クイーンズコミックス)脳内ポイズンベリー 1 (クイーンズコミックス)
(2011/05/19)
水城 せとな

商品詳細を見る

脳内ポイズンベリー 2 (クイーンズコミックス)脳内ポイズンベリー 2 (クイーンズコミックス)
(2012/07/25)
水城 せとな

商品詳細を見る

4088656660脳内ポイズンベリー 3 (クイーンズコミックス)
水城 せとな
集英社 2013-08-23

by G-Tools

4088656709脳内ポイズンベリー 4 (クイーンズコミックス)
水城 せとな
集英社 2014-09-25

by G-Tools

4088656725脳内ポイズンベリー 5 (クイーンズコミックス)
水城 せとな
集英社 2015-04-24

by G-Tools

櫻井いちこ(29)は、飲み会で会って以来気になっていた男子・早乙女(23)に、偶然遭遇。『話しかける? 話しかけない?』『押してみる? 引いてみる?』いちこの脳内ではめくるめく会議が繰り広げられ――? 怒涛の新感覚ラブ・パニック、開幕!


全5巻完結。

アラサー女が若い男子に惚れてしまう話なのだが、普通の恋愛物と違うのは、主人公、櫻井いちこの脳内にいる5人くらいの人格が脳内会議を開いて言動を決定している点。声をかけるか否か、誘うか否か、告白するか否か、常に脳内人格が議論しているのが面白い。

アラサーという設定だけみると、若い人は「うっわ~、三十路BBAじゃねーか、ないわ~」となるかもしれないが、かなり美人なので、歳の差なんて無問題になるレベル。

途中から意思疎通の行き違いで、年下男と別れて仕事先の男と結婚前提で付き合い始めたつもりが、グダグダになるのだが、無自覚にビッチな感じで酷いよな。どう考えても気分屋の年下より、もう一人の男のほうが良いと思うのだが。

主人公の浮ついた感じも腹立つが、器の小ささ故に勝手に怒りだす年下のほうは、もっと腹が立つ。これは絶対に上手く行かないコースだと思ったら、やはり……。後半は嫌な感じになりかけたけど、破滅コースに向かわなくて良かった。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する