ロードス島戦記 灰色の魔女

ロードス島戦記 灰色の魔女 (1) (カドカワコミックス・エース)ロードス島戦記 灰色の魔女 (1) (カドカワコミックス・エース)
(2014/06/07)
たくま 朋正

商品詳細を見る

ロードス島戦記 灰色の魔女 (2) (カドカワコミックス・エース)ロードス島戦記 灰色の魔女 (2) (カドカワコミックス・エース)
(2014/12/08)
たくま 朋正

商品詳細を見る

4041030730ロードス島戦記 灰色の魔女 (3) (カドカワコミックス・エース)
たくま 朋正 水野 良
KADOKAWA/角川書店 2015-06-10

by G-Tools

全3巻完結。

むちゃくちゃ懐かしいものが再びコミカライズされているのだが、原作からもう25年以上経っているのか……。歳がバレル\(^o^)/ ストーリーは原作に忠実で、よくある妙な劣化アレンジを効かせた部分は無い。

絵柄に関しては古臭いと言う人もいるようだが、個人的には最近の萌え絵で描かれたほうが引く。出渕裕の原画に近い絵柄のほうがGJだと思う。ディードリットとカーラ(レイリア)が堪らん(*´Д`) ところで、エトってこんなに美形だったっけ? 女顔すぎて、おかっぱのおにゃの子みたいなのだが(笑)。

みんな陽の当たる人生を歩んでいるのに、冒険に加わった中でウッドだけが不遇だな。当時は何でこんなおっさんが混ざってるんだろうと思ったけど、自分もまた陽のあたらないクソみたいな人生しか待っていなかったので、他人事とは思えず全米が泣いてくれなくても全俺が泣いた!

大人の事情なのか、3巻でいきなり進行が早くなり、駆け足で進み過ぎるので、原作を読んでいないと訳が分からないままになりそうなのが残念。リプレイ第二弾の冒頭部分まで含まれているが、「俺達の戦いはまだ始まったばかり!」な感じで終わってしまうのも微妙である。

最後に自由騎士となったパーンが出てくるが、ちょっとおっさんになっていて悲しい。一緒に旅を続けるディードの見た目は変わらないのに。年齢を見た場合、一番BBAなのは初登場時点ですでに160歳なディードだが……。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する