高台家の人々

4088451090高台家の人々 1 (マーガレットコミックス)
森本 梢子
集英社 2013-09-25

by G-Tools

4088452216高台家の人々 2 (マーガレットコミックス)
森本 梢子
集英社 2014-05-23

by G-Tools

4088453417高台家の人々 3 (マーガレットコミックス)
森本 梢子
集英社 2015-01-23

by G-Tools

4088454561高台家の人々 4 (マーガレットコミックス)
森本 梢子
集英社 2015-09-25

by G-Tools

408845586X高台家の人々 5 (マーガレットコミックス)
森本 梢子
集英社 2016-05-25

by G-Tools

妄想が趣味の地味系女子・平野木絵はニューヨーク支社からやって来た超イケメン社員・高台光正に突然食事に誘われ、驚く。実は光正には、ある特殊な能力が! それは光正の妹と弟にも── ヒットメーカー森本梢子が放つ不可思議ラブ・コメディ!


妄想が趣味の地味子が主人公なのだが、何故かニューヨーク支社から来た超イケメンに言い寄られてしまう。高身長、碧眼、超イケメン、仕事も出来る、名家、お金持ちと、非の打ちどころもない完璧超人な相手なのだが、高台光正は、とある厄介な特殊能力を持っていた!

人の考えている事が分かってしまうため、他人とは距離を置いていた高台光正だが、平野木絵の脳内妄想があまりにも面白すぎるので、思わず興味を示してしまう。

高台一族のテレパス能力も面白い材料だが、それを遥かに超えて来る平野木絵の脳内妄想ストーリーが面白すぎる。何処かで見たような奴らが脳内でぶっ飛んだ物語を展開する。

超イケメン彼氏だけでなく、特殊能力者の元祖となる祖母の話や、初登場では意地悪に見えた母親の話なども加わり、まさに「高台家の人々」の物語となっている。

妙な能力があっても、こんな超ハイスペックで名門で金持ちの家に生まれて来るとか、俺と比べたら不可説不可説転倍は楽しい人生だと思うのだが。こういう選ばれし者に生まれたかったOrz

昨日ビョーンが死にました
生きてる間いいことなんかひとつもなかった
死んだ後で悲しむ者もひとりもいません
一生彼女がいなかったビョーン
一度でいいからおなかいっぱい食べたかったビョーン
かわいそうなひとりぼっちのビョーン


高台家の母に言われて一瞬だけ別れた時の脳内妄想に、ビョーンとかいう俺の仲間が出て来る(笑)。ビョーンが可哀想すぎて全米が泣いた! 最悪な人生だったけど、ビョーンと比べたら俺の方がほんの少しだけマシだった気もする。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する