ビブリア古書堂の事件手帳

4048704699ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
三上 延 越島 はぐ
アスキーメディアワークス 2011-03-25

by G-Tools

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大低ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも、彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。これは“古書と秘密”の物語。


本が絡んだ人間模様を美人店主が謎解いて行く。人見知りが激しいのに、本が絡むと水を得た魚のように饒舌になるのがいいよね。主人公は高身長マッチョ系青年で感情移入し難かったのだが、店主が事故に遭い体が不自由だから、この設定が必要だったのか。

冒頭部分、まだ高校生だった五浦大輔が古本屋の前を通りかかったところ、いつものおっさんではなく初めて見かけた美女が開店作業をしていたのに、気になりつつ、そのまますれ違ってビックリ! えっ!? 出会いフラグ立たずに終りなのか(汗)。

時は過ぎ、無名大学を卒業したが就職予定の会社が倒産してプーさん化した五浦大輔は、祖母の遺品となった夏目漱石全集に書かれたサインが本物なのかどうか確かめるべく、ビブリア古書堂に持ち込む。店番は女子高生で、昔見かけた美女はいなかったのだが……。

第二話は、店の常連客となっているせどりのおじさんが女子高生に盗まれた本、『落穂拾ひ・聖アンデルセン』を取り戻そうとする。第三話はヴィノグラードフ・クジミン『論理学入門』を売りに来た初老男性の話。そして最後は美人店主、篠川栞子が秘蔵する太宰治の『晩年』が狙われる。予め次の話の伏線が仕込んであるのが良い感じ。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する