ビブリア古書堂の事件手帖 6

4048691899ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)
三上 延
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2014-12-25

by G-Tools

太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今度は依頼者として。違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。それには二人の祖父母が関わっていた。過去を再現するかのような奇妙な巡り合わせ。深い謎の先に待つのは偶然か必然か?


今回は、太宰治絡みの長編になっている。栞子が所有する太宰治の「晩年」を奪おうとして危害を加えた男が、再び現れる。今度は栞子の「晩年」とは別の「晩年」を探して欲しいという依頼だったが、過去に起こった盗難事件から、栞子の祖父や大輔の祖母にも絡んで行く。

今まで「走れメロス」くらいしか知らなかったけど、人間としてはかなり残念な人だったんだな。一緒に死のうとして女だけ死んでいるし、薬物中毒だし、「走れメロス」とは違って、友人を借金のかたに置き去りにしたまま戻って来ず、碁を打って遊んでいたとか、酷い男である。

今回も古書マニアのサイコパス率が高すぎ。欲しい物を手に入れるためなら犯罪者になる事も厭わないとか、あまりにもキ印すぎる。この国では何の落ち度が無くてもちょっとミスしたら人生終了フラグが立つのだから、こういう奴らは完璧に人生が終わればいいと思う。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する