アホの壁(新潮新書350)

4106103508アホの壁 (新潮新書)
筒井 康隆
新潮社 2010-02

by G-Tools

なぜそんなアホなことをするのか、そしてアホなことを言うのか?無益な争いに血眼になり、破綻必至の計画を立て、互いに殺しあうに至るのは、いったいなぜなのか?文化的文明人を自任する現代人が、いとも簡単に飛び越えてしまう「アホの壁」をめぐり、豊富なエピソードと心理学、文学、歴史ないまぜでつづる抱腹絶倒の筒井流人間論、ついに登場。


題名を見ると、なんだ『バカの壁』のパクリじゃないかと思ってしまうが、編集者から執筆を依頼された時に言われたタイトルは「人間の器量」だったらしい。そんな題名の本を自分が書いても売れないと断るのだが、話し合いの結果、『アホの壁』を書く事に。

最初の章からいきなり、言わなくても良い事、言ってはいけない言葉をわざわざ言ってしまうアホの事が書かれている。これは周囲にもよく居るタイプのアホなので、分かりやすい。ビール会社のパーティで下請け会社の社長がライバル会社の名前で万歳してしまった例が挙げられている。きっと、親会社から抑圧されたストレスでライバル会社のほうを万歳しちゃったんだろうな。

女をアホと言っちゃう部分については、フェミババアとかに噛みつかれそうで心配だ。本書におけるアホな女とは女性全体を指すのではなく、妻や身近な人間の事であって、第一線で活躍しているような優秀な女性は予め「女」から除外しているが。

1969年のワールドカップ予選で、エルサルバドルがホンジュラスに負けた事が原因で戦争が始まった事があるのか。あまりにもアホな戦争である。

「ペンは剣より強し」という言葉はリシュリューの言葉で、全然違う意味だったのは初めて知って驚いた。(厳密には、ブルワー・リットンの戯曲『リシュリュー』に出て来る言葉らしいが。)「真に偉大な人物の支配の下においては、ペンは剣よりも強い」という限定条件付きで、反乱を起こしても逮捕状や死刑執行命令にペンでサインして弾圧できる、という意味だったらしい。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する