僕を読んでください

僕を読んでください

本が主人公の超短編ノベル。決定キーで読み進めるノベルです。選択肢はありません。色々なことが書いてありますので、read_me.txtをお読みください。


高校の図書室に置いてある本が主人公。専門書なのに高校に購入されてしまったというミスマッチな状況のため、10年間誰にも借りて貰えない可哀想な本である。そして、あまりにも読まれないので、廃棄される日がやって来る。

選択肢が無いのにEND2つになっている。BAD ENDじゃないほうは周回プレイで出現するのかと思ったら……。どうやれば別ENDが出て来るのか分からずに困ったが、説明書はちゃんと読まないとダメだよね。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する