面白ければなんでもあり

4048657151面白ければなんでもあり 発行累計6000万部――とある編集の仕事目録
三木一馬
KADOKAWA 2015-12-09

by G-Tools

担当作品累計6000万部!! この働き方、最弱(さいきょう)。エンタメ業界の最前線を走る男が明かす、明日役立つ仕事のメソッド。『とある魔術の禁書目録』(累計1580万部)、『ソードアート・オンライン』(累計1130万部)、『灼眼のシャナ』(累計860万部)、『魔法科高校の劣等生』(累計675万部)、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』(累計500万部)――電撃文庫の大ヒットタイトルを生み出してきた、業界がいま最も注目する編集者・三木一馬。その裏に隠された秘密『どうしてこの作品は面白いのか』『なぜ作品はヒットするのか』『担当作が売れなかったときの向き合い方』をはじめ、『失敗した仕事への取り組み方』『激務にどう向き合い、考え方を変えるか』に至るまで、『面白ければなんでもあり』を元にした『発想が広がる仕事術』。最弱で最強の働き方のすべてが綴られた一冊。


表紙のアスナに釣られてしまった。裏事情が書かれているのは面白いのだが、編集が設定や内容を決めすぎ! 作家のほうはただの物書きマシーンに過ぎないという噂は真実だったのか(汗)。

とある魔術の人の頭がインデックス級で、原稿を見なくても修正箇所を全部覚える程度の能力を持っている話は凄かった。そんな量子コンピューターみたいな人じゃないと大量生産出来ないの?

撲殺天使の謎の音「ぴぴるぴるぴるぴぴるぴー♪」が何なのか分からなくて作者に聞いたら、どくろちゃんの声でもなく、魔法のステッキを振り回した時に出る音でもなくて、その場で音楽が流れるという説明をしているのには笑った。あの意味不明の音は大事だよね。謎の音だけど、目や耳にこびりついて離れなくなるから。

良いところを見つけ加点法で考えるらしいが、そのリア充プラス思考は、『高台家の人々』に出て来るビョーン並みに良いところが無かったハズレ人生の俺にとっては、勝者の戯言にしか聞こえない件。俺の中のダーク・ポリアンナは良くなかった探ししか出来ないんだぜ(涙)。

なんか密林で低評価が多いのだが、2ch工作事件が発覚して炎上したのか。火消しのために作家を一人犠牲にしたという噂が本当なら、可哀想すぎる。面白ければ社内から2chに工作員を潜入させるのもアリなんですかね(汗)。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する