夜姫さま

4821184060夜姫さま
高橋 葉介
ぶんか社 2007-03-30

by G-Tools

10人の姫さまが誘う、十色の夢幻世界。朱とセピアで彩られた七彩の幻想絵物語!


短編集になっていて、各話で姫さまが出てくるが、メルヘンやファンタジーに出て来るような美しい姫ではなくて、化け物ばかりである。

内容も、泥の亀を助けたら泥宮城に連れて行かれた挙句、最後は泥にされたり、首だけの女を助けたら食い殺されたり、BAD ENDで終わる不条理な話ばかりだった。感情移入する前に、主人公がアッサリ死んだりするので、不快感は残らないけど。

悪霊みたいな姫だらけの中で、比較的まともだった猫姫さまが一番人気のようである。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する