自分では気づかないココロの盲点 完全版(ブルーバックス1953)

4062579537自分では気づかない、ココロの盲点 完全版 本当の自分を知る練習問題80 (ブルーバックス)
池谷 裕二
講談社 2016-01-21

by G-Tools

脳が私をそうさせる。「認知バイアス」の不思議な世界を体感。たとえば買い物で、得だと思って選んだものが、よく考えればそうでなかったことはありませんか。こうした判断ミスをもたらす思考のクセはたくさんあり、「認知バイアス」と呼ばれます。古典例から最新例までクイズ形式で実感しながらあなた自身の持つ認知バイアスが分かります。


完全版という事は、完全版じゃないものもある訳で、どうせなら講談社から出ているこの完全版を読んだほうが良い。様々な例題で、心のズレを体感していくのが面白い。

数学的に正しくても、人の感覚とズレているが故に、例えばモンティー・ホール問題のように、正解又は最適な答えを選べない事はよくある。3つの箱から当たりを選ぶ時に、自分が選ばなかった2個のうち片方を司会者が開けた場合、残りの1個が当たりである確率のほうが高くなる。しかし、最初に自分が選んだ箱をそのままキープする人のほうが多い。

人種を書かせる欄があると黒人の成績が下がるとか、老化を意識させると老人の記憶力が悪くなるという結果を見ると、無意識のうちに自分を特定のクラスタに縛り付けて能力を制限しているよなぁ。

見かけの信頼度が高いほうが議員に当選する可能性が高いという問題は胡散臭かった。国会中継とか見ると、信頼出来ない悪党顔の奴らだらけじゃないか。対立候補のほうがもっと極悪な顔をしていたのか? 東京都の政治資金問題なんて、どう考えても対立候補より某ハゲのほうが極悪人の顔をしているじゃないか。小者を辞めさせてあんな金に意地汚い奴を選ぶなんて、東京都民ってバカなの? かなり粘ったけど、ようやく辞めてくれるようで良かったが。

高級車のほうがマナーが悪くなる問題は、社会的ステータスが上になればなるほど、人間としてはクズになるという現状がよく表れている。ひょっとして、団塊のクズ率が高いのも勝ち組世代だからであって、バブル崩壊後の世代のような酷い目に遭っていれば、そんなに悪い奴らじゃなかったのかもしれないよね。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する