男なら一国一城の主を目指さなきゃね 3

4040706773男なら一国一城の主を目指さなきゃね (3) (FUJIMI SHOBO NOVELS)
三度笠 椎名 優
KADOKAWA/富士見書房 2015-08-20

by G-Tools

冒険者を志し独り立ちをしたアルは、ベグルという悪党を追いかけてキールの街を訪れる。そこで出会ったのは――同じ列車事故で死んだ日本からの転生者! ? 珍しい黒髪黒目の彼らはベグルに目をつけられてしまい……。


冒険者として旅立ったアルは、侯爵家の統治するキールの街に向かう。そこで初めて、自分と同じ黒髪黒目の人物と出会うのだが、やはり元日本人だった。

この世界ではもっとカラフルな髪色が普通で、黒髪はいないようであるが、異世界転生でも黒髪とか、ちょっと残念である。金髪とか青髪とかで上級魔族スタートだったら転生したいけど、人間で奴隷スタートとかならもう死んだままのほうがマシな気がする。。

それにしても、同じ種族の異性限定で魅了するとか、毒耐性とか、主人公の鑑定と比べたら、固有技能がショボくないか? 隠していても相手の能力の詳細が分かる鑑定とか、スライム転生の大賢者ほどでは無いにしてもチートすぎるだろう。名前も能力値も固有技能も見えるとかズルすぎる。ちなみに、他の人は転生者の固有技能を見る事は出来ない。

アルの家にいたメイドは、敵国のスパイだったのだが、アルにバレた後は寝返っている。アルは、その元メイドの安全を守るため、敵と繋がっているベグルという男を暗殺しようと目論んでいるのだが、アッサリと敵を発見。ちょっとは苦戦するのかと思ったが、主人公の魔力が尋常じゃないから、瞬殺だった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する