乙女ゲーム世界で戦闘職を極めます 異世界太腕漂流記 2

4800255406乙女ゲーム世界で戦闘職を極めます 異世界太腕漂流記 2
笹の葉 粟餅 加藤 徹平
宝島社 2016-05-25

by G-Tools

乙女ゲームの設定なんてかなぐり捨てて、少女は家を飛び出し、冒険者として旅に出た。その途中、屈強なおっさんだらけのチームに気に入られて旅をともにすることになった。彼らに導かれて副王都にたどり着いた時、実力を認められた彼女はおっさんたちの本拠地に預けられることに。2年間の下働きを経て成長した彼女は、カレルレンと名前を与えられ、自由傭兵として活動することを決める…。血湧き肉躍る戦い―容赦のない狩りが始まる!!


自由傭兵ギルドのおっさん達の危ない仕事を手伝って下積み時代を終え、ますますイケメン(♀)に成長した主人公は、カレルレンという名前を与えられ、正式なメンバーとして、独り立ちして活動を開始する。

冒険者になるため、家出をして隣国まで旅をして来たのだけど、普通のファンタジーにあるような冒険者ギルドではなくて、諜報機関みたいな組織なのが微妙である。人身売買組織を摘発するため、囮として敵地に潜入したり、人攫いに捕まるため令嬢コスプレをしたり、クズ野郎相手の仕事が多いので、心が荒む。ゴブリン倒してランクアップ、みたいなゲーム感覚の楽しい仕事は無い。

瘴魔(パライヤール)と呼ばれる人類の敵が出て来て、一気に風呂敷が広げられてしまうのが、微妙。そういう昭和の時代に売れていたような、硬派なファンタジーではなくて、もっとラノベ寄りのぬるいファンタジーかと思っていたのに。これ、乙女ゲーム的な内容だと思っていた人は、乙女ゲーム成分皆無だから、もっとガッカリするだろうな。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する