ひとりあるき

ひとりあるき

滅んだ世界をひとりで歩き、探索していくとても短い物語です。


滅びた世界を歩くのだが、時間制限があって、暫く経つと主人公も透明になって消えてしまう。一人だけになった世界を、手紙を探して探索する。タイム・オーバーになると終わるのだが、そのままセーブすれば続きからプレイ出来るので、何度も繰り返してゲームを進める事になる。

謎を解けば再生エンドでも待っているのかと思ったが、よく分からないまま終わってしまった。隠しエンドとか無いよね!?


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する