一番星のそばで

4832252534一番星のそばで (まんがタイムコミックス)
仙石 寛子
芳文社 2013-12-07

by G-Tools


若い男の幽霊を見てしまった明日香。その幽霊は生きている人間と同じように会話する事が出来るのだが、実体が無いので触れる事は出来ない。幽霊は明日香の部屋に出入りするようになるのだが、双子の弟が自分よりも前から幽霊の存在に気づいていた事を知る。

ある日、幽霊と弟のゆずるが同一人物である事を知ってしまい、弟がいなくなる事を心配するのだが、これは予想外の結末だった。フラグを回避してハッピーエンドなのだが、幽霊のほうは分岐した未来を変えられないんだよなぁ。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する