a memory

a memory

主人公、笹張優馬は、友人の藤代治樹から神社にすむ化け物の話を聞く。半信半疑で神社におもむいた優馬が見たものとは。


学校の近くにある神社に、記憶を奪う化け物が住んでいるという噂を聞かされる笹張優馬。サイダー1本に釣られてしまい、用事がある友人の代わりに噂の真偽を確かめに行く事に。

化け物の代わりに可愛い女の子が神社を掃除していたので、手伝ってあげたところ、ボーイ・ミーツ・ガールなフラグが立つのかと思ったら……。「奴はとんでもないものを盗んで行きました! それは、あなたの一昨日の記憶です!」


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する