ポパイの英語遊び

ポパイの英語遊び

任天堂が当時試みていたゲームによる教育ソフトの1本。漫画『ポパイ』が原作で、同作のゲーム化であるファミリーコンピュータ版『ポパイ』のグラフィックを流用しており、似たアクションをこなしながら英単語を学ぶ形式になっている。(wikiより)


遊んでいるんだか勉強しているんだか、どうにも微妙な感じのソフトである。今から遊ぶにはかなり厳しいような気もするが、意外にもAmazonでは高評価だった。レビューを見る限り、かなり思い出補正が入っているような気もするのだが……。

ポパイを動かして、指定された英単語を完成させるという、英語初心者用のお遊びになっているので、熟語や構文や文法といった、高度なものは学べない。まだ英語を学んでいない幼稚園児か小学生あたりが触るのには良いかもしれない。

なんでこれをプレイした事があるかというと、当時、遊びたかったゼビウスと抱き合わせ販売されていたから仕方なく買ったんだYO! 今なら抱き合わせ販売として問題になりかねない案件である。

ちなみに、これで遊んでいたところ「ゲームせずに勉強しろ!」と怒られたので、うちの親には英語の勉強をしています、というポーズは通用しなかったようであるOrz


評価:★★


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する