今回の人生はメイドらしい

4434216384今回の人生はメイドらしい (レジーナ文庫)
雨宮 茉莉
アルファポリス 2016-03

by G-Tools

とある罪が原因で、転生を繰り返すアリーシア。そんな彼女の転生には、「善行をすると、来世が少しマシなものになる」という法則がある。今回は農家の娘に転生し、のんびり暮らしていた彼女だが、しっかり働いて善行を積むため、城のメイドとなった。その後、転生知識を駆使して働いていたアリーシアは、なんと王子の目に留まる!そして彼の支援を受け、色々なものを“発明”することに。さらには豊富な知識を持つせいで、人々から悩みを相談されるようになり―?文庫だけの書き下ろし番外編も収録!


よくある転生物だけど、転生回数と期間が普通とは違う。1000年以上前、グラシア皇国のある侯爵家の長女として生まれたアリーシアは、傍若無人な振る舞いの結果、死んでも天国に入れてもらえず、転生を繰り返す事になる。

生まれた直後に転生を認識する事は無く、大きくなってからいきなり前世記憶がよみがえるため、赤子の頃から人生プランを練って俺TUEEEをする事は出来ない。善行を積めば、次の転生では少しだけイージー・モードとなり、悪い事をすれば、次の転生では酷い目に遭うらしい。

今までに一番良かったのが日本のJKだった時で、最悪だったのは魔王の奴隷になった時らしい。人間だけじゃなくて、他の生物になる時もあるので、蝉になってずっと鳴いていた事もあるようである。絶対に特権階級には生まれないというのがお約束となっているらしく、上級貴族でイージー・モードだったのは、最初の人生だけ。

でも、神から明言されたならともかく、奴隷や平民と特権階級の比率を考えた場合、主人公が勝手に上流階級には転生出来ないと思っているだけで、単に確率の問題という可能性もあるよね? 100万回生きた猫くらい転生してみて1度も特権階級にならなかったら、本当に特権階級には転生しないという設定があるのかもしれないけど。

ちょっと調べてみたところ、某国では貴族の比率は0.05%だったから、100回転生程度では貴族階級には生まれないよなぁ。勿論、この0.05%の勝ち組には男爵あたりも含まれるので、運良く貴族に転生したとしても、大半は男爵止まり。場合によっては、ハプスブルク家みたいに特定の一族があちこちの帝国や王国や公国や公爵領、侯爵領、伯爵領を独占していたりする可能性もあるので、王族とか、公爵や侯爵あたりの上級貴族なら、転生を繰り返しても10万回とか100万回に1回くらいしかなれないんじゃないの?

だいたい、最初の人生で大当たりの侯爵令嬢を引き当てているのだから、あと2000回くらいは貴族スタートじゃなくても文句は言えないレベル。例えばイングランドだと侯爵以上の上級貴族は70家族くらいしかいないので、侯爵令嬢に生まれるなんていう大当たり人生ゲームは、転生を重ねたとしても、宝くじが当たるようなレベルでしか発生しないと思う。

今回は、普通の農家の娘に生まれ、凡庸な人物として生きて来た。その世界ではすでに行き遅れとなった23歳時点で、いきなり過去世の記憶がよみがえり、自分がアリーシアであると認識してしまう。自分が普通の人間ではないと気づいてしまったので、もう実家にはいられないと、遠い町まで行って就職する事に。

偶々、メイドの仕事を見つけ、雇って貰ったら色々とあって、イケメン王子様とフラグが立つという、女子向けファンタジーでは安定したお約束展開をする。始まった瞬間から結末が見えてしまうので、物語としての意外性は全く無かったが、1回だけじゃなくて、転生を繰り返しているのは面白かった。

それにしても、罰を受け続ける程の悪い事はしていない気がする。こんなんで転生罰ゲームが始まるのなら、ヒトラーやスターリンなんて1万と2000回は連続で魔王の奴隷になるよなぁ。主人公は日本のJKになったりもするのだから、転生する事があまり罰ゲームになっているとも思えないのだが。次回が確約されているなら様々な生き方を試せるし、安心して死んで行けるのだから、逆に人生楽しくならないか?

少なくとも、侯爵家令嬢と日本のJKという大当たりスタートが2回あるだけでも良かったじゃないか。俺なんか家畜人ヤプー人種のハズレ年に生まれてしまったから、頑張って偏差値70~80まで上げても黒企業奴隷人生しか用意されていなかったぞ!!!1 何も覚えていないけど、もしかして前世でリンゴを盗んだとか、ちょっとだけ悪い事をしたから今回は黒企業奴隷なんですかねOrz


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する