ヒトラー 最期の12日間

B00VK2KNN6ヒトラー 最期の12日間 [DVD]
ライナー・クラウスマン
ギャガ 2015-07-02

by G-Tools

アドルフ・ヒトラーが地下で過ごした最期の12日間を、当時の個人秘書の回顧録を元に描いた戦争ドラマ。戦況が悪化する中、ヒトラーはある決意の下、愛人・エヴァとささやかな結婚式を挙げる。主演はブルーノ・ガンツ。“デリシャス★チョイス”。


ヒトラーが総統地下壕に隠れて過ごした最後の日々を映画化したもの。すでに首都ベルリンはソ蓮軍により包囲されており、陥落寸前となっている。空爆や長距離攻撃ではなくて、短距離砲で攻撃されているという状況から、もはや万策尽きた感じなのがよく分かる。

地上は廃墟になりかけているのに、地下空間では上級将校達が高級酒や高級食材を飲み食いしている。下級国民はただ死んでいくだけなのに、上級国民は最後まで美味しい思いをしているんだもんなぁ。これは何処かの馬鹿な帝国でも同様だけど。

いよいよ終わりという所で、足を引っ張っていた馬鹿だけでなく、信用していた者すら保身のため裏切って去っていく。ナチに加担した者を連合軍が許す訳も無く、どうせ後で捕えられて死ぬ事になるのだけど。

やっただけの事をやり返されているのだから、因果応報とは言えるだろうけど、どちらの側にも正義なんて無いよなぁ。負けたからヒトラーばかり悪者扱いされているが、スターリンのほうがたくさん殺しているからね。

最後に、総統地下壕にいた面々のその後の人生が記されているが、生き延びて天寿を全うした人から、直後に殺された人まで様々で、こういうのも本当に運だよなぁ。主役を演じたブルーノ・ガンツはシンクロ率100%で、手が震えているところとか、細かい部分まで完璧にヒトラーだった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する