ツインビー

ツインビー

宇宙暦2801、平和なドンブリ島に突如としてスパイス大王率いる軍隊が攻め寄せてきた。スパイス大王は島を占領すると、島に伝わる5つの宝の玉を部下の4人の将軍に分け与え、島は分割統治されることになった。一方、島のはずれに住んでいた風変わりな科学者シナモン博士は2機の戦闘機「ツインビー」「ウィンビー」を密かに開発していた。そして博士の弟子(初期は息子という設定だった)「アンナモン」と「ドンナモン」がそれぞれ乗り込み、スパイス大王の軍勢に対し勇敢に戦いを挑んでいった……。(wikiより)


80年代の名作シューティング・ゲーム。『ゼビウス』や『エグゼドエグゼス』等、ライバル会社の硬質な競合機種と比べたら、フルーツやタケノコが出て来る、可愛い感じのゲームになっている。

ベルによるパワーアップ・システムを採用しているのがコナミらしい。パワーアップして強くなるゲームは、ミスしたら一気に弱くなるので、個人的にはあまり好きではない。ツインビーは特に酷かった。最初の1機が全て! といった感じで、一度やられてると敵が強いままなので、立て直す事が困難だった。スピード調整までパワーアップ方式なので、後半の難しいステージだと、もう避けることが\(^o^)/


評価:★★★★


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する