エヴァンゲリオン化する社会(日経プレミアシリーズ292)

4532262925エヴァンゲリオン化する社会 (日経プレミアシリーズ)
常見 陽平
日本経済新聞出版社 2015-10-09

by G-Tools

ブラック企業出現、女性の活躍(という名の酷使)、使い潰される労働者、若者への過剰な期待、そして得体の知れない社会不安…今、私たちが直面している問題は、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』で予言されていた。雇用・働き方問題に通じた著者による、渾身の労働社会論。


エヴァンゲリオンと歪な社会構造をリンクさせて論じるのは良いのだが、後付けの論理に過ぎないので、やはり多少の無理はある。読み物としてみたら、面白い切り口ではあるけれども。

今のような酷い環境になる前に作られた作品なので、別に狙って未来とシンクロさせた訳ではないだろう。こんな病んだ社会になる事を予知して、エヴァンゲリオンの中に様々なメッセージを鏤めたのだとしたら、作った人は天才預言者だけど。

見返りの無い強制労働という点では、シンジ君と黒企業奴隷制度はシンクロ率高いよね(笑)。「逃げちゃ駄目だ」と自分に言い聞かせて頑張るが、悪い大人にひたすら利用され搾取されるだけのシンジ君を黒企業奴隷として捉えると面白いよね。いや、実際には笑えない話であるが……。

エヴァンゲリオンに関する解析とネタバレが多く含まれているので、エヴァンゲリオンを知らないと何が何だか分からないだろう。エヴァンゲリオンの最終回まで観ている事が前提となる。労働問題とリンクさせて論じているので、労働問題に関して無知な人が読んでも、微妙なままで終わりそうである。

エヴァンゲリオンで釣っているけど、中身はただの労働社会論である。エヴァ抜きでも語れる内容を、エヴァに無理やりこじつけた感が半端ない。これが有りなら、「初音ミク化する社会」とか、「魔法少女まどか☆マギカ化する社会」とか、なんでもイケそうだよね。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する