生命の星の条件を探る

4163903224生命の星の条件を探る
阿部 豊
文藝春秋 2015-08-26

by G-Tools

東大の地球惑星科学の最先端の研究を初めて一般向けに書き下ろす!


生命が発生するのは、どういう条件が必要なのかという事を考えて行く。現在、生命が宿る星で人類が知っているのは地球だけなので、憶測に過ぎない部分もあるのだが、宇宙を構成する元素はどの星系であれほぼ同じ(初期恒星だと足りない場合もある)なので、太陽系を基準にして考えても問題無いものも結構ある。

まず、水は必要だろうと考える。もしかしたらSFに出て来るような火の玉生命体とか上位次元生命体みたいに、水を必要としない全く別の進化による未知の生命体が存在する可能性もあるが、そこまで行くと人類の守備範囲外なので、ここでは地球基準で考える。宇宙で生き延びられる生命体も存在するが、繁殖はしなかったらしいので、仲間を増やすためには水が必要であると仮定している。

プレート移動により惑星表面が動く事や陸地が重要な理由も説明する。たんに海が存在するだけでは、いろいろと不具合が生じるのか。高等生命体に進化するためには、酸素も重要となる。

生命が存在出来る期間で考えると海惑星よりも陸惑星のほうが有利で、海惑星である地球はあと10億年で住めなくなるらしい。他の惑星の配置も重要であり、外側で成長した巨大ガス惑星が恒星の近くに移動して来ると、地球のような惑星は飛ばされて星系の外に飛ばされてしまったり、恒星に落下して消滅したりするらしい。

太陽系でも木星が接近してきた時期があったのだが、土星もあったからお互いに干渉して、あの位置まで戻ったんだよね。そうやって木星が暴れた時に、土星と天王星の間にあった星が太陽系の外に飛ばされたという話をBBCか何かでやっていたけど。

恒星の質量も問題になり、寿命が短い太陽の元では、例え生命が発生しても、進化するための十分な時間が用意されずにゲームオーバーとなってしまう。近所の巨大恒星が超新星爆発を起こしても終了するし、こういうのも運だよなぁ。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する