二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む 1 ~裏切り王女~

404068348X二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む (1) 〜裏切り王女〜 (MFブックス)
木塚 ネロ 真空
KADOKAWA/メディアファクトリー 2016-05-25

by G-Tools

何が悪かったのだろう。勇者として異世界召喚された俺―宇景海人は自問自答する。助けて欲しいと乞われるがまま、勇者となった俺は魔王を倒し、この世界を救ったのだが…。もう用済みとばかりにパーティー全員から裏切られ、世界の敵に仕立て上げられて俺は追われる身となった。苦楽を共にし、仲間だと思っていた奴らに無実の罪をなすりつけられ、ついには殺されたのだ。死ぬ間際、俺は救いを願うより、こいつらを苦しめて苦しめて、殺してやろうと呪った。―やがて気が付くと、俺は異世界召喚されたあの時に舞い戻っていた。裏切り者に殺された記憶を携えて。王女を、魔術師を、聖女を、騎士を、商人を、王を…コイツらを必ず皆殺しにしてやる!最も残酷な方法で、ひとかけらの救いもない苦痛と悲鳴の血の底で溺死させてやる!!俺は復讐心を共有してくれる獣人少女と共に旅立った!異世界リベンジ勇者ファンタジー!「―さぁ、復讐の始まりだ」。


異世界召喚物だが、普通と違うのは、出て来る異世界人がほぼクズだらけで、最終的には利用された挙句、裏切られて主人公が殺されるという点。そして、殺された時点で自分がいた世界の神がつけてくれた巻き戻し特典により、今までの異世界人生がチュートリアル・モードだった事にされ、召喚された時点まで巻き戻される。

巻き戻された事でレベルが1まで戻っているので万能ではないが、今までに獲得した能力は鍵付きで残っている事と、未来で何が起こるのか知っている事が、敵に対するアドバンテージとなっている。

自分を召喚した王女を始め、騎士、魔法使い、戦士、聖女、武闘家、暗殺者、踊り子、商人、王や女王や貴族、そして名も無きMobに至るまで、徹底して全員殺してやるべきクズだらけである。

この世界の都合により勝手に日本から連れて来られ、全く悪者ではない魔王を殺す旅に連れ出された挙句、用済みとなれば全員が裏切り殺そうとしてくる。そして、自分を召喚するための術による影響で、学校にいた人間は恐らくみんな死んでいる事と、大切な家族も生贄として殺されているという事を知ってしまう。

未来の記憶を持ったまま、やや強くてニューゲームが始まったので、召喚直後にクズ王女を半殺しにして王都から脱走。絡んできた小悪党や、騙そうとするクズ商人を適当に殺しつつ、同じく世界を呪っている奴隷の獣人少女を唯一の仲間に加え、復讐の旅に出る。

やっている事は胸糞展開する嫌な話とそう変わらないはずなのに、相手が死んで当然のクズばかりだから、逆に爽快感しか感じない。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する