アラフォー賢者の異世界生活日記 1

4040686411アラフォー賢者の異世界生活日記 1 (MFブックス)
寿安清 ジョンディー
KADOKAWA 2016-09-23

by G-Tools

リストラに遭って以来、毎日畑の世話をしながら『ゼロス・マーリン』としてゲームにのめり込む日々を送っていた、無職のおっさん大迫聡(40歳)。オリジナルの魔法を作り、名実ともにトッププレイヤーに上り詰めた彼は、ラスボスを難なく攻略するが、ログイン中に発生したある事故によりその生涯に幕をおろす。独りぼっちで死んだと思われた彼だったが、気づくと大深緑地帯の真っただ中に立たされていた。異世界の女神によれば、彼はゲームのステータスを引き継いで転生したということらしい。大深緑地帯でのサバイバルを経て、元公爵の老人と知り合ったゼロスは賢者の能力を買われ、魔法を使えない少女の家庭教師を依頼されるが―!?「僕は日々平穏がモットーなんですがねぇ…」アラフォー賢者の異世界生活日記開始!


リストラされてVRRPG『ソード・アンド・ソーサリス』を廃人プレイしていたアラフォーのおっさんが、鍛えまくったゲーム内キャラの能力で異世界に飛ばされてしまう。ただの駄目人間かと思ったら、かなり有能なのに、姉がクズすぎて会社を辞めざるを得ない状況まで追い込まれた可哀想な人だった。

『ソード・アンド・ソーサリス』の中で戦っていた邪神がゲームのプログラムではなくて、異世界からゲームの中に隔離されてしまった本物の邪神だったから、呪詛を受けて死んでしまう。同時期にプレイしていた他の人も殺されてしまい、キャラの能力値のまま異世界へ転送される。

最強プレイヤーだったから、能力的にはほぼ無敵であるが、出現位置が悪すぎて凶悪モンスターしかいないから酷い目に遭う。ようやく人間が住むような場所に出て来て、貴族が盗賊に襲われているありがちイベントに遭遇して、公爵家とのコネを獲得!

後から登場する他のプレイヤー達がそこそこ苦労しているのに対して、このおっさんはLv1879でチート性能すぎるから、イージーモードである。MPとか1億超えているし……。そして、俺TUEEEE出来る状況なのに、おっさんだからやる気が無さすぎである。

ストーリーはそこそこ面白いのだが、誤字、脱字、誤用が多く、接続詞が不自然、所々に日本語でおkと言いたくなる部分があるのは残念だった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する