トマトリップ 1

4434183435トマトリップ〈1〉 (レジーナ文庫)
夏目 みや 雲屋 ゆきお
アルファポリス 2013-09

by G-Tools

ある日突然、異世界へ飛ばされてしまった莉月。共に異世界へと渡ってきたのは、手に持っていたミニトマトの苗、一株99円。親切な人に拾われた莉月は、メイドとして働く傍ら、トマト作りに精を出すのだが、ある日トマト畑で、凄まじいイケメンに出会って…元の世界に帰る日を夢見て、メイド業とトマト栽培に励み、美形たちに翻弄される、ラブ(?)&コメディストーリー!


トマトのリップって何ぞや? と思ったが、トマトとトリップが合体しているだけで、別に口紅とかではなかった。普通のOLがホームセンターでトマトの苗を買って帰る途中、光に包まれていきなり異世界に行ってしまう。

異世界への持ち込み品がトマトの苗とか、地味で微妙なのだが、別にトマトの力で何かをする訳じゃないのか。迷い込んだ先は、ヒューストン伯爵家の私有地で、メイドに発見された莉月は、伯爵家に雇ってもらう事になる。

持ち込んだトマトを、私有地の隅で勝手に栽培して増やし始めたところ、トマト畑で正体不明の俺様イケメンに出会う。相手は莉月を気に入り、やたら絡んでくるようになり、紅茶の用意をする係に専属指名されてしまう。女性向け異世界物って、だいたいイケメンが主人公に群がって来てチヤホヤされまくるよね。

それにしても、男だとイケメンはあまり飛ばされず、結構な割合でブサメンやキモオタやおっさんが飛ばされるけど、女の場合は必ず美女か美少女だよね。つまり、ガッキーやローラなら異世界に飛ばされる可能性があるが、お前らは心配しなくても……おっと誰か来たようだ。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する