ボアザン

4063762777ボアザン (シリウスKC)
高遠 るい
講談社 2011-07-08

by G-Tools

不老不死にして時を超越する魔女・ボアサン。彼女は様々な時代に現れ歴史のキーマンと関わり弄ぶ。史実と人物を独自の奇想で斬る歴史ファンタジー。


ルイ14世が統治していた時代のフランス、革命直前のロシア帝国、江戸時代と、時を越えて出没する魔女ボアザンに関わる人々の物語。正体不明だけど、中世の欧州で野球の中継動画を見ていたりするので、きっと未来人か何かである。

フランスでは、ルイ14世の愛妾フランソワーズに関わり、ロシアではラスプーチンを暗殺しようとする青年と関わり、江戸時代では宮本武蔵と関わる。

他の短編で、タイムパトロール物あり。ツングースカ大爆発に絡んだ話なのだが、悪魔化した未来人を倒すため、ペルセウス腕出身の女性が103世紀から追跡して来る。過去に干渉出来るから、歴史が改変されまくって、本当は何が正しいのか分からない状況になっている。

最後のモスマンは、蛾人間がヒモ男になっているだけの話で面白くなかった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する