実録心霊スポット取材記 ばけたん

4434222538実録心霊スポット取材記 ばけたん (るぽコミ)
ひぐらしカンナ 発行みなみ出版 発売星雲社
星雲社 2016-07-25

by G-Tools

北野誠、山口敏太郎、オカルト2大巨頭が登場。限りなく霊に迫る、どきどきコミックエッセイ!


幽霊と生きている人間の見分け方で、幽霊は無表情というのがあって笑った。いや、笑えないOrz じゃあ、無表情どころか死んだ魚の目になっている黒企業奴隷のみなさんは、幽霊よりも下位カーストって事になるよね。幽霊の場合、魂はまだ死んでないけど、黒企業奴隷だと魂すら死んでいるって事ですか分かりません。無表情といえば、戦地から戻ってきた兵隊がそんな感じの顔になっているよね。

人間>>>(無表情の壁)>>>幽霊≒帰還兵>>>>(死んだ魚の目の壁)>>>黒企業奴隷

大三島の鶴姫や武者の話は、ちょっと出来過ぎているよね。何も見えないから、部外者がその物語を聞いても、本当の事なのか、適当に話を作っているだけなのか、全く分からないし。

逆恨みして作者の家族に呪いをかけていたクズの話は、本当なら死ねばいいのに。もう死んでいるけど。というか、本当の話なら、こんなクズの我欲を叶える観音もクズだよな。本当に、神仏を名乗る奴にはロクなのがいないな。神も仏も永久に死ねばいいのに。

北野誠の心霊DVDまで出ているけど、幽霊すら金儲けの道具になるとか(汗)。死者よりも、生きている人間のほうが1万と2000倍は恐ろしい。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する