インコンニウスの城砦

B01MY4BFRDインコンニウスの城砦 (馬頭電書)
野村亮馬
2017-01-01

by G-Tools

氷に覆われた星。科学と魔術が拮抗する世界。少年カロは密偵として「56号移動城砦」へと赴く。そこにはやがてインコンニウス将軍の影が…そんな幻想科学諜報漫画。


寒冷化した星で、比較的温暖な赤道地帯を得るため、北半球と南半球が戦争をしている話。移動要塞や人型兵器が登場するのだが、エルフっぽい人やドワーフっぽい人も出て来るので、妙な感じにファンタジーとSFが融合した世界になっている。

主人公は敵の町に送り込まれた少年なのだが、実は敵側のインコンニウス将軍が作った複製人間で、二重スパイである。そして、死のうとして将軍すら裏切るというやるせなさ。

最後のほうで、某暗黒神話大系の神まで出てくるが、何をしに来たのか分からないまま、何処かへ去ってしまった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する