web小説 伯爵令嬢はチート転生者

伯爵令嬢エミル=ヴォルスト13歳は、1年目の学園生活の締めくくる終業パーティに参加していた。パーティの後にちょっとした事故により前世の記憶を思い出す。魔力はあったがそれまで使えなかった魔法が使えるようになり前世で憧れだったファンタジー世界を思う存分堪能しようとするが・・・。



小説家になろう
伯爵令嬢はチート転生者

エターナル注意!
1年近く更新されていないので、未完結放置の可能性大。


魔力はあるけど魔法が使えないため、微妙な立場だった伯爵令嬢エミルだったが、ビッチちゃんの取り巻きに詰め寄られ、乙女ゲームの悪役令嬢みたいなバッドイベントが発生。転がされて頭を打った事で、前世記憶が蘇ってしまう。

日本で暮らした頃の知識によって、チート性能の魔法が使えるようになり、いきなり私TUEEEキャラに変貌する。これから面白くなりそうなところで、放置されたままなのが残念。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する