web小説 GothiPico ようこそ、地上の楽園へ

現代の日本で平凡に生きていた女子高校生である麻央は、胡散臭い男コンヒューマにそそのかされる。「異世界で現代知識チートしてみませんか?」まともならそんな提案無視して110番に通報している。しかし彼女は酔っぱらっていて、阿呆を加速させていたので言われるままに契約してしまう。いざオラが領地に足を踏み入れると、生きるものはなくただ放棄された寒村跡があるばかりであった。


小説家になろう
GothiPico ようこそ、地上の楽園へ

酔っぱらったJKが、胡散臭い男に誘われて、異世界の領主になる事を承諾する。だがしかし、異世界の領地は寒村跡地で、誰も住んでいなかった!

領民すらいない状況で、スケルトンを使って村おこしという、酷い状況から内政が始まる。自分の姿も吸血姫みたいな人外に変えられていた! 地球の吸血鬼と違って、日光耐性と流水耐性がついているから、特に弱点は無いのが不幸中の幸いだが。

住処を追い出されて難民になっていたゴブリンを迎え入れ、砂糖や製鉄や武器チートで、魔族の国と人間の帝国を相手に、やがては経済的に世界を支配する大国へとのし上がって行く。

武器等、ご都合主義チートがあるとはいえ、途中まではそれなりに面白かったのだが、作者のやる気がなくなったのか、最後の2話でいきなり纏めて急展開、後日談となって終わるのが残念。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する