惑星9の休日

4396460430惑星9の休日
町田 洋
祥伝社 2013-08-12

by G-Tools

凍り付いた美少女に思いを馳せる男、幻の映画フィルムにまつわる小さな事件、月が惑星9を離れる日、愚直な天才科学者の恋…風にのって遠くからやってきた、涼しげな8つの物語。


8編入った短編集で、もっとガッツリしたSFなのかと思っていたが、少し不思議系なSFだった。過疎の惑星9で繰り広げられる日常物語。他の星へ行き来している人もいるので、どんな場所かは分からないけど、きっと僻地の植民惑星みたいなところ。

表題作は、北の窪地で町ごと永久に凍り付いた場所を見つめる男性の話。人もそのまま凍り付いて現状を留めているのだが、立ったままの美女に魅せられているらしい。凍り付いている場所のすぐ側は、人が生息出来る場所だったり、凍土から出された人は砂になって消えてしまうところなど、本格的なSFではなくて、ゆるふわな感じになっている。

月が離れていく話で、かつてその月に行った男が事故で死にかけ、粘菌生物と出会う話はなかなか良かった。粘菌は恐らくその月の唯一の生命体で、ずっと孤独に生きて来た。初めて出会った男の思考を読み取り、人間の女に化けるのだが、他の星では生きて行けないという理由で、惑星9に連れて来る事は出来なかった。こんな不死に近い生命体なら、別の場所でも生きて行けそうな気がするのだが。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する