サヨナラの温度

4091388701サヨナラの温度 (ちゃおコミックス)
中嶋 ゆか
小学館 2017-02-01

by G-Tools

ゼッタイ泣ける!!感動ラブストーリー!! 瞳子は好きな映画の撮影スポット巡り(聖地巡礼)が大好きな、引っ込み思案な女の子。転校先で出会った灯は、瞳子とは正反対で明るくてクラスの人気者。瞳子はそんな灯に憧れ、恋心を抱き始める。だけど、灯には悲しい秘密があって――…。


絶対に泣けるとか書かれているから怪しいと思ったが、やはり病死物だった\(^o^)/ 人が死ぬ話で泣けないのは非国民どころか人間じゃない! くらいの同調圧力がかかりそうで苦手なのだが、悪いけどフィクションの病死物では泣けない。セカチューとかうんこすぎて、読むだけで軽く心が死にそうになったし。実際にあった話ならともかく、フィクションでは泣けない。

転校先で仲良くしてくれた万能系イケメンだったが、実は重い病で余命いくばくも無かったという、ゼッタイ泣ける!! 感動ラブストーリー!! だった。全米と赤鬼が泣いても私は泣けなかったが。

最後の、底辺オタク女と、チャラ男イケメンの話が良かった。チャラ男が嘘告白で底辺女を落とせるかどうか、ゲームを始めるのだが、オタク女のほうは、チャラ男がイメチェンする前、ブタみたいな喪男子だった頃の写真を持っていた!

主人公が底辺オタク女扱いなのに、黒髪ツインテールの美少女で、そこらのMobよりも顔面偏差値が高くて笑える。どう見ても勝ち組リア充じゃないか。

だいたい、オタクが迫害されていたのはしょこたんがJKだった頃くらいまでだろ? 今はイベントでもイケメンや美少女だらけじゃないか。一世代前くらいまでは、レイヤーだってもっとブサイクだったんだよ。ボカロとかニコニコがブームになったあたりから、リア充が大量に流入してきたから、もはやオタクは下位カーストじゃないだろ?


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する