えっち♥スイッチ

4790121224えっち・スイッチ (ガールズポップコレクション)
空木 朔子
松文館 2008-05-27

by G-Tools

キレイなものをグチャグチャに汚してやりたい…。援交を繰り返し、カメラでセックスする様を撮り続ける女子高生・咲間。入学以来ずっと好きだった北沢が、女教師の佐々木を好きなことを知って、咲間の恋は打ちのめされていた。北沢に恋をしないように、自分を汚し続けている。夢を見ないように…。切な過ぎる恋愛譚。でもステキなラストが待っている、エッチでハートフルな短編集。「スイッチ」他に「うちのわんこ」「約束を忘れない」「おとこのこ・おんなのこ」「なつまつり」を収録。


「スイッチ」は、好きな男子に写真部に誘われたのは良いが、顧問の女教師に片想いしているのを知って、援助交際を始める話だった。ひたすら汚していくビッチJKの話で萎える。自分も片想いだと気づいたからといって、普通は援助交際を始めたりしないだろう。メンヘラさんなのかな? こんな事したらひたすら未来への可能性が減って行くだけなのに。

とりあえず、男子高校生が処女厨じゃなくて良かったね。処女厨じゃなかったとしても、普通の男子相手なら、もう今生はゲームオーバーで、来世の恋に期待するしかないところだぞ。

「うちのわんこ」は、犬を飼っている話かと思いきや、生活力皆無の年下男子を飼っている話だった。こいつが顔以外は本当に駄目すぎる奴で、ふらふらとしていて根性も無いから、何をやってもモノにならない。怪しい話にすぐ騙されるし、バイトもクビになるし。逆に、自分は仕事を頑張り過ぎて、出世までしてしまう。

「約束を忘れない」は、ずっと一緒にいると誓った男の子のために、最終的に進学をやめて就職する話だったが、こんな時代にその選択肢は負け組コースじゃないか。二人で一緒にいても、底辺にしかなれずに終わる可能性が高すぎるじゃないか。

「おとこのこ・おんなのこ」は初々しい高校生カップルの話だったが、最初の話のビッチと違って、主人公が汚れていないので良い感じである。

「なつまつり」は、自分がフッた田舎の男と夏祭りで再会し、相手が結婚目前だったのに、フラグを破壊して自分がヨリを戻すとか、都合良すぎて腹が立つ。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する