懐かしファミコンパーフェクトガイド

4906735894懐かしファミコンパーフェクトガイド (M.B.MOOK)
マガジンボックス 2016-04-21

by G-Tools


ゲームセンターに行かなくても、ゲーセン並みのゲームを家の中でプレイ出来る! ファミコンの登場は、ゲーマーにとって革命的な出来事だった。それ以前にも、劣化パソコンみたいなゲーム機は出ていたけど、値段が高くて性能が低く、遊べるゲームの種類も少なく、微妙なものしかなかった。

とはいえ、今やファミコンどころかスーファミ、下手したらプレステ時代にすら生まれていない人が増えているだろ? つまり、ファミコンが懐かしいと思ったら、かなりのおっさん……。本書に登場して、ソフトを紹介してくれるのも、ファミコン芸人のおっさんである。

昔のゲームのほうが面白かったというのは、思い出補正が入っている懐古厨の妄想であって、冷静になって考えてみると、やはり今よりはクソゲーが多かった。ヒントも無く、不親切で、作り手の独りよがりで、バランスもおかしくて、そもそもゲームとして成り立っていないものすら発売された。

今みたいに、価格が値崩れして中古100円くらいから買えるような時代ではなかったので、ゲームを1本買うのも大変だった。子供の少ないお小遣いで5,000円とか10,000円も出してクソゲーだった日にはもう\(^o^)/ ネットでクソゲー情報が瞬時に拡散する今なら、地雷を踏む可能性は少ないが、当時は口コミだけが頼りだったからなぁ……。

単価が高すぎるが故に冒険出来なかったので、あまりクソゲーには当たった事が無いのだが、強烈なクソゲーが結構出ているんだね。販売本数ランキングだけでなく、クソゲー・ランキングなんかも載っているのだが、トンデモないものが結構出ている。発売から13年間も、クリアした人が出なかった『エルナークの財宝』とか凄いね。『シャーロックホームズ伯爵令嬢殺人事件』は、ミステリーかと思いきや、ロンドン市民をキックで殺害するとお金が手に入るゲームだったらしい。

『タッチ』は野球ゲームではなくて、ボールを投げて攻撃するアクション・ゲーム。『おにゃんこタウン』は、某アイドル系に似たタイトルで釣っただけの、ネコのお母さんが子猫を捜しに行くガッカリ・ゲーム。『バンゲリングベイ』と『ハイドライドスペシャル』までクソゲーにランキングされているが、これはターゲット層がズレただけで、駄作ではないと思う。

今はほぼ地雷である事が分かっているので目立たないが、ファミコン時代は芸人や歌手が名義貸ししただけの駄作も数多く作られている。ゲームの素人が絡むと、やたら難しいものを作りたがって、理不尽な難易度になっているな。『聖飢魔Ⅱ 悪魔の逆襲』は、意外に完成度が高いらしいが。

無理ゲーのランキングも面白い。実際に自分でプレイした場合は、ストレスが溜まりまくりそうだが。『たけしの挑戦状』は攻略本があっても無理な、伝説の無理ゲーとして有名だし、パーツを100個も集めないといけないのに、コンティニューが無い『頭脳戦艦ガルも無理である。『星をみるひと』はスタート直後に最強の敵と出会って殺されたりする理不尽な難易度。なにそれ、最凶最悪のクソゲー『リアル人生ゲーム』みたいな無茶ぶりじゃないか(笑)。

『魔界村』は……、私にとってはレッドアリーマーがラスボスだった。それより向こうは自力で見た事ないし。あんな難易度のゲームをクリア出来るなんて、お前らって凄いな! ぬるゲーマーの私には無理ゲーです\(^o^)/

『ゴルビーのパイプライン大作戦』には笑った。ゴルバチョフ大統領(当時)が主人公のゲームまであるのか。発売中止となったゲームに関しても特集が組まれているが、結構面白そうなものが混ざっている。せっかく開発したのに、なんで発売しないのかと思ったが、任天堂への上納金が負担になったんだね。あの頃の任天堂は一人勝ちで強気だったからなぁ。

非売品だったり回収されたりして、とんでもない価格になっているソフトがあって驚くのだが……。1,200万円もするソフトとか、プレイする事すら無理ゲーになっているよね。

ゲームに関する裏技や都市伝説的なものの検証ページで、ドラクエ1にモー娘関連の復活の呪文が存在するのには驚いた。預言者か!?

あべなつみ なかざわゆうこ
それとやぐ ちなど

これでLv21で復活するらしい。偶然らしいが、恐ろしいまでに完成度の高い呪文である。さらには、東日本大震災と原発事故の預言まで、存在していただと!?


しのひかり つなみおそいて
ひげきそと ひばく

この呪文だと、アイテムが多めで、のろいのベルトまで所持した状態で始まるらしい。偶然の一致にしては怖すぎる。それにしても、どうやったらこんな呪文を発見出来るの? 他にも、麻薬で問題を起こした芸能人の名前が一致する復活の呪文があったりして、怖い。

『チャレンジャー』で列車の面にいるボスにナイフを12発当てると最終面にワープするという噂は、ガセネタだと思われていたが、本当だった! 本当にそのようなプログラムが組まれていたのだが、人間ではほぼ不可能な連射能力が必要らしく、エミュレーター上で検証されたらしい。

『ゼビウス』に出て来るバキュラ(空中で回転している金属板)は256発当てると破壊出来るという都市伝説はガセネタであるが、バグにより稀に破壊出来る事があるよね。ちなみに、友軍機であるシオナイトも破壊不可能という事になっているが、これも一度だけ破壊出来た事がある。どちらもゲーム筐体で発生したので、ファミコン版では無理かもしれないが。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する