機動戦士ガンダムUC MSV 楔

404120643X機動戦士ガンダムUC MSV 楔 (カドカワコミックス・エース)
本橋 雄一 サンライズ
角川書店(角川グループパブリッシング) 2013-03-22

by G-Tools

機動戦士ガンダムUCの時代を舞台に繰り広げられる、新たなるMSVシリーズが登場! ! シルヴァバレト、EWACジェガンなど人気モビルスーツの知られざるストーリーを各話読み切り形式で新鋭「本橋雄一」が描く!


宇宙世紀0092年。ハマーン・カーンを失い、第一次ネオ・ジオン抗争が集結した後の世界。宇宙では、未だにジオンの残党が抗戦し続けていた。アナハイム・エレクトロニクス社が開発した新型機シルヴァ・バレトをジオン残党にぶつけて、性能をテストしようとする、とある連邦軍の部隊。物語はそこから始まる。

ちなみに、第一次ネオ・ジオン抗争という事は、第二次ネオ・ジオン抗争もある訳で、グリプス戦役以降行方不明になっていた赤い彗星が決起するのは、これから間もなくの事である。

続いて登場するのはEWACジェガン。これは早期警戒に特化しているため、最低限の武装しか与えられていない。EWACとは、現実世界では「AWACS」(Airborne Warning And Control System)と呼ばれているもので、大型レーダーを搭載し、一定空域内の敵性・友軍の航空機といった空中目標を探知・分析し、なおかつ友軍への航空管制や指揮を行う機種である。

新型のデルタ・ガンダムにはサイコミュ装置が搭載されているが、搭乗者に反応し始める。リディ少尉は、幻の可変機に乗り損ねた、エゥーゴのパイロットだった。リゼル ディフェンサーユニットは、三本の矢と呼ばれる、敵拠点を3人だけで強襲しているMS小隊の話。

連邦軍視点ばかりで、ジオン派には辛いと思ったら、最後のシナンジュ・スタインは、フル・フロンタル専用機だった。パイロットの挙動イメージをそのまま反映させるインテンション・オートマチックにより、シナンジュ・スタインが勝手に友軍機を攻撃するのだが……。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する